新型空母「ジェラルド・R・フォード」
ドナルド・トランプ米大統領は22日、バージニア州のノーフォーク海軍基地で行われた次世代型新空母「ジェラルド・R・フォード」の就役式に出席した。トランプ氏にとっては政局のいざこざが渦巻く首都ワシントンを離れ、つかの間の息抜きとなったようだ。

 故ジェラルド・フォード(Gerald R. Ford)第38代米大統領にちなんで名付けられた「ジェラルド・R・フォード」は、耐用年数50年を迎えるニミッツ級に代わる空母として総工費129億ドル(約1兆4000億円)をかけて建造された。次世代型では初の超大型空母で、議会の承認を経て米国が保有する11隻目の空母となる。

 式典では21発の祝砲や星条旗掲揚が行われ、トランプ大統領は「米国の鋼鉄と米国人の手によって世界に向けた10万トン級のメッセージが造られた。米国の力は唯一無二のものだ。私の政権下でわれわれはは日増しにより大きく、より優秀に、より強くなっている」と演説した。 



「海に浮かぶ都市」との異名を持つ「フォード」の全長は333メートル、乗員数は4460人で、新型原子炉2基を搭載。フォード級原子力空母では1番艦となるため各種試験を経て2020年の完全就役、2022年の実戦配備を目指している。

 フォード級空母では現在、2番艦となる「ジョン・F・ケネディ」が建造中。米海軍は2031年までに空母12隻態勢を目指すとしており、トランプ大統領も海軍艦艇を増強したいと語っている。一方、トランプ氏はかつて「フォード」の建造費が予算超過に陥った際には同空母への予算増額を批判していた。

APF

http://www.afpbb.com/articles/-/3136706


12隻体制とはすごいですが、費用もかかる。そう考えるとアメリカはすごい。日本の場合は空母より、潜水艦、戦闘機、護衛艦を充実させた方がいいです。

掲示板の反応

>船体価格1兆4千億!
これに艦載機70機で、1機平均100億としたら7000億!
トータル2兆1千億!!
これは日本の年間防衛費の40%にあたる。

ただし、空母にはイージス艦数隻に潜水艦もつくから、いったい幾らになる事やら。

これをアメリカは11隻保有しているし、定期的にやってくる核燃料棒の交換や年間維持費を考えたら、天文学的数字となるだろう。

国力とは、経済力と軍事力と言われるが、年間防衛費5兆と60兆の違いをまざまざと見せつけられた。

ただし、社会保障費を考えたら、致し方ない面もある。
あちらは、オバマケアを廃止しようとしているし。


建造費の額も相当なもんだが、見た目の大きさもやっぱ迫力が違う。

同じ”新型”でも、中国ご自慢のアレとは全く比べ物にならんな。
まっ、当然だけど。


電磁カタパルトに興味津々。

アメリカの退役空母を譲り受け、リフォームし、アメリカ軍に運用してもらったらいい!北海道にロシア用、日本海に北朝鮮用、東シナ海に中国用として常時、周辺海域でにらみをきかせてもらう。このアイデアピンチの稲田さん使ってみたら!

海上自衛隊に空母は不要。
45000トン級空母1隻で8000億円。F-35を40機積んで6000億円。空母部隊を運用するにはローテーションの関係で最低でも3隻必要だから、合計4兆円以上!

日本が空母を必要とする理由は?
・離島防衛
→尖閣も竹島も空自の行動圏内。航続力は空中給油機で解決。空自の戦力を40機増やすだけで空母1隻と同じ効果を得られる。
・艦隊戦
→日本近海でしか行動しない海自は空自のエアカバーが受けられる。つまり空自の戦力を40機(以下略)
・シーレーン防御
一日数百隻の商船を護衛すること自体不可能。そもそも敵の航空機や潜水艦の脅威なら、イージス艦や潜水艦で事足りる。空母である必要なし。


空母3隻持つより、艦載機分は空自機に充て、建造費はイージス艦や潜水艦に充てるべき。
これだけで戦闘機120機、イージス艦追加12隻、潜水艦追加6隻保有可能。

日本に空母は無駄。不要。


押していただけると励みになります。

人気ブログランキング