かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 岩海苔ジョニー ★ 2018/02/22(木) 08:22:24.59 ID:CAP_USER9
     超党派の全国の地方議員や元議員らが、4月末~5月初旬に北朝鮮を訪問する方向で検討していることがわかった。100人規模を目指す意向で、「北朝鮮に政策変更を促すためには対話が必要」(参加予定者)として朝鮮労働党幹部と意見交換をするのが狙い。

     複数の訪朝団関係者が明らかにした。日本政府は「対話のための対話では意味がない」(安倍晋三首相)との立場を強調している。ただ、平昌冬季五輪を機に南北融和ムードが高まっていることや、米政府が北朝鮮との予備的協議の可能性を示すなど、新たな動きが事態打開につながることへの期待も出ている。

     今回の訪朝団は、福岡県日朝友好協会会長の北原守・元福岡県議会副議長(元公明党福岡県本部副代表)が代表世話人を務め、政党を問わず、全国の地方議員や元議員などの参加を募集。訪朝が実現すれば、(1)北朝鮮と米国の双方に自制を求めて戦争を回避する(2)圧力一辺倒ではなく対話を呼びかける――方針だ。

     北原氏らは昨年10月にも訪朝。朝鮮労働党国際部副部長などと会い、意見を交わした。今回も、同党幹部らとの面会が実現するよう北朝鮮側に要請する。(松井望美)

    ヤフーニュース(朝日新聞)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180222-00000010-asahi-pol
    【【売国奴&工作員&お花畑】超党派の地方議員、100人規模で北朝鮮訪問検討 4月末~5月初旬「圧力一辺倒ではなく対話が目的」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 壁に向かってアウアウアー ★ 2018/02/22(木) 09:06:51.52 ID:CAP_USER9
     自民党が憲法改正案の策定作業を加速させている。ただ、焦点の憲法9条改正は9条2項の扱いをめぐって各党の立ち位置もバラバラ。年内に国会発議までたどり着けるかは不透明だ。

    ■公明が9条改正封印?

     安倍晋三首相(自民党総裁)の憲法9条1、2項を維持して自衛隊を明記する提案は、連立を組む公明党の「加憲」の考えをベースにしている。2項を削除するとした平成24年の自民党改憲草案に背いてでも、公明党と協力できる環境を整える狙いがあった。

     ただ、公明党は昨年の衆院選で議席を減らしてから憲法改正に慎重な言動が目立っている。

     山口那津男代表は21日、官邸で安倍首相と会談後、自民党の改憲議論について「自民党自身のご議論だ」と語った。10日には「9条を変えなくても日本の防衛を全うすることはできる」とも述べ、9条改正を封印することもにおわせている。

     立憲民主、民進、共産、自由、社民の5野党は、集団的自衛権の限定的行使を認めた安全保障法制を廃止しない限り、安倍政権下での9条改正論議に応じないとの立場で一致している。「今年前半が勝負どころ」(共産党の志位和夫委員長)とみて、改憲発議阻止の世論喚起に力を入れる構えだ。

    産経新聞
    http://www.sankei.com/politics/news/180221/plt1802210036-n1.html
    【【仕事しないなら辞職しろ】立民、民進、共産、自由、社民5野党は安倍政権下の憲法改正論議を拒否 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 岩海苔ジョニー ★ 2018/02/22(木) 07:53:36.86 ID:CAP_USER9
     米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が同県東北町の小川原湖に燃料タンク2個を投棄した問題で、青森県は21日、自衛隊に災害派遣を要請し、湖に漏れた油の回収を求めた。これを受け海上自衛隊の部隊が同日夕、現場で油の拡散状況などを確認したが、日没でいったん打ち切った。22日に再開する。

     海自によると、派遣したのは大湊地方隊(同県むつ市)の部隊で、オイルフェンスの設置や吸着マットを使って油を除去する。タンクなどの部品も回収する予定で、小野寺五典防衛相は「米軍が本来回収する案件だが、米側から自衛隊にお願いできないかと要請があった」と説明した。

     一般的なF16の燃料タンクの大きさは長さ4・5メートル、直径1メートルで、容量は約1400リットル。小川原湖の南岸から500メートルほどの地点に落下したとみられる。現場を調べた隊員は取材に「現時点で油は確認できなかった」と話した。


    no title

    産経新聞
    http://www.sankei.com/smp/affairs/news/180222/afr1802220003-s1.html

    【【青森・三沢】タンク油、自衛隊が回収へ 米軍投棄で青森県と米軍が要請 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2018/02/22(木) 09:09:17.19 ID:CAP_USER
    kr250

    2018年2月21日、韓国・ノーカットニュースによると、平昌五輪の閉幕が近づく中、五輪特需を期待していた開催都市(平昌・江陵)周辺の宿泊施設や飲食店からはため息が漏れている。

    平昌五輪開催地周辺のある宿泊施設経営者によると、五輪期間中の予約率は普段より低い20%台にとどまり、料金を割引して集客している状況だという。同施設は昨年6月、五輪に向けて1カ月休業し、約3億ウォン(約3000万円)をかけて大々的なリフォーム工事をしていた。

    周辺の他の宿泊施設経営者らも「五輪を前にメディアが問題視した『ぼったくり料金』を設定しているのは一部に過ぎないが、報道により宿泊施設全体が被害を受けている」と苦しい状況を明らかにした。実際に、「ぼったくり料金」報道が波紋を呼んだ後、宿泊業界は「半額料金」を提示するなどの努力を続けていたが、結局はマイナスのイメージを払しょくできなかった。

    また、ソウル~江陵間の高速鉄道が開通したことで五輪の競技を「日帰り観戦」する人も増え、さらなる客の減少につながったという。

    また、五輪会場周辺の飲食店も同じ状況。五輪期間中に行われる交通規制の影響で、客は普段より減少したという。江陵にある飲食店の経営者は「シャトルバスの路線は競技場を中心に編成されているため、他の地域の飲食店は五輪特需を期待できない状況」とし、「交通規制のため常連客すら来なくなった」と不満を述べている。

    これに先立ち、江陵市繁栄会や韓国外食業中央会などは「五輪特需の不均等」をなくすため、交通規制の解除を求める建議文書を江陵市に提出していた。これに対し、同市は飲食店の悩みを解消するため、1日平均500人ほどが利用する市庁区内の飲食店を今月19日から23日まで休業することを決めた。

    同市市長は「五輪期間中に相対的に店の経営に苦しんでいる人たちを助け、地域の経済が活性化されるよう職員たちが乗り出すことにした」とし、「これを機に、他の官公署も自発的に参加してほしい」と訴えた。

    この報道に、韓国のネットユーザーからは

    「自業自得」
    「元の料金設定が高過ぎたから、半額でも十分高い」
    「予想通りの結果。気分がすっきりした」
    「3億ウォンかけてリフォームするなんて、五輪でぼったくろうとしていたとしか思えない」

    など冷たい反応が数多く寄せられており、一度失った信頼を取り戻すのは難しいようだ。

    また、実際に五輪競技を観に行ったというユーザーからは

    「弁当持参で日帰りした」
    「車で行き来した。これまでに莫大な税金を費やしただけあって、道路がきれいに整備されていたよ」
    「会場周辺の飲食店を利用したけど、外国人用のメニューは価格が高く設定してあった」

    との情報も。

    しかし、これに対して一部のユーザーからは

    「良心的に商売をしている人たちに罪はない。国民の冷たい反応が悲し過ぎる」
    「メディアに問題がある。五輪期間中に料金が上がるのは当然の経済論理なのに」
    「感情的になって批判するのではなく、同じ韓国国民として心配してあげるべき」

    などと反発する声も上がっている。

    2018年2月22日(木) 8時0分
    Record China
    http://www.recordchina.co.jp/b572801-s0-c50.html

    【【平昌五輪】 ぼったくり騒動の宿泊施設や飲食店が“がらがら状態”=韓国ネット「自業自得」[02/22] 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/02/22(木) 07:00:50.79 ID:CAP_USER9
    b68294a7

    2018年2月22日 5:02 発信地:モスクワ/ロシア
    【2月22日 AFP】シリアの首都ダマスカス近郊にある反体制派支配地区、東グータ(Eastern Ghouta)で続く空爆により多数の民間人死者が出ている問題で、ロシアは21日、空爆への関与を否定するとともに、国連安全保障理事会(UN Security Council)の会合を22日に開催することを要請した。同地区での空爆は4日間に突入し、死者数は300人を超えた。

     東グータは、暴力の抑制を目的とする「緊張緩和地帯」に名目上は指定されているが、シリアのバッシャール・アサド(Bashar al-Assad)大統領は地上部隊による奪還作戦の準備を進めているとみられる。

     21日には新たな空爆により少なくとも38人の民間人が死亡。在英のNGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」によると、18日以降の死者数は310人に達し、うち少なくとも72人が子どもだった。

     ロシアのドミトリー・ペスコフ(Dmitry Peskov)大統領報道官は、ロシアが空爆を実施したとした米国の発表に対し、「根拠のない非難だ。何に基づいているのか明確ではない。具体的なデータが明かされていない」と反論した。

     シリア人権監視団も、空爆はロシアの戦闘機によるものだと非難している。政府軍の包囲下にある東グータではただでさえ医療が行き届いていないが、空爆によって重要な病院が診療停止に追い込まれ、民間人が一段と診療を受けにくくなっている。

     ロシアのワシリー・ネベンジャ(Vassily Nebenzia)国連大使によると、同国は東グータで続く暴力をめぐる安保理会合を22日に開催するよう要請。同大使は安保理に対し、会合で率直に議論することで、各々が「自らの見方、自らの状況に対する理解を示し、現状を抜け出す方策を見いだす」ことができると述べた。

    AFP 
    【【シリア】ロシア、東グータ空爆を否定 死者300人超、安保理会合へ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル