かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    28日に放送されたBSフジの政治番組「プライムニュース」に出演した希望の党の細野氏と、 民進党の選対委員長代理を務める篠原孝氏が、民進党議員が希望の党へ「合流」する過程を巡って全く違う認識を主張して激論を交わす場面がありました。

    以下、両者の発言

    細野氏「そもそも”合流”ではない。離党された民進党議員のそれぞれの顔を我々が見た上で、
      希望の党が掲げる憲法や安全保障などの考え方にしっかり賛同される議員がどれだけいるかでしょう。」

    篠原氏「民進党の受け止め方は違います。党内の常任幹事会で議論した時に前原代表が
      『 一人一人チェックして公認する/しないという審査はさせない。集団で全員が公認申請する。』と説明されて   
      審査方法は小池氏と前原氏との間で話し合って決めるから、『自分に任せてほしい』と発言されていた。」

    細野氏「この点は既に小池代表ともかなり議論したが、民進党からまとめてドンと来られても全部受ける訳にはいかない。
      我々としては既に人生かけて仕事を辞めてまで希望の党から立候補する人がいる選挙区もある中で、
      そんなに軽々しく民進党の議員が来たから、どいてくれなんて言えないですよ。」 

    BSフジ 「プライムニュース」 ハイライトムービー | 9/28 (木) 前編・1:40秒から
    http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/day/d170928_0.html 【希望の党の公認審査 「一人ずつやらず集団で内定貰う」と民進党前原氏は説明か 「個別チェック」方針の細野氏と食い違い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ニューギニア
    インドネシア東端ニューギニア島の西半分を占める「西パプア」の分離・独立を訴える請願書と180万人分の署名がこのほど、国連事務局に提出された。英ガーディアン紙など複数のメディアが報じた。 

     半世紀近くくすぶり続ける西パプア独立問題について、アブドゥルラフマン・モハンマド・ファヒル外務副大臣は28日、「動向は注視するが、西パプア問題は(住民投票の行われた)1969年に解決済みだ。請願書は注目を集めるための手段にすぎない」とのコメントを出した。
     一方、オーストラリア北部からインドネシアにまたがるメラネシア地域の島しょ国であるソロモン諸島のマナセ・ソガバレ首相は「(請願書提出は)より良い将来への願いを表明した」と述べ、独立を目指す国連直訴を歓迎した。
     請願書を提出したのは、西パプア、パプア両州をまとめた「西パプア」の解放運動派。インドネシア治安部隊による人権侵害を訴えるとともに、自由意思に基づいた、西パプア独立を問う住民投票実施を要求している。
     同解放運動派のベニー・ウェンダ・スポークスマンは「(インドネシア領入りが正式に決まった)69年の住民投票では治安部隊による住民への脅迫があった。(今回の)請願書の作成過程でも57人が治安部隊に逮捕され、54人が虐待された」と述べ、独立派住民に対する弾圧が続いていることを訴えた。
      【「西パプア」独立を 解放運動派 国連に請願書提出】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    民進党の前衆院議員について朝日新聞は28日、本人や秘書に対し、小池百合子東京都知事が結成した新党「希望の党」に公認を申請するか意向を取材した。その結果、引退を表明した人を除く前職81人のうち、7割を超える61人が申請する考えであることがわかった。

    朝日新聞
    http://www.asahi.com/articles/ASK9X6JBPK9XUTFK026.html 【民進の前職61人、希望に公認申請の意向 7割超す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    民進党は、東京都の小池知事が立ち上げた希望の党への事実上の合流を決めた。前原代表は全ての民進党議員の希望の党での公認を目指す考えだが、調整は難航が予想されている。

     関係者によると、実は28日夜に小池代表と前原代表の会談が予定されていたのだが、急きょ、中止になった。

     2人の会談については、どの立候補予定者に希望の党の公認を出すのか調整を急ぐ必要があり、「さっそく会わないと公認の作業が間に合わない」との声があった。

     中止の理由だが、ある希望の党関係者は、「前原代表が『すべての民進党議員の希望の党での公認を目指す』と発言したことが、小池代表のかんにさわったのでは」などと推測している。

     
    【小池代表と前原代表の会談 急きょ中止に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    イラク・クルド自治区の中心都市アルビルの空港に発着する国際便全ての運航が、29日夜から停止されることが分かった。空港の責任者が28日、明らかにした。

     タラル・ファイク・サリフ空港長はAFPに対し、「イラク中央政府の内閣およびハイダル・アバディ首相の決定を受け、29日午後6時(日本時間30日午前0時)から、アルビル発着の国際線全ての運航が例外なく停止される」と認めた。

     アバディ首相は、中央政府からの反対を押し切って25日にクルド自治区で実施された独立の是非を問う住民投票への報復として、同自治区内の空港に就航している航空便の運航停止を命じていた。この住民投票では、92.73%という圧倒的多数が賛成票を投じた。


    【クルド自治区の中心都市発着の国際便、29日から運航停止へ イラク】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル