都内のアメリカ軍の施設に武装したテロリストが侵入したという想定で、警視庁の対処訓練が行われました。


訓練が行われたのは港区南麻布のアメリカ軍関係者用のホテル「ニューサンノー米軍センター」で、警視庁の機動隊員やホテルの関係者など70人余りが参加しました。

訓練は、武装したテロリスト2人が区のコミュニティーバスの乗客を人質にして乗っ取り、ホテルの敷地内に侵入したという想定で行われました。
ホテルからの通報を受けて機動隊員が駆けつけ、人質の女性の頭に銃を突きつけて逃走用のヘリコプターを呼ぶように要求したテロリスト役の2人を取り押さえていました。
また爆発物処理車が出動し、爆発物が入ったリュックサックを、車両についたアームでつかんで処理する手順も確認していました。


【警視庁 都内の米軍施設でテロ対処訓練】の続きを読む