もし米朝開戦となっても、米軍の兵員不足が不利を招きかねない
  装備は90%の準備状況だが、陸軍の兵力不足が深刻
****************************************

 トランプ政権になって米軍はポーランド、バルト三国に4200名が増派され、九月にはアフガニスタンへ4500名が追加派遣された。トランプは渋々、マティス国防長官の進言にしたがった。
 海外拠点にはジブチ、バーレン、UAE、ディエゴガルシア、沖縄、グアム他。くわえて在韓米軍と在日米軍。十万以上の陸海空兵士と海兵隊が常駐している。

 海軍は最近も駆逐艦マケイン、フィッツフェラルドの悲劇的な事故が起こり、修理に半年はかかるから兵力の欠陥があり、くわえて潜水艦ばかりか海軍の勤務は一年。下船後は半年の休暇となって、このローテーションが常に兵力の補完を必要とする。

 総合的にみても、米軍は冷戦以後、三分の一以下の規模に縮小されており、しかも、冷戦後も十五年間、間断なくアフガニスタン、イラクと闘って兵力を消耗した。年間6000億ドルの巨額を国防費に回しながら、戦果は思わしくなかった。この米軍の疲労をじっと待っていたのが中国とロシアだった。

 装備は90%の充足があるとされるが、たとえばB52からB1爆撃機への交替も円滑にはかどっておらず、陸軍でも武装ヘリが不足している。
 陸軍は海外で五個旅団が展開中、あたらしい戦場に回せる戦闘旅団は寄せ集めになる怖れがある。

 そして米軍では戦死者への慰謝料にくわえて未亡人への年金保障と遺児があれば、大学卒業までの学費免除などが付帯し、凄まじい予算が、戦争のたびに出費される。だからペンタゴンは北朝鮮との開戦に慎重なのである。

宮崎正弘の国際ニュース・早読み
http://melma.com/backnumber_45206_6594715/

こうなると、よっぽどアメリカ本土にとって危機的状況にならないと、北朝鮮への軍事攻撃はないということですね。

していただけると励みになります。