1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/10/20(日) 13:27:25.96 ID:CAP_USER
 00534C8D-7017-41E2-9ED4-63F8A2B0F840
日本からまたノーベル賞受賞者が誕生した。科学分野だけですでに24回目だ。最も批判されるのは韓国の教育だ。ところで日本も韓国のように数十年にわたって詰め込み式教育を行い、客観式相対評価を行ってきた国なのに、一体韓国と何が違うというのか。ソウル大学物理学科のキム・デシク教授は、著書『勉強論争』(チャンビ刊、2014)の中でその理由について語っている。キム教授は、韓国の勉強文化を表す壮元及第(トップ合格)DNAと日本の勉強文化を表す職人根性DNAという二つの概念で説明している。

 長年にわたって韓民族は、官吏を試験で選抜してきた。全国民を対象にしているわけではないにしろ、身分が個人の努力によって上昇する余地が同時代の他の国々よりも多かった。従って、古くから勉強の目的は立身揚名(社会的な地位や名声を得ること)だった。トップ合格が勉強する全ての人々の夢だったのだ。韓国のそうめん屋のオーナーは、子どもがそうめん屋を継ぐよりも、一生懸命に勉強して立身揚名するのを願う。

 ところが、日本には一生懸命に勉強して立身揚名する体制がなかった。勉強するというなら、その道で大家になるのを望んでいるわけで、その勉強を足場に他の何かを期待するといった認識そのものがたやすいものではなかった。数千年にわたって王朝が一度も変わったことがなく、身分制度が引っ繰り返ったことがないため、侍の家系は代々侍になり、うどん屋の息子はより良いうどんを作るのが誇らしい生活だった。つまり、韓国ではとんカツ屋の息子が国家試験にパスして判事や検事になるのが誇らしい文化であるのに対し、日本は3代がとんカツを作るのが誇らしい文化なのだ。

こうした勉強文化の違いは、教授たちの歩みにも直接的な影響を及ぼしている。韓国の教授たちは、テニュア(定年保障)を受けると、人生の岐路に立たされる。学者の道を選ぶか、官職や政界に足を踏み入れ、行政あるいはポリフェッサー(politics=政治とprofessor=教授を合わせた韓国の造語、主に否定的な意味で使われる)の道を選ぶか、でなければ講演やメディアへの寄稿などを通じて大衆の中の知識人としての道を選ぶかで悩むのだ。教授職を純粋な研究者と考えるよりは、教授職を足掛かりに他方面へと進出しようとする。官職やポリフェッサーとして足を踏み出せば研究がおろそかになるため、再び学者の道には戻りにくい。それに長官や総理として入閣するようになれば、周囲の同僚教授たちから羨望(せんぼう)のまなざしで見られるようになる。こうした文化は一生懸命に勉強して教授になったことが立身揚名の手段になる韓国のトップ合格DNAが作り出したものだ。

 一方、日本では総理や長官が政治家の家系からほぼ代を継いで誕生するため、一度教授になったら最後まで教授であって、その間に政治や他のことをしようとしない。他の道に「外れる」ことを誇らしく思うこともない。それで会社に入っても引退するまで一分野の研究にだけまい進し、教授になっても一分野の研究にだけ没頭する。このような職人根性DNAが、今日の日本に数十個のノーベル賞を受賞させた原動力となった。

約10年前、日本の北海道大学に招聘(しょうへい)教授として出向いた際に交わした同僚教授たちとの会話が思い出される。ある日、ソウル大学の総長が国務総理になったというニュースを見て、この話題を取り上げると、日本人教授たちはまるで信じられないといった表情で大変驚いた。たやすくない栄転を成し遂げたと言って驚いているものと思ったら、日本人教授たちはその教授が総理になることを本当に喜んだのかと反対に聞き返してきた。日本人教授らは、教授が総理になることを栄転と見ること自体が大変異常なことだといった表情だった。

 キム・デシク教授は、韓国のエリート世界の限界を冷静に指摘する。「試験でいい点を取る学生は、他人から与えられる問題を解くところまでは容易にやりこなすことができます。しかし、新しい発見、あるいは発明をしたり、新しい理論を構築したりといったことは全く違った次元の話なんです。今からでもこれを修正することができなければ、このまま滅びの道を歩み続けるのです」

 ある研究がノーベル賞の水準にまで上り詰めるには、大学以降平均で30年以上はかかる。従って、ポリフェッサーが栄転である文化では、大学以前の12年の初等中等教育だけを問題視してばかりいられないのだ。

イ・ヘジョン教育科革新研究所長

朝鮮日報 2019/10/20 06:08

2chの反応

79: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 14:03:54.02 ID:JYfvPfKR
>>1
朝鮮人には独創性がない。
ただそれだけのこと。
それからハングルは
論理的・科学的思考能力の発達を阻害する文字である。

99: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 14:20:44.81 ID:k4xIMOL5
>>1
端々に
どうにか日本を貶めよう
と言う気持ちが滲み出ている文章が不快

144: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 14:50:49.66 ID:oRiGQliu
>>1
両班と白丁などの李朝の身分制社会についての言及が一切ないのはなぜ?

155: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 15:04:28.15 ID:DVId/Z4v
>>144
結論ありきで論を構成するのがウリナラ流なんで、不都合な事実は無かった事にするとか有りもしなかった事が付け加えたりとか論旨破綻してても割りと普通な事ニダ!

160: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 15:09:57.98 ID:oRiGQliu
>>155
まさに。
そしてこー言う物書きが跋扈しちゃう精神性こそがノーベル賞を取れないゆえん。

不都合でも事実を正確に把握しないと、まともな対策も立てられないだろうに。

163: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 15:16:25.26 ID:4MoEqbLO
>>160
最も科学から遠い民族だな

191: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 15:42:16.45 ID:DVId/Z4v
>>160
K1A1戦車の開発記事を追って行けば基準値を下げて合格判定出すなんて荒業はなかなかのモノと別の意味で感心するニダ!
これも輸出と言う結論ありきの事例の一つニダ!w

164: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 15:16:42.38 ID:ESumFiDM
>>1
単純に、両班が偉くて職人を蔑視する文化が
根強く残ってるから韓国はダメなんだろ。

173: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 15:24:30.64 ID:oRiGQliu
>>164
腐れ儒教的には手足を動かすヤツは下等、脳みそと口だけ動かすやつが上等。

なんだけど、儒教エリアのシナ地域の職人は何故か過去に名品を多く作り出している不思議。
地位よりも、職人に金を出すか出さないかの方が作品の品質への影響がでかいってことだろうか?

つまり、朝鮮半島の芸術品が歴史的に他地域よりしょぼかったのは貧乏の影響がよりでかい?
さすが朝貢の鮮(少)ない土地ではある。

196: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 15:47:40.33 ID:DVId/Z4v
>>173
両班様が舶来主義な上に自国の職人は白丁階級だからって腐れ儒教的な蔑視もあるんじゃないの?

202: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 15:51:27.21 ID:oRiGQliu
>>196
>両班様が舶来主義

すぐ隣に宗主国様がいるから、そこから良品は輸入すればよい、って事情もあったかも。
国産品で宗主国産を上回ってやる!っていう発想がない、負け犬根性も原因か。

211: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 16:00:44.80 ID:DVId/Z4v
>>202
確か裁縫道具の針すら宗主国様からの輸入だったとか
両班様が舶来主義なのはウリナラにはその民族固有の色使いをした衣装が無いって事からも判ると思う

214: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 16:04:49.39 ID:oRiGQliu
>>211
事大主義って産業育成にも悪影響を及ぼしてる、根の深い問題なんだな

217: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 16:08:26.54 ID:cx/3VoA3
>>1

ノーベル賞をもらうための勉強、これからもがんばってね。

219: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 16:13:23.97 ID:+3oxQYxP
>>1
ちょっと違うかな
日本だって、貧乏人の娘や息子が東大はじめとする旧帝大や
早慶などという装置を通過したらたちまち高級官僚や大企業幹部も
目指せるコースに入れるんだが

224: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 16:45:15.50 ID:ob2Cfmip
>>1
科学に嘘は通用しない。

歴史を捏造する民族にノーベル賞は無いってだけ(笑)

228: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 17:01:39.92 ID:IhUNdcEi
>>1
科学データを読めないのが問題だろ

7: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 13:32:49.69 ID:T3ck00fO
全然頓珍漢なこと言ってるな。こんなだからノーベル獲れないの当たり前。
科挙はないけど公務員試験はあるからね

17: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 13:37:10.48 ID:7ejcHVrb
な? 夢のような記事をかくだろ? 

27: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 13:41:05.52 ID:uec8CQLb
まーた日本と比べて作り話してる

35: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 13:43:59.03 ID:wD9Tylmu
>韓国ではとんカツ屋の息子が国家試験にパスして判事や検事になるのが誇らしい文化であるのに対し
えーっと「とんカツ」って・・・・ということは置いといてw
自分でも全国民を対象にしているわけではないと書いているように
一般庶民にも勉強する機会が与えらたのは日帝残滓w

54: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 13:49:43.97 ID:gLWaX6cK
文系と理系がごっちゃになってないか?
理系の政界進出ってどんなの?

57: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 13:51:22.34 ID:XceDljPT
畑違いの旭日旗批判を延々と繰り返してるキチガイが
教授の地位にあり続けることが出来るような学問風土がダメなんだろ

58: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 13:52:12.52 ID:Fmh+YNuz
> 日本人教授らは、教授が総理になることを栄転と見ること自体が大変異常なことだといった表情だった。

大統領代替わり後に汚職追及されるのが恒例の韓国の政治中枢に自ら近づいたのに驚愕したのでは。

68: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 13:54:50.28 ID:NWyyMSQP
ほんと的外れ
じゃあ日本人ノーベル賞受賞者がみんな家業を継いで研究してたのか、って話
身分制とかまったく関係がない
世襲が生きる分野とそうでない分野があるということだけ

93: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 14:17:19.06 ID:tD9uuwVx
日本人は古代人の子孫だから土地に定着して何かを生み出す時間がたくさんあった
朝鮮半島は大陸の支配で民族が何度も入れ替わってるからそれに特化した遺伝子になっただけ

95: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 14:19:44.38 ID:fg0AV9FL
自国の科挙制度とか両班制度とか知らんのか?
両班の子弟しか科挙は受けられない。
商人の子供が科挙を受けるとか無いから。

日本なら学問が出来たら武士になれた。
御家人の株を買うとかな。
勝海舟も坂本龍馬も代々の武士とは違うしな。

コリアンがよく知る、朝鮮半島から連れて来られた、陶工も能力を認められたら名字帯刀を許されたりな。

コリアの身分の固定と違ってユルユル。
コリアなら奴隷の子は奴隷。

127: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 14:39:14.50 ID:DVId/Z4v
>>95
ノムタン世代からオールハングル教育で漢字の読み書きを廃止したから古い文献なんかは今現在少数の大学教授しかスラスラ読めないからそんな事実は知らんぞw

97: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/10/20(日) 14:20:17.09 ID:5r5sXtc0
壮元及第じゃなくて状元及第でないのかな
中国語由来の言葉

押していただけると励みになります。

人気ブログランキング

にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ