かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2018/07/20(金) 16:42:09.71 ID:CAP_USER
    kr250
     
    2018年07月20日14時11分

    1991年8月から現在まで続いている旧日本軍慰安婦被害者の証言が英語の書籍で出版される予定だ。

    ニューヨーク市立大(CUNY)クイーンズカレッジ社会学科のミン・ビョンガプ客員教授は19日、慰安婦の歴史や挺身隊運動を学者的な観点で分析した『慰安婦収容所の残酷な惨状:慰安婦はセックス道具だった』(仮題)を出すため、現在、最後の執筆作業中だと明らかにした。

    ミン教授は慰安婦被害者103人の証言を載せた「慰安婦証言集」と挺身隊運動の歴史、国連人権理事会の報告書、メディアの報道など多くの資料を分析して整理したと明らかにした。

    ミン教授は米州中央日報のインタビューで「1990年代初めに始まった『挺身隊』暴露運動が広まり、世界各国の知識人の間ではすでに広く知られているが、いまでも多くの人々には馴染みの薄いイシュー」とし「社会・歴史・女性学などの分野の資料として使用できる本を出そうと考えている」と述べた。

    中央日報
    http://japanese.joins.com/article/370/243370.html?servcode=A00&sectcode=A10

    【【韓国】旧日本軍慰安婦の証言、英語で出版予定 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2018/07/20(金) 16:38:13.45 ID:CAP_USER
    kr250
     
    2018年06月14日11時23分

    11日に慶尚北道慶州(キョンサンブクド・キョンジュ)にある月城(ウォルソン)原子力発電所で発生した冷却材漏出事故に対し原子力安全委員会が13日に現場調査を始めた。

    原子力安全委員会はこの日、「専門家と関係者で構成された調査チームが月城に行き事故経緯と原因を把握するだろう」と明らかにした。これに先立ち11日午後6時45分ごろ、月城原子力本部月城3号機(加圧重水炉型70万キロワット級)で冷却材である重水3630キログラムが漏れ、当時作業中だった労働者29人が放射能にさらされた。重水は原子炉内の炉心を冷ます役割をする冷却材だ。この事故は現場作業者のミスによる冷却材バルブが開いて発生した。漏れた重水はすぐに回収された。

    韓国水力原子力によると放射能にさらされた労働者29人の被ばく量は平均0.39ミリシーベルト、最大で2.5ミリシーベルトだった。韓国水力原子力は「年間法的許容値20ミリシーベルトの12.7%水準。病院でがん診断のために撮影するPET-CTを1回撮影する際に受ける放射線量8ミリシーベルトより低い数値」と説明した。作業者は特殊作業服と個人別に放射能数値を確認できる装備を着用しており、個人別の漏出量を測定したという。韓国水力原子力は「人的ミスに対しては徹底した調査を通じて責任を問い再発防止対策を立てる」と明らかにした。今回の事故は月城3号機(加圧重水炉型70万キロワット級)が11日から計画予防整備に向け発電が停止した期間中に発生した。これに先立ち月城3号機では昨年10月にも原子炉と連結されたバルブの故障で重水110キログラムが漏れた事故があった。

    今回の事故に対し慶北慶州環境運動連合は13日に声明を出し、「官民合同調査を通じて再発防止対策をまとめなければならない」と主張した。同連合は「11日の冷却材漏出当時26分間バルブが開いていた経緯を明らかにし責任の所在を明確にしなければならない。作業者のミスでバルブが開かれても冷却材である重水が3630キログラム排出される長時間バルブを遮断しないのは疑問だ」と明らかにした。続けて「冷却材漏出量に比べ作業者の被ばく量がとても低く報告されている。事故当時の三重水素濃度を正確に明らかにし、近隣住民に対する防護措置はどのようにしたのかも明らかにしなければならない」と付け加えた。 

    中央日報
    http://japanese.joins.com/article/264/242264.html

    【【話題】韓国原発で重水漏出、29人が放射能に被ばく 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2018/07/20(金) 16:36:27.38 ID:CAP_USER
    kr250
     
    【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は20日、西日本を襲った記録的な豪雨により大きな被害を受けた日本の被災地に対し、100万ドル(約1億1200万円)の義援金を贈る方針を明らかにした。

     日本政府によると、19日までに217人が死亡、12人が行方不明となり、4581人が避難所で過ごしている。

     韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が東京を訪問し、安倍晋三首相と会談した際、お見舞いと早期復旧を願うメッセージを伝えた。安倍首相は謝意を表明した。

    聯合ニュース
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/07/20/2018072001842.html

    【【いつもの言うだけ詐欺?】西日本豪雨に義援金100万ドル=韓国政府 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: プティフランスパン ★ 2018/07/19(木) 21:47:37.90 ID:CAP_USER
    7/19(木) 21:34配信  
    no title

    【AFP=時事】中国税関当局は、ロシアから入国したトラックの中から先史時代のマンモスの牙156本などを押収したと、今週発表した。国営メディアは、押収量としては同国最大規模で、日本円にして18億円相当とも報じている。

     現地報道によると、ロシア・シベリアに接する中国北東部黒竜江(Heilongjiang)省の国境検問所で大豆の積み荷の下に隠されていた密輸品が押収されたのは今年4月下旬。ただ税関当局が発表したのは今週に入ってからだという。

     新華社(Xinhua)通信は、押収品には「象牙2本、レイヨウの角1276本、マンモスの牙156本、セイウチの牙406本、イッカクの牙226本、さらに動物の胆のうやクマの歯、ナマコ320キロ」が含まれ、その価値は1億600万元(約18億円)相当と伝えている。現在捜査が進められているという。

     人民日報(People's Daily)によれば、今回の押収量全体で見ると、動物の部位の密輸量としては同国で近年最大規模だという。

     中国では2015年に象牙の輸入が禁じられ、昨年にはその販売と所有も禁止された。ゾウを絶滅から救うため象牙取引を根絶しようとする国際的な取り組みに加え、こうした中国国内の禁止の動きによって、密輸業者はシベリアの他、欧州や北米で発掘・保管されている古代のマンモスの牙に目を付け、取引に及んでいる。

     同国では、動物のさまざまな部位が伝統医学などで珍重され、象牙の彫刻は芸術の一形態として古代から伝わっている。

    ヤフーニュース(AFP)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000029-jij_afp-int 
    【【中国】黒竜江省の国境検問所でマンモスの牙156本、イッカクの牙226本など押収、18億円相当か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: Boo ★ 2018/07/20(金) 11:46:21.26 ID:CAP_USER
    kr250
     
    【ソウル聯合ニュース】韓国の大法院(最高裁)が、訴訟で朴槿恵(パク・クネ)前政権の意向に沿う見返りとして「上告法院」導入の同意を得ようとしたとされる疑惑について、検察が本格的な捜査に乗り出したことが20日までに分かった。

     法曹界によると、ソウル中央地検は先ごろ、日本による植民地時代に強制徴用された被害者らが日本企業を相手取り韓国で起こした裁判を担当した原告側の弁護士から意見を聴取した。同弁護士は「2件目の審理である上、争点が最初と変わらないのに、大法院は5年間、結論を先送りしている。訴訟が長くなり、原告9人中7人が亡くなった」と供述した。当時の朴槿恵政権にとって対日関係の改善は重要懸案だったとされ、最高裁が原告勝訴の判決を出せば、両国関係がさらにぎくしゃくする可能性があった。

     疑惑について検察は「上告法院関連の青瓦台(大統領府)対応戦略」という名の文書と、代理人らの供述、訴訟記録などに基づいて、結論が先送りされた過程を綿密に調べている。

     上告法院とは最高裁が処理する上告事件のうち、一部を分けて処理する裁判所。最高裁は現行制度で裁判官全員一致の判断が必要となる重要事件のみを処理し、そのほかは上告法院に委ねることになる。大法院は同制度の導入を推進したが、実現しなかった。

     朴槿恵政権当時の梁承泰(ヤン・スンテ)大法院長(最高裁長官)については、「上告法院」導入の同意を得るため、政府寄りのスタンスを取ったとの疑惑が出ている。

    ヤフーニュース(聯合ニュース)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000006-yonh-kr

    【【韓国】強制徴用者訴訟で司法と行政が「取引」か 検察が本格捜査 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル