グアム
北大西洋条約機構(NATO)加盟国には、憲章に則ると、太平洋にある米国領土であるが正式には攻撃されたとき援助の対象にならないグアム島を守る義務がない。


NATOの代表は、同盟国支援に関する領土的制限に言及した。ドイツの公的国際放送「ドイチェ・ヴェレ」のラジオが報じた。

NATO憲章第5条には、欧州又は北米における締約国に対する武力攻撃を全締約国に対する攻撃とみなすとある。しかし第6条には、第5条の対象として、欧州ないし北米の締約国の領域、フランス領アルジェリアの諸県、トルコの領土、北回帰線以北の北大西洋地域における締約国の管轄下にある島が挙げられている。グアムはこの領域外だとNATOは説明する。


このため、北朝鮮によるグアム島攻撃の際にNATOが島を守るか否かは、純粋に政治的な決定になる。しかしNATO筋は、締約国が米国援助を断ることはないだろうと指摘する。


スプートニク
https://jp.sputniknews.com/asia/201708123981802/

NATO自身が防衛することはないでしょう。英仏海軍が参加することはあっても。アメリカ単独で防衛できるでしょう。

押していただけると励みになります。

人気ブログランキング