かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    un250
    共同通信の報道によると、国連安全保障理事会で3日、大陸間弾道ミサイル発射実験を連続する北朝鮮に対する制裁決議採択に向けた話し合いで「進展があった」。特に、制裁強化を要求している米国と対話で問題解決を支持する中国の協議が大きく前進した。


    【対北朝鮮制裁で米中が進展】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    大相撲の元横綱・朝青龍さんが、モンゴル新大統領の日本担当の外交顧問に指名された。
    モンゴル大統領府は元横綱・朝青龍、ドルゴルスレン・ダグワドルジさんを、日本担当の外交顧問に指名したと発表した。
    朝青龍さんは、7月の大統領選挙で、格闘技のサンボの元世界チャンピオンで、実業家のバトトルガ大統領を全面的に応援していた。
    外交顧問の任期は1年で、モンゴルでは元小結・旭鷲山さんも、大相撲引退後に大統領の補佐官を務めた。

    FNN
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170804-00000289-fnn-int 【元横綱・朝青龍が日本担当に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本海
    日本海の国際呼称について、韓国が求める「東海」への表記変更が増加している問題で、日本海の単独呼称支持を表明する国が約58%にとどまっていることが3日、外務省への取材で分かった。北朝鮮のミサイル実験に伴い、同海域に言及する報道は年々増加。国際的な関心が高まる中、呼称変更運動を展開してきた韓国の民間団体などは各国への攻勢をさらに強めている。(時吉達也)

     調査は外務省北東アジア課が世界の195カ国を対象に、昨年4~6月に実施した。114カ国が「日本海」の単独表記を支持した一方、11カ国が「東海」との併記を支持。69カ国は立場を明らかにしなかった。

     

    【「日本海」表記支持表明、6割弱にとどまる 外務省195カ国調査】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    河野外務大臣は初閣議のあとの記者会見で、「前回、行政改革担当大臣を務めていた時のように、政府内での議論は遠慮なく活発にやらせてもらい、ひとたび方針が決まれば内閣の一員として業務を遂行していきたい」と述べました。

    また、河野大臣は慰安婦問題に関連して、「戦後70年の総理大臣談話、それに岸田外務大臣の時に両国政府が確認した日韓合意に尽きると考えている。日韓合意が着実に進展されることが望ましい」と述べました。

    さらに、河野大臣は使用済み核燃料の再処理を認めている日米原子力協定が来年に更新期限を迎えることから、核燃料サイクルに反対してきた立場について問われ、「協定は自動的に失効するわけでなく、どちらかが終了を告げなければ終わらない。原子力協定が今のわが国の原子力利用の一つの基盤であることを考えると、日米が緊密に連携しながら協定の在り方を含めて考えていかなければならない」と述べました。

    【河野外相「議論は遠慮なくやらせてもらう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
     th250
    北朝鮮による相次ぐミサイル発射実験で朝鮮半島の緊張が高まるなか、タイに不法入国する北朝鮮人の数が、この数カ月間で急増している。タイの移民当局者が明らかにした。

    タイは、脱北者に人気の通過ルートとなっている。毎年、数百人の北朝鮮人が中国に逃れてタイにたどり着き、そこから通常は韓国に送られる。

    2016年は535人の北朝鮮人がタイに到着したが、今年は6月末までに385人が入国していることを、ロイターが確認したタイ移民当局のデータは示している。毎週、その数は増え続けている。

    「タイ北部だけでも、平均20─30人の北朝鮮人がやって来ている」と、ある移民当局者は匿名でロイターに語った。

    北朝鮮が中国との国境で管理を強化しているにもかかわらず、脱北者数は急増している。北朝鮮による相次ぐ核・ミサイル実験に対し、しびれを切らしつつある米国が警告を発するなど、朝鮮半島の緊張は高まっている。

    だが、韓国の首都ソウルに拠点を置くNGO「北韓人権市民連合」によれば、韓国への脱北者数は今年増えておらず、タイ経由で来る脱北者の全体に占める割合が高まっている可能性があるという。

    韓国統一省は、今年上半期に同国にやって来た脱北者の数は593人と明らかにした。一方、昨年は1418人、一昨年は1275人だった。

    【タイを目指す「脱北者」急増の理由】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル