かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: カリン島Ф ★ 2017/12/20(水) 18:23:34.12 ID:CAP_USER9
     
     東京都の小池百合子知事は20日、都と築地市場(中央区)の業界団体でつくる「新市場建設協議会」が、豊洲市場(江東区)の開場日を来年10月11日に正式に決めたことを受けて都庁で会見し、「1度立ち止まることで、さまざまな点検もできた。(開場は遅れたが)私は必要な時間だったと思う」と述べた。

     当初の開場予定は昨年11月7日で、小池氏の都知事就任前に決まっていた。小池氏が都知事就任後の昨年8月31日、安全性への疑問などから「1度立ち止まりたい」として、移転の延期を発表した。

     その後、豊洲市場の地下空間の一部で、土壌汚染対策のための盛り土がないことなどが表面化。豊洲の用地取得に関する経緯など「そもそも論」までが、あらためて議論の対象に浮上しするなど、紆余(うよ)曲折が続いた。

     結局、当初の予定より約2年近くも遅れて、予定通りの豊洲移転が行われることになり、小池氏の「立ち止まる」判断には批判が出ている。一方、小池氏は「開場後に(問題が)明るみに出たことを考えると、むしろ混乱を防げた」と述べ、立ち止まった判断は正しかったとする認識を強調した。

     「年内に開場(時期が)決定し、1つの節目ができた」とも述べた。

    ニッカンスポーツ
    https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201712200000576.html 
    【【小池知事】豊洲移転開場遅れも「必要な時間だった」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2017/12/20(水) 17:32:37.81 ID:CAP_USER9

    サウジアラビアの首都リヤドに19日飛来し迎撃されたミサイルについて、米国のニッキー・ヘイリー国連大使は同日、イランがイエメン反政府勢力に提供したミサイルとの見方を示した。

    ヘイリー大使は国連の安全保障理事会で、「イランが提供したミサイルが使用された過去の攻撃と非常によく似ている」と指摘し、「イラン政府の犯罪を白日の下にさらすため我々皆が協力し、我々の考えが彼らに必ず伝わるために必要なあらゆることをしなくてはならない。そうしなければ、イランは拡大する地域の対立に世界をさらに深く引きずり込むだろう」と語った。

    イエメンから発射されたミサイルはサウジアラビア軍によって撃ち落とされており、被害の報告は出ていない。

    イエメン政府やサウジ主導の連合軍と戦う反政府勢力のフーシ派が運営するテレビ局「マルマシラ」は、弾道ミサイルの「ブルカンH2」がリヤドの王宮に向けて発射されたと報じた。
    ヘイリー大使は安保理がイランに対してできる措置を列挙したものの、イランと友好関係にあるロシアは支持しない意向を示唆した。

    アルマシラのウェブサイトは、ミサイル攻撃は「米国とサウジアラビアの侵略によるイエメンの人々への凶悪な犯罪への報復」だとし、「サウジ体制の指導者たちがリヤドのヤママ宮殿で開く会議」を標的にしたと述べた。会議ではムハンマド皇太子が年度予算について話す予定だった。ヤママ宮殿はサルマン国王の公邸および宮廷となっている。

    アルマシラの発表から間もなく、サウジ国営テレビ、アルイクバリヤはリヤドの南でミサイルが迎撃されたと報じた。インターネット上に公開された映像では、リヤド上空に白い雲のようなものが見え、爆発音が聞こえる。

    連合軍のトゥルキ・アルマリキ報道官(大佐)は、ミサイルは米国が提供しているパトリオットミサイルによって迎撃されたと語った。アルマリキ大佐は、ミサイル攻撃はフーシ派を支援するイランの「介入が続いている」証しだと指摘した。
    先月4日には、ブルカンH2ミサイルがリアドのキング・ハーリド国際空港近くまで飛び、迎撃されている。

    (英語記事 Yemen rebel missile fired at Riyadh 'bears hallmarks' of Iran)

    2017/12/20
    BBC
    http://www.bbc.com/japanese/42421499
     

    フーシ派系メディアはサウジアラビアに向けて発射されたミサイルだとする写真を掲載した
    6CDBAF47-636F-467B-ADCA-1ADF6E57085D

    サウジアラビアと隣国イエメンの地図と、リヤドを拡大した図
    no title


    フーシ派はブルカンH2ミサイルを今年2月に公開した
    no title

    【サウジ首都標的のミサイルはイランが提供=米国連大使 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2017/12/20(水) 17:44:21.34 ID:CAP_USER
    自由韓国党の洪準杓(ホン・ジュンピョ)代表と安倍総理の会談において、、日本が低い椅子を用意してバカにしたと一部の韓国の著名人やメディアが騒ぎ立てている。検証したところ、昔から来客用として使われている椅子であり、特に悪意はないことが分かった。

    韓国で問題視された写真はこちら。
    no title

    no title


    洪準杓代表が座っているピンクの椅子は安倍総理の椅子とは全くデザインが異なっており、たしかに少し座面が低いように思える。この点について朝鮮日報は過激なタイトルで記事を公開した。

    ”「日本はわざと洪準杓氏を安倍首相より低いいすに座らせた」

    tbsラジオの番組『キム・オジュンのニュース工場』で司会を務めるキム・オジュン氏
    「(洪準杓代表と安倍首相の会談)写真を見た。これを見ると、日本がうまくやったと思うのだが、安倍首相の方が高いいすに座っている。なぜそのようにしたのかは分からない。
    安倍首相が座った一人掛けソファーの方が高く、洪準杓代表が座ったソファーの方は低い」と言った。
    そして、「なぜこんな事をしたのかと思っていたが、わざとやったのだと思う。その後、二人があいさつする時、安倍首相は意図的に頭をほとんど下げなかったように見える。わざとだ」という見方を示した。
    安倍首相のいすはデザインが華やかで、高さも少し高く見える。

    チェ・ラクソン記者
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/19/2017121900800.html

    「低い椅子に座らせたのは悪意あってのことでわざとだ」とコメントするラジオ司会者。特に深い意味はないお辞儀の深さについてもいちゃもんをつけていて呆れてしまう。
    no title


    洪準杓代表が握手をしながら深々と頭を下げただけではないか。これで安倍総理も同じ深さまでお辞儀をしたら頭がぶつかってしまう。

    椅子の高さについては以前も日本と韓国の間でプチ騒動に発展したことがあった。

    今年5月、韓国では「文喜相(ムン・ヒサン)大統領特使が低い椅子に座らされた」と炎上し、日本に対する批判の声が高まった。
    no title


    そして6月、丁世均(チョン・セギュン)議員は「椅子を直さないと会わない」と宣言。安倍総理はやむを得ず、同じピンクのソファに座って会談した。
    no title


    そして12月になってまた振り出しに戻ったということだ。おそらく今回は洪準杓代表から特に注文がなかったので普段通りにしたということだったのだろう。

    この対応について韓国は大騒ぎしているが、そもそも日本にはあまり風刺の文化はないし、客人はもてなすものという心構えが自然と身についている。それゆえ相手を小馬鹿にして低い椅子に座らせるという対応があったとは考えにくい。

    過去の会談を調べてみたところ、やはり悪意はないという裏付けがとれた。

    ▼ピンクの椅子は来客用としていつも使われている。
    no title

    ▼こちらも同じ。
    no title


    ▼そもそも洪準杓代表と安倍総理とではかなり身長差がある。ソファの座面の高さがどうというよりも身長差の問題なのでは…。
    no title


    わざわざ椅子の高さにまでケチをつけてくるとはなんと面倒な人たちか。完全に被害妄想に陥って自分で自分にストレスをつくっている。

    ただし、イギリスはさりげない風刺を仕掛けることで有名ということを最後に指摘しておきたい。
    no title

    no title

    no title

    ※ソース元参照

    いずれにせよ無実の日本に対し冤罪をふっかけて騒ぎ立てるのはやめてほしい。

    2017年12月20日
    http://netgeek.biz/archives/108785

    【韓国「日本が韓国の野党代表を低い椅子に座らせてバカにした!」 昔から来客用として使われている椅子だった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ひろし ★ 2017/12/20(水) 21:12:11.69 ID:CAP_USER9
    2017.12.20 16:50

    「沖縄問題で両論併記ありえない」 BPO意見で民放労連が談話

     日本民間放送労働組合連合会(民放労連、赤塚オホロ中央執行委員長)は20日、沖縄の米軍基地反対運動を扱った東京MXテレビ(MX)の番組「ニュース女子」をめぐり、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会が「重大な放送倫理違反があった」との意見書を公表したことについて、「沖縄の苦悩に『両論併記』はありえない」と題した委員長談話を発表した。

     談話では、放送内容の事実確認の不備や表現などのチェック不足を問題視したBPOの意見書について、「MXの経営陣はもちろん、放送の現場で働く私たちも重く受け止めなければならない」とした。

     14日に発表されたBPOの意見書では、地元メディアなどがほとんど取り上げてこなかった基地反対運動に対する批判の声を取り上げたニュース女子について「他のメディアが取り上げない事実や情報を伝えようとする試みは重要」と指摘。そのうえで「一方の側の見解のみを伝え、反対側の見解を一切無視することは許されない」と「両論併記」による公平性の大切さを強調した。

     放送局は総務省から免許や認定を受け、公共財である限られた電波を使い、視聴者への影響力も大きいため、放送法では「政治的公平性」が定められている。

     しかし、今回発表された委員長談話では、次のように「両論併記」の必要性を否定した。

     「(BPOの意見書により)ネット上に蔓延(まんえん)しているような沖縄への差別的な言説は、根拠に乏しい意図的な虚偽情報であることが改めて明らかになったと言える。最近はこうした情報も含めて『多角的な論点』として紹介されるケースがみられるが、米軍基地が過剰に集中していることによる被害に悩まされ続けている沖縄の現実を思えば、そこにはもはや形式的な『両論併記』はありえないのではないだろうか」

     民放労連は、民放各社の労働組合の連合体として結成された組織で、今年7月の定期大会では「憲法が定めた『戦争の放棄』をあらためて心に刻み、沖縄にも、全国にも、戦争のための軍事施設の建設に反対していく」などとする決議を発表している。

    産経新聞
    http://www.sankei.com/entertainments/news/171220/ent1712200011-n1.html

    【【東京MXニュース女子問題】「沖縄問題で両論併記ありえない」 BPO意見で民放労連が談話 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2017/12/20(水) 18:42:05.92 ID:CAP_USER
    中韓

    2017年12月20日、韓国・MBNによると、韓国国内で「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が中国で屈辱的な扱いを受けた」との声が高まっていることに対して、中国の東華大学に勤務するウ・スグン韓国人教授が反論した。

    ウ教授は19日、韓国のニュース番組に出演し、文大統領の初の中国訪問について「首脳の訪問には段階があるが、中国は最も格が高い国賓訪問とした。それぐらい中国は韓国との気まずい関係を早く改善しようと努力した」と説明し、「“文在寅冷遇論”と煽り立てる韓国メディアが韓中関係を台無しにしている」と主張。

    さらに「中国が冷遇しているなら、韓国は訪問すらできていない」とし、「日本の安倍首相は5年目にしてまだ訪中が実現していない」と指摘した。

    また、一部で文大統領の中国滞在中の10回の食事のうち、中国指導部との会食が設定されたのは2回のみという「一人飯」論争が広がっていることについても、「高高度防衛ミサイル(THAAD)問題により中国国民の韓国に対する感情が良くない中で何度も食事を共にすることはできない」と指摘。

    その上で、文大統領が中国の大衆食堂で食事したことを「素晴らしい」と高評価し、「中国の権力者はしないこと、つまり中国国民が好感を持ちそうなことを計画し、実行したということだ」と説明した。

    これについて、韓国のネットユーザーからは

    「教授の言葉に共感する。だからメディアは信用できない」
    「韓国メディアはなぜ自国の外交成果を否定しようとする?」
    「長い間中国で生活し、毎日のように中国のメディアや官僚に接している人が『冷遇論は間違っている』と主張しているのに、韓国のメディアは何を根拠に冷遇されたと報じているのか」

    など「冷遇論」を報じた韓国メディアに対する批判的な声が多く寄せられている。

    また「冷遇でも厚遇でも、今回の訪中の目的である朴槿恵(パク・クネ前大統領)の尻拭いができたのならそれでいい」と主張する声も。

    一方で

    「安倍首相が行けていない場所に行ったから冷遇ではない?理由になっていないよ」と指摘する声や、
    「中国の大学教授の言葉に信ぴょう性はあるのだろうか?やっぱり今回の訪中は失敗だったと思う」
    「1人で食事する国賓訪問なんて聞いたことがない。どう考えても屈辱的」

    と主張する声もみられた。


    2017年12月20日(水) 18時10分

    Record China
    http://www.recordchina.co.jp/b232257-s0-c30.html

    【「安倍首相は訪問すらできていない」韓国教授が中国の“文大統領冷遇論”を一蹴】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル