かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: Felis silvestris catus ★ 2019/10/17(木) 18:07:59.35 ID:SVgGe9jG9
    https://snjpn.net/archives/162719
    Mi2さんのツイート

    【弾圧委員会】

    河村たかし市長が国際芸術祭開催費用の検証委員会を設置に、

    大村秀章県知事
    「社会的常識がありますからね、河村さんには社会的常識は通用しない。一連の行動は常軌を逸してる。この人は何のために政治活動をしてるんだとパフォーマンスのみで動いてる」

    お前には常識があるのかよって話

    no title


    (略)

    ▼ネット上のコメント

    ・社会的常識では真逆なんだけどな(笑)

    ・どの口が

    ・河村さんも確かにパフォーマンスじみたことはあるかもだが、この知事はそれ以上に言いたい放題だねぇ… 大言壮語というか。

    ・河村市長には次期県知事選挙に立候補して欲しい!

    ・この度、付き合いのある議員と縁を切った。理由は大村秀章に迎合してるからだ💢過去を捨て今後は河村市長を支援していく☺️

    ・冗談抜きでこの知事ヤバくない?

    ・大村氏がここまで強気になれる理由が知りたい。

    【【パヨク】大村秀章「河村さんには社会的常識は通用しない。政治的パフォーマンスのみで動いてる」 ネット「自分の事ちゃう?」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/10/17(木) 17:32:18.28 ID:CAP_USER
    no title
     
    2泊3日間の平壌(ピョンヤン)滞留期間についてサッカー代表チームと同行した大韓サッカー協会関係者は「悪夢」という表現を使った。韓国のサッカーファンが連絡の途絶えたサッカー代表チームの選手をを心配する間、選手団も大小の圧迫と脅威に苦しめざるを得なかった。

    韓国代表チームは北朝鮮に到着するやいなや北朝鮮のけん制が始まった。平壌の順安(スナン)空港に到着した直後、北朝鮮税関は韓国選手がカバンに持ってきた持ち物を全部手書きで書いて提出させた。

    通常、出入国の荷物検査はX線透視期を通じて進めるため問題がある場合、直接カバンを開けて肉眼で確認する手順を踏む。旅行客が持ち込んだ物品を直接書いて提出する場合は珍しい。韓国選手の肉体的、心理的に疲労度を高めるために北朝鮮がわざと進めたと見られることだ。このため、空港を抜け出すだけで3時間近く必要とされた。

    インターネット状況も劣悪だった。ワールドカップ・アジアンカップなど国際サッカー連盟(FIFA)とアジアサッカー連盟(AFC)が主管する競技では現場取材記者のために一定水準以上のインターネット環境を提供することが求められるが、北朝鮮はこの規定を守らなかった。サッカー協会職員が確認した結果、金日成(キム・イルソン)主席競技場メディアセンターでインターネットに接続できるコンピュータはただ一台だけだった。それさえも速度が遅すぎて使用不可能な水準だった。

    結局韓国側との疎通は宿舎ホテルで主に行われた。サッカー協会関係者は「ホテル側からLAN線を提供してもらい、サッカー代表チームの便りを伝える電子メールを送った」とし「メールを作成するたびに北朝鮮側関係者が後ろに立って内容をいちいち確認した」と話した。選手らは宿舎ホテルに留まる間、事実上監禁生活を余儀なくされた。周辺を散歩することさえ許されなかった。

    サッカー協会は今後FIFAを通じて北朝鮮のサッカー協会を提訴する方針を検討する予定だ。選手団長として平壌に行ってきたサッカー協会のチェ・ヨンイル副会長は「まずサッカー協会で会議を行って(提訴に関連した)規定を検討する」とし「長距離移動で皆が疲れている。会議をする必要がある」と話した。

    中央日報 2019.10.17 12:03 
    【【韓国代表チーム】悪夢の平壌…北朝鮮、X線を置いて韓国選手に「持ち物を書いて提出せよ」空港出るだけで3時間 事実上監禁生活】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★2019/10/17(木) 18:16:53.63 ID:CAP_USER
    BA566996-E340-4992-A43B-4BA1613688F2
     
    「在韓米軍の撤退問題」が現実味を帯びてきている。韓国には現在、陸軍約1万8500人、空軍約8000人、海軍・海兵隊合わせて約2000人が駐留している。米朝関係の今後の動きや、駐留経費負担問題がこじれれば、米国が韓国から手を引く事態に陥る可能性も否定できない。

     日米情報当局関係者によると、文在寅(ムン・ジェイン)政権が誕生して以来、韓国から北朝鮮へ情報が漏れているという。政権周辺に、北朝鮮の支援者ないし内通者が数多く紛れ込んでいるとの見方もある。米韓同盟は機能停止しかねない瀬戸際だ。

     文大統領は「光復節」(8月15日)式典での演説で、「2032年にソウルと平壌(ピョンヤン)で共同オリンピック開催」「45年に平和統一」を訴えるなど、北朝鮮へのラブコールも尋常ではない。

     米軍が撤退したことで、自国の安全保障環境が大きく変化した国がある。フィリピンだ。南シナ海における中国とASEAN(東南アジア諸国連合)諸国との対立・緊張関係を作り出した原因の1つが、フィリピンにあった世界最大級の在外米軍基地(スービック海軍基地・クラーク空軍基地)からの米軍撤退だった。

     1991年、フィリピン国内で反米感情が高まるなか、フィリピン上院は両基地の使用期限の延長を否決した。このとき、安全保障の専門家の多くが「フィリピンの戦略的位置からして、米軍が簡単に基地を返す(撤退)ことはない」とみていた。

    ところが、米国はフィリピンと再協議をすることもなく、翌年には米軍は撤退してしまった。

     その結果、「力の空白」につけ込むかのように、中国が南シナ海に進出してきた。中国は95年、フィリピンやベトナム、マレーシア、台湾も領有権を主張している南シナ海・南沙諸島のミスチーフ環礁を、軍事占領した。建造物を構築し、現在も占領を続けている。

     当然、フィリピンは中国に抗議したが、後の祭りで、南シナ海の拠点を、中国にみすみす奪われてしまったのである。

     この事態を、韓国に置き換えてみよう。

     金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮にとって「目の上のたんこぶ」である在韓米軍がいなくなれば、韓国への侵攻は容易になる。北朝鮮は、朝鮮半島の「赤化統一」を諦めていない。祖父の金日成(キム・イルソン)主席、父の金正日(キム・ジョンイル)総書記の野望を実現する行動に出てくることも考えられる。

     そうなれば、韓国内の北朝鮮内通者も協力するだろう。北朝鮮に一気に攻め込まれてソウルは火の海と化す場合だってあり得る。第2次朝鮮戦争の勃発である。

     韓国軍は通常兵器では北朝鮮軍を上回るかもしれないが、緩み切った韓国軍(=兵器の整備不良や士気の低下など)が、北朝鮮軍の精鋭部隊と互角に戦うことができるか、甚だ疑問だ。

     ■濱口和久(はまぐち・かずひさ)

    夕刊フジ 2019.10.17

    【【夕刊フジ】絶望の韓国軍 ソウルは火の海… 在韓米軍撤退で「第2次朝鮮戦争」勃発!?中国の占領許したフィリピンの二の舞いも】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/10/17(木) 17:07:11.10 ID:CAP_USER
    シュライバー国防次官補「中国が北朝鮮にもっと圧力を加えるべき」

     米国防省のシュライバー次官補(インド太平洋担当)は15日(米国時間)「中国は北朝鮮に対する制裁を実行していない」とした上で「北朝鮮が建設的な交渉に応じるよう、中国は北朝鮮にもっと圧力を加えるべきだ」と述べた。

     今月5日にスウェーデンで行われた実務協議が物別れに終わるなど、米朝間の交渉は今なお行き詰まり状態にあることから、シュライバー氏の発言は、中国に対して制裁への積極的な参加を要求し、北朝鮮への圧力を強めたい意図がありそうだ。

     シュライバー氏はこの日、ワシントンで行われたジェームスタウン財団主催のセミナーで「われわれはこれまで制裁を通じて北朝鮮への圧力を維持しようとしてきた」「これは北朝鮮に対してより生産的で解決策に到達できる一定の思考方式を持たせ、(交渉の)テーブルに出てこさせるためだ」と説明した。

     シュライバー氏は「国際社会は北朝鮮に対する圧力に参加すべきだ」と強調した上で「中国の領海内では北朝鮮による船舶間での違法な積み荷の積み替えが行われている」「中国に対してこのような状況を改善するよう望む」とも指摘した。シュライバー氏は「中国は軍事的な側面はもちろん、商業、民間、インフラなどの分野でも北朝鮮にとって最も重要なパートナーとなってきた」「北朝鮮に圧力を加えるため中国が取るべき最低限の行動は、制裁をしっかりと実行に移すことだ。北朝鮮が建設的な態度で交渉に参加できるよう、中国が圧力を加える方法は他にもある」などとも主張した。

     一方で米沿岸警備隊のカール・シュルツ司令官はこの日、ワシントンで開催された別の討論会で「北朝鮮による海上での違法な瀬取りに対する取り締まりは、国の安全保障のために適切な任務だ」「海軍の要請を受け、この任務は今後も続けていくだろう」と述べた。米政府系報道機関「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」が報じた。主に米本土周辺の警備を担当する沿岸警備隊は今年1月に大型巡視艇「バーソルフ」を韓半島近海に投入し、6月には同じく巡視艇「ストラットン」も派遣するなど、海上での瀬取りに対する取り締まり活動を続けている。

     ニュージーランド外務省もこの日、RFAに提供した資料を通じ、北朝鮮による違法な瀬取りを取り締まるため、在日米軍基地にP3C海上哨戒機を派遣することを明らかにした。ニュージーランドは今年9月にもP3Cを派遣している。P3Cは10月中旬から11月まで海上での偵察活動を行うことになっている。ニュージーランドは昨年も9月から10月まで哨戒機を派遣している。

    ワシントン=趙義俊(チョ・ウィジュン)特派員

    朝鮮日報 2019/10/17 11:01

    【【米国】「中国領海で北朝鮮船舶が瀬取り、中国は対北制裁をきちんと履行せず」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/10/17(木) 16:44:34.08 ID:CAP_USER
    BAC7824D-E1A0-469D-84C3-4EBE20C0A03D

    15日、サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会2次予選の韓国対北朝鮮戦が行われた平壌・金日成(キム・イルソン)競技場。高麗ホテルからバスで20分かけて競技場に到着した韓国代表選手団は、観客が1人もいないのを見て仰天したという。大韓サッカー協会関係者は「それでも競技場の各通路には大勢の兵士や看護師が配置されていたので、試合開始が迫ってから観客が入るのかと思っていた。入り口もすべて開けられていた。ところが、結局は誰も来なかった。何かの詐欺のような気がした」と語った。

     キックオフのホイッスルが鳴ると、北朝鮮の選手たちが覚悟でもしたかのように飛び出した。韓国の選手たちが「これがサッカーなのか」という反応を見せたほどだった。そしてとうとう、韓国のMF黄仁範(ファン・インボム)=ホワイトキャップス=が北朝鮮の選手に攻撃を加えられた。その瞬間、両チームの選手たちが1カ所に集まりもみ合いになった。ソン・フンミン=トッテナム=と北朝鮮代表の李栄直(イ・ヨンジク)=東京ヴェルディ=が前に出て選手たちを止めた。

     試合を観戦していたヨアキム・ベルイストロム駐北朝鮮スウェーデン大使がこの様子を撮影してツイッターに投稿した。同大使は「子どもたちの前はケンカしてはならない。ああ、でもここには誰もいない」と無観客試合を遠回しに表現した。大韓サッカー協会関係者は「明らかに退場になる場面だったのに、審判も気が引けたのか、そのまま流してしまった。何度かレッドカードを出すべき瞬間があったが流していた」と語った。

    結局0-0で引き分けた韓国代表チームは、翌16日午後5時20分、平壌から中国・北京行きの飛行機に乗った。ファンたちは「いろいろあっても試合が終わったから、出発前に(平壌の有名飲食店)玉流館の平壌冷めんでも食べるのだろう」と予想していたが、韓国代表選手たちはホテルから直接空港に向かった。北京に到着して韓国の報道陣に会ったDFキム・ミンジェ=北京中赫国安=は「無観客試合で行われたが、特別なことはなかった」と短く答えた。しかし、サッカー関係者は「選手たちはホテルにばかり閉じ込められ、心理的に非常につらかっただろう。地獄そのものだった」と言った。

    ■「FIFAが制裁すべき」

     懲戒による処罰としてではなく「自発的な無観客試合」をしたのは、世界サッカー史上、かなり異例だ。米紙ワシントン・ポストは「平壌の空っぽの観客席の前で奇妙なW杯予選が行われ、引き分けに終わった」と報道した。スペイン・メディアのムンド・デポルティーボは「韓国と北朝鮮は『幽霊ゲーム』を繰り広げた」と伝えた。

     無観客試合を競技場で観戦した国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長は「歴史的な試合だけに観客席が満杯になるのを期待したが、ファンが1人もいなくて失望した。生中継やビザ発給問題、外国人記者らの接近などに関する問題を知って驚いた。我々はこうした問題を北朝鮮サッカー協会に提起した」と述べた。

    欧米の人権・スポーツの専門家らは「FIFAは北朝鮮を制裁すべきだ」と主張している。スポーツ・政治学の専門家であるスペインIE大学のアンドリュー・バートリー教授は16日、米政府系放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)の番組で「北朝鮮当局が(政治・スポーツを利用しないように)重大な改革措置を取るべきだ。そうした措置のない状況で国際社会が北朝鮮の参加を許可するのは、金正恩(キム・ジョンウン=朝鮮労働党委員長)がスポーツを内部の支持強化に利用できるように合法性を与えているようなものだ」と批判した。

     米ワシントンの民間団体・北朝鮮人権委員会のグレッグ・スカラテュー事務総長もこの番組で「W杯を政治化したのは完全に一線を越えたもので、深刻な(スポーツ精神)違反だ。北朝鮮当局の行動に対する実質的な制裁がなければならない」と述べた。

    ■韓国統一部、政府レベルでの抗議はしない模様

     青瓦台は当惑している様子だ。青瓦台関係者は16日、春秋館で「私たちもそれなりに最善を尽くしたが、そうできなかったことについて、同様に無念に思っている」と語った。しかし、韓国統一部は政府レベルで北朝鮮に抗議の意思表示はしない考えだ。同部の李相旻(イ・サンミン)報道官は「今回の試合は南北間の合意によるスポーツ交流ではなく、カタールW杯アジア2次予選だった」と努めて事を収めようとしていた。

    ワシントン=趙義俊(チョ・ウィジュン)特派員

    朝鮮日報 2019/10/17 09:01
    【【サッカーW杯アジア2次予選】北朝鮮競技場の通路に兵士配置、韓国代表は試合直前に「無観客」知った「何かの詐欺のような気がした」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル