かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/10/21(日) 08:09:17.61 ID:CAP_USER9 
     eu250
     【パリ=三井美奈】欧州歴訪中の韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は19日、訪問先のブリュッセルで北朝鮮の核問題をめぐって欧州連合(EU)やメイ英首相と会談した。

     EUや国連安全保障理事会の常任理事国である英仏はいずれも「対北圧力の維持」を打ち出し、文大統領の求める制裁緩和に応じる声はなかった。

     EUのトゥスク大統領は文大統領との会談にあたって声明を出し、北朝鮮について「我々の目標は完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」だとして、国連安保理決議の完全な履行が必要と主張した。

     英首相府も声明で、「制裁による圧力は維持すべきだ」と明記した。

     文大統領は15日には、パリでマクロン仏大統領と会談。韓国大統領府によると、北朝鮮の非核化が段階的に進展した場合、それに合わせて制裁が緩和されるよう協力を求めた。

     ただ、マクロン氏は記者会見で、CVIDの実行と制裁維持が必要だと主張。19日付の仏紙ルモンドは、17日に対北圧力維持を主張する安倍(晋三)首相が訪仏したことに触れ、北朝鮮をめぐって日韓首脳の立場が異なる中、マクロン氏は「安倍氏の同盟相手」になったと評した。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181020-00000567-san-kr 
    【【文の空回り】欧州、北朝鮮制裁維持を主張 韓国大統領・文在寅の融和呼びかけに応じず 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/10/21(日) 08:32:16.01 ID:CAP_USER9
    no title

    河野外相の中東出張「意味あるのか」 国民・桜井氏 

    ▼記事によると… 

    ・■国民・桜井充参院議院運営委員会野党筆頭理事(発言録) 
    河野外相の(中東)バーレーン出張は、意味があるかどうかよく分からないので、了解できないとの意思表示をした。(中国の国務委員兼外相の)王毅(ワンイー)さんと(訪問国数を)争ってやっているような海外出張ではあまりにひどい。 

    河野さんについては、よほどの国際会議、絶対に外相が出席しなきゃいけないものについては当然了解するが、そのほかのものについては認められないということで対応していきたい。(19日、国会内で記者団に) 

    10/19(金) 17:49配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000068-asahi-pol 

    ▼ネット上のコメント 

    ・よくわからないのに批判するなよ 

    ・これが日本の野党 

    ・国民民主って国民の足引っ張ることしかしないなあ 

    ・よくこんなコメント出せるな 

    ・どう考えてもエネルギー問題だと思うが野党勢力の見解だと違う答えが出るのでしょうか? (´・ω・`) 

    ・こんな奴らが与党狙うとか震えるわ 

    ・こんなア◯発言を取り上げることに何の意味があるの?? 

    ・この政党に政権任すことができないことを自ら露わにしていくスタイルw 

    ・民主党系野党「よく分からないから反対」 

    ・よくわからないなら黙ってろよwwwww
     

    【国民・桜井充「河野外相のバーレーン出張は、意味があるかどうかよく分からないので認められない」 ネット「これが日本の野党」「ア◯」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2018/10/20(土) 12:33:24.32 ID:CAP_USER
     文大統領
    「最終的」かつ「不可逆的」を辞書的に解釈すれば、それより先はないし、後戻りすることもない、という意味になる。

    もっともこれは日本の辞書によればの話で、お隣の国では意味が異なるらしい。

    さる9月11日、ハノイで開かれた日韓外相会談で、韓国の康京和外相が〈2015年の日韓合意に基づく慰安婦財団を解散させる〉と河野太郎外相に通知したのである。

    韓国特派員によれば、

    「慰安婦財団は日韓合意の根幹をなすもの。今回の通知は、朴槿恵大統領時代に交わした“慰安婦問題に関する最終的かつ不可逆的な解決”を蒸し返す、という意思表示に他なりません」

    それにしても、韓国はこの8月末にも、済州島で行われる国際観艦式で旭日旗の掲揚を自粛するよう求めてきたばかり。自衛艦旗である旭日旗を降ろせという要求がいかに不当であるかは措くとして、隣国をこれほどまでに追い込むモチベーションは何なのか。

    「文在寅政権には“崔順実ゲート”で朴槿恵を失脚させた市民団体の出身者が数多く登用されていて、あらゆる政策に市民団体の意向が反映されるんです。今回の財団の解散も、“挺対協”が発展してできた“正義記憶連帯”という市民団体が政府に強い圧力をかけた結果だといわれています」(同)

    さらに、昨今の南北融和政策も日韓合意の破棄に拍車をかけているという。

    「11月には韓国で、日本の戦争犯罪被害について北朝鮮や東アジア諸国の代表を集めた国際シンポジウムが開催される予定になっている。慰安婦問題は北朝鮮政策にも利用できるというワケです。さらに、文政権の経済政策は最悪で、的外れな低所得者政策により景気は後退の一途。慰安婦問題は不景気の目晦(めくら)ましにもなるんですよ」

    言葉が通じないというのは、なんと難儀なことか。


    週刊新潮 2018年10月18日号掲載
    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/10200559/?all=1

    【【日韓】慰安婦合意を破棄する文在寅大統領 “反日モチベ”の正体】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [CA] 2018/10/20(土) 10:39:14.52 ID:CnXsLG5o0 BE:135853815-PLT(12000)
    kr250

    韓国大学生の反米デモ、過激なパフォーマンスが物議

     この十日ほどソウル市鍾路区の米国大使館付近で行われている大学生の反米デモが、米国の対北強硬派の官僚を狙って「絞首刑」や「生き埋め」など過激なパフォーマンスを行い、物議を醸している。

     大学生反米団体「この地の自主のための大学生反米戦士(大反戦)」のメンバーおよそ10人は19日正午、米大使館近くのKT社屋前で30分にわたりデモを行った。
    メンバーらはジェームス・マティス国防長官やジョン・ボルトン大統領補佐官の顔写真を付けた人形の首に縄をかけ、ハンガーに吊るした。
    「絞首刑」のパフォーマンスを終えた後、「韓半島(朝鮮半島)の平和を妨げる米国は去れ」「大統領が先頭に立って在韓米軍を撤収させよう」などのスローガンを叫んだ。

     またデモ隊は「白頭山に登ろう」という歌に合わせて踊った。
    この曲は「民主民生平和統一主権連帯(民権連帯)」が作ったもので、国家保安違反の罪により2009年に執行猶予付きの刑を言い渡された故キム・スンギョ弁護士を追悼する内容だ。
    民権連帯の前身は、2010年に「利敵団体」判決を受けた「6・15南北共同宣言実践連帯(実践連帯)」だ。

     進歩系の大学生らが結成した「大反戦」は今月10日から毎日、光化門一帯で反米デモを行っている。
    今月12日には、「大反戦」メンバー6人が光化門の世宗大王像の上に登っておよそ40分にわたってデモを行い、警察に逮捕された。
    また15日のデモではトランプ大統領の写真を燃やし、18日にはマティス国防長官やボルトン大統領補佐官を形象化した人形を土に埋めるパフォーマンスを行った。
    しかも、この日の写真をポルトン大統領補佐官のツイッターアカウントに数回にわたって送り付け、「これは始まりにすぎない」とコメントした。

    朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/20/2018102000509.html

    【韓国の大学生の反米デモ 米国の対北強硬派を模した人形を「絞首刑」「生き埋め」パフォーマンス 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: LingLing ★ 2018/10/20(土) 20:08:19.51 ID:CAP_USER
    ■「若い女性のレイプは毎日」新疆ウイグル収容施設からの出所者明かす

    no title

    再教育施設に収容されたカザフスタン籍のウイグル族オミール・ベクリさん(右奥男性)は、収容施設内では拷問を受けたと大紀元に明かした(本人提供)

    中国新疆ウイグル自治区には超法規的収容施設があり、100万人以上が強制収容されていると、米国務省や国連が懸念を示してきた。大紀元の取材に応じた、ウイグル族の出所者や家族は、施設内では拷問や撲殺、若い女性たちに対するレイプが繰り返されていると語った。

    ・動物のように鎖でつながれる
    「拷問はとてつもなく非人道的で、とても耐えられるものではない」とオミール・べクリさん(42)は大紀元に語った。収容されているウイグル人たちは「動物のように鎖でつながれ」、身体が「うっ血して腫れ上がるほどたたかれる」という。

    新疆ウイグル生まれのベクリさんは2017年3月、新疆の首都ウルムチから180キロ離れた両親の住む山村にいたところ、押しかけた警官に黒い袋をかぶせられ、強制連行された。

    中国籍だったべクリさんは、12年前にカザフスタン国籍を取得したカザフ在住者。当時、観光についての国際会議に参加するため、ウルムチを訪れていた。

    べクリさんは中国警察に7カ月間拘留され、その後20日間、再教育施設に入所した。拘束は「共産党と習近平主席への賛歌を歌うことを拒否した」ためだという。

    拷問について、「恐怖を与え心身を虚弱にさせる。屈服させて従わせるようにする」とべクリさんは述べた。また、ベクリさんは収容所で、ウイグル人が拘禁されている部屋から遺体が引きずられて運ばれていくのを目撃したという。「おそらく撲殺されたのだろう」とべクリさんは述べた。

    ・「若い女性のレイプは毎日」
    15カ月間の収監ののち、9月に出所したばかりのカザフスタン国籍ウイグル族の女性(54)は、収容所では若いウイグル族の女性が毎日のようにレイプされており、もし拒絶したら殺すと脅されていたと、大紀元に語った。

    「若い女の子たちが一晩中むさぼられていました。もし抵抗すれば、何か(薬物)注射して殺すぞ、と脅されていました」。この匿名の女性は、実際に2人の女性が注射されて死亡したのを見たという。さらに、収監中の女性たちには避妊薬が与えられていた。

    女性によると、収容所には小部屋があり、最初は40~50人収容されるが、5~10人ずついなくなり、やがて部屋は空っぽになるという。「いなくなった人は戻ってきません。いつも数十人は殺されているはず…」。

    中国共産党政府は公式見解として、海外の人権団体や米政府から指摘された施設について説明を二転三転させてきた。最初は「存在しない」「でっち上げ」などと存在そのものを否定。次に「過激派思想を矯正する再教育施設」。この10月には、新疆の党委員会が「職業訓練センター」と法的に定め、大量拘束を正当化した。 
    (文=イザベル・ヴァン・ブルーゲン/翻訳編集・佐渡道世) 

    大紀元

    https://www.epochtimes.jp/2018/10/37153.html 
    【【東トルキスタン】 「若い女性のレイプは毎日」新疆ウイグル収容施設からの出所者明かす 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル