かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/08/18(土) 15:38:19.46 ID:CAP_USER9
    BD8E0690-A7E0-4429-922E-DFE0C30D7726

     社会の中に「敵」をつくり、自分の支持層の歓心をかう。そんな分断の政治が招く破局は、世界史にしばしば現れる。 
     近年、各地で政治による敵視が目立つのはメディアである。とりわけ民主主義の旗手を自任してきた米国の大統領が、「国民の敵」と公言した。 
     明確にしておく。言論の自由は民主主義の基盤である。政権に都合の悪いことも含めて情報を集め、報じるメディアは民主社会を支える必須の存在だ。 

     ところが他の国々と同様に、日本にも厳しい目が注がれている。国連の専門家は、特定秘密保護法の成立などを理由に「報道の独立性が重大な脅威に直面している」と警鐘を鳴らした。 
     自民党による一部テレビ局に対する聴取が起きたのは記憶に新しい。近年相次いで発覚した財務省や防衛省による公文書の改ざんや隠蔽(いんぺい)は、都合の悪い事実を国民の目から遠ざけようとする公権力の体質の表れだ。 
     光の当たらぬ事実や隠された歴史を掘り起こすとともに、人びとの声をすくい上げ、問題点を探る。そのジャーナリズムの営みなくして、国民の「知る権利」は完結しない。 

     報道や論評自体ももちろん、批判や検証の対象である。報道への信頼を保つ責任はつねに、朝日新聞を含む世界のメディアが自覚せねばならない。 
     「国民の本当の敵は、無知であり、権力の乱用であり、腐敗とウソである」(ミシガン州のデッドライン・デトロイト) 
     どんな政権に対しても、メディアは沈黙してはなるまい。 
    https://www.asahi.com/articles/DA3S13640288.html?ref=editorial_backnumber 

    管理人 
    ネットの反応 
    名無し 
    知る権利を奪ってるのはお前らだろ! 
    名無し 
    野田聖子とガクトコインはどうなったの?東京医大裏口入学はどうしたの? 
    名無し 
    都合の悪いことは報道しない自由 
    名無し 
    >「国民の本当の敵は、無知であり、権力の乱用であり、腐敗とウソである」 
    ↑ 
    自己紹介かな? 
    名無し 
    報道しない自由を行使しまくってるくせに 
    知る権利とかよく言うな 
    名無し 
    朝日新聞は冗談がお好きなようですね。 
    国民の知る権利を、恣意的な報道を行って侵害しているのは朝日新聞です。 
    名無し 
    嘘流してもまともに謝罪しないフェイクニュースメディアの朝日新聞が知る権利云々を言う資格はない 
    名無し 
    タイの洞窟は連日連夜やってたばっかだったのに 
    ラオスのダムの件は恐ろしいほどにスルーしたな。 
    名無し 
    日本獣医師会から献金を受けた石破、玉木、福山、逢坂の件を隠さずに報じろや 
    ついでに文科省絡みの不祥事の吉田統彦、羽田雄一郎の件も報じろ、クズ朝日 
    情報操作してるんじゃねえ 
    名無し 
    国民の知る権利を妨げてるのは報道しない自由を貫いてるマスゴミなんだよなー 
    名無し 
    政府から圧力を受けてるの?受けてないなら自分の問題だろ?
     
    【朝日新聞「報道の自由の危機を憂う。メディアは沈黙してはいけない。国民に知る権利を!」 ネット「吉田統彦の件も報じろ、クズ朝日」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2018/08/18(土) 15:15:23.47 ID:CAP_USER
    no title

    no title

    ▲メディアファサードによる汝矣島公園のC-47機
    no title

    ▲光復軍の少年役を担ったシム・ヒョンソ君
    no title

    ▲日本軍が降参酒を注いぐパフォーマンス
    no title

    ▲C-47機からおりて帰国するキム・グ先生

    73年前の今日1945年8月18日。韓国光復軍挺進隊員、イ・ポムソク、キム・ジュンニョプ、ノ・ヌンソ、チャン・ジュナが汝矣島(ヨイド)飛行場(現汝矣島公園)に着陸したC-47輸送機から飛び降りた。戦勝国の仲間入りをするため、激しい戦闘を計画したからだった。

    日王降参後も韓半島の日本軍は「まだ武装解除命令を受けていない」として持ちこたえた。彼らと対立した光復軍は米国OSS部隊(米CIAの前身)の引き止めで引き返さなければならなかった。到着24時間も過ぎない19日の明け方だった。

    彼らは光復軍の名前で最初で最後に祖国に到着した4名になった。光復軍初の祖国帰還日を記念して去る17日夜、汝矣島公園ではC-47機胴体をスクリーンとみなして独立運動の一線を引く事件に光を当てたメディアファサード映像ショー「ある少年光復軍の飛行」が開かれた。

    ソウル市は2015年から光復軍挺進隊が着陸した地点に実際C-47機を設置し展示館として使っている。今のところ国内唯一の大韓民国臨時政府記念館だ。久しぶりに涼しくて散歩に出た市民が集まった中、光復軍の帽子をかぶった一人の少年がC-47機の中に歩いて入り、アニメ上映が始まった。主人公の少年の顔は数百人の日本軍に対抗したキム・サンオク義士の顔を土台に作った。

    少年を乗せた飛行機が時間を越えて到着したところは日帝強制支配期。少年は青山里戦闘現場で日本軍と戦い、ユン・ボンギル義士になって壇上に爆弾を投げる。安重根義士に変わって伊藤博文を狙撃したりもする。日本軍に捕まる危機にひんした少年をした飛行機が飛んできて乗せ、ゆうゆうと脱出する。時間旅行を終えて帰ってきた少年はC-47機のドアの前で名前を呼ぶ。

    「キム・グ先生!キム・ギュシク先生!イ・シヨン先生!…」光復軍初の帰還3カ月後の1945年11月23日、C-47機に乗って金浦(キンポ)飛行場を通じて祖国に帰ってきたキム・グ先生と臨時政府要員15人の名前だ。この時、光復軍は「個人」の資格で帰還しなければならなかった。

    少年が名前を呼ぶごとに独立活動家にふんした青少年がC-47機からおり、すぐに市民らは拍手して歓呼した。日本軍が独立活動家らに降参酒を注ぐパフォーマンスが続くとすぐに拍手の声はより大きくなった。

    今回の行事を企画したソ・ヘソン3・1運動100周年ソウル市記念事業総監督は「光復軍4人が汝矣島飛行場に着陸した夜、日本軍の大佐がビールとサケを持って訪ねてきて「私たちが負けた」として降参酒を注いだという」として「チャン・ジュナ先生はこの時、生涯初めて酒を飲んだ」と紹介した。
    (中略)

    汝矣島公園では今週末(18~19日)ずっとハルビン義挙の主人公、安重根義士、虹口公園で爆弾を投擲した尹奉吉義士、韓国初の女性飛行士クォン・キオクなど独立運動義士・烈士らの話がアニメーションで上映される。

    パク・チョロン記者

    聯合ニュース(韓国語) 73年前今日光復軍が帰ってきた…短いが太い帰還汝矣島(ヨイド)で再現
    http://m.yna.co.kr/kr/contents/?cid=AKR20180818017800004&site=0900000000

    【【歴史捏造】 73年前の今日、戦勝国の仲間入りをするため韓国に帰ってきた光復軍、汝矣島で再現】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ガラケー記者 ★ 2018/08/18(土) 14:41:45.71 ID:CAP_USER
    no title
     
     韓国軍当局が、排水量3-4万トン級の大型揚陸艦(LPH)の建造を進め、この艦に搭載可能な米国の垂直離着陸ステルス戦闘機F35Bの配備も検討していることが17日までに分かった。4万トン級の揚陸艦となると「中型空母」級だ。韓国海軍は今月10日、防衛事業庁の国防電子調達システムを通して「大型揚陸艦の未来航空機搭載運用のための改造・改装研究」というタイトルの研究委託の入札公告を出した。韓国海軍は「周辺国の動向および技術発展の趨勢を考慮して、今後、大型揚陸艦へのF35B搭載および運用の可能性について判断が必要」と説明した。
     韓国海軍が現在保有している1万9000トン級の大型揚陸艦「独島」と「馬羅島」では、F35Bの離着艦はできない。エンジンで発生する熱のせいで飛行甲板が溶けてしまい、機体の重量にも耐えられないからだ。F35Bを運用しようと思ったら飛行甲板や航空機用エレベーターなどを補強しなければならないが、このための改造費用は建造費用なみにかかるという。
     このため今回の研究委託は事実上、F35Bの離着艦が可能な新しいLPHの導入に向けた世論作りのための、事前の地ならしだという声が上がっている。既に、韓国軍当局は今年末の中長期武器導入計画へ新LPH導入を織り込むだろうといわれている。北朝鮮だけでなく北東アジアの潜在的脅威に備えるため、韓国海軍の作戦半径を広げ、揚陸作戦など立体的な作戦を遂行する能力が必要-という判断からのことだ。
     3-4万トン規模の新LPHを建造すれば、おのずと韓国海軍へのF35B配備も検討されるものとみられる。韓国空軍は現在、垂直離着陸機能を持たないF35A戦闘機40機の配備に続いて、さらに20機を追加配備する案を検討しているが、この20機がF35Bに変わる可能性も持ち上がっている。だが予算の問題などのため、反対意見も根強い。3-4万トン級LPHの建造費用は1-2兆ウォン(現在のレートで約984-1969億円)に達すると推定される。一部からは、「韓国海軍は沿岸防衛に優先して力を注ぐべきなのに、大洋海軍への未練から無理な計画を推し進めているのではないか」という批判も出ている。

    朝鮮日報
    2018/08/18 08:30
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/08/18/2018081800410.html

    【【無用の長物】韓国海軍新型揚陸艦、米ステルス「F35B」配備を検討】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2018/08/18(土) 13:22:25.44 ID:CAP_USER
    no title



    イングランド・プレミアリーグ、リバプールがSNSに光復節祝賀記念写真を掲載したことについて謝った。

    今月15日、光復節をむかえてリバプールの韓国語版SNSに光復節を祝う写真が掲載された。1945年、解放されてすぐに韓国人が大極旗を振った場面だ。合わせて日本国旗の日章旗を踏みにじったデザインで1946年に発売された光復1周年記念ハガキだ。

    光復1周年を迎え36年間、韓半島を侵奪して様々な苦痛を与えた日本帝国主義に対する韓国人の怒りが込められたハガキであった。今も日本政府は強制占領期間の侵奪についてまともに謝らないうえ、最近では慰安婦被害に対する国際的な非難世論も荒い。

    ところがリバプールは日本国内の批判が起きるとすぐに写真を削除して日本語版フェイスブックに謝罪まで表明した。

    「サンケイスポーツ」は17日の報道を通じて「リバプールはクラブの公式ソーシャルメディア韓国語版に韓国の光復節を祝う文が許可なしに掲載されたことについて謝罪。
    不快な画像を含んだ投稿は削除したが、自ら調査を行う予定だ」と公示したと伝えた。

    同紙は8月15日は日本の終戦記念日だが韓国では光復節で日本統治から解放された記念日とし、リバプールに対する批判が殺到して写真を削除したが、SNS上で広がって物議をかもしていると主張した。

    日本帝国主義に被った被害と苦痛を無視して日本国内の反応だけ一方的に反映した報道だった。

    OSEN=イ・ソノ記者

    マネートゥデー(韓国語) リバプール、日章旗踏んだ光復節記念写真掲載謝罪
    http://news.mt.co.kr/mtview.php?no=201808180604772318O&vgb=sports&MATN_P


    【【韓国】 リバプール、日章旗踏んだ光復節記念写真の掲載を謝罪~日本、日帝による被害と苦痛を無視して報道】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/08/18(土) 12:12:31.71 ID:CAP_USER9
    no title
     
    ハイエンドのテレビ市場は時代の転換点に到達した。高画質を誇る有機EL(OLED)テレビの販売台数が増加する一方で、従来の液晶テレビはその地位を低下させている。

    有機EL分野で世界最大のメーカーである韓国の「LGディスプレイ」のデータによると、有機ELディスプレイ採用のテレビは2017年に続いて、2018年前半も売上を伸ばしている。

    LGディスプレイによると同社は2018年1月から6月に、大型サイズ(55〜77インチ)の有機ELパネルを130万台出荷したという。前年同期は60万台で、増加率は100%以上になる。

    この勢いは当分の間、続く見込みだ。LGディスプレイは近年、大型有機ELパネルの量産体制を整えており、2019年後半には中国の工場のラインを拡充。月あたりの生産台数を現在の7万シートから13万シートにまで拡大する。シートのそれぞれから、6枚の55インチの有機ELパネルを取り出せる。

    この数字は現状の液晶テレビの製造台数と比べれば、まだ少ないボリュームだ。しかし、有機ELテレビは毎年確実に販売台数を伸ばしており、消費者らの間で今後、よりプレミアムなテレビに対する需要が高まることは明らかだ。また、量産化が進むにつれて価格は下がり、有機ELの需要の伸びは確実視されている。

    LGディスプレイの広報担当は次のように述べる。「世界中のテレビメーカーが、有機ELの価値に気づいている。当社は2018の下半期には、史上初の黒字を大型有機ELパネル部門で計上することを期待している」

    Forbes
    https://forbesjapan.com/articles/detail/22570

    【【液晶テレビ】テレビの未来は「有機EL」に、韓国LGが量産体制を本格化 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル