1: 樽悶 ★ 2019/02/20(水) 16:57:58.72 ID:/A8AQsUn9
福岡県糸島市の潤地頭給遺跡で出土した工作用の石鋸(上2点)と石製硯の未完成品(下)=柳田康雄さん提供
no title

硯の製作遺物が確認された遺跡
no title


 弥生時代中期中ごろから後半(紀元前2世紀末~前1世紀)に石製の硯(すずり)を製作していたことを示す遺物が、北部九州の複数の遺跡にあったことが、柳田康雄・国学院大客員教授(考古学)の調査で明らかになった。国内初の事例。硯は文字を書くために使用したとみられ、文字が書かれた土器から従来は3世紀ごろとされてきた国内での文字使用開始が300~400年さかのぼる可能性を示す貴重な資料となる。

 硯の遺物が見つかったのは、潤地頭給(うるうじとうきゅう)遺跡(福岡県糸島市)=前2世紀末▽中原遺跡(佐賀県唐津市=同▽東小田峯遺跡(福岡県筑前町)=前1世紀=の3遺跡。既に出土していた石製品を柳田客員教授が再調査したところ、末広がりになる形状の薄い板で、表が磨かれ裏が粗いままという硯の特徴を示しながら、仕上げがされずに破損したものがあり、未完成品だった。墨をつぶす研ぎ石の未完成品や、石材を擦って切断する道具・石鋸(いしのこ)も確認され、現地で硯が製作されたと判断した。

 中国での硯の使用開始は戦国時代末(前3世紀)で、前漢時代に長方形の板石製が普及し始める。日本の弥生時代の硯は北部九州を中心に近年相次いで確認され、文字の開始を早める資料として注目されたが、国産かどうかは不明で、古くても年代は1世紀ごろまでだった。今回はさらに100年以上早くなるうえ、中国の板石製とほぼ同年代に国産の硯が作られていたことになる。

 柳田客員教授は「倭人(わじん)(当時の日本人)が使っていたとしか言いようがない。硯は文字の需要があったから作った。地元産の石を用いた可能性がある。中国製を模倣しつつ独自の形状をしており、国産化する際にモデルがあったのでは」と話している。【大森顕浩】

■外交や交易で文字使ったか

 西谷正・九州大名誉教授(東アジア考古学)の話 弥生時代の文字文化の定着と広がりが想像以上に古かったことを意味している。硯が国産されていたことは、中国から流入した文字が日本に定着する過程を示す。外交や交易の際に文字が使われたのだろう。

毎日新聞 2019年2月19日 20時58分(最終更新 2月19日 21時22分)
https://mainichi.jp/articles/20190219/k00/00m/040/236000c

2chの反応

19: 名無しさん@1周年 2019/02/20(水) 17:05:39.44 ID:ugMD6eML0
>>1
この写真だと硯かどうかよく分からないな

88: 名無しさん@1周年 2019/02/20(水) 17:30:00.31 ID:zkmcweMg0
>>19
実物見ている発掘した先生は硯の半完成品とは分類していないからね。

素人目にわかると言う方が変な話。

590: 名無しさん@1周年 2019/02/20(水) 19:01:23.93 ID:0bLiTM3h0
>>19
硯と言っても現代人がイメージする一般的なものとは形状が違う。
no title

これが漢代の板硯。

873: 名無しさん@1周年 2019/02/20(水) 20:03:41.26 ID:NSP9LLOXO
>>1
つまり九州王朝が日本最初の王朝で独自の文字も使用してたが、後に出来た近畿中心のヤマト王朝に滅ぼされた訳だ

890: 名無しさん@1周年 2019/02/20(水) 20:07:19.93 ID:+UL992xx0
>>873
日本最初って日本が始まったのは645年の難波宮から
せめて倭の最初の王朝って言ってほしいねぇ

909: 名無しさん@1周年 2019/02/20(水) 20:13:13.49 ID:hdApg+dl0
>>890
その難波宮を造営できるほどの国力,統一権力は645年にポッと湧いたわけではないでしょ。

923: 名無しさん@1周年 2019/02/20(水) 20:17:07.96 ID:KbnFf5ha0
>>873
最初とは言い切れないよ
偽書とされてるだけで日本各地には
古代王国の歴史書は何個もある

2: 名無しさん@1周年 2019/02/20(水) 16:59:27.60 ID:G2xq8ZD+0
渡来人もいたし大陸と交流があったんだから文字があったと考える方が自然

3: 名無しさん@1周年 2019/02/20(水) 16:59:45.86 ID:dt5VlOv20
文明をもたらした渡来人はいたけどそいつら一切文字は使えませんでしたって、ぜんぜんしっくりこない

6: 名無しさん@1周年 2019/02/20(水) 17:00:38.97 ID:wHwVlBYV0
そりゃ中国と交易してんだし、使っても不思議ないとは思うのだけど
何故、無いと思ってたのかが不思議だよ

87: 名無しさん@1周年 2019/02/20(水) 17:29:55.61 ID:7AmUJNBM0
>>6
学者頭だから。
発見されえないものはないと考えるね
わからないとは考えないようだ

漢字以前にほかの文字はなかったのかねとムーミンは思うわ

94: 名無しさん@1周年 2019/02/20(水) 17:31:50.28 ID:rsjRVx2/0
>>87
あったのなら、なんで万葉仮名みないな出来損ないの書き方をしたのかよくわからない。
神代文字で書いたらいいだけなのに

311: 名無しさん@1周年 2019/02/20(水) 18:12:30.92 ID:hdApg+dl0
>>94
まぁ,戦後だって”先進的な”知識人や支配階級は仮名漢字混交文を排して
アルファベットにしてしまえとか,せめて,漢字は廃止とか言っていたん
だけどな。

ベトナムなんかその最たる例だし。モンゴルや韓国もそうだな。

573: 名無しさん@1周年 2019/02/20(水) 18:58:33.53 ID:j6ZHcOON0
>>87
あいつらバカだから海流とか知らなくて
地図だけ見て近いから朝鮮半島からなんでも伝来したとか言いふらしてるしなw

陸路経由の時代遅れの情報なんか使った訳ないだろ
船もろくに作れない連中だったし

594: 名無しさん@1周年 2019/02/20(水) 19:01:40.50 ID:Z3ECFFTe0
>>573
海流分かってないのはお前
古代の航海技術で中国から直接船でこれるわけない

626: 名無しさん@1周年 2019/02/20(水) 19:04:51.43 ID:JtXCIybH0
>>594
対馬海流に載れば、嫌でも日本に着くよ。

716: 名無しさん@1周年 2019/02/20(水) 19:26:57.11 ID:lNk7oAWx0
>>626
さらっと嘘つくなよ 当時の小さな帆船では対馬からは海流と渦の関係で日本に来れないって 近年研究されてるわな

大陸から日本に来るルートは 渤海から京都や石川に向けて来るルートで 北朝鮮の難破船が打ち上がってるだろ
対馬灘は難所だから半島からは安全には来れないよ
そりゃ命がけで行くなら別だがな

日本人が中国に行くならは五島列島から東シナ海を経て直接行ったと考えるのが普通だわ

729: 名無しさん@1周年 2019/02/20(水) 19:29:28.00 ID:0bLiTM3h0
>>716
季節風を上手く使わないと海峡を渡れないんだよね。
渤海使はそれを知らなかったからよく対馬海流に流されていた。

731: 名無しさん@1周年 2019/02/20(水) 19:30:52.99 ID:hdApg+dl0
>>594
>>626
海底堆積物の調査から長江の河口流れは東シナ海中部,済州島の南方まで
流れ込んでいることが解っている。
 だから,寧波あたりを出れば河口流れに乗って東シナ海中ほどに達し,
あとは対馬海流で五島列島,九州北部,朝鮮半島南部に達する。
 海流のみを頼りにすると,むしろ,朝鮮半島南部を出発すると,対馬海
流によって隠岐や能登半島に流され,北九州に来れなくなる。そのため,
季節風を利用して冬場は半島から日本,夏場は日本から半島へという往来
となる。

280: 名無しさん@1周年 2019/02/20(水) 18:06:44.73 ID:igT+wFCK0
>>6
人類最古の文書は資産貸借の管理帳簿だって言うしな。シュメールとかの例からしても。
木や竹の板片に交易相手や商品の出入り、数量等を記録した台帳とかがあったんだろ。

645: 名無しさん@1周年 2019/02/20(水) 19:09:09.22 ID:NRhL+IlF0
>>6
普通に考えればそうだよな
物証が出たから学術的にも更新される方向にいくだろ

8: 名無しさん@1周年 2019/02/20(水) 17:02:14.28 ID:KLUSLxID0
文字は漢字なん?

123: 名無しさん@1周年 2019/02/20(水) 17:36:06.45 ID:TNfo9HPM0
>>8
日本独自の神代文字があったんだが、何故か学者どもがこれを否定するんだよな。
漢字より古いと困る連中が多いんだろうな。

12: 名無しさん@1周年 2019/02/20(水) 17:03:31.31 ID:I2N4d4lJ0
伊都国に帯方郡の郡使が常に留まってたと記録があるんだし、
そいつらが使ってたんじゃね?

516: 名無しさん@1周年 2019/02/20(水) 18:47:21.81 ID:JtXCIybH0
>>12
それは魏志の記録だろ。
魏志は3世紀ごろの話しだから、今回のケンと時代が違う。

16: 名無しさん@1周年 2019/02/20(水) 17:04:39.17 ID:g8EDPcam0
硯に使っている石の成分を調べればどこの採掘場から掘ったモノかわかるんじゃね?
また ゴッドハンド?

84: 名無しさん@1周年 2019/02/20(水) 17:28:44.32 ID:zkmcweMg0
>>16
ヒスイや黒曜石みたいな特徴的な石ではないからね。

見る限り単なる火成岩だから、成分で場所までは特定できないだろう。

押していただくと励みになります。