1: ◆ciadbU3kq9FF 2018/12/04(火)22:26:56 ID:46r
E8176B93-AC88-4BBC-91CD-95F40B6248D5
 
【カイロ時事】
シリアのアサド大統領は4日、首都ダマスカスで北朝鮮の李容浩外相と会談した。

大統領府によると、李外相は「両国は覇権主義的な外国の干渉は拒否する」などと述べ、反米での結束を確認した。

アサド大統領は会談で「米国の敵意には地理的境界線がない」と指摘した。李外相は、内戦で圧倒的優位を固めるアサド氏に祝意を表する金正恩朝鮮労働党委員長の口頭メッセージを伝えたという。 

12/4(火) 22:15 時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00000139-jij-m_est

2chの反応

2: 名無しさん@おーぷん 2018/12/04(火)22:34:16 ID:FLw
このシリア大統領の側に立つのがレバノン政府。は、強欲ゴーンを庇う声明出してたな。マクロン大統領とほぼ同時に。
フランス・レバノン政府・シリア政府・北朝鮮・イラン 
                         チームレッド!

3: 名無しさん@おーぷん 2018/12/04(火)22:36:00 ID:FLw
フランスにも政府を足しておきたい。オールドメディアに怒るフランス国民は別の階級だから。

4: 名無しさん@おーぷん 2018/12/04(火)23:43:54 ID:rx7
テロ支援ではなくテロ国家として認定決定ではないかw

押していただくと励みになります。
にほんブログ