1: ニライカナイφ ★ 2019/12/28(土) 22:07:06.36 ID:Z9CIDjBc9
 防衛省は、北朝鮮などの弾道ミサイルの脅威が高まっていることを受け、新たな迎撃ミサイルシステムを開発する検討に入った。陸上自衛隊の03式中距離地対空誘導弾(中SAM)を改修し、弾道ミサイル迎撃能力を付与する研究を来年から始める。北朝鮮が開発している変則軌道で飛来する新型ミサイルなどに対応する性能を目指す。

 複数の政府関係者が28日、明らかにした。完成すれば、海上自衛隊のイージス艦が発射する迎撃ミサイルSM3、航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)に続く“第3”の迎撃システムとなり、防空体制が強化される。

 中SAMは国産のミサイルシステムで、100キロメートル未満とされる射程を大幅に延伸した改良版が来年末から順次、陸自部隊に配備される。敵の戦闘機や巡航ミサイルを撃ち落とせるが、弾道ミサイルには対応しておらず、防衛省は弾道ミサイルを着弾間際に迎撃できるよう中SAM改良版の改修を進める。

 具体的には、誘導弾(ミサイル本体)や射撃管制装置を改修し、敵の弾道ミサイルの軌道予測能力を高度化させることで、新型を含む弾道ミサイルへの対応を可能とする技術検証に着手する。迎撃範囲が数十キロメートルにとどまるPAC3に生じる隙間をカバーする役目も担わせる。開発期間は3年程度と見込まれる。

 迎撃対象に想定するのは、北朝鮮がロシア製「イスカンデル」を基に今年開発した変則軌道の短距離弾道ミサイルだ。低空で飛来し、着弾前に再上昇するなど従来型と異なる複雑な軌道を描く。既存のSM3は高高度を標的とするため迎撃できず、PAC3も変則軌道への対応が難しいため、国防上の大きな懸念になっていた。

 中国やロシアは「極超音速滑空ミサイル」を開発している。極超音速(マッハ5以上)で飛来し、軌道も複雑で、現在のミサイル防衛網の突破も可能とされる。このため中SAM改良版をベースに、敵ミサイルを捕捉するレーダーの高出力化など、さらなる高度な開発を7年程度かけて行う構想もある。

 政府は北朝鮮による弾道ミサイル技術の急速高度化を「新たな脅威」と位置づけ、「総合ミサイル防空能力を高めていく」(河野太郎防衛相)と強調している。だが隙も多いだけに、03式中距離地対空誘導弾(中SAM)改良版を基にした新たな迎撃システムを開発し、多層的な防空体制の構築を目指す意義は大きい。

 北朝鮮は今年5月以降、13回にわたり弾道ミサイルを日本海に向けて発射した。日本政府は、このうち4回がロシアの「イスカンデル」に類似した変則軌道型だと分析している。

 一般的な弾道ミサイルはボールを投げたときのような放物線を描き、短距離の場合の高度は100キロメートル程度になる。変則軌道型はその半分程度の低空で飛来し、最終段階で再上昇するなど複雑な軌道を描く。自衛隊幹部は「今の体制では撃ち落とすのは難しい。早急な体制強化が必要だ」と危機感を強める。

 現在の日本の弾道ミサイル防衛は「2段構え」だ。まず海上のイージス艦が迎撃ミサイルSM3を発射し、敵の弾道ミサイルが高高度に達している大気圏外で撃ち落とす。打ち漏らした場合は、高度20キロメートル程度の着弾間際に地対空誘導弾パトリオット(PAC3)が迎撃する。

 防衛省は、その中間地点での迎撃を担う地上配備型の「イージス・アショア」を国内2カ所に配備し、迎撃ミサイルSM3ブロック2Aを搭載して「3段構え」にする方針もすでに決めている。ただ、配備候補地の選定作業でミスが発覚し、早ければ令和7年度としていた運用開始は不透明になってきている。

 北朝鮮が発射した弾道ミサイルの大半は短距離で、対韓国を想定したとみられる。だが、飛行途中で誤作動を起こし、日本領土に飛来する可能性があるうえ、国際情勢の変化によって日本に矛先が向かないともかぎらない。

 中国やロシアは最新の極超音速兵器滑空ミサイルと呼ばれる最新兵器の開発も進める。露国防省は27日、音速の20倍以上の速度で不規則に飛行するとされる「アバンガルド」を搭載したミサイルが初の実戦配備に就いたと発表した。計画中の「アショア」も含めた日本の防空体制ではこれらのミサイルの迎撃は難しく、能力強化は不可欠だ。

 ミサイルの攻撃と迎撃の技術は高度化を競う「いたちごっこ」になりやすい。このため「目」の機能の強化も重要で、米国などは小型無人機で敵の発射地点近くに到達し、発射の兆候を探知する技術を研究している。

☆ 続きはソースをご覧ください
no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-00000529-san-pol

2chの反応

43: 名無しさん@1周年 2019/12/28(土) 23:33:29.74 ID:4SD6rMrP0
>>1
中SAMは安くて性能いいしホワイトサンズで全弾命中だったからいつかはこうなると思ってたわ
あと垂直発射なのにこの絵はおかしいだろ

7: 名無しさん@1周年 2019/12/28(土) 22:10:21.80 ID:1wqFLOy40
レールガンでいいだろ。

47: 名無しさん@1周年 2019/12/28(土) 23:58:17.66 ID:596GDFmv0
>>7
防衛装備庁が研究しているレールガンはまだ実用段階じゃないからなぁ...
https://www.youtube.com/watch?v=mPUSGd8gARg


この動画の8:35秒辺り

8: 名無しさん@1周年 2019/12/28(土) 22:10:51.32 ID:IXw9358d0
NHKの誤報防止システムのほうが先に必要じゃね?

9: 名無しさん@1周年 2019/12/28(土) 22:11:30.90 ID:rgX6sCxV0
発射した瞬間に衛星レーザーで落とすしかないだろ

12: 名無しさん@1周年 2019/12/28(土) 22:15:04.52 ID:bkRlfVRz0
発射されたものを迎撃するのは非常に高度な技術開発とコストがかかります
発射準備段階、あるいはミサイルを見つけ次第破壊するのが最善の防衛システムです

14: 名無しさん@1周年 2019/12/28(土) 22:17:23.36 ID:GoIQXoRq0
配備当初から何かがオーバースペックらしくて
マニアな人達が「改良によるMD対処能力獲得を視野に入れているのでは?」
って疑っていたおぼえがある

21: 名無しさん@1周年 2019/12/28(土) 22:29:42.86 ID:mxZfJ4vo0
>>14
中SAM改は元々巡航ミサイルも対応できる

19: 名無しさん@1周年 2019/12/28(土) 22:23:52.20 ID:v3y8LaRs0
問題なのは北の新型より中露の極超音速滑空ミサイルだろ
あっちはそう簡単に撃ち落とせそうに無いと思うが
取り敢えず北の新型ミサイルに対応した上で
中露のミサイルにも対応可能かどうか見極める気なのか

23: 名無しさん@1周年 2019/12/28(土) 22:38:13.80 ID:35qUxILp0
>>19
北朝鮮を口実にしてるだけや
あと実は韓国の玄武が一番やばい

22: 名無しさん@1周年 2019/12/28(土) 22:32:07.85 ID:e4TEB1SW0
核武装が一番最速でコスト安と思います

30: 名無しさん@1周年 2019/12/28(土) 22:42:34.42 ID:/IQRSieF0
中露のミサイル技術が北朝鮮にダダ漏れだよな。

32: 名無しさん@1周年 2019/12/28(土) 22:43:48.84 ID:GarNY9vm0
迎撃が無理なら敵地に反撃できるように
ミサイル大量に保有したらいい

38: 名無しさん@1周年 2019/12/28(土) 23:22:47.52 ID:8heIlhCf0
やっちまった方が早い

41: 名無しさん@1周年 2019/12/28(土) 23:29:32.66 ID:mcfIOZvT0
技術は作り続けないと衰退する
みんな性能面に目が行きやすいが科学技術の発展に作り続けることが重要

押していただけると励みになります。

人気ブログランキング

にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ