かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/02/22(木) 07:07:20.74 ID:CAP_USER9

    オリンピック旗

     平昌五輪を巡る報道にインチキが散見される。日本はメダル量産国ではないのに、見出しに「メダル量産」の文字が踊り、競技人口が少ない種目なのに「戦力が厚みを増している」との解説も。戦中の大本営発表にそっくりな報道に慢心するばかりでは、不足している競技人口の増加や選手サポート体制強化という、本当の量産国になるために必要な課題を見えなくさせる。(ノンフィクションライター 窪田順生)

    ● 日本は「メダル量産国」ではない マスコミ報道のインチキぶり

     なぜこの国のマスコミは、アスリート個人の功績を「日本の功績」にすりかえようとするのだろうか。

     ご存じのように、テレビや新聞では朝から晩まで、メダリストたちの感動の瞬間をレポートしている。彼らの素晴らしいパフォーマンス、これまで歩んできた苦難、支えてきた周囲の方たちの絆を知って胸が熱くなった、という方も多くいらっしゃることだろう。筆者もまったく同じ思いだ。

     が、そのような個人にスポットライトを当てた報道に紛れ込ませるような形で、読者や視聴者が「日本ってすごいんだな」と錯覚してしまう、かなり盛りに盛った話があふれているのは、見ていて不安しか感じない。日本人を気分良くさせるためには多少の行きすぎたハッタリをかましてもお咎めなし、というあまり褒められない環境になってしまっているからだ。

     たとえば分かりやすいのが、先日の産経新聞だ。

    (略)

    ● 「大本営発表」と見まがうばかりの 欺瞞あふれる自画自賛報道

    (略)

    ● 「日本すごい」報道が スポーツ振興の邪魔になる理由

     だが、なぜか日本のマスコミでは、そのような「個人」を讃えながらも、ちょいちょい「日本メダル量産」とか「戦力の厚み」なんて言葉を用いて、「日本全体が成し遂げた偉業感」をぶっこんでくるのだ。

     「すごい」と評価されるべきは、小平選手であり、彼女の夢を支え続けた相澤病院や、スピードスケートの関係者という「個人」であり、「日本」がすごいわけではないのだ。メダルの数と色ばかりにこだわっているマスコミによって、それがいつのまにかごちゃまぜに語られるようになってしまうのだ。

     そんな屁理屈こねて面倒くさいヤツだなと思われるかもしれない。ただ、なぜ筆者が個人の功績を「日本の功績」とごちゃまぜにしてはいけないとここまで強く主張をするのかというと、マイナースポーツが今まで以上に衰退してしまうからだ。

     たとえば、今日にいたるまでのテレビ・新聞の平昌五輪報道で、みなさんはどれくらいの日本代表の名前を覚えただろうか。特に熱狂している方でなければ、メダルを獲得した8人にプラスして、レジェンド・葛西紀明さんや、フィギュア男女、「カー娘」くらいで、ざっと20人ほどではないか。

     しかし、平昌五輪で戦っているアスリートは124人いる。マスコミは「がんばれ日本!」と絶叫しているわりに、ほんのひと握りのアスリートの活躍しか報じていないのだ。

     つまり、アスリート個人の功績を「日本の功績」と混同してしまうと、どうしてもメダルの数や色に国力を重ねて、増えた減ったと大騒ぎする五輪報道に終始してしまうのである。

     これはサッカーW杯と同様に「愛国エンターテイメント」なので、「にわかファン」は瞬間風速的に増える。だが、その競技の面白さや、アスリート個人のパフォーマンスの偉大さを伝えているわけではないので、本当のファンは定着しない。当然、競技者人口も増えず衰退していくというわけだ。

    (略)

    ● 選手個人のがんばりを ナショナリズムに利用するな

     ひたすら個人にのみがんばらせるという、ブラック企業のような発想で、スポーツ振興などできるわけがない。

    (略) 

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180222-00160841-diamond-soci
    【【パヨク反応】「日本すごい」報道がスポーツ振興の邪魔になる 選手個人のがんばりをナショナリズムに利用するな 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: れいおφ ★ 2018/02/21(水) 19:52:10.16 ID:CAP_USER
    2018年2月18日、米華字メディア・多維新聞は、中央アジアへの影響力を強めようとしている中国について、ロシアが見えないところで反中勢力を支持している可能性があると伝えた。

    記事によると、ロシアの中央アジア・近東国家研究センターのバグダサロフ主任が先日、ロシア国営メディアに対して「これまで人々は中国の経済拡張について、軍備拡張はあり得ないと語ってきたが、現在中国はパキスタン、アフリカのジブチなどに軍事基地を建設している。タジキスタンにも基地を建設する可能性があり、特に今の指導層のリードの下で、経済拡張に続く軍事拡張を推進している」と語ったという。

    同主任はまた「中国はロシアの盟友ではない。中国は情勢上の必要があって強敵に相対したい時、あるいは何らかの利益を得たい時に、米国よりロシアと手を組もうとするのだ」としている。

    記事は「近年、戦略問題や政治問題のアナリストたちがしばしば議論しているのは、ロシアと中国による中央アジア地域での影響力争いだ。
    一方で、中露政府は両国関係はますます良好になっていると再三強調している。
    多くの世論調査でも、中国はロシア国民から最も友好的な国の1つと見なされている。
    しかし、ロシアでは依然として中国を脅威とみなす声が出てくることがある」と指摘した。

    そして、「カザフスタンやキルギスでは反中国、あるいは中国への拡張を警戒する抗議活動が起きた」とし、 米メディアの「中央アジアにおける反中国の声の背後でロシアがこっそり支援しているかどうかは定かではないものの、中央アジア地域を主なターゲットにしたロシアの宣伝メディアは中国がロシアの盟友でないこと、中国の対外拡張や中央アジアを呑み込まんとする挙動に対し大いに考える必要があることを強調している」という分析を伝えた。

    Record China
    http://www.recordchina.co.jp/b572204-s0-c10.html

    【【中露】「中国はロシアの盟友ではない」 ロシア、友好を装い陰で反中を支持?依然として中国を脅威とみなす声も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/02/21(水) 17:19:44.54 ID:CAP_USER9

    2018/02/21
    シリア政権軍による空爆が連日続く首都ダマスカスに近い東グータについて、国連シリア人道調整官のパノス・ムムツィス氏は20日、「想像を絶する」状況だと述べた。

    ムムツィス氏はBBCに対し、少なくとも250人が死亡したとされる空爆が「極限の苦難」をもたらしていると語った。
    シリア軍は、テロリストたちから東グータを解放しようとしていると述べた。

    シリア政府は一方で、トルコ軍と対峙するため北部に軍を派遣した。シリアと国境を接するトルコは、クルド人勢力を攻撃するため国境を越え、シリア北部のアフリンに侵攻している。
    トルコは進軍する隊列の近くを砲撃し、親政権勢力の戦闘員らを退却させたと述べている。

    東グータでの動き

    ロシアが後押しする政権軍は18日夜に、反体制派にとって最後の主要拠点となっている東グータへ攻撃を激化させた。
    住民のひとり、フィラス・アブドゥラさんはBBCに対し、「家々の窓から女性や子供の叫ぶ声や泣き声が聞こえてくる。ミサイルや砲弾が雨のように降ってくる。この悪夢から隠れられる場所はどこにもないし、終わってもいない」と語った。

    活動家らによると、死者には50人以上の子供が含まれる。負傷者は約1200人に上った。
    国連は、人道支援物資を届け、負傷者を避難させるため停戦を呼びかけている。
    東グータでは、イスラム主義組織「ジャイシュ・アル・イスラム」が最有力勢力だが、シリア国内でアルカイダとつながりがあった組織が率いるイスラム聖戦主義同盟「ハヤト・タハリール・アルシャム」も地域内で活動している。

    包囲下の状況悪化

    東グータは、シリアの主要な同盟国のロシア、イランに加えてトルコが「緊張緩和地帯」に指定しているが、暴力の状況は、2013年の化学兵器攻撃以降で最悪だと活動家たちは話す。
    東グータの少なくとも10の町や村が、20日に再び空爆を受けたという。

    地元の医師は東グータの医療施設を支援する英慈善団体「シリア医療救援組織連合(UOSSM)」に対し、「ここの人たちには逃げ場所がない」と語った。「生き延びようとしているが、包囲による飢餓でかなり弱っている」。
    国連の報道官は、19日と20日に少なくとも6つの病院が攻撃を受けたと指摘した。
    ムムツィス氏は、このような攻撃が戦争犯罪に相等する可能性があると述べた。
    シリア政権は昨年11月末以来、人道支援の車列が東グータに入るのを1度許しただけで、食糧難は深刻な状況になっている。
    パン1束の価格は、全国平均の22倍近くまで上昇しており、5歳未満の子供の12%が重度の栄養不足に陥っているとされる。

    このほかのシリアでの動き

    シリア政権軍は20日に、トルコとの国境のすぐ南側のクルド人勢力拠点、アフリンに入った。

    トルコは同地域で半ば自治状態にあるクルド人勢力を排除しようとしているが、クルド人勢力はシリア政権軍に援助を要請した。

    トルコによる侵攻をシリアは、同国の主権への「あからさまな攻撃」だと強く非難したが、トルコは譲らない姿勢を強調している。

    ロシア軍の空爆やイランが後押しする民兵組織によって支援されているシリア政権軍は、北西部のイドリブ県でも攻撃を実施している。
    国連は、昨年12月以来の戦闘によって、同県で30万人以上が住まいを失ったと指摘した。

    一方、ロシア外務省は20日、最近のシリアでの戦闘で、ロシアおよび旧ソ連の出身者数十人が死亡あるいは負傷したと認めた。

    ロシア外務省は詳細を明らかにしていないものの、最近の戦闘とは、米軍が東部デリゾール県で今月7日に、米軍と協力するクルド人勢力率いる民兵組織への攻撃に反撃した際のことを指しているとみられる。米軍は、戦闘で親シリア政権の戦闘員推計100人を殺害したと明らかにしている。

    (英語記事 Syria war: Eastern Ghouta bombing 'beyond imagination')

    BBC
    http://www.bbc.com/japanese/43137400 
    【【シリア政権軍の東グータ空爆】 爆弾が雨のように降り、250人死亡 死者には50人以上の子供 国連高官「想像を絶する」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ひろし ★ 2018/02/21(水) 21:40:04.50 ID:CAP_USER9
    2月21日 17時18分
    un250

    アメリカのトランプ政権が国連機関への支援の一部の凍結を表明し、世界各地の人道支援への影響も懸念される中、国連の人道部門トップのローコック事務次長がNHKのインタビューに応じ、日本がさらなる財政支援を行うことに期待を示しました。

    日本を訪れていた、OCHA=国連人道問題調整事務所の緊急援助調整官を務めるマーク・ローコック事務次長は、20日都内で、NHKのインタビューに応じました。

    OCHAは、国連やNGOが世界各地で行う人道支援を取りまとめていますが、最大の拠出国のアメリカのトランプ政権が、国連機関への支援の一部を凍結すると表明していることから影響が懸念されています。

    ローコック事務次長は、日本がおととし各国の中で8番目に多い9億円余りを拠出していることを踏まえ、「日本は必要な時に他国を支援し、責任のある国としての役割を果たしてほしい。日本が財政的に大きな貢献し、より重要な役割を果たす方法をわれわれも考えたい」と述べ、日本がさらなる財政支援を行うことに期待を示しました。

    一方、ローコック事務次長は北朝鮮について、人道支援の必要があれば、核・ミサイル開発問題とは切り離して行うべきだとして、「適切な時に現地を訪れ、人道状況や子どもたちの命を救う取り組みを確認する必要もあるかもしれない」と述べ、みずからが訪朝することも含め積極的に関わっていく姿勢を示しました。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180221/k10011337681000.html

    【【お断り】国連の人道部門トップ 日本のさらなる財政支援に期待 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 豆次郎 ★ 2018/02/21(水) 22:08:08.21 ID:CAP_USER9
    おめでとう!!

    女子団体追い抜き、日本が金 姉妹出場の高木美は冬季1大会初の金銀銅メダル制覇
    2/21(水) 22:01配信
    D25B597B-347F-46E1-BB25-6E43BA3C8308

    ◆平昌五輪第13日 ▽スピードスケート女子団体追い抜き決勝(21日、江陵オーバル)

     優勝候補の日本は、高木美帆(23)=日体大助手=、高木菜那(25)=日本電産サンキョー=、佐藤綾乃(21)=高崎健康福祉大=が出場した決勝でオランダを破り、念願の金メダルを獲得した。同種目では10年バンクーバー五輪銀以来、2大会ぶりのメダルとなった。

     今季W杯で世界新3連発をたたき出した強さを五輪でも存分に発揮した。カナダと対戦した準決勝は、1回戦(19日)の佐藤に代わって菊池彩花(30)=富士急=が出場し、2分58秒94で圧倒。連戦の疲労を考慮し、日本代表・湯田淳監督が「どういうメンバーで臨むかが1つのポイント」と話していた通りの巧みな起用術。選手層の厚さも見せつけた。

     エースの高木美は1500メートル2位、1000メートル3位続く「金銀銅メダル」を制覇。姉・菜那とのきょうだい金メダルは、ともに冬季初だ。

     バンクーバー五輪に15歳で出場した妹・美帆と落選した姉・菜那。14年ソチでは美帆が涙を飲んで立場が逆転した。時に反発し合ったりもしたが、悔しさを乗り越えるお互いの姿に共鳴。スケートの実力を素直に認め合って成長につなげた。以降は国内旅行をともにするなど歩み寄り、日本のチームワークを世界一の座まで一気に押し上げた。そして18年平昌。高木姉妹の「2人で金メダルを取って、両親にかけてあげたい」との願いが夢舞台で結実した。

    ヤフーニュース(スポーツ報知)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00010003-spht-spo

    【【平昌五輪】女子パシュート金メダル!!】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル