1: 昆虫図鑑 ★ 2023/11/26(日) 08:54:56.00 ID:Wlpo9j9t
韓国人の被害者意識の歴史認識

 今回韓国を旅行して違和感を覚えたのは韓国における特異な歴史考察の視点である。歴史的出来事を考察するときに被害者的立場から考察・分析するのである。歴史的出来事を当時の世界情勢から分析するとか、客観的な第三者の立場で考察するのではなく、“被害を受けた当事者”として歴史を再構築するのだ。

 日本による朝鮮の植民地支配については、当時のアジアを分割支配しようとする欧米列強の帝国主義という世界の趨勢には焦点を当てず、専ら日本の朝鮮統合に至るプロセスを不当・不法と断じる。そして日本の植民地支配がどれだけ酷く惨いものであったか被害者としての立場から朝鮮近代史を語るのである。

 朝鮮戦争については東西冷戦のなかで米ソの対立により引き起こされた代理戦争であり、その結果朝鮮民族は分断されたという言説は数多の韓国人から聞いた。そして漁夫の利で大儲けしたのが日本であると必ず付言する。

秀吉の朝鮮侵略だけを調査する歴史研究所

 7月27日午前。全羅北道の南原ナムウォンを見て回った。最初に南原城址へ。この城を拠点に朝鮮軍・明軍及び地元義勇兵が秀吉軍を迎え撃ったが多大な犠牲者を出して敗退。次に犠牲者を祀った万人義塚へ。広大な敷地に博物館のような建物が博物館ではなく文禄・慶長の役について調査・研究している歴史研究所であった。

 研究室に入ると英語を話せる女性職員が対応してくれた。研究所では9人の専門家が文禄・慶長の役について研究しており彼女は助手として資料の整理などをしているという。秀吉の朝鮮出兵だけを扱う歴史研究所があることにいささか驚いた。

秀吉の朝鮮出兵の今日的な研究課題とは?
 歴史研究所は政府系財団により運営されている。研究テーマは例えば秀吉軍の侵略前と侵略後の農業生産高を推計して経済的にどれだけ被害を受けて回復にどれだけ時間がかかったとか。

 秀吉軍の悪行・蛮行についての研究も重要テーマらしい。例えば侵略した日本軍が戦功を証明するために倒した将兵の耳や鼻を切り取って塩漬けにして日本へ送ったことは日本側の資料でも確認されている。さらに戦功を水増しするため日本の侍は生きている農民の耳や鼻を削いで日本に送ったため日本軍が侵略した地域では耳や鼻がない農民だらけであったということが韓国側の調査で明らかになったようだ。

(略)

韓国にとり今でも日本は潜在敵国?

 韓国で市民の意識調査や世論調査をすると現在でも日本は北朝鮮に次いで二番目の潜在敵国という調査結果である。今回の韓国旅行中に韓国人に北朝鮮について聞いた限りでは北朝鮮を喫緊の脅威と感じている人はほぼ皆無であった。むしろ「北朝鮮は経済的に破綻寸前だから韓国を攻める余裕はない」「北朝鮮の核開発・ミサイル開発は米国を対象としたもので韓国を狙っているものではない」というような意見が多かった。

 日本に関しては「日本は軍事力を増強している」として基本的に日本を警戒している意見が過半だった。そしてTVニュースを見ていて気になったのが軍事面での「韓米協力」「韓米日の緊密な連携」というようなフレーズは頻繁に登場するが、「韓日協力」というフレーズは皆無であった。

韓国ではヒデヨシは残虐の代名詞、対日警戒論の源流は秀吉の朝鮮侵略
 大日本帝国が朝鮮を統合して植民地支配したことは日本人の誰でも認識しており、現在でも韓国人が怒っていることを日本人は理解している。ところが秀吉の朝鮮侵略について日本人は“歴史の教科書に書いてあった”くらいの認識ではないだろうか。

 韓国人にとり“秀吉の朝鮮侵略”は“大日本帝国の植民地支配”と同様に1000年経っても恨み骨髄の大凶厄災なのである。35年ほど前にソウルの財閥企業本社で商談相手の部長がソウルタワーのある丘陵地帯を指して「秀吉の侵略ですべて焼かれて未だに禿山のままです」と雑談で話していたことを思い出す。9年前に韓国を自転車旅行したときも「韓国で河川の氾濫や洪水が多いのは秀吉によって森林が全滅したからです」と水資源公社のダム管理者から聞いたことがある。両方とも科学的にはあり得ないことだが、ネガティブなことを何でも秀吉軍の侵略に結びつけるのは韓国では珍しくない。

 そしてキリスト教徒の多い韓国でしばしば耳にするのが「秀吉は長崎で26人の宣教師・キリスト教徒を磔にした(26聖人殉教)。秀吉は神をも恐れぬ極悪非道の悪魔だ」という秀吉の人物評である。韓国で最も嫌われている日本人は豊臣秀吉であることは間違いないだろう。

https://wedge.ismedia.jp/articles/-/32207

2chの反応

2: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2023/11/26(日) 08:57:11.89 ID:Q8A/0q1C
いや
ただのビジネス
ただの詐欺

4: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2023/11/26(日) 09:00:46.39 ID:AEp8dsvF
単なるコンプレックス。
万年属国DNAの為せる技。
中華思想と華夷秩序の中でしか自我を保てない下賤で愚劣な民族。
自己肯定感が低く承認欲求が強い。

8: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2023/11/26(日) 09:05:28.58 ID:R9XyGlse
もうお笑いよ

9: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2023/11/26(日) 09:08:39.32 ID:KTD7fvCn
おいおい李舜臣で大勝利の設定どこ行ったんだよ

11: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2023/11/26(日) 09:10:52.13 ID:Fw89Wkvo
じゃ元寇の謝罪と賠償をしろよさっさと

12: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2023/11/26(日) 09:13:59.16 ID:ll1T8g0w
有史以来ずっと中国人、モンゴル人、満州人に征服されて奴隷になってたのを忘れてるんだから
近代になって洗脳教育で作られた被害者意識に過ぎない

17: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2023/11/26(日) 09:18:24.85 ID:+19CuaC8
違うだろ。被害者意識の根源は、神功皇后の三韓征伐だよ。好太王の碑ってのが最高の国宝にされてるしな(失笑

31: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2023/11/26(日) 09:34:42.45 ID:GI5t16xW
>>17
広開土王(好太王)碑は中国にあるよ
あんなもんが韓国側にあったら真っ先に改竄もしくは破壊されてるだろう

18: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2023/11/26(日) 09:19:07.75 ID:Dc/tfbgB
秀吉が山に火を付けて禿山になったとしてもすぐ植林しろよ何年経ってんだ 本当バカチョンwww

19: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2023/11/26(日) 09:20:32.84 ID:wiQrmPHt
秀吉の時代から禿山ほったらかしかいw

20: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2023/11/26(日) 09:22:48.68 ID:l17osrRU
時空太閤HIDEYOSHI

22: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2023/11/26(日) 09:24:59.69 ID:D/k3Kn4n
>>1
安心して下さい。日本人も朝鮮人が大嫌いです ( ^ω^ )

23: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2023/11/26(日) 09:25:34.05 ID:s7yZzjRC
秀吉がすべてを奪ったせいで剥奪感という
オモシロワード産まれたからな

25: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2023/11/26(日) 09:26:16.63 ID:yb9FB9Hp
日本が国際社会にその存在感を示しつつあった時代に
なにもできず指咥えて見てただけ
隣国同士なのに同じ時代をこうも差がある歴史を歩んできたことに
今になって逆切れ

26: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2023/11/26(日) 09:27:18.03 ID:Mfnz+NVP
だから何度も言わすなよwこんなの「元寇は?」で終わる話ww
お前らの方が早く侵略戦争を仕掛けてきやがったんだから笑
日本は強いから侵略者をブチ○して侵略されなかったというだけのこと

29: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2023/11/26(日) 09:32:55.77 ID:fLYowXFy
金になるからやってるだけ

36: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2023/11/26(日) 09:41:42.34 ID:4OTt8S3N
イザベラ・バード 朝鮮紀行
釜山の印象
釜山に上陸したバードは、高台にある外国人居留地の周りの杉林が
1592年からの文禄・慶長の役の際に豊臣秀吉日本軍による植林によるものと記し、また釜山の旧市街が同じく文禄・慶長の役の占領の際に、
日本人によって手がけられたと記している
(「砦はとても古いものの、中の市街は三世紀前の構想に沿って
日本人の手によって近代化されている」)。

秀吉軍にも世話になってるな。

38: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2023/11/26(日) 09:44:13.03 ID:Tb2Y4Jow
設定に組み込むことで都合よいホルホルストーリーが作れるだけ

押していただけると励みになります。

人気ブログランキング

にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村