1: 記憶たどり。 ★ 2019/02/06(水) 05:28:43.34 ID:rihqnno69
比叡
 
太平洋戦争中に南太平洋のソロモン諸島沖で沈んだ旧日本海軍の戦艦「比叡」をアメリカの調査チームが
水深およそ1000メートルの海底で発見し、NHKがその映像を入手しました。船体が切断された状態になっていて
大きな爆発によって沈没した可能性が高いことが今回、初めてわかりました。

戦艦「比叡」を発見したのは、アメリカのIT企業マイクロソフトの共同創業者でポール・アレン氏が設立した財団の調査チームです。

アレン氏は去年10月に病気で亡くなりましたが、調査チームはアレン氏の遺志を継いで特殊な装備を備えた調査船を使って
太平洋戦争で沈没した軍艦を探し続けていました。

調査チームによりますと、先月31日、ソロモン諸島のサボ島の北西の深さ985mの海底で、戦艦「比叡」を発見しました。

ソナーが捉えた形状からは、船腹を上にした状態で海底に沈んでいるのがわかります。

また、潜水艇から撮影した映像には、巨大なスクリュープロペラやかじ、高角砲の砲身などが映っています。

「比叡」は大正3年にしゅんこうし、たび重なる改装を経て、太平洋戦争の緒戦で真珠湾攻撃にも参加しました。

その後、ソロモン諸島のガダルカナル島をめぐる戦いに投入され、昭和17年11月の第三次ソロモン海戦で連合国の艦隊の攻撃を受けて
航行不能となり、最期はみずから船内に水を入れて沈んだとされてきました。

ところが、NHKが、広島県呉市の大和ミュージアムの館長で、旧日本海軍の歴史に詳しい戸高一成さんに映像を分析してもらったところ、
船体のおよそ3分の1が切断されているとみられ、大きな爆発によって沈没した可能性が高いことが初めてわかりました。

戸高さんは、「比叡は太平洋戦争の主要な戦いに真っ先に投入され、歴史的な場面にたくさん登場してきた戦艦で、
歴史的に謎だった部分が解き明かされることはとても大切だ」と述べて、今回の発見の意義を強調しました。

調査チームは今後、潜水艇で撮影した船体の写真などを順次、公開し、研究や調査に役立てたいとしています。

■戦艦「比叡」とは

戦艦「比叡」は、明治44年に起工され、大正3年にしゅんこうするとすぐに第1次世界大戦のために東シナ海に派遣されました。

その後、世界的に軍縮の流れが強まる中、昭和8年に訓練に使われる「練習戦艦」に改装され、訓練のほか、
昭和天皇が乗艦する「御召艦」としても使われました。

昭和11年には改めて戦艦に改装され、装備の配置などが後に建造される戦艦「大和」の設計に生かされました。

太平洋戦争では、真珠湾攻撃で日本の航空母艦部隊の護衛として参加し、その後、激戦となったソロモン諸島の
ガダルカナル島をめぐる戦いに投入されます。

昭和17年11月、日本軍と、アメリカを中心とする連合軍の間で激しい戦闘が続く中、比叡は日本軍に補給を行う輸送船を護衛するとともに、
連合軍の飛行場を砲撃するためにガダルカナル島に向けて出撃しますが、連合軍の艦隊と遭遇し、集中的に攻撃を受けます。

その結果、かじが効かなくなって航行不能となり、総員退艦の上、みずから船内に水を入れて沈んだとされてきました。

「比叡」は太平洋戦争で初めて沈んだ日本の戦艦で、この戦闘で死亡した乗組員は188人でした。

■比叡が発見されたのは

比叡が発見されたのはガダルカナル島の北側にあるサボ島の北西です。

この海域は、太平洋戦争で、日本軍と、アメリカ軍を中心とした連合軍が激しい戦いを繰り広げ、数多くの船が沈んでいることから
「アイアンボトム・サウンド」=「鉄底の海峡」とも呼ばれています。

無人の潜水艇が撮影した映像には船の進路を変えるための「かじ」、それに巨大なスクリュープロペラや、エンジン部分とつながるシャフトが見えます。

また、比叡が備えていた12.7センチ高角砲の砲身や、対空防御用の機関銃の弾丸が入った箱も映っています。

調査の結果、今回、見つかったのは、全長222mの比叡の船体のうち、およそ150mで、前方の70m余りは発見できなかったということです。

比叡は沈没するときの様子を目撃した人がいないため、どのように沈んだか謎とされてきましたが、今回の発見は最期の様子を知る
手がかりとして期待されています。

NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190206/k10011805201000.html



2chの反応

132: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 08:08:56.25 ID:Lb9O4y5n0
>>1
> 昭和17年11月の第三次ソロモン海戦で連合国の艦隊の攻撃を受けて航行不能となり、最期はみずから船内に水を入れて沈んだとされてきました。


何でこんな嘘を吐くん?

167: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 08:46:50.32 ID:yI61zY4A0
>>132
日本カッケぇぇぇぇ!
にしたいから。

177: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 08:59:15.24 ID:1LTiF5SZ0
>>167
それから第三次ソロモン海戦では実際日本軍はカッコよかったんだよ
米国側の記録にもその日本軍の恐怖が記録として残っている

179: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 09:02:38.16 ID:QhriYzcC0
>>167
鹵獲されると大問題だから自沈させるのは普通でしょ
その後を目撃した人がいなかっただけ

175: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 08:56:15.56 ID:1LTiF5SZ0
>>132>>167
戦艦に水を入れて沈没させるときに攻撃を受けなくとも爆発するパターンがあるんだよ
バーラムとかで調べると映像も残ってたりする

第三次ソロモン海戦では比叡は早々に戦線離脱した事が日米双方の記録で分かってる
ただ沈没の状況がわからなかったから
今回の発見で詳細が分かるかもしれないって事

6: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 05:33:21.53 ID:b952bZSS0
武蔵も見つけてくれた
ありがとう

9: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 05:35:08.71 ID:NLipKYIj0
1914年竣工か。
完成から105年目の邂逅となるわけだな。

14: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 05:39:41.58 ID:acerTFX30
予想より損壊具合が激しかったというのは、武蔵と同じだな
ドイツのビスマルクは割と綺麗に残っているんだが
製鉄や造船技術の差?

15: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 05:41:52.94 ID:uHbFRBEi0
>>14
ビスマルクは被害受けすぎで船体以外全部破壊された状態で沈んだからかもしれんね
缶だって停止状態だっただろうし

56: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 06:55:51.56 ID:/BM9dyK80
>>14
装甲や船体構造の差だろ
比叡は巡洋戦艦だから足は速いが装甲は戦艦にしては薄いし船体も細長い
ビスマルクも足は速いが正規戦艦だからな
しかもドイツ戦艦は旧式だが丈夫さは折り紙つきの装甲配置をしてた

66: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 07:06:53.63 ID:F+4BPKpl0
>>56
新鋭のなのに旧式の全体装甲だったろ
早々に戦闘能力喪失してるし、あらゆる部位撃ち抜かれまくってる
たまに全体装甲持ち上げる人いるけど、追撃戦見てる限り絶対失敗だったよ

97: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 07:42:36.72 ID:/BM9dyK80
>>66
撃ち抜かれてはいるけどバイタルパートには届いてない
だから爆沈せず沈没してる
それは装甲の強固さの証明だと思うが
オールオアナッシングみたいな極端に合理的な配置に比べたら流石に無駄が多いのはしゃあない

ただまあ結果的に英艦隊のいい射的練習になってしまったが

17: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 05:46:44.17 ID:vYQBnVVX0
金剛型って全部見つかったの?

136: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 08:12:25.81 ID:EEM4hhoL0
>>17 金剛と霧島は見つかっていない様な。榛名は、スクラップの様な。

140: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 08:17:28.38 ID:IYR5tpJc0
>>17
霧島が1992年に見つかって榛名は大破着低で戦後解体で比叡は今回見つかったが金剛は台湾海峡で沈んで居るが沈んだ場所が台湾海峡で政治的に捜索難しい場所だし見つかったら中国、台湾のスクラップ業者が無断採掘解体しそう

26: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 05:56:16.70 ID:j9/WzSxz0
発見しまくりだな

40: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 06:19:35.20 ID:Osj1G6I20
場所を公開すると中国人業者がやってきて鉄くずとして回収してしまうだろ・・・
冗談じゃ無くて本当に。

45: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 06:31:35.52 ID:2LznrKtD0
ポール・アレンひさびさに名前聞いたな

71: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 07:14:36.49 ID:PkWvJPYE0
なぜ竣工を平仮名で書くのか・・・

84: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 07:27:10.72 ID:5Wngy3PC0
日本海軍は大洋での艦隊決戦ばかり考えていて、島に囲まれた狭い水路での戦闘を
研究せず、デカい戦艦を侵入させては敵の格好のマトさせてしまう、というバカな
行為を繰り返した。

143: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 08:18:39.52 ID:8dRaBt4M0
>>84
その後のルンガ沖夜戦で一方的に駆逐艦にボコられた自軍の重巡洋艦見て
狭い海域では重巡洋艦も使っちゃダメだわとなった米海軍

171: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 08:50:06.97 ID:ABuP8sGg0
>>84
WW2までは「大艦巨砲主義」だったからな。
末期になって、それまで攻撃力としては軽視されていた空軍力がようやく正しく認識されるようになり、デカい艦は的にしかならない、ということになった。
以後“戦艦”は廃れ、巨大空母は護衛艦隊・護衛潜水艦隊・護衛航空隊を従えた大艦隊を組むことになり、大国でないとコスト的に見合わないものになった。
日本がWW2に勝っていたら、今も日本は巨大空母艦隊を持っていて、軍事費にかなりの税金を注ぎ込むことになっていただろう。
ある意味、敗戦は日本の経済大国化を進めたのかも知れない。

85: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 07:27:28.15 ID:CHF4axmJ0
金剛、比叡、榛名、霧島の四隻の高速戦艦は太平洋戦争で本当に活躍したんだよな。
合掌。

107: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 07:50:33.41 ID:QIlibRFi0
何度も改装しても十何年も戦闘に耐える造船技術ってすごいよな。改装しても能力を落とさないんだもの。
  
押していただくと励みになります。