1: しじみ ★ 2018/03/31(土) 23:15:24.91 ID:CAP_USER
チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が、
中国からの弾圧を逃れてインドに亡命して60年になるのを記念した式典がインド北部で開かれ、
ダライ・ラマ14世は「チベットの伝統と文化を守り続けなければならない」と述べ、
中国政府との闘争の長期化に備えるよう呼びかけました。

ダライ・ラマ14世は、チベットの人々が中国政府に対して蜂起した1959年のチベット動乱のあと、
中国からの弾圧から逃れてインドに亡命し、まもなく60年になります。

チベット亡命政府の拠点があるインド北部のダラムサラでは31日、これを記念した式典が開かれ、
チベットから逃れた人などおよそ4000人が出席しました。

この中で亡命政府のロブサン・センゲ首相は、「われわれの悲劇、
苦痛は60年やむことはない」と述べ、中国政府を非難しました。

また、インド政府の代表として出席したシャルマ文化担当相は、
「インドはダライ・ラマ14世が目指しているものを支持する」と述べ、引き続き支援していく方針を示しました。

最後にダライ・ラマ14世が演説し、
「われわれは、チベットの伝統と文化を守り続けなければならない」と述べ、
中国政府との闘争の長期化に備えるよう呼びかけました。

式典のあと、ダライ・ラマ14世は記者団に対し、「われわれは独立を求めているのではなく、
権利と自治を求めているだけだ」と改めて強調しました。

チベット亡命政府は、中国政府に対して高度な自治を求めて対話の再開を呼びかけていますが、
中国政府はダライ・ラマ14世が中国からの独立を目指しているとして応じていません。

関連ソース画像
no title


NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180331/k10011387001000.html

2chの反応

2: 七つの海の名無しさん 2018/03/31(土) 23:35:05.44 ID:uJZjVJ8/
一時フリーチベットが盛り上がったのは10年前の北京五輪の頃か・・・

3: 七つの海の名無しさん 2018/03/31(土) 23:37:23.23 ID:HgzLM6yQ
25年前
旅行で訪れたシッキムで偶然会ったとがある
歩いていたら、急に見知らぬ人に首に白い布をまかれて
道に座るよう促された、数分後、真横をダララマが通過した
笑ってたけど威厳がすごかった
その後、首に白い布をまけと言った人には観光で来る所じゃないと怒られた

4: 七つの海の名無しさん 2018/03/31(土) 23:41:39.03 ID:X82uC2hO
慰安婦と同じで盛りまくってるだろ.
今のチベットの发展ぶりを見れば明白.
人民解放軍が民間人殺害だの強姦だの, そんなことしたわけがない.

7: 七つの海の名無しさん 2018/04/01(日) 00:01:10.24 ID:Hdc3NaSi
戦わなかった指導者と民族と文化の末路として地球史に汚名を残すといい。
個人的には人柄はやっぱ好きなんだけどね。指導者、為政者としてはダメだわ。

>>4
腕章晒した山岳部隊の鴨撃ち動画もなかったことになってそうですね。
国家主席のチベットでの功績もさぞかし盛られてそう。

押していただくと励みになります。