1: 荒波φ ★ 2018/04/11(水) 09:06:55.57 ID:CAP_USER
kr250
 
2018年4月10日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の造船大手「STX造船海洋」が再び日本の会社更生法に当たる法定管理を申請する見込みだという。

報道によると、韓国産業銀行は「STX造船労組が自力救済案の提出を拒否したため、STX造船が昌原(チャンウォン)地裁に再生手続きを申請することにした」と明らかにしたという。

政府と産業銀行の債権団は先月8日から約1カ月間、STX造船海洋の人件費75%削減などを中核とした労使自力救済案を設け、労組側に確約書の提出を要求しており、同救済案に合意した場合は前受金払い戻し保証の発行を支援するが、合意できない場合は原則通り法定管理手続きを進めるとの立場を固守してきた。

STX造船海洋労使は「人件費の部分について合意に近づいた」と明かしたが、労使確約書を産業銀行に提出することに関しては合意に至らなかったとのこと。

STX造船海洋が法廷管理手続きに入るのは8兆ウォン(約8000億円)近い税金が投入された16年に続き2回目だといい、昨年7月に法廷管理手続きを脱してから9カ月で再び法廷管理に置かれることになるという。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは

「もう国民の血税を投入するのはやめてくれ」
「税金の無駄遣いだ」
「個人破産する人が多い中、このような企業に税金を投入するのは間違いだと思う」

など、さらなる税金投入を警戒する声が多く寄せられた。

また

「こうなったのも労組の振る舞いのせい」
「労組の利己心から生じた結果」
「労組は会社の利益なんて関係なくて、労働闘争で飯を食っている」

など、過激な活動を繰り広げる労組への批判の声も見られた。


2018年4月11日(水) 8時50分
Record China
http://www.recordchina.co.jp/b590777-s0-c20.html

2chの反応

2: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/04/11(水) 09:07:35.60 ID:sTdERJFQ
まあ 反日でもやって落ち着け

3: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/04/11(水) 09:08:53.04 ID:LEl32z6h
半分はポッケナイナイ

4: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/04/11(水) 09:08:55.44 ID:dKK1FMPv
誰を吊るすの?

5: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/04/11(水) 09:09:09.73 ID:lGUrODIE
コレも労組なのかw

7: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/04/11(水) 09:10:03.90 ID:YUI3dEVW
労組のせいにしているようだが、ムン大統領は労組の味方だから労組を止める事はやらない。

19: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/04/11(水) 09:20:02.99 ID:0CHFpEMp
>>7
ムンムンは既に無茶な要求を出す労組は切り捨ててくつもりな模様。
韓国GMやクムホでもほぼ放置してる。

29: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/04/11(水) 09:24:42.59 ID:X4p8Tf3j
>>19
北朝鮮とのごっついパイプがあるから
国内のゴミとかいらねえんだろうな

36: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/04/11(水) 09:30:20.77 ID:0CHFpEMp
>>29
労組は若年層からの反発が酷いらしいんだよ。
就職難で苦しんでる若年層にしてみたら、ゴネ得でぬくぬく生きてきた労組の連中は既得権益層以外の何者でもないんだと。

43: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/04/11(水) 09:42:39.23 ID:b5AgKiti
>>36
ウリナラの労組は、世襲制の特権階級だからねえw

46: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/04/11(水) 09:45:01.51 ID:YEs+b+Rl
>>36
まあ定職就けない視点から見れば、定職就いている身で従業員単価を引き上げて
新たな社員雇用への門戸を閉ざす原因になってる労組は充分に既得権益層か

10: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/04/11(水) 09:13:35.74 ID:9EMbLNqJ
韓国程度の国にサムスンのような企業があるとそれだけでウォンをかなり高く押し上げてしまうから
ほかの産業には逆風になる
サムスンが失速してウォンが大幅に下がれば息を吹き返すかも知れないから
それまで延命治療を続けるのも1つの手かも知れないけど、果たしてどうなるか

12: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/04/11(水) 09:14:41.83 ID:wjzO0zhV
中国の軍艦を極秘建造していたSTX

20: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/04/11(水) 09:20:05.44 ID:pBLCubeO
31 名前: キングコングニードロップ(沖縄県)@転載は禁止[] 投稿日:2015/07/21(火) 14:16:48.00 ID:40Mo7Csw0 [1/2]
【韓国造船業の歴史】

1970年代、チョン現代は造船業を営むも技術力がない事に気づく→日本から盗もう

現代会長、川崎重工の会長を目一杯接待し「何かできることはないか」と
川崎会長自ら申し出させチョン社員2人を派遣受入れさせる

造船関連の設計図から何から全てコピーされ流出

月例避難訓練で隠れていたゴキブリチョン、丸秘資料をまんま持ち出し。
盗んだ総量はコンテナ2台分になったとか。ついでに特殊工具もちょろまかす

現代重工業、パクった技術で造船世界一へ

2013年、やっと川崎は役員の総入れ替えを行うも時すでにお寿司

23: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/04/11(水) 09:21:25.95 ID:M4OS7tvF
「多額の税金」やてまたまた大きな事を言うてるわー

26: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/04/11(水) 09:22:06.58 ID:dKK1FMPv
次は、現代財閥かねー?

28: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/04/11(水) 09:24:21.44 ID:0CHFpEMp
>>26
文在寅の大本命は荒稼ぎ中のサムスン電子だと思う。
あそこは労災白血病という大問題をずっと抱えてる。

31: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/04/11(水) 09:25:25.79 ID:dKK1FMPv
>>28
サムスンは、現代の次じゃない?

32: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/04/11(水) 09:27:12.66 ID:0CHFpEMp
>>31
確かに現代自動車も労組が強すぎて問題になってる会社だしなあ。

34: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/04/11(水) 09:28:06.40 ID:MzKx3FPQ
貴族労組頑張れ
文在寅頑張れよ

58: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/04/11(水) 09:57:36.43 ID:KPb4mKfK
まぁ、金持って逃亡したね。
そもそも造船も技術も開発も全部
日本の遺産でやってきただけだし、
復活なんてできないよ。

59: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/04/11(水) 09:57:48.86 ID:NunExRK2
>STX造船海洋労使は「人件費の部分について合意に近づいた」と明かしたが、
>労使確約書を産業銀行に提出することに関しては合意に至らなかったとのこと。

良く判らない話だな。
確約書の提出を拒否するというのは、口約束では合意をするが、いずれひっくり返すということか。

62: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/04/11(水) 10:00:31.48 ID:b5AgKiti
>>59
普通は、国費投入バーターで経費削減、人員整理を企業と国で話付けるんだが
ウリナラの場合労使が癒着してて、一緒になって国から金をむしる事で一致してるから
当然、経営陣の総とっかえなんてない

60: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/04/11(水) 09:58:25.92 ID:hmODUvO8
鉄と造船はもうなんともならないと思うね
日本から30年遅れくらいの産業構造の転換点

61: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/04/11(水) 09:59:08.02 ID:dKK1FMPv
>>60
南鮮が転換できるのか?

63: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/04/11(水) 10:02:04.21 ID:hmODUvO8
>>61
たぶん無理やろなあ
古い産業の切り捨て出来ないだろうからあとは国が沈むだけ
大量の失業者出しても国を作り変えるって事をムンが出来るとは思えない

68: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/04/11(水) 10:04:41.40 ID:dKK1FMPv
>>63
転換には、知的財産や独自技術が必要ですからねー
南鮮は、どっちも持ってない。

76: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/04/11(水) 10:08:00.64 ID:QoM8UATx
>>68
さんざん甘えてきたアメリカも日本も、韓国自ら敵に廻した。
そして無名の貧乏小国の昔と異なり今の素晴らしい先進国の韓国は、世界各国にとって最早援助する対象ではない。
逆に援助を要求される立場だ。

押していただくと励みになります。
にほんブログ