1: ◆ciadbU3kq9FF 2018/11/01(木)20:00:33 ID:TUg
(基隆 1日 中央社)
北部・基隆市で10月31日、日本統治時代の士官宿舎「基隆要塞司令部校官眷舎」の修復工事が始まった。総工費は2120万台湾元(約7750万円)で、竣工予定は2020年2月。
林右昌市長は、完了後は民間に運営を委託する予定だと述べ、歴史と文化の魅力あふれる同市の新名所になることに期待を示した。

基隆港東岸の大沙湾地区に位置する宿舎は日本統治下の台湾でよく見られた木造家屋。出幅が約60センチのひさしや15センチある玄関の段差など、雨の都と呼ばれた同市の気候に合わせた工夫が施されているのが特徴。

(略)

修復工事が始まる旧日本軍の士官宿舎=基隆市政府提供
no title

フォーカス台湾 2018/11/01 17:36
http://japan.cna.com.tw/news/atra/201811010007.aspx

2chの反応

2: 名無しさん@おーぷん 2018/11/01(木)20:04:37 ID:wCN
へぇ見に行ってみたいけどなぁ・・・無理だなsigh

3: 名無しさん@おーぷん 2018/11/01(木)20:07:15 ID:MrM
ずいぶん荒れ果てているな
修復というかほとんど新築になるんじゃないか

4: 名無しさん@おーぷん 2018/11/01(木)20:10:58 ID:xa7
うーん
歴史は歴史として映像等の記録を残すに留めておいて
もっと有効な資産運用をした方が良いのではないかと

5: 名無しさん@おーぷん 2018/11/01(木)21:38:52 ID:D17
屋上屋になってるしwww
護ってくれるのはうれしいけどさ
茶店とかにしない?w

6: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)01:46:44 ID:e4Y
日本赤十字の病棟も1970年代くらいまでは
戦前からの木造平屋建てだったけど、
一年足らずの間にでかいビルに変わっちゃった。
場所が渋谷の一等地だから土地の有効活用という点で
仕方ないんだけどさ。

7: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)02:43:13 ID:GhE
香川の善通寺駐屯地は明治時代に建てられたでかいレンガ倉庫がまだ現役で使われてたな

押していただくと励みになります。