かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    7月30日、中国は軍創立90周年とかの軍事パレードを内蒙古自治区の朱日和訓練基地で挙行し、陸軍12000名、戦車600台、空軍機100機が参加した。最新鋭のステルス型ジャット戦争機「殲20」や空中空輸機も登場した。

     朱日和基地は1957年、中国が南モンゴルを侵略後、主として戦車の訓練基地として開発し、当時のソ連との軍事対決に備えた。
     しかし寒冷地の台地に位置するため半年は使えず、とくに冬場はマイナス43度を記録するほどの場所であり、97年にようやくハイテク兵器の実験場として活用を再開し、2003年には公開した。

     それまで朱日和基地は存在さえ秘密となっており、軍人の多くも場所さえ知らなかった。
     いまは下記グーグルサイトで詳細が判明している。
    http://earthjp.net/mercury/1508120001.html

     習近平は迷彩服に身を包み、「首長」ではなく「主席」と呼ばせてご満悦、最新鋭のミサイルなどを並べて、その「威力」をしめしたうえ、「中国は世界一流の軍隊」と自画自賛した。

     1927年8月1日に意味を持たせたいらしい。
    共産党創立史なるものが、そもそも出鱈目、辻褄合わせに過ぎないが、党を正当化するための改竄が多く、たとえば共産党第一回大会の展示は上海にあるが、革命後つくられた毛沢東神話に基づく。

     
    【軍創立90周年で軍事パレードを挙行した習近平「主席」だが なぜ遠隔地「内蒙古自治区」の辺疆でしか出来なかったのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ウイグル族などの少数民族が居住する中国の新疆ウイグル自治区で、中国政府がAndroid端末に官製スパイウェアのインストールを住民に強制、拒否すれば拘束もありうるという事態になっていることが報じられた。

     このアプリはウルムチ市公安局主導で開発された「百姓安全」で、アプリケーションはユーザーのハッシュ値を作成し既知のテロリストや非合法宗教のコンテンツのデータベースと照合、ヒットすれば削除したり、疑わしいアクティビティはIMEI、IMSI、およびWiFiのログイン情報とともに政府のサーバにアップロードする。地元のウイグル族は7月中旬微信(中国で普及しているインスタントメッセンジャーアプリ)を通じて地元警察より「百姓安全をインストールし、路上抜き打ち検査に備えよ」という通達を受け取っており、アプリを拒否したためにすでにいくらか拘束者も出た模様。


    財経新聞
    http://www.zaikei.co.jp/article/20170731/389111.html

    【中国政府、ウイグル族に監視アプリのインストールを強制】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    cn250
    中国人民解放軍は7月30日、内モンゴル自治区の軍事基地で、8月1日の建軍90周年を記念する大規模な実弾演習を行った。解放軍は2015年9月にも北京中心部で大規模な軍事パレードを実施しており、2年間に2回も大規模な軍事演習を行うのは極めて異例。党大会を前に、習近平国家主席(軍事委主席)が自身の軍権強化を誇示する狙いがある。

     さらに、今回の軍事演習には、このほかにも重要な意味が潜んでいる。それは北朝鮮とインドへの軍事的なけん制だ。7月下旬には北朝鮮の近海でもミサイル発射訓練があるほか、中国軍は現在、1カ月以上も中印国境付近でインド軍とにらみ合いを続けており、今回の大規模演習は中国の意向に逆らい牙をむいている両国に対して、最悪の場合、掣肘(せいちゅう)を加えるとの習氏の意思表示と受け取れよう。

     習氏は建軍記念日の4日前の7月28日、北京で、「軍最高の栄誉」として新設された「八一勲章」の授章式も主宰し、軍の最高司令官として習氏自ら受章者10人に勲章を渡した。「八一勲章」は中国軍が創設90周年の節目を迎えるに当たって、習氏の肝煎りで創設された栄誉ある勲章だ。初めての授与となる今回は17人の候補者から10人が選ばれた。また同日、中国軍では最高位の上将の任命式も行われ、習氏は韓衛国・中部戦区司令員ら5人に上将昇格の命令状を手渡した。

     

    【中国、大規模軍事演習を異例のライブ中継…北朝鮮・インドへ軍事攻撃の可能性も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    中東のイランとサウジアラビアが去年、国交を断絶したことなどを受けて中断していたイランから聖地メッカへの大巡礼が、政府間の合意に基いて2年ぶりに再開され、両国の関係改善につながるのか注目されます。

    大巡礼は毎年8月から世界中のイスラム教徒がサウジアラビアのメッカを訪れる重要な行事ですが、去年、イランとサウジアラビアが国交を断絶したことなどからイランからの巡礼者の参加が中断され、外交問題に発展していました。

    両国はことし3月になって政府間の協議でイランからの大巡礼への参加を再開することで合意し、中断以来、最初となる巡礼者が31日、首都テヘランの空港からメッカに向けて出発しました。


    【メッカ大巡礼を2年ぶり再開 国交断絶のイランとサウジ合意】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ta250
    29日から30日にかけて、台風9号と10号が立て続けに台湾を襲い、各地に大きな爪痕を残した。中央災害対策センターが31日午後5時に発表した統計によると、台風9号と10号によるけが人は131人に上っており、行方不明者も1人出ている。320カ所で浸水被害が確認されており、その多くが南部の台南市や屏東県、高雄市に集中している。うち30カ所で浸水処理がまだ完了していない。

    台南市政府水利局の彭紹博局長によると、同市では30日午後10時から、12時間降水量が250ミリに達した地区が19区、同300ミリを超えた地区は8区あった。同市は30日夜の時点で31日は「通常通り出勤・登校」としていたが、翌日の午前6時25分に急遽、「休業休校措置」に切り替えた。


    【台風9号と10号、立て続けに直撃 南部で浸水被害が深刻/台湾】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル