1: ばーど ★ 2018/03/09(金) 19:30:43.07 ID:CAP_USER9
no title


鹿児島と宮崎の県境にある霧島連山の新燃岳で、9日夕方、爆発的な噴火が発生し、噴煙が一連の噴火で最も高い3200メートルに達しました。

また、火口の北西側から溶岩の流出が続いていて、気象庁は噴火警戒レベル「3」を継続して、大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、霧島連山の新燃岳では、今月1日から続いていた噴火が9日未明から昼すぎにかけて止まっていましたが、午後4時前には爆発的な噴火が再び発生しました。

この噴火で、噴煙が一連の活動で最も高い3200メートルに達したほか、大きな噴石が火口から800メートルまで飛び、鹿児島県や宮崎県の一部で窓ガラスが揺れるほどの空振=空気の振動が確認されました。

また、9日昼前には火口の北西側に溶岩が流れ出し、斜面をゆっくりと流れ下っているのも確認されました。

新燃岳では、今月6日ごろから火口内に新しい溶岩が出ていて、気象庁が9日、上空から行った観測では、火口内は溶岩で覆われ、流れ出したのはこの一部だということです。

新燃岳の火口の北西側には住宅や観光施設はないうえ、斜面の角度が緩く溶岩の流れる速度も遅いことなどから、気象庁は現時点で避難などの対応は必要ないとしています。

新燃岳では夕方の爆発的な噴火のあとも断続的に噴火が発生し、火口からの溶岩の流出も続いているということです。

気象庁は今後、火山活動がさらに高まるおそれがあるとして「入山規制」を示す噴火警戒レベル「3」を継続し、火口からおおむね3キロの範囲では噴火に伴う大きな噴石に、おおむね2キロの範囲では火砕流にそれぞれ警戒するよう呼びかけています。

また、風下側を中心に火山灰や小さな噴石、それに火山ガスに注意するほか、噴火に伴う大きな空振で窓ガラスが割れるおそれがあるとして、注意を呼びかけています。

■空振の注意点

「空振」は爆発的な噴火の際に発生する空気の強い振動で、火口から離れた場所でも建物の窓ガラスが割れてしまうこともあります。

平成23年の新燃岳の噴火でも、およそ6キロ離れた病院で窓ガラスが割れてお年寄りがけがをしたほか、およそ7キロ離れたホテルでもガラスが割れる被害が出ています。

火山活動が活発な時は、火山に面した窓ガラスになるべく近づかないことや、窓ガラスに専用のシートやテープを貼ったり、カーテンを閉めたりして、万が一ガラスが割れても破片が飛び散らないよう対策を進めることが重要です。

■噴石の注意点

噴火に伴う噴石から身を守るには火口からできるかぎり遠ざかり、頑丈な建物の中に避難することが重要です。

爆発的な噴火が発生すると、直径50センチ以上の「大きな噴石」が飛び、火口に近い場所では、車ほどの大きさがある噴石が飛ぶ場合もあります。

「大きな噴石」は風の影響を受けずに、火口から勢いよく飛んでくるため、建物や屋根や壁を打ち破るほどの破壊力を持っています。

鹿児島県の桜島では昭和61年の噴火の際に、火口から3キロほど離れたホテルに直径2メートルの大きな噴石が落下して、けが人が出たことがあります。

また、霧島連山の新燃岳でも平成23年2月1日の噴火で、火口から3.2キロ離れた場所に縦70センチ、横50センチの噴石が落ちたことが確認されています。

気象庁によりますと、「大きな噴石」による被害は、火口からおおむね2キロから4キロ程度の範囲で出ることが多いということで、事前に自治体などが出す避難に関する情報にしたがい、火口から離れることが重要です。

一方で、火口から10キロ程度離れた場所でも直径が2ミリ以上の「小さな噴石」は風に乗って飛ばされてくるため、風下側では注意が必要です。

霧島連山の新燃岳では、平成23年の噴火活動の際に火口からおよそ7キロ離れた場所で7センチから8センチのこぶし大の噴石が確認されています。
(略)

3月9日 18時55分
NHK 
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180309/k10011358531000.html

2chの反応

37: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 19:54:45.37 ID:9ohxdMbl0
>>1
過去に直径2mの石が飛んできたとか、まじでこえーな

直撃なら人間なんてジャムペーストになるだろ...

13: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 19:34:26.53 ID:J4Nmo2Qc0
> 気象庁は現時点で避難などの対応は必要ないとしています。

避難の判断は気象庁じゃなくて地方自治体の役目だろ

56: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 20:16:09.83 ID:HxAgsPwU0
7年前に似てる…似てるぞ

67: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 20:30:01.93 ID:H/RyjgQq0
直径2mの噴石が3km先から吹っ飛んできたら住宅全壊しそう。
家の方が柔らかいから突き抜けて終わりか

69: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 20:35:55.47 ID:9rPZFkQQ0
まだ7年前よりはましという声が多いが
このあと7年前よりはるかにでかい噴火も考えておかないと油断してしまうね

72: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 20:54:35.09 ID:aiWs8gT70
3月09日20時21分 噴火
弾道を描いて飛散する大きな噴石:新燃岳火口から1300m

そろそろ4K規制にすべきかもね

76: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 21:00:31.87 ID:9rPZFkQQ0
気象庁 
さきほど20時41分に霧島山(新燃岳)(新燃岳)で噴火が発生し、噴煙は火口縁上2700mまで上がりました。
火口から南方向に火山灰が流され、1時間以内に都城、小林、霧島ではやや多量の降灰があり、降灰は曽於まで予想されます。
また、火口から南東方向およそ5kmまでの範囲では、小さな噴石が風に流されて降るおそれがあります。

83: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 21:17:42.98 ID:9rPZFkQQ0
21時06分、11分にも噴火

86: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 21:39:28.34 ID:6p8iAm7V0
ttps://youtube.com/watch?v=ktC7TljOFCo


噴火前はこのような深いクレーターのような火口だったのが、
2011年の噴火でかなり埋まり、今回とうとう縁を越えて流出しだした。
流出しているのは鹿児島県側。

92: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 22:10:38.26 ID:EDOUPur/0
>>86
これが全部どろどろに溶けた灼熱の溶岩で埋まって、
さらに縁からこぼれ出してると思うと、自然すげえなw「

97: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 22:26:30.01 ID:F72i23Zb0
朝鮮人がまた天罰や、て喜んでるな。

106: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 22:49:28.07 ID:3OHKfAbr0
火口にされてる蓋が火口に落ちたらいわゆるカルデラ噴火でしょ?
大災害になりそうなんだけど
大丈夫なの?

115: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 23:08:00.81 ID:H/RyjgQq0
>>106
火口が噴火したら普通の噴火だわ。大災害になる可能性はあるけど。

121: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 23:19:43.97 ID:3OHKfAbr0
>>115
カルデラ噴火って知っている?
普通の噴火とは違って破壊的噴火になる
新燃岳はカルデラ噴火になりそう

125: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 23:28:58.94 ID:H/RyjgQq0
>>121
普通の火口とカルデラとは単純に規模が違うだけだよ。
直径数キロの巨大な火口となればカルデラと呼ぶ。新燃岳の現状はカルデラ未満というだけ。

136: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 23:38:41.56 ID:3OHKfAbr0
>>125
今火口を覆っているパンケーキ状の蓋は直径500メートルだっけ?
カルデラ噴火にしては小規模だけど
もしこのパンケーキがどっさりマグマの中に落ち込んだらカルデラ噴火
小規模でも壊滅的なことになりそうなんだが

139: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 23:41:10.56 ID:1wphM6uh0
>>136
下に落ちる手もあったか。溶岩は昭和新山みたいなねっとりじゃなくて
トロトロ溶けて流れるタイプなんだろう?

142: 名無しさん@1周年 2018/03/09(金) 23:48:21.35 ID:H/RyjgQq0
>>136
まあ何が起きるかは予測できんわな。噴石数キロ飛ぶような火山だし。
溶岩ドロドロは見ていて楽しいんだが、大爆発とラハールが怖い。

押していただくと励みになります。