バルト海

バルト3国のひとつエストニアの領空に1日午前、隣国ロシアの軍用機3機が接近した。これに対し北大西洋条約機構(NATO)は戦闘機を緊急発進させて領空侵犯を防いだ。NATOの報道担当者がCNNに明らかにした。

緊急発進はNATOによるバルト3国領空警備の任務に就いているスペインの戦闘機2機が、エストニア国内の基地から行ったという。

エストニア領空へ接近したのはロシア製のミグ31迎撃戦闘機2機と、AN26輸送機だったことが判明した。

エストニアではこの前日、米国から訪れたペンス副大統領が、バルト3国に対するロシアの脅威に言及。米国はNATO条約に規定された集団的自衛権の下、これに対抗すると改めて表明していた。


同担当者によると、スペイン軍の2機に続き、NATO非加盟国のフィンランドからも複数の軍用機が緊急発進した。引き継ぎの際にスペイン軍機が誤ってフィンランド領空に入ったため、NATO航空司令部がフィンランドの管制に説明し、フィンランド側もこれを確認したとみられる。

NATOのストルテンベルグ事務総長は先月開催された「NATOロシア理事会」の後、バルト海周辺で航空活動が活発化していると指摘したうえで、領空侵犯の防止は大半が安全に実行されていると強調していた。

CNN
https://www.cnn.co.jp/world/35105179.html

ロシアの示威行為ですね。バルト海で露中の海軍合同訓練も行いましたし、NATOに対する牽制でしょう。

掲示板の反応

レッドチームはよく主権侵害だとか言ってるのに中国とかロシアはよく日本の領空領海侵犯してますよね?矛盾してます。

さすが共産主義国家。やりたい放題。

ロシアと中国はやることがそっくりやな。

ペンス発言への趣返し。

ロシアの立場からすれば、バルト三国にしろジョージア(グルジア)にしろ、嘗てはすべてソ連の一部だったのにという思いが強いだろう。

ロシア(ソ連)はナポレオン、ヒトラーによる侵略のPTSDから防衛的な国家だと思う。ただその防衛本能が強すぎてできるだけ自国から遠くで守り、間に緩衝地帯を置こうとしてきた。従って、西側にはそれが侵略的と見做される。


ロシアも中国も国のトップの色がこういう所に出るな。

ロシア、中国、北朝鮮は変わらんな。

押していただけると励みになります。

人気ブログランキング