1: チンしたモヤシ ★ 2019/09/12(木) 16:51:50.97 ID:J9u+Vxae9
トランプ大統領 解任のボルトン氏を批判「大きなミス犯した」
2019年9月12日 6時56分 リンク先に動画
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190912/k10012077711000.html

no title


アメリカのトランプ大統領は、解任したボルトン大統領補佐官について、北朝鮮の非核化をめぐり、核兵器の放棄をまず行うよう迫る「リビア方式」を持ち出し、交渉を後退させる大きなミスを犯したと批判したうえで、後任について5人に絞り、人選を進めていると明らかにしました。

トランプ大統領は、ボルトン大統領補佐官の解任について11日、「彼は北朝鮮の核問題をめぐりリビア方式を持ち出すという大きなミスを犯した」と指摘しました。

リビア方式は、かつて北アフリカのリビアで大量破壊兵器を放棄させたことを前例に、まず核兵器の放棄を実行するよう迫り、それに応じたあとに制裁の解除などの見返りを与える考え方です。

トランプ大統領は、ボルトン氏がこの方式を持ち出したことに北朝鮮が反発し、交渉が大きく後退したとしていて、「キム・ジョンウン(金正恩)委員長が反発したことを責めるつもりはない。そのようなことは言うべきではなかった」と述べ、ボルトン氏を批判しました。

一方、強硬派のボルトン氏の解任で注目されるイランへの経済制裁の緩和の可能性についてトランプ大統領は、「どうなるか見てみよう。取り引きができることを望んでいる」と述べ、含みを持たせました。

またボルトン氏の後任についてトランプ大統領は、「高く評価している候補が5人いる」と明らかにしたうえで、来週発表するとしています。

安全保障担当の大統領補佐官は外交・安全保障政策の要となる重要ポストで、トランプ大統領が来年の大統領選挙も見据え、外交的な成果を模索する中、後任に誰を起用するのか注目されています。

●解任はイラン制裁緩和反対が引き金か

アメリカのメディア、ブルームバーグは11日、経緯に詳しい関係者の話として、ボルトン氏が解任の前日に開かれた会議で、イランへの経済制裁の緩和に強く反対したことが引き金になったという見方を伝えました。

記事によりますと、会議は9日、ホワイトハウスの大統領執務室で行われました。
今月、ニューヨークで開かれる国連総会に合わせてトランプ大統領とイランのロウハニ大統領との首脳会談を実現させるため、イランへの制裁を緩和すべきか話し合いましたが、ボルトン氏はこれに強く反対したということです。

これに対して政権内では、ムニューシン財務長官が制裁の緩和に支持を表明したということです。トランプ大統領は、その日のうちにボルトン氏の解任を決めたとしています。

報道についてホワイトハウスは今のところ、公式の反応は示していませんが、ブルームバーグの記事は、交渉による取り引きを重視するトランプ大統領と、あくまでも圧力を強めることに固執するボルトン氏との間で、溝が広がったことをうかがわせています。


------------------


トランプ氏、ボルトン氏は「重大なミスしでかした」 北朝鮮核問題での「リビア方式」発言など批判
産経 2019.9.12 14:28国際米州
https://www.sankei.com/world/news/190912/wor1909120011-n1.html

米フロリダ州で開かれた日米首脳の昼食会に、トランプ大統領(右端)、ペンス副大統領(右から2人目)と共に出席したボルトン大統領補佐官(左から2人目)=2018年4月(AP)
no title


(略)

 しかし、ボルトン氏は今年2月にハノイで行われた2度目の米朝首脳会談で、トランプ氏が北朝鮮との安易な合意に傾くのを食い止めた経緯がある。
アフガニスタン情勢でも、イスラム原理主義勢力タリバンとの欠陥だらけの和平合意にボルトン氏が反対して白紙に戻させるなど、トランプ氏が外交政策で致命的失敗を犯すことから救ってきた。

 11日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルは社説で「米国の敵対勢力にとっては、トランプ氏の気まぐれで取引先行型の性向に対する政権内部の数少ない抑止力が除去されたことになる。
世界は今や、一層危険な場所になった」と危機感を表明した。

(略)

2chの反応

66: 名無しさん@1周年 2019/09/12(木) 17:15:55.35 ID:JxuqGHTg0
>>1
これで北朝鮮の永続的核保有は確定してしまったな

日本は極東で唯一核を持たざる国になるぞ

232: 名無しさん@1周年 2019/09/12(木) 18:26:51.81 ID:t5q+FvW50
>>1
ボルトン氏の主義主張は分かり切っていたのに、なぜ任命したのだろうか?

241: 名無しさん@1周年 2019/09/12(木) 18:33:41.03 ID:OYtuz5HF0
>>232
ディールのカードとして超強行は有益だったということ
そして現時点では、ボルトンを切るというカードが有効であること

べつにトランプはボルトンと仲違いしたわけじゃ無い
単にカードとして使ってるだけ
そこのところはトランプもボルトンも北朝鮮もみんな知っていること

知らないのはマスゴミだけで、案の定ボルトン解任で騒いでいる
無知は怖いよね

410: 朝日新聞不買 2019/09/12(木) 21:10:09.17 ID:qNSpRKgX0
>>1
チキンホークボルトン解任か。

参ったな。

565: 名無しさん@1周年 2019/09/12(木) 23:26:09.79 ID:LEB6Ei200
>>1
このタイミングでボルトン解雇ということは
北朝鮮への武力介入は無くなったとみていい
加えて北が南を攻めても在韓米軍に危害が無ければ
強い非難はしないことを暗示している
南朝鮮は焦ってるだろう

600: 名無しさん@1周年 2019/09/13(金) 00:49:35.51 ID:XWsxo6h70
>>1
リビア方式を口にしたことがミスだと言っている

トランプ「強硬策がダメだったのではない、リビア方式を口にしたことが大きなミスだ」

2: 名無しさん@1周年 2019/09/12(木) 16:53:39.47 ID:rg7+AwPr0
北朝鮮は朝鮮のことわざ通り「泣く子は餅を一つ多くもらえる」のか?

6: 名無しさん@1周年 2019/09/12(木) 16:54:44.63 ID:1Y+BFCze0
なるほど、だからあの時、決裂したのか

7: 名無しさん@1周年 2019/09/12(木) 16:54:51.28 ID:Q97HYhyd0
マイナスな交渉なら後退したほうが前進だろ

11: 名無しさん@1周年 2019/09/12(木) 16:56:24.75 ID:7uuXX2ca0
中国次第だろ、北朝鮮のすることは

12: 名無しさん@1周年 2019/09/12(木) 16:56:30.26 ID:kg/mXZIi0
散々騙されて リビア方式に変えたのに
また戻るのか・・・

18: 名無しさん@1周年 2019/09/12(木) 16:57:44.51 ID:Gw4ASRKx0
アメリカはまた北朝鮮に騙されるのか…懲りない奴等だな

20: 名無しさん@1周年 2019/09/12(木) 16:58:38.22 ID:itdpNPeZ0
これはイランと北への平和メッセージであり同時に中国に対する強烈な警告だ
これでアメリカは中国に集中する体制を整えたといえる

25: 名無しさん@1周年 2019/09/12(木) 17:00:51.78 ID:ScX2K2jx0
>>20
そうなのか?
むしろ中国に対する平和メッセージに見えるw

40: 名無しさん@1周年 2019/09/12(木) 17:05:54.26 ID:itdpNPeZ0
>>25
今やアメリカ中が対中強硬派だからボルトンは特に必要ないからね

41: 名無しさん@1周年 2019/09/12(木) 17:06:00.79 ID:HcHoULaF0
朝鮮人相手に対話しようとするのがそもそもの間違い
まず叩いて分からせる

43: 名無しさん@1周年 2019/09/12(木) 17:07:16.72 ID:Z1U291UF0
カリアゲと馬が合うから仕方ないね

63: 名無しさん@1周年 2019/09/12(木) 17:15:00.84 ID:CNNe9Rdb0
リビア方式で正しかったのに
あーあ

86: 名無しさん@1周年 2019/09/12(木) 17:22:58.71 ID:b2QI3f7f0
北にとことん甘いよなトランプ。オバマよりずっと弱腰じゃないか

89: 名無しさん@1周年 2019/09/12(木) 17:25:09.34 ID:yVK23X9t0
なんで補佐官のせいにすんの?
最終的に判断したのは大統領だろ
 
押していただくと励みになります。 
にほんブログ