かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロ ★ 2018/05/30(水) 08:26:19.41 ID:CAP_USER9

    次々と新たな事実が明らかになるモリカケ問題。ジャーナリストの田原総一朗氏は、問われるべきは安倍首相の進退だが、自民党の沈黙姿勢に苦言を呈する。 

    *  *  * 
     5月22日に新聞各紙が一斉に大きく報じた。2015年2月25日に安倍晋三首相が加計学園の加計孝太郎理事長と面会していた、という記録が愛媛県の文書にあったというのである。 

     加計理事長が獣医学部の新設を目指していることを説明すると、安倍首相は「それはいい考えだ」と積極的に応じたという。さらに、実はその前に加計学園側が、当時官房副長官だった加藤勝信氏と会って、獣医学部の設置が「厳しい状況にある」と訴えているのである。加藤氏は記者会見でそのことを認めている。 

     安倍首相が15年2月に加計理事長に会っていたとなると、すべてが極めてリアリティーを帯びてくる。 

     5月10日の衆参両院の予算委員会では、参考人として国会に呼ばれた柳瀬唯夫元首相秘書官が、15年2月ごろから3回にわたって加計関係者と会っていたことがわかった。 

     少なからぬ大学が獣医学部の新設を政府に申請している中で、加計関係者とだけ、しかも3回も会うというのは、どう考えてもえこひいきであり、表沙汰になれば、あきらかに問題になる。 

     しかも柳瀬氏は、首相から一切指示も受けていないし、報告もしていないというのである。 

     首相秘書官がえこひいきを手前勝手にやる、などということがありえるのか。そんなことをすれば、上司である首相から怒られるはずである。私は柳瀬氏を経済産業省の課長時代からよく知っているが、そんな手前勝手なことをする人物ではない。 

     国民のほとんどが、柳瀬氏は虚言を続けているのだろうと強く感じているはずだが、柳瀬氏はなぜ虚言を続けなければならなかったのか。 

     安倍首相が15年2月25日に加計理事長と会い、加計の思惑に積極的に対応していたとなると、柳瀬氏の行動がすべて納得できる。柳瀬氏は安倍首相の強い指示を受けて、加計の目論見を実現させるために頑張っていたわけだ。それではなぜ安倍首相の指示もなく、報告もしなかったと虚言を続けたのか。 

    それは安倍首相を守るためである。 

     安倍首相は国会で、17年1月20日、つまり加計の獣医学部問題がすべて落着するまで、「何も知らなかった」と言い切っていて、もしも柳瀬氏が「指示あり」「報告した」などと言うと、安倍首相のウソがバレて、首相の座が危うくなるからである。 

     だが、15年2月25日に加計理事長と会っていたとなると、安倍首相の国会での発言はウソだということになる。当然ながら、安倍首相は加計理事長と会っていたことを否定した。だが、国民の多くは安倍発言を信用していない。 

     さらに、森友問題でも大変な事実が露呈した。安倍昭恵氏と問題の国有地の関わりが文書に記されていたことがわかった。こうなると、基本的には安倍首相はアウトである。 

     だが、現在の野党には安倍首相を辞めさせる力はない。そして、自民党内にも今度の問題で安倍首相の責任を問うという声は起きていない。いってみれば、自民党議員のほとんどが安倍首相のイエスマンになっているのである。それに、5月21日発表の朝日新聞の世論調査では、安倍内閣の支持率は前回より5ポイント増の36%で、読売新聞では3ポイント増の42%と、いずれも増えている。安倍首相はこうした中で、強引な突破を図るだろう。国民の一人として、それをどう捉えればいいのか。 

    週刊朝日  2018年6月8日号
    https://dot.asahi.com/wa/2018052900038.html?page=1

    【【田原総一朗氏】「安倍首相はアウトなのに沈黙する自民党の愚」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しじみ ★ 2018/05/30(水) 07:09:00.41 ID:CAP_USER
    no title
     
    【5月30日 AFP】ウクライナの首都キエフで29日、ロシア人ジャーナリストが銃撃を受けて死亡した。ウクライナ警察が明らかにした。被害者は反体制派メディアに寄稿し、ウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領に対する痛烈批判を展開していた。

     亡くなったのはアルカディ・バブチェンコ(Arkadi Babchenko)氏(41)。警察がAFPに明かしたところによると、バブチェンコ氏は自宅アパートの建物内で銃撃されたという。

     警察報道官の話では、銃声を聞いた妻が血を流しているバブチェンコ氏を発見。病院へ救急搬送中に息を引き取ったという。

     同僚のジャーナリストの一人はフェイスブック(Facebook)に、「アルカディ・バブチェンコ氏は買い物を終えて帰宅した際、自宅建物内の階段で背後から3発の銃弾を受けて死亡した」と投稿。

    この同僚によると、バブチェンコ氏はウクライナ民放ATRで過去1年間、番組司会者を務めていたという。

    反プーチン派の同氏はロシア国内で脅迫を受け、まずチェコの首都プラハに転居。
    その後キエフに移住していた。


    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3176477

    【【おそロシア】反プーチン派ロシア人ジャーナリスト、ウクライナで撃たれ死亡 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: たんぽぽ ★ 2018/05/30(水) 06:30:19.97 ID:CAP_USER
     首相官邸

     日本政府は米朝首脳会談で北朝鮮核問題が進展した場合、日朝外相会談を8月初旬にシンガポールでの国際会議の際に開く方針を固めた。複数の日本政府筋が29日、明らかにした。日本の意向は既に北朝鮮側に打診したとみられる。近く調整に着手する。

     日本人拉致問題を議題にして日朝協議を前進させ、米朝会談の焦点である核・ミサイル開発問題との包括的解決を目指す狙い。実現すれば、2015年8月のマレーシアでの国際会議に合わせて実施して以来となる。

    サンスポ 
    http://www.sanspo.com/geino/news/20180530/pol18053005000002-n1.html 
    【【日朝】日朝外相、8月会談打診 政府、米朝進展条件に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロ ★ 2018/05/29(火) 21:20:46.60 ID:CAP_USER9
    立憲民主、国民民主両党は岡山市の学校法人「加計学園」本部を30日に訪ね、加計孝太郎理事長に国会での証人喚問に応じるよう直接求める。立民が29日、明らかにした。事前の面会約束は取れておらず、加計氏が応じるかどうかは不明という。

     参加するのは立民の武内則男国対副委員長や国民民主の今井雅人国対委員長代理ら。愛媛県の文書は安倍晋三首相が加計氏と2015年2月に面会して獣医学部新設の説明を受けたと記述。学園側は「担当者が実際にはなかった面会を引き合いに出した」との否定のコメントを発表している。

    共同通信
    2018/5/29 21:11
    https://this.kiji.is/374168375611737185

    【【野党】30日に加計学園にアポなし訪問へ 加計理事長の証人喚問要求 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しじみ ★ 2018/05/29(火) 21:37:12.43 ID:CAP_USER
    no title
     
    アメリカのトランプ政権は、移民対策として、不法入国した親と子どもを強制的に引き離すことも辞さないとする政策を発表しましたが、これに対し、トランプ大統領の長女イバンカ氏がツイッターに投稿した
    息子を抱いた写真が無神経だと批判が相次ぎ、論議を呼んでいます。

    トランプ大統領は移民対策の強化を掲げ、今月初めにはセッションズ司法長官が、アメリカに不法入国した人に子どもがいる場合、親から子どもを強制的に引き離すことも辞さないとする政策を発表しました。

    こうした中、トランプ大統領の長女イバンカ氏が27日、息子を腕に抱いて見つめ合う写真をツイッターに投稿しましたが、この写真がインターネット上で批判を浴びる騒動となっています。

    イバンカ氏のツイッターには、「あなたの子どもが腕から引き離されて連れて行かれるところを想像してください。それこそ、あなたの父親が国境でしていることです」とか、「この残虐行為は娘であるあなたがさせていることだ」などといったコメントが次々と投稿されています。

    トランプ政権で大統領補佐官も務めるイバンカ氏は、トランプ大統領の助言者として影響力が注目されているだけに、 イバンカ氏の行動は無神経だとして論議を呼んでいます。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180529/k10011457381000.html

    【【批判すること?】トランプ大統領の長女イバンカ氏の投稿写真に批判相次ぐ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル