かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2018/02/21(水) 14:49:57.97 ID:CAP_USER
    kr250
     
    韓国大統領府の洪長杓(ホン・ジャンピョ)経済首席秘書官は20日、米国の通商圧力強化について、「国益確保という観点で対応する。世界貿易機関(WTO)協定などの国際通商規範を基準にした対応措置を果敢に取っていきたい」と述べた。大統領府関係者はまた、「WTO提訴で韓国が勝訴しても米国が判定結果を履行しない場合は、米国側に同じ方式で報復関税を課すという道が開かれている」と言った。

    文在寅(ムン・ジェイン)大統領が前日、「WTO提訴など堂々かつ決然とした対応」を指示したのに続き、大統領府も米国に対する貿易報復の可能性にまで言及したことから、韓米間で貿易衝突の危機が高まっている。

    洪首席秘書官は同日の記者会見で、「WTO紛争解決手続は、紛争当事国間の不要な摩擦なしに紛争を解決する最も現実的な手段だ。手続きの協議が決裂したらWTO提訴を推進するだろう」と述べた。まず米国と協議するが、協議が行われなければ「WTO提訴」という切り札を切るということだ。

    しかし、WTO提訴の実効性については依然としてさまざまな声がある。まず、WTOに提訴しても結果が出るのには2年以上かかる。そして、例え勝訴しても米国が判定結果を履行しない可能性もある。事実、韓国政府は2013年にサムスン電子・LG電子製洗濯機に対する米国の関税賦課措置をWTOに提訴し、16年に勝訴した。だが、米国は関税引き下げ決定に従っていない。

    これについて、大統領府関係者は「(韓国が)勝訴した時、米国の履行措置が適切でなければ、適正手続きを通じて韓国も米国側に報復関税を課すことができる道が開ける。(WTO提訴という切り札を)一種の(交渉)材料として活用できるメリットもある」と説明した。

    だが、政府が米国製品の関税賦課で対抗すれば、両国における全面的な貿易戦争に飛び火しかねない。そうなれば、米国との貿易で年間228億ドル(約2兆4480億円)の黒字を出している韓国としては致命的だ。大統領府側は「まず協議を進めながらも、一方では提訴や報復関税などの法的手段も検討するだろう」と述べた。

    洪首席秘書官は「(WTO提訴を)外交的・安保的観点から拡大解釈したり、相手国に対する非友好的措置だと考えたりするのは適切でない」とクギを刺した。そして、米商務省が先日、鉄鋼の輸入を制限する内容の「通商拡大法第232条」調査結果報告書を公表したことについても「政治的・外交的観点よりも米国の経済的・産業的考慮に基づいてなされたものだ」と言った。

    「今回の貿易上の確執が韓米同盟や韓国の安全保障に悪影響を与える恐れもある」と懸念する声も強い。大統領府関係者は「韓米同盟は揺らがないとの認識が背景にある。企業間の利害衝突の問題は、経済論理で解決するのが正しい」と語った。洪首席秘書官は「4月以降、米高官との接触を通じて、関連業界の被害が最小限に抑えられるよう努力する」と述べた。

    また、韓国政府が昨年、中国による終末高高度防衛ミサイル(THAAD)報復措置をWTOに提訴しなかった理由について、洪首席秘書官は「中国の場合は、韓国の投資企業・観光・特定品目に対する措置の行為者やその根拠を見つけるのが難しいという技術的な問題を考慮した」と説明した。


    2018/02/21 14:26
    朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/21/2018022101717.html

    【【米韓】 韓国大統領府 「報復関税、米国がやるなら韓国もやる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 岩海苔ジョニー ★ 2018/02/21(水) 13:21:46.15 ID:CAP_USER9
    鹿児島県・奄美大島の西方沖で1月に起きたタンカー沈没事故で、大量の原油が流出した後、鹿児島、沖縄両県の島で油とみられる漂着物が相次いで見つかっている。

     事故との関連は不明だが、少なくとも21の島で確認され、野生生物の被害も出ており、環境省と国立環境研究所は対策チームを発足させた。

     鹿児島県奄美市で18日、市民ら約1800人が海岸約30か所で漂着物の一斉回収を行い、約45トンの漂着物を回収した。男性(68)は「海岸は散歩する人も多く、早く元の姿に戻したい」と話した。

     事故は1月6日に発生。中国・上海の沖合で、貨物船と衝突したパナマ船籍の石油タンカー(8万5465トン)が炎上したまま漂流し、同14日、奄美大島の西方約315キロで沈没した。

    no title

    読売新聞
    http://yomiuri.co.jp/eco/20180221-OYT1T50019.html

    【【タンカー沈没事故】奄美や沖縄、21の島に油状漂着物…生物被害も 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 岩海苔ジョニー ★ 2018/02/21(水) 13:26:43.70 ID:CAP_USER9
     米海軍は20日までに、ミサイル駆逐艦カーニーとロスの2隻を黒海に派遣したと明らかにした。米メディアによると、演習以外で複数の米軍艦船が同時に黒海を航行するのは、2014年以来。

     地域で大規模演習を実施するなど威圧的な行動を続けるロシアを牽制する狙いがありそうだ。米海軍は「海洋の治安を確保し、北大西洋条約機構(NATO)との連携を強化する」のが目的だと説明した。

     トランプ米政権は国家防衛戦略などでロシアを「戦略上の競争相手」と位置付け、対抗姿勢を鮮明にしている。(共同)


    no title
    産経新聞
    http://www.sankei.com/smp/world/news/180221/wor1802210035-s1.html

    【【対露?対土?】米駆逐艦2隻、黒海に派遣 ロシア牽制か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/02/21(水) 11:36:28.34 ID:CAP_USER9

     us250
    【2月21日 AFP】米国務省のヘザー・ナウアート(Heather Nauert)報道官は20日、マイク・ペンス(Mike Pence)副大統領と北朝鮮当局者が平昌冬季五輪に合わせて韓国で秘密裏に会談する計画だったが、ペンス氏が北朝鮮を「残忍な政権」と批判したことに北朝鮮側が反発し、直前で取りやめになったと明らかにした。

     ペンス氏は会談で、北朝鮮に核・ミサイル開発の放棄を求める考えだったという。

     ナウアート氏は声明で、ペンス氏が平昌五輪の開会式などに出席するため韓国を訪れている間に「北朝鮮代表団の幹部らと短時間の会合を行う可能性が浮上した」と説明。「副大統領はこの機に、北朝鮮側に対して、違法な弾道ミサイル・核プログラムを放棄する必要があることを理解させる用意があった」としている。

     しかし「土壇場になって、北朝鮮当局者らが会談しないことを決めた」という。

     ナウアート氏は「彼らがこの好機をつかまなかったことを残念に思っている」と述べている。(c)AFP

    2018年2月21日 10:51
    AFPBB News
    http://www.afpbb.com/articles/-/3163357

    【【米国】ペンス副大統領、韓国で北朝鮮と秘密会談を計画 直前に中止 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 岩海苔ジョニー ★ 2018/02/21(水) 09:01:14.90 ID:CAP_USER9
     米軍三沢基地所属のF16戦闘機が20日、燃料タンクを投棄した青森県東北町の小川原湖では当時、半径500メートルほどの範囲でシジミ漁の船約10隻が操業中だった。シジミ漁をしていた山田正彦さん(52)によると、轟音(ごうおん)がして氷の張った湖の上に物体が落ち、約15メートルの水しぶきが上がった。「すごい水しぶきで驚いた。当たっていたらと思うと冗談じゃない。けが人がいなくて良かった」と話した。

     小川原湖での年平均のシジミ漁獲量は約1200トンを誇る。小川原湖漁協によると、この日は約100隻が操業、タンクが落ちた湖の南側の現場付近では当時4、5隻が漁をしていた。20日に採った分も油が付着した可能性があるため、念のため出荷を見送った。主にシジミとワカサギ、シラウオの漁に影響するという。

     現場に向かった同漁協の職員、沼田広樹さん(53)によると、落下したとみられる場所は、氷に直径約10メートルの穴ができていた。周囲の氷の上にはタンクの破片とみられる金属片が散乱。「強烈な油の臭いが立ち込めていた」という。

     漁協職員の細井崇さん(45)は、漁期の最中に決まった全面禁漁について「非常に痛い。風評被害も心配だ」と表情を曇らせた。

     現場は三沢基地から近い湖の南東側。山田さんは「落下前、基地のそばでよく聞く飛行機の音とは違う、異常に高くてうるさい音が聞こえた」と話した。

    no title

    産経新聞
    http://www.sankei.com/smp/affairs/news/180221/afr1802210013-s1.html

    【【青森】米軍機が湖にタンク投棄 シジミ漁船近くに落下 全面禁漁「非常に痛い」 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル