1: すらいむ ★ 2022/03/07(月) 20:15:27.60 ID:CAP_USER
新型ロケット、設計変更検討を
H3、政府委員がJAXAに

 日本の新型主力ロケット「H3」が発射延期を繰り返すなど開発が遅れている問題で、早期に完成させるために大幅な設計変更も検討するよう、政府宇宙政策委員会の複数の委員が宇宙航空研究開発機構(JAXA)に求めたことが6日、関係者への取材で分かった。
 仮に設計変更で性能がある程度低下しても、やむを得ないとしている。
 JAXAがこれまで開発状況を十分に報告してこなかった点も問題とした。

(以下略)

共同通信 2022/3/6 21:20
https://nordot.app/873177346320433152?c=113147194022725109

2chの反応

4: 名無しのひみつ 2022/03/07(月) 20:22:21.58 ID:/bCT58LG
>>1
設計変更でいよいよ日本も各配備に向けて動き出すかー

24: 名無しのひみつ 2022/03/07(月) 20:58:51.54 ID:QtB4hIBc
>>1
対処療法でちょこちょこ直しても無駄無駄って専門家は一からやり直せと死刑宣告を打ち出した
根本が間違ってると珍しく厳しいことをいいだしたな
そこまで失敗作だったのかH3

26: 名無しのひみつ 2022/03/07(月) 21:00:33.35 ID:0SWje8TO
>>1
設計変更→偶然核弾頭が積める設計に

56: 名無しのひみつ 2022/03/07(月) 23:05:46.12 ID:au6uPaGh
>>1
トール・ハンマーにするんだな。
いい話だな。

17: 名無しのひみつ 2022/03/07(月) 20:43:15.39 ID:T6Az1ImR
H2Aに比して出力も落ちてるんだろ?
コストは下がったとしても問題もあるようだし

69: 名無しのひみつ 2022/03/08(火) 00:45:48.37 ID:0dyAzuum
>>17
H-IIAよりデカくなってるよ

21: 名無しのひみつ 2022/03/07(月) 20:53:23.64 ID:XHkqFPJN
『仮に設計変更で性能がある程度低下しても、やむを得ないとしている。
JAXAがこれまで開発状況を十分に報告してこなかった点も問題とした。 』
を見たんですけど、
コンピュータでの設計がまずいのかなと思いました。
 
やはり、職人技での経験と知識をもとに設計をしないとダメではと思いました。
 


 

27: 名無しのひみつ 2022/03/07(月) 21:01:00.62 ID:QtB4hIBc
>>21
いやコンピュータでやったのが失敗作
CADで図面引いて仮想空間で実験してOKをだしたが
熱やら振動やらの問題はそのあとで一気に吹き出した
家電ではたまにある設計をCADで引いてあとでまずいを気づくケース

34: 名無しのひみつ 2022/03/07(月) 21:25:59.51 ID:XHkqFPJN
>>27
コンピュータの設計でやった部分を
材料から確認しながらやり直すと3年程かかりますね。
それから、設計のやり直しで、開発費がかなりかかるとなると、
1機当たりの製造コストにも影響するので、
LE7エンジンの改良型でのクラスタにするしかないと思います。

25: 名無しのひみつ 2022/03/07(月) 21:00:22.27 ID:ixKK75+a
低コスト化の為に理論上怪しそうな手法取ってやっぱりダメ臭いとなってしまった

38: 名無しのひみつ 2022/03/07(月) 21:45:52.67 ID:Jn47EnSX
致命的な欠陥でも見つかったんだろうか

39: 名無しのひみつ 2022/03/07(月) 21:49:07.75 ID:qix/MwyJ
>>38
エンジンがヤバい

H3ロケット打ち上げ再延期の陰に、主エンジンが抱える振動問題
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01540/00029/

45: 名無しのひみつ 2022/03/07(月) 22:08:18.05 ID:Jn47EnSX
>>39
振動なのか。
H2の開発話にもそんなのあったような。
燃料をクッションにするとかホイールの重量バランスを変えるとか
逆の振動波で相殺するとか、対策はいろいろあるんだろうけど、
そういう試みがうまくいってない訳ね。

53: 名無しのひみつ 2022/03/07(月) 22:38:56.39 ID:ixKK75+a
>>45
多分何とかなる
何とかならんかった

48: 名無しのひみつ 2022/03/07(月) 22:14:57.18 ID:XHkqFPJN
>>39
20年5月に実施した燃焼試験では、
[1]燃焼室内壁に亀裂が発生、
[2]液体水素ターボポンプのタービン動翼に疲労による亀裂が発生——という2つのトラブルに見舞われた。
このトラブル解決とそれに伴う設計変更のために、初号機打ち上げを20年度末から21年度末に1年延期した。
 
この延期決定後1年で、
[1]は解決のめどが立った。
[2]は設計を変更したポンプを装着したエンジン燃焼試験によって、
疲労を起こした振動に関しては解決できたものの、
新たに流体力学的な圧力・流量の変動とタービンディスクの変形振動が連成して起きるフラッター現象*が発生すると確認された。
タービンは2つのタービンディスクを持つ2段式だが、問題が発生したのは上流の第1段タービンディスクだ。
 
液体水素ターボポンプのトラブル対策と併せて設計変更した液体酸素ターボポンプでは、ポンプ単体の運転試験で、タービン入り口部の流れの不均一に起因すると思われる新たな振動が確認された。
 
 JAXAは、これら新たに確認できた問題点を解決するため、H3初号機の打ち上げは期間を定めずに延期する。

42: 名無しのひみつ 2022/03/07(月) 22:03:21.43 ID:UW9zQaBp
大幅な設計変更を要求してるのは設計ミスが判明したからでは?

44: 名無しのひみつ 2022/03/07(月) 22:06:37.46 ID:XHkqFPJN
>>42
開発しているエンジンには
オーバーテクノロジーが必要だからです。

70: 名無しのひみつ 2022/03/08(火) 00:47:33.07 ID:EM9UqpsO
イプシロンはまだ止められてるの?

71: 名無しのひみつ 2022/03/08(火) 00:51:51.31 ID:jSsdmtWh
>大型のエンジンを作る際、パワーを上げるためにエンジンの燃焼室の大きさを2倍にすると面積は4倍、体積は8倍になります。
>つまり8倍の量のガスがあるにも関わらず冷却面積は4倍にしかならないため、大きくすればするほど相対的に吸熱量が低下してしまうのです。
>多くの研究ではエキスパンダーサイクルの限界は100t~200t程度とされており、LE-9はほぼこの限界ギリギリの150tに挑んでいる非常に野心的なエンジンなのです。

二乗三乗の法則で大型化には不向きだった模様
今からでもメタンエンジンの再利用型H4作った方が良いんでね?

押していただけると励みになります。

人気ブログランキング

にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村