1: 荒波φ ★ 2019/04/14(日) 09:19:19.36 ID:CAP_USER
kr250
 
A氏は28年間、外交官を務めてきた。このうち15年間は日本に関する業務に携わってきた。日本勤務だけを見ても、書記官・参事官・公使の3回にわたる。東京に駐在していた期間は10年以上だ。現在の外交部幹部の中では、日本での業務経験が最も長い。

そのA氏が、断交が取りざたされるほど韓日関係が悪化している先月末、ヨーロッパの公館に異動した。2017年から2年連続、国政監査でA氏の「朴槿恵(パク・クネ)政権時の大統領府」勤務経歴が問題となり、左遷されたとの見方が支配的だ。

A氏については「特に党代表を務めた経験のある与党議員が執拗(しつよう)に人事清算を主張したため、何らかの人事的措置が取られるだろう」とうわさが立ち始めた。結局、A氏は慰安婦関連業務を前政権で担当したという理由で公館長にはなれず、駐日大使館よりも小さな公館に異動しなければならなくなった。

外交官B氏。キャリア26年のB氏は昨年半ごろ、大統領府に派遣されるだろうと言われていた。日本勤務の経験もあり、国際法にも明るく、外交部とその周辺ではB氏が大統領府で対日業務を務めることに納得している雰囲気だった。

ところが、いつの間にかB氏の大統領府勤務は「なかったこと」になってしまった。B氏の経歴調査をした大統領府が拒否したという話が耳に入った。B氏の家族が現政権に批判的なのが問題になったという見方もある。

B氏の大統領府勤務が白紙化された理由は明らかにされず、大統領府の対日業務は今、日本勤務の経験がない若い外交官が1人で務めている。

外交官A氏とB氏のケースは、2017年の文在寅(ムン・ジェイン)政権発足以降、外交部(省に相当)で何が起こっているかを端的に示している。

文在寅政権はこれまでのエリート外交官たちを「集団いじめ」している最中だが、対日業務では特にその程度がひどい。

仕事熱心で能力のある外交官が政治的な理由から排除されているため、外交官の士気が下がっているのは、はた目にも分かる。東京にいる韓国の外交官たちは最近、韓国事情に明るい日本の政治家や公務員たちの同情の対象になってしまった。

東京のある消息筋は「日本をよく知る外交官が起用されなければ結局は韓国の国益損失につながるということが分からないのか」と首をかしげている。

中国政府は、9年間駐日大使を務めた程永華氏を間もなく交代させる予定だ。書記官時代から25年間にわたり日本で勤務した同氏は、その名前だけ見ても重みを感じさせる人物だった。その後任に内定した人物も、東京に10年以上滞在した経歴のある孔鉉佑外務次官だ。

韓国よりも数倍は力のある国がそうした人事をするのには理由があるのだろう。ところが、文在寅大統領はその全く逆を行っている。日本についてよく知る外交官を左遷させ、自身の周囲には近寄らせない。

能力中心の人事原則を排除し、コード(政治的理念・傾向重視)人事を優先させる国の外交がもたらす将来に恐怖を感じる。


2019/04/14 05:05
朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/12/2019041280158.html

2chの反応

10: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:25:04.32 ID:PkjZutay
>>1
ムンたんやっぱ最高だわwww

13: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:26:31.93 ID:8LKt6Tuz
>>1
断交する予定の国なんだから、関係ないよ。

14: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:26:53.24 ID:7mtAU2Dc
>>1
シワシワの国旗や隣国語での挨拶や飲酒禁止の国での乾杯やたった2分の早漏米韓首脳会談など
外交成果がハッキリ出てんだよねwww

ウリナラマンセーwww

41: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:39:29.23 ID:tv59CQqM
>>14
文政権の外交って確実に「鎖国政策」だよな
まあ、北も鎖国しているし、鎖国によって統合へと向かう狙いなのか

201: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 10:22:37.61 ID:1AlFt0ua
>>41
国際社会が全く望んでいない統一を夢見てるからな。

44: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:40:27.75 ID:vmSqlCmY
>>14
順調に外交の天災と化してるな

37: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:37:06.92 ID:tv59CQqM
>>1
まあ、反日記事をせっせと書いて本国で反日煽っている特派員が言う内容じゃないよね

47: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:41:10.41 ID:irBK+XJW
>>37

韓国を見限った日本国内の空気を正しく伝えず、良心的日本人wが大多数かのように偽ってきたのは、こいつらよね
馬鹿な韓国民が、反日のリスクを軽視するのは当然のこと
韓国国内の反日ぶりを、ひた隠しにしてきた日本のマスコミも同罪ではあるけどw

42: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:39:37.79 ID:4ePeniyw
>>1
ザイトラ大統領、有能だなぁ
しっかり任期全うしてくれよ

137: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 10:08:13.22 ID:pk+mLnt5
>>1
そりゃあ、ムンムン的には南朝鮮の国力を落として、北朝鮮が侵略しやすくするのが目的なんだから、

あたりまえ~

2: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:20:13.03 ID:H5DHxMeS
韓国が日本の情報取れなくなるだけw

9: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:24:31.17 ID:vBTriX6e
日本を相手しないのは感心、もっと無視しろ

12: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:26:24.07 ID:PJOpRTqb
文喜相は韓国政界きっての知日派だったらしいじゃん
あんなもんだろ

25: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:32:11.76 ID:ZBzr3cEm
馬鹿に何言っても始まらない
「馬鹿につける薬はない」「馬鹿は死ななきゃ治らない」は真実
別に日本は困らない

26: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:32:23.95 ID:ur51anWM
理念なんていい加減なものに国家戦略が左右されるんじゃ、その国は亡びるけどな。
あいつらの理念とは客観的な分析もできていない、ウリナラ最高、ウリナラ最強だけ。

31: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:34:54.98 ID:oWkixt6f
良い傾向だと思います。

34: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:36:45.70 ID:IfAZ9hex
北朝鮮と統一するために反対しそうな親日派を粛清するのは当然だろう?

43: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:40:14.04 ID:L3fGBIbZ
気にするな
日本にはイラネーから

45: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:40:37.86 ID:B4Jnd2SC
もう断交しちゃいなよw

60: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:43:57.12 ID:MQEOTJax
能力重視の原則なんて最初からないやん?

64: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:46:04.80 ID:ycYhrLAG
有能な奴は既に半島から逃げ出してんじゃね?

83: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:54:34.81 ID:MNZRjUJX
日本勤務経験があろうが、日本を知ってようが韓国人は韓国人
日本で生まれ育ったはずの在日見たらわかるじゃん

86: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:55:58.67 ID:qCTEQVBU
こんな大統領がなぜもっと早く出なかったのか残念でならない
70年代辺りで出てくれたのなら・・・

95: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:57:25.44 ID:Gs+NzLoK
>>86
同感だがその頃なら軍のクーデターで殺されてたんじゃ

104: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:59:59.54 ID:8LKt6Tuz
>>86
日帝教育世代が主導してたから無理。

87: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:56:08.85 ID:2RidA+vc
この素人はツートラックとか寝ぼけたこと抜かしてやがったな

89: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:56:34.44 ID:EG/pOOLp
やはり、国旗間違いなど見ていて思うに漢字を捨てたハングル文化の弊害だろう。嫌韓なのでこのまま劣化してくれ、と願う。

押していただくと励みになります。
にほんブログ