1: 蚯蚓φ ★ 2019/12/30(月) 23:56:59.05 ID:CAP_USER
no title

▲小説<千年の花火>

檀君説話、延烏郎・細烏女(ヨノラン・セオニョ)説話、亀旨歌(クジカ)説話などを新しく解釈した小説が出た。科学的に説明できないお話や神話や伝説だけで伝わるお話に「鉄器」という時代的背景をキーワードとして古代史を再解釈したもの。

この小説の作家であるアン・ビョンホ氏は<おたあ・ジュリア>、<美しき人ルイ・デスランド>、<鉄の王国>、<韓国の話>等多様な分野の本を書いてきた。

今回発刊した作品は韓半島の製鉄技術が日本に伝来した歴史を基に書かれた。この小説で最も多くの紙面を占める部分は「延烏郎・細烏女」だ。<三国遺事>にはこの夫婦が製鉄技術者だったという明示的表現はないが、そう仮定すれば多くの部分が歴史的に合致するという説明だ。

小説<千年の花火>は製鉄業界のファイネックス工法開発初期の秘事を主な背景としている。主人公キム・ヒョノ博士は革新的な製鉄技術開発のために組まれたタスクフォースで、私たちの古代の製鉄技術に関する検討を担当することになり、日本女性ハルミとともに<三国遺事>からアイアン コードを捜し出す。

アン氏は「彼らが日本に行って突然王になった理由、彼らが日本に行った後に新羅の太陽と月が光を失うことになった理由、彼らが送っ絹を使って迎日湾で儀式を行うとすぐに新羅の太陽と月が再び回復したという話が全て一目瞭然に明白な歴史で解説される」と話した。

毎日経済(韓国語)
https://www.mk.co.kr/news/culture/view/2019/12/1096871/

2chの反応

82: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/12/31(火) 00:35:33.40 ID:xevmKx20
>>1
>日本女性ハルミとともに<三国遺事>からアイアン コードを捜し出す。

下らん歴史フィクションに日本を絡めるな、そしてダビンチコードのパクリかよw

97: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/12/31(火) 00:40:47.21 ID:O9W/LBjl
>>1
>アン氏は「彼らが日本に行って突然王になった理由、彼らが日本に行った後に新羅の太陽と月が光を失うことになった理由、

妄想が激しいな。

当時の朝鮮半島の南部(つまり現代の韓国の領域)は日本の影響の強い勢力圏であり、
任那には日本府があり、新羅、百済は日本に人質を送り、朝貢もしていたのに、
属国の民が日本にきて王になるはずないだろ。

【韓国の反応】韓国人「三国史記によると、百済と新羅はそれぞれ日本に人質を送っている。百済はなぜ日本に人質を送ったのか?新羅はなぜ日本に人質を送ったのか?」【任那日本府】
http://oboega-01.blog.jp/archives/1057066132.html

112: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/12/31(火) 00:44:54.57 ID:VVNPtLIW
>>1
日本に渡って王になりました終わり。
で続きは?
童話と同レベルなんだが?

153: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/12/31(火) 00:56:03.90 ID:r2Dwb2fz
>>1
×歴史的に合致する
○歴史的にそのほうが自分達に都合がいい

203: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/12/31(火) 01:24:38.60 ID:QWDvi70H
>>1
> 韓半島の製鉄技術

元々中国の技術だろ。W
しかも昔考えられてた程、陸続きであるアドバンテージは無い。
大抵のものが、半島に伝わったのも列島に伝わったのも
時期的にほとんど変わらんと思われる。
つまりストローですらない。

208: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/12/31(火) 01:27:24.01 ID:VAWvR51z
外から技術を持った人を己のテリトリーに入れた場合、その人をどう扱うかという問題は、サムスンが引き抜きした日本の技術者をどう扱ったか、そこに一つの答えがあるのにな

元々そこに居た人数と同じか多いくらいでその場所を制圧しない限り「王」になんかなれないよ
>>1の通りなら、サムスンはとっくに日本人がトップになってなきゃおかしいってことになるだろうに

4: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/12/31(火) 00:00:34.20 ID:CkwBWnh2
また小説が根拠かw

5: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/12/31(火) 00:02:20.12 ID:VKaeyuEt
中国に認めて貰えなきゃ王になれない国から日本に渡ってなんだって?
製鉄技術ってどんなの?

23: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/12/31(火) 00:10:38.53 ID:DSITZhYu
>>5
実は今でも製鉄技術は半島から伝わったって根拠もなく信じてる学者も多い
日本で古代からあるたたら製鉄は類似の物さえ半島にないのに不思議な話だ

91: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/12/31(火) 00:38:51.77 ID:5yFm/vKA
>>23
稲だってそうじゃん
水の中入るから暖かい地域じゃないと大変なのに
何故か寒い半島で先に栄えた事になってる

でも鉄が半島経由、は半島の方がトルコに
より近いから、ってつい信じちゃうわw
西安にあった碁盤の目の道路インフラが日本にあるのに
半島にないのとか、忘れちゃって(笑)

94: 氷水のプロ ◆.rmQHiMIZU 2019/12/31(火) 00:40:03.48 ID:LTCdi7k9
>>91
しかも長年水車も作れないほど水利が劣っていたことはガン無視。

116: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/12/31(火) 00:46:11.64 ID:5yFm/vKA
>>94
何事もガン無視してこそ、だよ

111: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/12/31(火) 00:44:50.84 ID:O0Y7pk16
>>91
日本から半島に稲の技術が渡ったというのが自然なんだよね

海の方が技術が渡りやすい

中国から朝鮮半島を通るというのは
気候的にも距離的にも無理があると
最近は言われている

北朝鮮とか凄い寒いからな

120: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/12/31(火) 00:47:08.05 ID:8IfN6ndR
>>111
確か本来の稲の北限は京都あたりなんだっけ。

152: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/12/31(火) 00:55:42.55 ID:5yFm/vKA
>>120
柑橘も20年前は神奈川あたりだったが今は
栃木でも生ってるんだっけね
茶とかは、半島だと相当厳しいだろうけど、寺が
栽培してるんかな
まぁ、茶道の起源も韓国らしいけど()

132: マジカル☆コリア ◆JPCA8kV5sE 2019/12/31(火) 00:50:59.09 ID:XCDMC07j
>>111
あと、稲の種類はシナと日本ならシナの方が多いです。
インディカ米は日本には無い。
ところが朝鮮にある米は「日本にある米」の種類しかなくて。
中国から渡ったのならもっと種類多いと思うんですが。
フシギダナー(棒

146: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/12/31(火) 00:53:41.24 ID:Y6FJiX2v
>>111
そもそも古代中国の主食は(韓信の漢での最初の役職が治粟都尉、というように)粟で、華北はそれに加えて麦で、コメ食ってたのって江南のほうだしなぁ…。
江南から渡るなら、朝鮮半島は遠回りすぎるんだよね。
コメがとれない華北・東北エリアをはるばる通って伝播するよりも、江南から島嶼沿いに伝わり、九州から対馬海峡渡って朝鮮に伝播したというほうが腑に落ちる。

161: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/12/31(火) 00:58:29.94 ID:vq+AgIGP
>>146
むかしの教科書に出ていた稲作の伝播経路とか、中国の東端まで行ってから海沿いに北上して、そこから朝鮮半島を
通って日本へという無理矢理なルートだったからな。

119: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/12/31(火) 00:46:36.22 ID:vq+AgIGP
>>91
中国の方が文明が進んでいた→朝鮮半島の方が中国に近い→朝鮮から伝わったに違いない
何でも先ずはこれを前提にしてたからな。

171: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/12/31(火) 01:05:14.86 ID:Df/Ui+Vt
>>91
20年以上前稲作半島から渡来説は大物考古学者(爺さんども)が頑なに主張してたな。
若手が朝鮮半島に水田遺跡が出てないことに疑問を挙げてたが、大っぴらには言えてなかった。
そこへ、考古学のしがらみのない植物学者がDNA分析からあっさり半島渡来説否定。
今はかわってんのかな?

10: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/12/31(火) 00:04:37.81 ID:z63njxEH
三国史記の方では新羅の初代王のころから一方的に倭に攻められっぱなしで
倭に渡って王になる余裕なんか全くないんだが
こいつは読んでなさそうだな

15: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/12/31(火) 00:06:20.49 ID:cSG0Hktf
>『三国遺事』(さんごくいじ)は、13世紀末に高麗の高僧一然(1206年?-?1289年)によって書かれた私撰の史書。大部分の撰述の時期は1270年代後半から1280年代中頃である。

>朝鮮半島における現存最古の史書である『三国史記』(1145年完成)に次ぐ古文献ではあるが、由来の怪しい古書を引用するなど、史書としての問題点は少なくない。

半島から多くの文明が日本に伝わって~とかいいながら、半島に現存する最古の文献が1145年っていうアホさ加減
まさに妄想と捏造のファンタジーワールド

28: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/12/31(火) 00:13:45.10 ID:Xsc9jlT7
>>15
2000年代に素人が書いた私的な文章が古代史を語る史料になりえる国だから、
13世紀の書物なら十分に古いんだろうね。

16: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/12/31(火) 00:06:41.96 ID:NTHhdQI0
.
相変わらず、歴史(事実)と小説(フィクション)の区別がついていない。
あの民族の欠陥の一つである。

27: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/12/31(火) 00:13:25.78 ID:Y6FJiX2v
ふーん、では、新羅金氏の祖となった倭人、瓠公についてはどう思うのかね?
こっちは三国史記という歴史書に書いてあるわけだけど。

32: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/12/31(火) 00:16:28.16 ID:d2+jOEqh
言葉が通じないってことをわかってないんだよな。
何言ってるのかわからない奴はそもそも相手にされないだろ。

34: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/12/31(火) 00:17:03.25 ID:DvtnMMRd
><三国遺事>にはこの夫婦が製鉄技術者だったという明示的表現はないが、

無いものは無いんですよ。

押していただけると励みになります。

人気ブログランキング

にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ