スリランカの最大都市コロンボ近郊で26日、国連(UN)がイスラム系少数民族ロヒンギャの難民のために用意した保護施設を過激な仏教僧らの集団が襲撃する事件が発生した。当局はロヒンギャ難民の移動を余儀なくされている。

 地元警察によると、サフラン色の僧衣を着た仏教僧らが率いる暴徒は、首都近郊のマウントラビニアにある保護施設の門を破壊して建物内に侵入。1階にあった家具をめちゃくちゃに破壊した。投石も行われ、おびえたロヒンギャ難民らは上層階に避難したという。

 この事件で警察官2人が負傷。施設内には子ども16人を含むロヒンギャ難民31人がいたが、死傷者は確認されていない。

 

保護施設に侵入した仏教僧の一人は、自身が率いる過激派組織「シンハラ国民軍」が撮影した動画をSNSに投稿し、施設内にいた難民を「ミャンマーで仏教僧を殺害したロヒンギャのテロリストだ」と非難。組織への参加と保護施設の破壊を呼び掛けた。

 ロヒンギャ難民31人は約5か月前、スリランカ北方沖を船で漂流していたところを同国海軍によって発見・救助されていた。密入国請負業者の被害者とみられている。

AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3144489


難民達は別に犯罪を犯したのでは無く、静かに暮らしていたのに、一方的に家屋を破壊するとはテロリストでは無いか。


2chの反応

上座部(タイ・ミャンマー・スリランカ)の僧侶の戒律はとても厳しくて人に危害を加えたり殺したら破戒になって、僧侶の戒律を破ると思うのですが、、、僧侶の服を着ているだけなのかな。仏教の指導者たちは何も言わないのでしょうか

仏教徒がそんな野蛮な事をしたの?
まさか本気でテロリストだと断言して暴力に訴えたの?
宗教的に許せないかもしれないけれども、その場にいた31人は疑いようのない悪人だと断言はできないでしょう。
人間としてスリランカ国民として仏教徒として恥ずべき行為です。
同じ宗派の信徒の名を貶めるとは考えもしなかったのでしょうか?


上座部仏教の僧侶の行為とは思えない。
チベットで起きたことと似ている。
背後には軍部。さらにその背後には・・・。


こういう記事を読むと、かつて日本で、ノブナガが焼き討ちしたのも分かる気がしますよね。

相手が何を信仰していようが排斥することも、襲撃することもないのに。真の宗教ならばなぜ寛容になれないのだろう。

大昔の日本にも僧兵と言うのが居たし、欧州にも騎士修道会とか。
人を救済するはずの宗教が何やってるんだか。


過激な僧侶ではなくテロリストが袈裟を着ているだけ。

報復なんて仏教の教えに反する行為なのでは。
僧侶なんて言ってもただのならず者だね。


この漂流難民が僧侶らに実害を及ぼした訳でもなかろうに、これではただの袋叩きに過ぎない。弱い者いじめには嫌悪感しか出てこない。

憎しみという俗物に囚われている時点でもはや仏教をかたる資格はないね

押していただけると励みになります。


人気ブログランキング