1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/04/14(日) 09:48:40.23 ID:CAP_USER
(動画=Youtube )

<アンカー>
農村で稲作をしている方々にとって興味深い消息を一つお伝えします。

苗を少なく植えても、つまり今よりも疎ら(まばら)に植えても収穫量は同じ、いわゆる疎植栽培技法が紹介されました。

オ・ジョムゴン記者の報道です。

<記者>
普通、田植えをする時に使用する田植え機は、3.3㎡あたり70株ほどの苗を植えるように合わせています。

苗と苗との間隔は縦30cm、横16cm。

ところが今回、農業振興庁が新たに紹介した栽培方法は縦30cmは同じですが、横は約22cmで既存よりも間隔が広くなっています。

また、一株に入る苗の量も10本以上から5本前後に減らしました。

つまり、間隔は広くして苗の量は減らしましたが、このようにしても後の米の収穫量は同じという試験結果を得ました。

<カン・ウォング(金堤・白山農協組合長)>
「生産費がかなり節約されました。次に収穫も慣行よりも落ちなかったため、農民が非常に満足しています」

生産費と労働力だけでなく、間隔が広くて初期の病害虫の発生も減りました。

ただし、稲が枝葉を増やす期間があり、既存よりも全体の栽培期間は10日ほどさらに必要となります。

苗を普段より少なく植えても、結局収穫量は同じというのがこの疎植栽培技術の核心です。

まだ検証作業が完璧に終わった訳ではありません。

<キム・ギョンギュ(農村進興庁長)>
「今後は技術開発をさらに完璧にして、農家に普及する課題が残っています。まずは農協や専業農家など、大きな団体を中心に農家にこのような先進技術を知らせる事で、農家が選択する事ができるようにする計画です」

疎植栽培技法はまず全羅南北道と慶南などm気温が暖かい地域で1年、そして特定の品種に限り、実証実験と農家への普及が行われます。

その後、結果によって全国に広がる予定です。

YTN、オ・ジョムゴンでした。

NAVER/YTN(韓国語)
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=052&aid=0001279512

2chの反応

2: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:49:24.58 ID:iRoxgLdg
>>1
え、知らなかったんだ?

60: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 10:07:06.19 ID:+OjvNczS
>>1
これ、食べ物で例えるなら日本のイチゴやブドウを盗んで韓国で栽培して韓国オリジナルの特産品ニダってやるのと同じだろ
>>1のは日本に害が無いからいいけどそのうち韓国起源発祥して日本はパクリニダってやりそう

62: 春うらら ◆G8Kknv1Es6 2019/04/14(日) 10:07:57.57 ID:0Imq5BIz
>>60
こういうことをやるからTPPに入れないんだよな

77: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 10:13:04.96 ID:+OjvNczS
韓国における先進技術とは
>>1のように「過去にどこかの国がやった事を今更新発見のように騒ぐ」ケースか
折りたたみスマホみたいに「かつてどこかがやったり誰もが思いついたけど廃れたか誰もがやろうとしなかった」ケースのどちらか

96: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 10:20:24.56 ID:mX2lRRPX
>>1
明治時代の技術を何でこいつらドヤ顔で語ってるの?

173: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 10:45:18.24 ID:bZ/uumCx
>>1
インターネットって便利ね。韓国人があたかも「自分達で発見しました!」
的な話題も、ものの数秒で「数十年前に日本で提唱されていた技法です」って
論破できちゃうんですものー

184: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 10:47:58.01 ID:s+wYmwDF
>>1
オイオイ、今更なに言ってんの?

218: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 11:13:39.59 ID:HY6RMnHw
>>1
これがどこでもなんでも素晴らしければ、日本で主流になっているはず。
適法、適所、適種なんだろうな。

6: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/04/14(日) 09:50:26.54 ID:CAP_USER
【訂正】
× (動画=Youtube )


○ (動画=Youtube )
  https://www.youtube.com/watch?v=LXq1cm5QGXg


11: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:51:36.67 ID:xEoPnGhM
だいぶ前からある技術みたいだけど…

複数年度にわたる最適化ができれば農業も楽に

16: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:53:14.47 ID:46ygAxmK
どうせ、日本とか他国の研究実績をパクったのでは?
素直に引用すればいいのに見栄ですかね

22: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/04/14(日) 09:55:50.15 ID:CAP_USER
>>16
パクった結果が『疎植栽培(ソシクジェベ)』という名前だと思います。

辞書に載ってないし・・・。

32: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:58:58.06 ID:KHjLVG4a
>>22
これそのままパクったんじゃね
http://www.iseki.co.jp/farmailand/soshoku/
https://i.imgur.com/mXL5Vcc.jpg

53: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 10:05:00.99 ID:tv59CQqM
>>32
あはは、イセキの開発した植疎を「疎植」でウリジナルw

54: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 10:05:04.30 ID:OvoK5VUP
>>22
日本の50年くらい前の農業雑誌に載ってたみたい

現代農業 特別号 疎植栽培
●1972年(昭和47年)3月号82頁 
原題「思いきった粗植で大増収―坪36株で11俵確実―」
http://www.ruralnet.or.jp/gn-tokubetsu/toku3.htm
>この独創的なイネつくりをうちたてたのは、
>千葉県東金市押堀の浅野総一郎さんたちのグループである。

120: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 10:26:26.43 ID:4RPumVSx
>>22
植疎だやね…まさかここまで漢字使えないとは…

18: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:55:10.96 ID:TXBSd7cK
>つまり今よりも疎ら(まばら)に植えても収穫量は同じ

<丶`∀´> そのまま倍植えれば倍採れるはずニダ!

20: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:55:43.71 ID:4XcdsR6/
ちょっと感心したけど疎植栽培でぐぐったら10年前の日本のページが見つかった
10年遅れなんだな

21: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:55:46.27 ID:ANb5YUWg
今更なんだけど
こんなんで、日本へ稲作教えてやったと
まだ言い張る気かね?w
稲作は併合以降本格化したってことだろ?
両班階級以外米食べられなかったんだし

28: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:57:37.34 ID:ZBzr3cEm
>>21
通り道の北も主体農法とやらで馬鹿を晒したしな
今がダメなら昔もダメだろ
百済人は今の朝鮮人と別物とバレてるしな

25: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:56:40.29 ID:x7iwr5VZ
強風に弱くなるとか雑草が増えるとかマイナス要因もあるけどな

26: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:56:45.89 ID:fIpU3C6+
北では将軍さまが「いい事思いついたピコーン!」「二倍植えればいいんや」ってやって壊滅したって聞いたことある

33: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:59:46.06 ID:js+ESx6G
>>26
あれはあれで正しいのだけど…
土質がかなりシビアなのだよw
結論
朝鮮人には無理

235: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 11:30:52.66 ID:zSvU3SNR
>>26
有名なエピソードやな
毛沢東に匹敵する愚策

27: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 09:57:14.66 ID:OvoK5VUP
先進技術てw
コレ、日本では50年位前からやってるでしょ

この方法では天候不良でガクッと収穫量が落ちるから
近年の激しい気候変動の中で新規導入は難しそうな

134: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 10:34:16.93 ID:4RPumVSx
>>27
いやー明治より前からあるけど…

問題は毎年これでは行けないのと、風雨でなぎ倒される恐れもある

>>97-99
来年も再来年もやって(慣行と交互にやらんと無理)田んぼが急に痩せて、こんなはずじゃ
安直に窒素肥料ガンガン足して促成さして、さらに不味いお米の出来上がり……
ここまでは読めるw

140: 春うらら ◆G8Kknv1Es6 2019/04/14(日) 10:36:21.22 ID:0Imq5BIz
>>134
朝鮮はまともに米を食えるようになって数十年しか経ってないからいいんじゃね?

97: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 10:20:42.16 ID:SRa247Ln
こんな当然のことを今ごろw
あちらの農業っていつの時代の教科書を使ってんの。
というより、代々農業をやってきたなら、経験の蓄積とかあるだろうに。

98: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 10:20:46.09 ID:DfL/+e09
疎植なんか何年も前にイセキが取り組んでたが、結局流行らなかったイメージしかないな

99: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/04/14(日) 10:20:55.99 ID:UE5MVCi8
弥生時代には誰かが気づいていたと思う(朝鮮半島でも)。
朝鮮の人は、単に知識・文献を後の人に伝えなかったので、新発見と思ってしまっただけだろう。

押していただくと励みになります。
にほんブログ