1: みつを ★ 2018/02/17(土) 18:46:33.88 ID:CAP_USER9

2018.02.17 Sat posted at 11:30 JST
(CNN) 冷戦時代にソビエト連邦が米国のスペースシャトルに対抗して製造した宇宙船「ブラン」は、わずか1度飛行した後に使用停止となった。当時、ソ連が進めていたブラン計画の遺物が、今もカザフスタンの草原に放置されている。

現在、シャトル2機とロケット1機が使用されなくなった格納庫に保管されているが、一般公開はされていない。この格納庫はモスクワの南東約2400キロに位置するバイコヌール宇宙基地内にあり、近くにはブランの初飛行時に使用された発射台もある。

スペースシャトルにそっくり?

ロシア語で「吹雪」を意味するブランのデザインは、米国のスペースシャトルに酷似していた。それは決して偶然ではない。「ソ連はスペースシャトルと同等の最大積載量を求めていたため、スペースシャトルと似た寸法の宇宙船が必要だった」と語るのは、ソ連の宇宙開発の歴史を研究しているバート・ヘンドリックス氏だ。

米航空宇宙局(NASA)が開発したスペースシャトルは、基本的に国防総省の依頼で大きな貨物を軌道まで運ぶ「宇宙トラック」だった。国防総省はスペースシャトルを使って複数の軍事衛星を配備する計画だった。

「スペースシャトルがもたらす軍事的脅威を認識したソ連は、ブランの開発を決断した。米国がスペースシャトルを開発していなければ、ソ連がブランを開発することもなかった。ソ連にとってブランは軍拡競争の一環にすぎなかった」(ヘンドリックス氏)

構造的な違い

スペースシャトルとブランは全く同じというわけではない。外見は似ているが、一見しただけでは分からない大きな構造的違いがいくつかあった。第一に、スペースシャトルのオービターは宇宙を飛行するためのエンジンを備え、大型ロケットは燃料タンクとして使用していた。一方、ブランのオービターにエンジンはなく、エネルギアと呼ばれる、より大型の本格的なロケットに取り付けられているだけだった。しかし、これによりソ連は宇宙へのより柔軟な貨物輸送が可能になった。

またブランには、非常時に脱出するための射出座席が乗員全員分備えられていたが、米国のスペースシャトルはこのような装置を備えていなかった。さらに、スペースシャトルには設計上の欠陥があり、それが原因でチャレンジャー(1986年)とコロンビア(2003年)の2機が飛行中に爆発する事故が起きたが、ブランには大規模な事故につながる欠陥はなかった。

(略)

CNN
カザフスタンの倉庫に放置されたソ連の宇宙船「ブラン」
no title

1988年11月、バイコヌール基地から打ち上げられるブラン
no title

30年分のほこりをかぶったブランだが、保存状態は良好だという
no title

2chの反応

15: 名無しさん@1周年 2018/02/17(土) 18:58:53.29 ID:EEL6rSlA0
>>1
数百年後を舞台にしたSFで、こういう忘れられたテクノロジーの遺物で
世界政府だの連邦軍だのの裏をかいて宇宙に飛び出す的な話が好きだ

38: 名無しさん@1周年 2018/02/17(土) 19:13:11.46 ID:OWquE+wAO
>>15 数百年後まで使用可能なコンディションを維持する事態が凄すぎる。

6: 名無しさん@1周年 2018/02/17(土) 18:55:27.25 ID:s/KQ2dmC0
ロシアの謎多いな

8: 名無しさん@1周年 2018/02/17(土) 18:56:12.84 ID:YpUKWKBO0
冷戦時代にもお互いにそっくりなものや共通した技術とかあったけどそういうのは交流があったのかね?
パソコンとかOSとかもどうしてたんだろ

13: 名無しさん@1周年 2018/02/17(土) 18:58:07.39 ID:M9/aSIhg0
>>8
パソコンの時代にはさすがに東側で独自のものを開発する力は残っていなかった。
OSは当時はまだ重要ではなかった。

28: 名無しさん@1周年 2018/02/17(土) 19:05:54.48 ID:0XXhmIcX0
>>13
アメリカが軍事情報用にインターネットを使い出した時点でソ連は完全に技術力でアメリカにギブアップしただろうね。

9: 名無しさん@1周年 2018/02/17(土) 18:57:27.79 ID:R41wLKqe0
ソ連(ロシア)と言うのは以外と冒険しない国なんだよな。
というかある時期(多分ゴルバチョフのペレストロイカ時代)から冒険しなくなったと言うべきだろうが、
このシャトルにしたところで結局人を乗せる事はなく「作ってみた」で終わってしまった。

12: 名無しさん@1周年 2018/02/17(土) 18:57:50.53 ID:gp2SWSo00
飛んでもないのにスペースシャトルより欠陥がないとか…w

19: 名無しさん@1周年 2018/02/17(土) 19:00:16.78 ID:oWfXaTYw0
>>12
一度だけ無人で飛んでる

Buran Russian Space Shuttle - Launch & Landing 1988
http://www.youtube.com/watch?v=5rl3oeRz28I


30: 名無しさん@1周年 2018/02/17(土) 19:08:35.47 ID:1Zu2KXKo0
>>19
アメリカのは自動操縦できないし、ロシアの技術の方が優れてた。
B-1のコピー機と呼ばれたTu-160も性能は上だったし。
劣化コピーの中国に対して、進化コピーのロシアなんだよね。

24: 名無しさん@1周年 2018/02/17(土) 19:02:06.68 ID:2D8LBvYC0
>>12
それだよね、言うだけ言ってみたけど信憑性については怪しい

14: 名無しさん@1周年 2018/02/17(土) 18:58:24.23 ID:islkyF3P0
>ブランには大規模な事故につながる欠陥はなかった。
ほとんど運用してないのに、何を根拠にそんなことが言えるんだよ。
欠陥は見つかっていない、ならわかるけど。

27: 名無しさん@1周年 2018/02/17(土) 19:05:31.60 ID:HxBZsi6o0
>>14
ですよねぇw

39: 名無しさん@1周年 2018/02/17(土) 19:13:20.59 ID:1Zu2KXKo0
>>14
>>27
事故ったあとが違う。

緊急脱出システムを持たないスペースシャトルと違い、ブランには搭乗人員全員分の射出座席を搭載し(一時期スペースシャトルには射出座席を取り付けられていたが、実際のミッションでは取り外されていた)、
また主エンジンを搭載していないためにロケットの不調の際にはエネルギアを切り離し、姿勢制御エンジンなどを用いて自力で滑走路に帰還することもできるようになっていた。

49: 名無しさん@1周年 2018/02/17(土) 19:19:24.15 ID:XkB4C7Qw0
>>14
スペースシャトルと違って、無人で自動操縦可能。おまけにジェットエンジン搭載なので着陸地はある程度選べた。

スペースシャトルは大気圏内はグライダーのように滑空するだけなので着陸地点の綿密な気象観測が必要だし自動操縦は全くできない。
もし、着陸地点でダウンバーストや竜巻が発生する兆候が察知されて、しかもすでに着陸体制に入っていたら、おしまいだったが、幸いそういうことはなかった。

22: 名無しさん@1周年 2018/02/17(土) 19:01:23.20 ID:R41wLKqe0
一応無人で打ち上げに成功させ帰還させた実績はある。
にも関わらず人は乗せなかった。

26: 名無しさん@1周年 2018/02/17(土) 19:04:58.57 ID:/upXiTnv0
ソ連・ロシアって変に技術大国なんだよなぁ
世界初の人工衛星を飛ばしたり、有人宇宙飛行したりさぁ

32: 名無しさん@1周年 2018/02/17(土) 19:09:40.24 ID:fVX6M1oT0
>>26
元は東ドイツなんじゃねーの?

33: 名無しさん@1周年 2018/02/17(土) 19:10:14.03 ID:cL3rmmGz0
>>26
そっち方面に国の優秀な人材を集めてたんだな
日本も政治関係に優秀な人材が多いだろ

34: 名無しさん@1周年 2018/02/17(土) 19:10:38.64 ID:uTVM5V8W0
>>26
宇宙船開発なら米国以上
アポロ18号で船員が小便飲んでた頃
ソ連人はソユーズでシャワー浴びてるからな

68: 名無しさん@1周年 2018/02/17(土) 19:33:03.12 ID:jleY62DN0
>>26
アメリカは無情力でも使えるボールペンを開発したけど
ロシア(ソ連)は鉛筆を使った、というのは本当?

65: 名無しさん@1周年 2018/02/17(土) 19:30:56.20 ID:tTsFa6j30
これを運ぶために造られた超大型輸送機が、今も現役世界最大のAn-225「ムリーヤ」なんだよな。
米のシャトルはジャンボの上に載せて運んだが、ブランも同じように大型機の背中に乗せて運んだ。

押していただくと励みになります。