2017年6月15日、現地メディアによると、マニラのケソンシティとパサイシティを結ぶ鉄道、MRT-3の故障が多く、乗客を降ろす重大な故障が今月も頻発しており、正常運転を行うのは不可能な状態にまで劣化している。

 ピーク時に運行本数を減らし、速度制限(時速40~60→20kmへ)を行い長蛇の列ができた。代替バス80台を用意し、朝夕のピーク時(7時~8時、17時~19時)の利用を呼びかけた。電車の車両、線路両方に劣化があり、通常の速度で運行した場合、脱線の重大事故に繋がる恐れがある。利用者からは、メンテナンスを行う韓国の企業連合への非難の声が大きくなっている。

 
この路線は、三菱重工や住友商事が建設に携わり、2012年10月までは、三菱重工交通機器エンジニアリングのフィリピン法人がメンテナンスを行っており、正常に運行されていた。

 現在は、韓国の企業連合がメンテナンスを行っており、電車の運行に大きな支障が出ている。昨年は586回重大な故障がおきており、価格の安さで韓国の企業連合を選択したことのミスが指摘され、契約の見直しを検討している。

 韓国の鉄道事情に詳しい専門家は「韓国の鉄道技術は、世界的に評価が低く、信頼性は皆無です。韓国国内でも空港とソウルを結ぶ新線で、故障が相次ぎました。韓国系企業に入札を許可すること自体が、間違いです」と話す。

 韓国の釜山交通公社など5社の企業連合が、2016年1月8日から、メンテナンスを行っている。

グローバルニュースアジア
http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=4403&&country=12&&p=2

これは酷すぎますね。1日に2回も重大事故って、何のためのメンテナンスやら。韓国企業が作ったパラオの橋が数年後壊れたり等色々やらかしてますから、韓国企業に建設やメンテナンスを依頼するのは自殺行為ですね。

2chの反応

>>価格の安さで韓国の企業連合を選択したことのミスが指摘され、契約の見直しを検討している

発展途上国は、何度韓国や中国に騙されたら学習するのかね
バカバカしい

>ああ、韓国と競わせて安値であげるつもりが、本命日本が降りちゃった訳ね…
フィリピンらしい、安物買いの銭失いw

>>韓国の釜山交通公社など5社の企業連合が、2016年1月8日から、メンテナンスを行っている。

1年半でボロボロにしたのか

>そもそも他国がかかわった物を韓国がメンテするのに無理がある

>保守部品を交換しないんだからそらボロボロになるの当たり前。

>韓国人は嘘つきだろ?
だから、こんな問題も過去に発生している。

ウクライナ、韓国ヒュンダイ製列車を導入⇒全面運行中断していた事が判明!

>HRCS2は保守うんぬんの程度じゃない
内陸国に暖地向けの列車を納めたから
もっとヒドい話だよ

>日本も電動バスが火を噴いたことがあって、事故調査の過程で、韓国製電池を採用していたことがわかった。  無知なのか、思想偏向なのか知らんが、韓国を選択してしまう有害人物は日本にもいる。

>日本企業が構築したインフラのメンテを韓国企業に任せる?
担当者が袖の下つかまされたのか安さに目が眩んだのか知らんが、マジバカだろ

>単純計算で一日二回は重大な故障出てるとか想像もつかない事態だな

>ウクライナで大失態して非難轟々なのに、韓国に頼むフィリピンがアホ。
どうせ役人が賄賂つかまされたんだろうけど。

>つかMRT3号線って、日本が建設してメンテしてる「13年間」、特にトラブルはなかったぞ。

押していただけると励みになります。

人気ブログランキング