nannsa

ベトナム紙タインニエン(電子版)は30日、中国が南シナ海・南沙(英語名スプラトリー)諸島のクアテロン(中国名・華陽)礁に7階建ての建物やレーダー通信用設備、灯台などを建設したと報じた。同紙記者が今月下旬、船舶で接近して確認したという。
 同紙は昨年6月にも、南沙諸島のジョンソン南(赤瓜)礁で高射砲を据えた建物や風力発電用風車が整備されたことを伝えている。米シンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)は昨年末、人工衛星画像の分析に基づき、中国がクアテロン礁を含む七つの人工島に防空設備を整備したとみられると発表している。

時事通信
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017053001085&g=int

ここを拠点に海上封鎖とかは出来ます。中共の艦船、航空機を封鎖できれば干上がってしまうというリスクもあります。そうすれば占拠した国はその施設をそのまま使えるということになります。出来る国はアメリカや日本くらいしか在りませんが。

押していただけると励みになります。

人気ブログランキング