1: たんぽぽ ★ 2018/03/31(土) 15:42:32.93 ID:CAP_USER
jp250


 日本はかつて古代中国から多くのことを学んだが、すべてをやみくもに導入したわけではない。歴史を通じて有名な官吏採用試験制度である「科挙」や「宦官」は、日本で広まることはなかった。中国メディアの今日頭条は25日、日本はなぜ中国の科挙制度や宦官制度から学ばなかったのかと題する記事を掲載した。

 日本が遣隋使や遣唐使を通して中国から多くを学んだのは事実だ。しかし記事は、「遣明使や遣清使がなかったことからわかるように、明や清には学ぶべき文明はなかった」と指摘。本当に進んでいた隋や唐からは学び、進んだ文明ではなかった明や清からは学ぶことはせず、のちに西洋から学ぶことにした日本は賢いと論じた。

 特に、日本人が科挙と宦官の制度を採り入れなかったのは、非常に賢い選択だったという。科挙は階級の固定化問題の真の解決にはならず、むしろ、「中国人の根底に流れる卑しさ」を生んだと指摘した。紙の上でへつらって科挙を受けるか、宦官としてへつらって金のために自ら妖怪になるしかなかったからだいう。

 では、「科挙にはまってしまわなかった」おかげで、日本はどんな方向に進んだのだろうか。記事は、日本が全国に今の小学校教育を普及させたのは正しかったと称賛。中国が科挙を採用していた清の時代に識字率が10%だったのに対して、科挙を取り入れず階級が固定化していた日本では40%だったという。しかも、これには各階級の武士も含み、彼らは西洋の騎士のように文武両道だったと中国との違いを指摘した。

 科挙制度がなくても日本では識字率が高かったことは注目に値することだ。これは寺子屋などがあって庶民でも文字を学ぶことができた環境も大きいだろう。いずれにしても日本人は、良いものだけを選りすぐって学び導入することに長けていたと言えそうだ。(編集担当:村山健二)

サーチナ
http://news.searchina.net/id/1656407?page=1 

2chの反応

18: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/03/31(土) 15:54:43.62 ID:ifv/fQjK
>>1

150年前からは、福沢諭吉先生が「アジアと関わるな。出ていくところは欧米だ」
と脱亜論を提言してるからね。

それが、現在までずっと通用している。 福沢先生の千里眼、すばらしすぎです。

21: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/03/31(土) 15:55:31.80 ID:FblJr9/M
>>1
お前らは全部捨てた

59: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/03/31(土) 16:07:51.59 ID:d2A9b+2P
>>1
>遣明使や遣清使がなかった

初めて気づいた
確かに安土桃山時代から最先端の文化は南蛮渡来だもんな

76: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/03/31(土) 16:11:30.18 ID:7Gompy9U
>>59
その頃には中国には学ぶべき文化も知識も無くなっていたんじゃ?

129: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/03/31(土) 16:20:28.83 ID:QmmiNVRF
>>76
明の文人画とかなかったっけ?
陶器もゆうめいだったような?
儒学の有名なのもいるし、明滅亡後日本に亡命してた学者も。
隋唐ほどの影響力はないけど。

276: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/03/31(土) 16:35:33.90 ID:90AhCAAE
>>1
科挙・・・
もともとが天皇家を中心とした豪族の連合体(貴族性社会)だったので、
科挙なんて導入したら支配体形がくずれるから、導入しなかった。

もともと、たとえば最澄の出自である三津首(みつのおびと)みたいに、
文章に優れたのは下級官人だったから。


宦官・・・
もともと女系文化で男尊女卑の観念が大陸ほど強くなかった、また
女性の管理能力が高かった(「サマーウォーズ」のばあさん刀自みたいに)ため、
宦官を必要としなかった。

あと、

>識字率が40パーセント

これおかしい。どこのソース見たのか知らないが、清と同時代の江戸時代の
識字率は70~90パーセントと推定されていて、世界一の識字率だったと言われる。

295: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/03/31(土) 16:38:12.34 ID:1hSKwQy5
>>276
一瞬だけ導入したよね>科挙

まあコネ社会が崩れると思って辞めたってのが真相に近そうだなw

343: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/03/31(土) 16:43:41.91 ID:90AhCAAE
>>295
ほんの一瞬ねw

あれは、当時の豪族が日本古来の氏族社会から成り立ったものに対して、
漢文ができる役人は、渡来系の「いまき(新しく渡来してきた人)」ばっかり
だったからだと思う。

当時の科挙は、「英語ができる奴はキャリア官僚な」、っていう風な制度なわけで、
そうなると、帰国子女が上位をしめちゃって、もともとのエスタブリッシュメントが置いてけぼりくう、
みたいな構造になってた。だから、すぐに科挙は停止した。

307: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/03/31(土) 16:39:57.46 ID:QmmiNVRF
>>276
識字率70~90というのは江戸の街限定ではないの?
地方はそれほど高くなかった。

3: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/03/31(土) 15:45:19.96 ID:6Tq45HOe
朝鮮と違い多少分析ができるところがシナの怖いところ

10: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/03/31(土) 15:52:10.15 ID:7By3Oam7
古代中国人はあんなにすごかったのに、どうして現代中国人は哀れな動物になってしまったのだろう

32: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/03/31(土) 16:00:28.40 ID:FblJr9/M
>>10
やっぱり大陸という異民族の集まりだったんでしょ。
殺さなければ殺される。
言語も文化も違うものは分かり合えないから。

101: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/03/31(土) 16:16:37.37 ID:HL1tuNkm
>>10
毛沢東が優れた人士は皆殺しにして下賎な連中だけ残したから。
周恩来は二度と現れない。

12: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/03/31(土) 15:53:00.73 ID:2QoOQWc7
孔子にしろ仏教にしろ、中国ではなしえない人としての理想型 つまりフィクションだったのを
日本人は真に受けて実践した。それだけのことだよ

19: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/03/31(土) 15:55:02.38 ID:gBma1Ltd
>なんでも闇雲に学ぶのではなく、取捨選択をした

これをしない民族ってあったのか?
日本を特別に考えるのは間違い。

20: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/03/31(土) 15:55:24.89 ID:EJYWKgPY
中国から伝わった、もしくはおそらくは伝わったけど
日本が採用しなかった物

科挙
弩(古墳~平安時代)
宦官

27: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/03/31(土) 15:59:22.76 ID:gBma1Ltd
>>20
一番大きいのは天皇だよ。

中国は「天命思想」だから、天下を治めるものは天命があれば誰でも良かった。
日本は「万世一系」で、血統を第一にしてしまった。
これが日本の混迷と停滞の元。

35: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/03/31(土) 16:01:19.92 ID:EJYWKgPY
>>27
秦の帝政が仮に100年続いたら全然違う思想になっただろうね(´・ω・`)

22: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/03/31(土) 15:55:56.61 ID:2b8xuKc0
>日本が遣隋使や遣唐使を通して中国から多くを学んだのは事実

事実ではあるが、より正確に表現するなら
○支那(国家)から学んだ
◎支那(土地)で学んだ
になるけどな

シルクロードやインドの文化の経由地に支那(国)があったから、そこへ行けば各地に人を派遣をするより効率的だった
日本からも物を持っていってる。
古代の支那(国)は当時の物流や交流の要衝だったから栄えたんだろうけどね

82: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/03/31(土) 16:12:57.80 ID:5Ua03MPv
ただ、科挙にも計算や数学はあったかも
しれないが、四書五経とか、あまり
科学的ぬ実証主義でない論理を
幾ら学んでも 文明的な進歩は少ない
だろう。 インド哲学もそうだろう。

日本の高級官吏の為の大学では
幾何代数や 物理・化学・地学などを
学ばねば合格できない。

181: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/03/31(土) 16:26:51.62 ID:thydGIY9
>>82
四書五経に書かれている事はよい事だよ
中国の古典にはよい事が書かれているし
現代人が見ても発見はある

ただ、何事もバランスってのは大事ってことはあるでしょう
古典を重視したら、どうしても保守的になりやすくなるし
何より問題があるとしたら、科挙制度を重きに置きすぎた事だ
いまのキャリア官僚と一緒だよ
ペーパー試験の天才ってのは、記憶力とか読解力に優れているが
何か新しい事、機転の利いたことは下手だし
科挙で合格すれば大出世するのだから、一族郎党がそれにぶら下がるようになるしと
色々と問題が確かに出ていた。

215: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/03/31(土) 16:30:03.04 ID:1hSKwQy5
>>181
少なくとも、論語にある冠に結び方がどうたら、飯の食い方がどうたらはもう無視していいだろうw
当時からしても、魯だけが守ってる伝統だったみたいだし。

225: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/03/31(土) 16:30:42.68 ID:ts0wP9x1
>>181
昔の支那人が言ってたはずだ。
「この国の民度は大変高い。書物の上だけでは」と。
老子ですらも似たようなこと言ってんだけどね。

266: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/03/31(土) 16:34:42.31 ID:QmmiNVRF
>>181
自分の手を汚さず、口先だけで人を使う立場ばかり書いてあると思った。
小人としては、お前何様だよと。

押していただくと励みになります。