かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: プラチナカムイ ★ 2019/03/24(日) 09:55:24.27 ID:ylznziub9
    夕刊フジ
    https://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/190322/soc1903220013-s1.html
    no title

    no title


     日本政府が、いわゆる「元徴用工」への異常判決など、国際法や2国間協定に違反する暴挙を連発している韓国への対抗措置として、同国がTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)へ新規加入を希望した場合、「加入を拒否する」方針を強めていることが分かった。
    日韓の約束も守れない文在寅(ムン・ジェイン)政権には到底、多国間の取り決めなど順守できないとの認識がある。現実となれば、「国際社会のメンバーとして失格」という烙印(らくいん)を押すことになりそうだ。

     TPPは昨年12月末、日本やカナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど11カ国が参加して発効した。世界総生産(GDP)の約13%、総人口で約5億人を抱える巨大な自由貿易圏が誕生した。

     今年に入り、参加国は閣僚級会合を開き、今後、新規参入を希望する国に必要な手続きを話し合った。会合では「すべての参加国が賛成しなければ新規加入は認めない」という方針を確認した。

     韓国政府は今年に入り、TPP加入をめぐって担当各省が本格的検討に着手していると報じられている。

     だが、日本政府では、1965年の日韓請求権・経済連携協定に違反する元徴用工訴訟や、慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的に解決」した2015年の日韓合意を平然と破る、文政権のひどい対応などを踏まえて、「韓国はTPPの約束事も守らないだろう」(日本政府関係者)との見方が強まっている。

     韓国への対抗措置としては、「関税引き上げ」や「送金停止」「ビザの発給停止」など100前後の選択肢がリストアップされている。「TPPの加入拒否」も当初から含まれていた。

     こうしたなか、文大統領による外交失態がメディアで報じられている。

     文氏は先週、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国との2国間自由貿易協定(FTA)締結を目指して数カ国を歴訪したが、13日に訪問したマレーシアのマハティール首相との共同記者会見で、何とインドネシア語で「こんにちは」とあいさつをしたという。

    【【制裁】日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2019/03/24(日) 12:26:26.86 ID:CAP_USER
    黄教安
     
    自由韓国党の黄教安(ファン・ギョアン)代表は23日、北朝鮮が開城(ケソン)工業団地内の南北共同連絡事務所撤収を前日に通知したことと関連し、「惨憺たる結果。これが現政権が北朝鮮にあれほど心を込めた結果なのか」と話した。

    黄代表はこの日慶尚南道昌原(キョンサンナムド・チャンウォン)を訪れた後に記者らと会い、「いまからでも文在寅(ムン・ジェイン)政権は北朝鮮に対する幻想を捨て冷徹に国際社会とともに北朝鮮の非核化に向けた努力をしなければならない」としてこのように明らかにした。

    黄代表は「(北朝鮮の連絡事務所撤収は)基本的に北朝鮮の核問題から始まったこと。大韓民国の安全と危機と生命を守るためにどのようにすべきかが現政権の最初の目標にならなければならなかった」と話した。

    その上で、「これまで韓国政府は一方的に北朝鮮に引きずられ、国際社会と米国の立場とは異なる歩みを見せ国民に大きな懸念を与えた」と批判した。


    2019年03月24日10時27分
    中央日報
    https://japanese.joins.com/article/610/251610.html?servcode=200&sectcode=200

    【【韓国】韓国元首相「北朝鮮の連絡事務所撤収、惨憺たる結果 これが現政権が北朝鮮にあれほど心を込めた結果なのか」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 虎跳 ★ 2019/03/24(日) 02:54:30.47 ID:CAP_USER
    no title
     
    ノイバイ空港近くの高架橋で全裸の米国人女性が転落死

    3月21日午前10時ごろ、ハノイ市ノイバイ国際空港ターミナル2近くのボーグエンザップ通りに架かる高架橋から全裸の米国人女性が飛び降り、道路に全身を強く打ち付けて死亡する事故が発生した。

     ハノイ市警察によると、死亡したのは、米国籍でミシガン州出身のM・Hさん(32歳)。女性は飛び降りる前に身に着けていた衣服を脱ぎ棄てると、パスポートを橋の上に残して、橋から身を投げた。

     うつぶせの状態で道路に横たわり、頭から血を流して倒れていた女性は、すぐに198病院に救急搬送されたが、病院に着く前に死亡が確認されたという。遺体は現在、病院の遺体安置所に保管されている。

     目撃者によると、女性は飛び降りる前に意識がもうろうとした状態だったという。ある目撃者は、「女性は橋の手すりに上ると、心ここにあらずといった感じで、その上を行ったり来たりしていた」と話した。地元警察は現在、事故が起きた原因究明を進めている。

    ベトジョー
    https://www.viet-jo.com/news/sanmen/190322121401.html


    【【ベトナム】ノイバイ空港近くの高架橋で全裸の米国人女性が転落死】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ニライカナイφ ★ 2019/03/24(日) 10:50:05.65 ID:wvMApu689
    kr250

    ◆ 「サルのお尻が赤いのは虐待では?」 相次ぐ苦情に動物園困惑

    今月2日、ソウル市が運営し、京畿道果川市内にある「ソウル大公園」に、動物虐待に関する苦情が来た。
    ある入場客が「サルのお尻がすごく赤い。虐待されたのではないか」と指摘したのだ。

    ソウル大公園関係者は「マントヒヒのメスはもともと発情期にお尻の血管が膨らんで赤くなるため、入場客が誤解したようだ。
    最近、動物の福祉に対する関心が高まっていることから、これまでにはなかったような苦情が相次いでいる」と語った。

    「アニマルライツ(動物の権利)」に対する認識が高まり、動物の福祉を懸念する市民からの苦情が相次いでいる。
    ソウル大公園には先日、「オランウータン舎のコンクリートの床はとても寒そうに見える」という苦情も寄せられた。

    しかし、オランウータン舎のコンクリート製の床はボイラーで温められている。
    ソウル大公園のソン・ブヨン動物福祉第2課長は「オランウータンは熱帯の動物なので春でも10℃以上の温度を維持している」と説明した。

    一時期はわらを敷いたこともあったが、オランウータンはこれを排水口に詰めてしまうことが多いため、やめたという。
    その代わりに布団や毛布を敷いているとソウル大公園では説明している。

    ソウル市江北区にある「北ソウル夢の森」で飼育されているニホンジカにも市民から心配の声が寄せられている。
    今月だけでもニホンジカに関する苦情が数回あった。

    「シカの毛が抜けてまばらになっている。皮膚病にかかっているのではないか」「シカが走り回るには狭く見える」「排せつ物が散らかっている。適切な飼育環境と言えるのか」などの指摘だ。
    北ソウル夢の森にはニホンジカ19頭が広さ2200平方メートル(665坪)の飼育場で放し飼いされている。

    管理担当者は「ニホンジカは毛の生え替わり時期に毛束が落ちることが多い。これを見た市民が誤解したようだ」と言った。
    動物福祉を研究しているソウル大学獣医学科のイ・ハン教授は「アニマルライツが知られるようになり、市民の認識が最近高まっていることから生じる過渡期の現象と言える。動物園管理者が市民に信頼感を与えれば、懸念もなくなるだろう」と話している。

    朝鮮日報 2019年3月24日 5時4分
    http://news.livedoor.com/article/detail/16206844/

    【【韓国】「サルのお尻がすごく赤い。虐待されたのではないか?」 相次ぐ苦情に動物園困惑 専門家「国民が動物愛護を認識し始めた」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2019/03/24(日) 08:53:22.90 ID:Ib3VDyUK9
    kp250
     
    キム委員長の「執事」 モスクワを離れる
    2019年3月24日 5時25分北朝鮮情勢

    北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の「執事」とも呼ばれる国務委員会のキム・チャンソン部長が、滞在先のロシアのモスクワを離れました。キム委員長とプーチン大統領による初めての首脳会談の実現に向けて準備を進めたとみられます。

    北朝鮮の国務委員会のキム・チャンソン部長は、今月19日に中国の北京経由でモスクワ入りしたとみられていましたが、23日、モスクワの空港に姿を見せ、ターミナルの建物の中に足早に入っていきました。

    キム部長は、キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の「執事」とも呼ばれ、シンガポールとベトナムで米朝首脳会談が行われた際にも事前に現地入りし、キム委員長が宿泊するホテルなどを視察しました。

    ロシアと北朝鮮の両政府は、プーチン大統領とキム委員長による初めての首脳会談に向けて調整を行っていて、キム部長はモスクワ滞在中、首脳会談の実現に向けて準備を進めたとみられます。

    また、キム部長は、モスクワを離れたあと、北京には向かっていないとみられることから、ウラジオストクなどロシアのほかの都市で両国の首脳会談の準備をさらに進める可能性もあり、動向が注目されます。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190324/k10011858581000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_009


    【【北朝鮮】キム委員長の「執事」のキム部長、モスクワを離れる 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル