かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2018/05/31(木) 07:43:59.96 ID:CAP_USER9
    06BE4F09-8211-47AA-8D7C-93EDD9403FE8

    05月30日 18時10分
    アメリカ本国の基地に所属するステルス戦闘機F22が、30日午後嘉手納基地に相次いで飛来しました。
    嘉手納基地ではこれまでもほかの基地から飛来するいわゆる「外来機」による騒音被害が激化していて、地元の自治体からは反発が強まりそうです。

    30日午後3時10分ごろ、アメリカ本国の基地に所属するステルス戦闘機F22、1機が嘉手納基地に着陸しました。

    その後午後4時までの間に相次いで降り立ち、計6機が基地に飛来しました。

    沖縄防衛局によりますと、今回嘉手納基地に飛来するF22は全部で14機の予定で、残りの機体も順次飛来し、およそ1か月間配備されるということです。

    アメリカ軍は、NHKの取材に対し「地域の安全保障のために必要な期間滞在する」と回答しましたが、軍関係者は「開催の調整が進められている米朝首脳会談を踏まえての対応だ」と話しています。

    嘉手納基地では、これまでも外来機による訓練が度重なり騒音被害などが激化していて、地元の自治体からは反発が強まりそうです。

    NHK 
    https://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/20180530/5090002939.html 

    【【沖縄】嘉手納基地にステルス戦闘機F22相次ぎ飛来 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2018/06/01(金) 07:35:44.38 ID:CAP_USER9
    un250

    ロヒンギャの帰還と生活再建 国連が支援へ
    6月1日 5時29分

    ミャンマーの少数派のロヒンギャの住民、推計70万人が隣国への避難を余儀なくされ、帰還の見通しが立たない問題で、今後、国連が手続きに関与し、帰還と生活再建を後押しすることになりました。

    ミャンマー西部ラカイン州では、去年、少数派のイスラム教徒のロヒンギャの武装勢力と政府の治安部隊の戦闘が起き、国連の推計でおよそ70万人のロヒンギャの住民が隣国のバングラデシュに避難しました。

    ミャンマーとバングラデシュは、避難民の早期の帰還を目指す合意文書を交わしましたが、半年がたった今も帰還はほとんど進んでいません。

    こうした中、ミャンマー政府と国連は31日、UNHCR=国連難民高等弁務官事務所と、UNDP=国連開発計画が、今後、帰還の手続きに関与していくことで合意したと発表しました。

    国連によりますと2つの機関は、ミャンマー政府がこれまで立ち入りを許可してこなかったラカイン州の地域に入り、現地の状況を確認したうえで帰還と生活再建を支援していくということです。

    この問題では、ミャンマーの治安部隊がロヒンギャの住民を虐殺したり暴行したりした疑いがもたれていることから、住民の安全をいかに保障するかが大きな課題となっていて、国連の関与によって、安全で自発的な帰還が進むことが期待されます。

    またミャンマー政府は31日、ラカイン州で起きた人権侵害について、独立した調査機関を設置することも発表し、国際社会からの批判が強まるなか説明責任を果たす姿勢を示す狙いがあるとみられます。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180601/k10011460771000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003 
    【【国連】ロヒンギャの帰還と生活再建 国連が支援へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: (^ェ^) ★ 2018/06/01(金) 07:30:22.51 ID:CAP_USER9
    no title

    首相が辞めるまでやる。 

    「モリカケいつまでやってんだ」と言う声がある。もちろん外交も経済もしっかり議論している。ただ一国の首相が国会の場で平然とウソをついていたら、そんなことを許していたら、それは政策論争以前の民主政治が成り立たなくなるという大問題だ。だからこの問題は徹底的にやる。首相が辞めるまでやる。 

    (略) 

    ▼ネット上のコメント 

    ・じゃああと3年間ずっとモリカケですね。頑張って。 

    ・あと四年やるのか。暇だなお前 

    ・へぇそうなんだ、で、モリカケいつまでやってんだ? 

    ・党首討論でモリカケしかやってないじゃん?外交経済いつやってるんですか?首相がやめるまでモリカケやってください。ぜーーーーたい止めるなよ、党首がいうってことは、ほかの議員もみんな首相が辞めるまでやるんですね。次の選挙もモリカケモリカケいっといてください。 

    ・税金返せ。無償でやるならやれ。 

    ・ずっとやってなさい!! 

    ・恥ずかしい党首討論やっといて何言ってるんですか笑 

    ・安倍やめさせてください 

    ・辞めるまでやる?穏やかではない発言ですね。真実を追求するのではなく辞めさせるのが目的なんですか? 

    ・頼もしいです!徹底的に追い込んでアベが辞めるまでやって下さい。 

    ・モリカケ疑惑という幻の泥舟と一緒に沈む宣言ですね!応援します!
     
    【志位和夫「モリカケは首相が辞めるまで徹底的にやる」「政策論争以前の民主政治が成り立たなくなるという大問題」 ネット「暇だなお前」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2018/06/01(金) 07:04:00.26 ID:CAP_USER9
    麻生副総理


    麻生副総理兼財務相は30日、東京都内で開かれた自民党議員のパーティーであいさつし、北朝鮮が進めてきた核開発に関連し、「『俺のところは核で武装する以外に手がない』と思う北朝鮮の感覚の方が、少なくとも戦略外交とかをいうときは正しい」と述べた。

    インドが事実上の核保有国として米国に容認された一方、リビアのカダフィ政権が核開発などを放棄した後に崩壊したことなどを引き合いに、北朝鮮が核開発を進める狙いを解説したものだが、核開発を是認する発言と受け取られる可能性がある。

    2018年05月30日 22時29分
    YOMIURI ONLINE
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180530-OYT1T50140.html

    【【麻生副総理】「北の核の感覚、戦略外交では正しい」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2018/06/01(金) 00:07:53.10 ID:CAP_USER9
    vn250

    2018年5月31日、中国メディアの海外網は、国賓として訪日中のベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席に同行しているファム・ビン・ミン副首相兼外相が30日、河野太郎外相と会談したことについて「南シナ海問題で日本とベトナムがまた気脈を通じた」と報じた。

    記事は「両大臣は会談で、南シナ海問題を含む共通の関心事と地域・国際場裡における協力について意見交換を行い、国連やアジア太平洋経済協力(APEC)、東南アジア諸国連合(ASEAN)などの多国間の枠組みの下で緊密に連携していくことで一致した」と報じた。

    その上で「日本とベトナムは常に歩調を合わせ、南シナ海問題について何度も意見交換を行っている」と指摘。チャン・ダイ・クアン国家主席が初訪日を前に、中国と領有権を争う南シナ海問題について「日本が積極的な役割を果たすことを支持する」「日本とベトナムは、南シナ海の航行の自由の保障、紛争の平和的解決の重要性について考えを一つにしている」などと述べたことを伝えた。

    さらに、小野寺五典防衛相が今年4月、訪日したベトナムのゴ・スアン・リック国防相と会談したことを紹介。「両大臣は、南シナ海情勢に関して、関係国が自制を保ち、国連海洋法条約を含む国際法に基づいた紛争の平和的解決、実効的な南シナ海における行動規範(COC)の早期妥結の重要性について一致した」と伝えた。

    その上で、広西社会科学院東南アジア研究所の楊超(ヤン・チャオ)副研究員の話として「日本はベトナムに巡視船を供与し、ベトナムは日本に港湾を開放した。両国が防衛協力を強化する主な目的は、南シナ海で中国に対抗するためであり、日本はベトナムを利用して中国をけん制しようとしている」と伝えた。(翻訳・編集/柳川)

    2018年5月31日(木) 21時40分
    レコードチャイナ
    http://www.recordchina.co.jp/b605794-s0-c10-d0054.html

    【【効いてる】南シナ海問題 「日本はベトナムを利用して中国をけん制しようとしている」 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル