エジプト北東部シナイ半島で起きたテロは、犯行手口から周到に準備した形跡がうかがえ、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)傘下の武装勢力「シナイ州」によるテロとの見方が有力視されている。シリアとイラクでの壊滅が近づく中、ISの関連組織がシナイ半島を新たな中心拠点にすべく、動き始めた可能性も否定できない。

 テロが起きたのはイスラム教の神秘主義(スーフィズム)の信徒も訪れるモスク(礼拝所)だった。犯行グループは判明していないが、スーフィズムを異端視するISはインターネット上で約1年前、シナイ半島のスーフィズム信徒とされる2人の首を切断する映像を公開し、攻撃する姿勢を示していた。

 エジプトでは2013年、軍のクーデターでイスラム原理主義組織「ムスリム同胞団」主導の政権が崩壊し、シナイ半島ではそれ以降、イスラム過激派による軍や警察への攻撃が活発化。もともとは遊牧を生業としてきた部族が多く、中央政府の統治が行き届かない地域だけに、ISなどが勢力を広げる「次のターゲット」に選んでも不思議はない。

 エジプトは人口の9割をイスラム教徒が占めるとされ、犯行グループにはモスクを狙うことで国民の不安をあおる狙いもうかがえる。また、ISがシリアとイラクで追い詰められる中、大規模なテロを起こすことによって過激思想への共鳴者らを鼓舞する意図があることも間違いない。

産経新聞
http://www.sankei.com/world/news/171125/wor1711250029-n1.html
掲示板の反応

怖いのは手負いになって追い込まれたI Sの暴走。

やはり独裁者であってもムラバク大統領を失脚させたのは間違いだったな!ムラバクは冷酷で残忍ではあったのだろうけど、自己中しかいないエジプトのアラブ人社会力ずくであっても上手くコントロール出来たのはムラバクだ。やはりムラバクは優秀な政治家であったね。

そういった意味ではフセインも同じ事が言えたな。
「必要悪」ってのは存在するモンだ。


今度はシナイ半島か。エジプトの一角だが、隣国はイスラエルだ。イスラエルも巻き込むつもりだろう。いやな地域を拠点としたなあ。ますます、複雑な戦争になるかもしれないなあ。

エジプト軍は今こそISを根絶やしにして欲しい。

ISISは特定の人たちが指揮してるのじゃなくて、ムスリム世界で、欧米の覇権主義に対して、反感を持ってる人たちが多いから、自然発生的にまた、立ち上がってくるので、部分的に武力鎮圧しても、根絶することが、原理的にできない。 

>>ISなどが勢力を広げる「次のターゲット」に選んでも不思議はない。
これは違う。
ISがエジプトに進出したわけではなくて、元々あった武装勢力がISに共鳴したんだよ。
イラクやシリアのISが何かやったってことではない。


イラク・シリア方面のISが壊滅したことで、ひと段落かと思いきや、この有様。まだしばらくISの脅威は続くようですね。

シナイ半島なんかに作ったら、エジプトはもちろんイスラエルが黙ってないと思うけど、それが狙いなのかね?

分かってるんなら即潰さないと…
しっかりと拠点になってからだと面倒だし犠牲も計り知れないぞ!
徹底的に潰してISの痕跡も残してもらいたくない…
アルカイダではビンラディンの息子が指導者と担ぎ上げられ始めてるようい、IS関係者は女も子供も関係なく容赦なく潰せ!
奴らは一切容赦しないし国も地域も選ばずにテロを起こしてるんだから!


シリア、イラクで人質がいるのに街の奪還がやけに早いと思ってたら
戦闘員と合意してバスを用意し国外へ逃がしてたらしいからな
もう何が起こるかわからんよ


押していただくと励みになります。