かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しじみ ★ 2018/06/03(日) 20:44:00.25 ID:CAP_USER
    no title
     
    シンガポールで開催されたアジア安全保障会議「シャングリラ対話」でフランスのフロランス・パルリ国防相は3日、 多くの欧州諸国を引き入れることで南シナ海の情勢安定化につながるとの見方を示した。

    「フランスや他の欧州諸国は南シナ海の領有権問題の参加者ではない」ことを認めつつ、パルリ氏は「多くのパートナーを組入れることで、法律、国際法の遵守そして航行の自由の保障にこぎつけることができる」と強調した。さらにフランスは、中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の間で「対話を続け、最終的に行動規範を締結することが重要だと考えている」と続けた。

    ウィリアムソン英国防相は同会議で「最近パリで開かれた2国間協議で、両国が南シナ海の問題解決により活発に関与していくことについて話し合われた」と指摘した。
    ウィリアムソン氏は「私たちは航行の自由において連携する意向で、対話の継続が不可欠だと考えている」と述べた。

    また、英国が東南アジアの地域的な問題に関与する理由の説明としてウィリアムソン氏は、「南シナ海における経済的な利益は地域諸国や中国、日本だけでなく、全世界に影響する」と指摘。
    さらに、「この海は世界有数の国際貿易水路である」と付け加えた。

    スプートニク
    https://sptnkne.ws/hFch

    【【中国南シナ問題】フランス、南シナ海問題により多くのEU諸国を引入れる方針=国防相】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2018/06/03(日) 21:11:32.68 ID:CAP_USER9
    b68294a7

    2018年6月1日 / 12:30 / 2日前
    露朝首脳会談、開催される可能性=ロシア大統領府
    [モスクワ 1日 ロイター] - ロシア大統領府(クレムリン)のペスコフ報道官は1日、露朝首脳会談が開催される可能性があると述べた。開催時期などについては調整中という。北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は、訪朝しているロシアのラブロフ外相と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談において、首脳会談開催が議論されたと報じていた.

    ロイター
    https://jp.reuters.com/article/northkorea-russia-summit-idJPKCN1IX4BN 

    【【ロ朝】露朝首脳会談、開催される可能性=ロシア大統領府 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: (^ェ^) ★ 2018/06/03(日) 21:52:21.76 ID:CAP_USER9
    jp250

    【まとめ】 

    ・自民党は防衛費について「必要かつ十分な予算を確保」すべきと提言。 

    ・防衛費GDP2%論は無根拠。防衛費2倍増なら国民生活は破綻。 

    ・中国との関係を改善するため、陸自予算・人員を半分にすべき。 

    【この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されず、写真説明と出典のみ記されていることがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttp://japan-indepth.jp/?p=40295でお読みください】 


    自民党は防衛費を倍化しろと主張している。5月25日づけブルームバーク「NATOの『GDP比2%』参考に防衛費確保を」では「安全保障調査会と国防部会はそう結論づけた」と報道している。その趣旨は「従来GDP比1%であった防衛費を2%まで増やせ」である。 

    だが、これは荒唐無稽な主張だ。対GDP比2%は無根拠である。また平時負担では不可能な金額である。選択肢としても非現実的である。 

    ではどうすればよいか? 

    本当に防衛費が2倍必要なら中国と仲良くしたほうがよい。日本は中国に下手に出て対立を緩和すべきだ。どうやっても勝てない敵なら味方にするしかない。 

    実際には従属の必要もない。防衛費の無駄を省けば対中対応は充分可能だ。陸上戦力を減らし海空戦力を増強すればよい。 

    ■ GDPが半分に減れば防衛は充実するか? 

    (略) 

    ■ 防衛費2%で国は滅びる 

    そもそも今の日本にはその余裕はない。 

    防衛費は約5兆円である。18年度予算で5.2兆円であり国債費と社会保障費を抜いた一般会計予算のうち1/8、13%を占めている。 

    2倍にすれば国民生活は破綻する。消費税を10%にしても足りない。消費税1%の税収効果は約2兆円でしかない。そして5%を8%に増やしただけでも空前の不景気となった。民力は疲弊の極にある。実質所得が下げ止まらない中、消費税10%以上に相当する負担増に国民は耐えられない。 

    到底、平時にできる選択ではない。今は戦時下ではない。強いて防衛費の負担増に耐えなければならない状態ではない。 

    それよりもやるべきことはいくらでもある。現状では安全保障よりも社会保障である。あるいは、今後の成長力確保を考慮すれば教育の充実、無償化等に費やすべきだ。 

    ■ 中国と敵対できないなら味方になるしかない 

    (略) 

    ■ 陸自を減らせば現状予算で対応可能 

    実際にはそこまでする必要もない。現状ある防衛費の無駄を省けば済む。 

    具体的には陸自予算・人員を半分にすればよい。なにより現状で陸自は何の役にも立っていない。対中対峙に関しては全く機能していない。それでいて海空自よりも多い予算を費消している。 

    その人員予算を半減させれば海空戦力は3割増にできる。中国との対峙に必要な軍艦も戦闘機も3割も増やせる。 

    それ以外の無駄も減らせる。海空自衛隊にも無駄がある。また平凡性能で高価格となるF-2戦闘機やC-2輸送機のような残念な国産武器開発をやめてもよい。他にも駐留軍経費の無駄や情報組織の無駄もある。 

    それらを省いても中国との対峙は充分である。中国も既に人口オーナスに入っている。今後は低成長に喘ぐことになる。日本の少子高齢化が山を超える2050年くらいまでなら陸自削減で凌げる。 

    将来的には日中関係も改善する。互いに少子高齢化といった社会・経済問題を抱えている。安全保障では相互に「敵対できないから味方にするしかない」と考える可能性は高い。 

    文谷数重(軍事専門誌ライター)

    ヤフーニュース

    【【文谷数重】防衛費2倍なら中国に屈したほうがよい 中国との関係を改善するため、陸自予算・人員を半分にすべき 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: (^ェ^) ★ 2018/06/03(日) 21:38:42.98 ID:CAP_USER9
    no title


    apioさんのツイート 

    とうとうキチ◯◯の域に達したか!自分を世論そのものだと?触らぬ神に祟り無し!wwwww 

    【狂ってる】 
    望月イソコ 
    「政府が恐れるのは世論!そして私はその世論の代弁者!私が世論そのものです。」 

    (略) 

    ▼ネット上のコメント 

    ・金も取るww 

    ・同じ日に中核派がデモをしている。もしや・・ 

    ・政府を支持するのも民意なのですが…完全にカルト化してる… 

    ・妄想癖の強いブン屋のお面👺をかぶった思想家の方。こんな恥ずかしいこと平気でやれるこの人を使う東京新聞の記事に対する信頼性がわかりますね。だから東京新聞の部数も伸びないし売れないことが。 

    ・民意を無視した妄想 by望月 

    ・バカ言ってんじゃないよ! 

    ・金..集め?詐欺? 

    ・あまりにぶっ飛び過ぎてて脳が思考を放棄しかけたけど、世論を侵略者と入れ替えると私にも理解できる。 

    ・四国という地方で開くなんて、知らない国民もいると思って開くんだろうけど、誰一人会場にこなかったら面白いだろうな。 

    ・こんな図々しい女を、テレビやマスコミが取り上げチヤホヤする事が多すぎる。お陰で本来あるべき女性の社会的地位を貶めてくれている。引っ込んでろといつも思う。 

    ・ただのガヤに1000円も払うのか 

    ・こんな話、金だしてまで聞きにくる人がいるのか・・・そのうち「私は神」とか言い出しそう😰 

    【【twitterで話題】東京新聞・望月衣塑子「政府が恐れるのは世論! そして私はその世論の代弁者! 私が世論そのものです」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しじみ ★ 2018/06/03(日) 19:44:10.36 ID:CAP_USER
    【ロンドン共同】1991年の湾岸戦争で、日本政府が拠出した多国籍軍への追加財政支援90億ドル(当時のレートで約1兆2千億円)のうち英国分の額について、英政府が自国の派兵規模に比べて「少な過ぎる」と不満を示していたことが、31日までに機密解除された英外交文書で明らかになった。

     英政府は公式には謝意を表明していたが、当時の本音が浮き彫りになった。
    湾岸危機・戦争で、日本は憲法上の制約から人的貢献をせず、多国籍軍参加国に総額130億ドル超の財政支援を実施。 だが国際的な評価を得られなかったことがトラウマとなっている。

     日本政府によると英国に390億円を割り当てた。

    画像:機密解除された、湾岸戦争の日本の財政支援に関する英公文書
    no title


    佐賀新聞
    http://www.saga-s.co.jp/articles/-/224341

    【【イギリス】1991年の湾岸戦争での日本拠出額に不満 英国分「少な過ぎる」機密解除された英外交文書】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル