かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



    カテゴリ: モンゴル

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/03/06(火) 14:47:10.11 ID:CAP_USER9
    小学館の「月刊コロコロコミック」(2018年3月号)に、モンゴルの英雄チンギス・ハンに対し不適切な描写のある漫画が掲載された問題で、作者の吉野あすみ氏の謝罪文が3月6日、同誌公式サイト上に掲載された。

    謝罪文の中で吉野氏は、「モンゴル国の歴史と文化について不見識だったことを深く反省し、今後は様々な国の歴史と文化を深く理解し尊重する表現を心がけていきたいと思います」などとコメントした。

    「月刊コロコロコミック」(18年3月号、小学館)
    no title


    「全ての方々に謹んでお詫び申し上げます」

    小学館は6日、公式サイト上で「『コロコロコミック』3月号については、販売中止とし、書店様にすみやかな返品をお願いすることといたしました」と報告。書籍の返品を希望する購入者には、定価相当を返金するとも伝えた。手続きの詳細は後日サイト上に掲載するという。

    この販売中止のアナウンスにあわせて、コロコロコミックの公式サイトのトップページには「作者からみなさまへ」として、チンギス・ハンをめぐる表現が問題視された漫画「やりすぎ!!!イタズラくん」の作者・吉野あすみ氏の謝罪文が掲載された。全文は以下の通り。

    “「この度は、私の漫画内でモンゴルの英雄チンギス・ハーンに対し大変不適切な描写をしてしまい誠に申し訳ございませんでした。

    チンギス・ハーンを敬愛する全ての方々に謹んでお詫び申し上げます。

    モンゴル国の歴史と文化について不見識だったことを深く反省し、今後は様々な国の歴史と文化を深く理解し尊重する表現を心がけていきたいと思います」

    2018/3/ 6 13:14
    J-CASTニュース
    https://www.j-cast.com/2018/03/06322882.html

    【【チンギス・ハン問題】「コロコロコミック」 販売中止 作者が謝罪 「コロコロ」サイトに載った文面 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/02/24(土) 08:17:03.98 ID:CAP_USER9
    日本の漫画雑誌に、モンゴルのチンギス・ハーンを侮辱するような内容が書かれていたとして、モンゴル大使館が外務省に抗議していたことが分かりました。

    小学館が発行するコロコロコミック3月号に、モンゴルの英雄、チンギス・ハーンを侮辱するような表現が含まれた漫画が描かれていたとして、モンゴル国内では批判が高まっていました。

    23日、モンゴル大使館は「モンゴル国民に対する敬意が感じられない」として日本の外務省に直接、抗議しました。外務省によりますと、抗議を伝えられた小学館は謝罪したということです。

    テレ朝news
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000121566.html 

    【【国際問題】チンギス・ハンの顔に男性器の落書き モンゴルの抗議に小学館謝罪 コロコロコミック3月号 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2017/12/28(木) 18:29:38.51 ID:CAP_USER
    モンゴルのゴビ砂漠北辺で、岩壁に刻まれた約2千年前の漢文の銘文がみつかった。
    中国の後漢王朝(25~220年)の遠征軍が、
    モンゴル高原を支配していた騎馬遊牧民・匈奴(きょうど)と交戦した経緯や「戦果」を祝う詩などが刻まれ、
    中国の歴史書に記載された内容とほぼ同じだった。モンゴル最古の漢文銘文とみられ、
    専門家は、なぞに包まれた匈奴と後漢の関係史の解明につながると期待する。

     鈴木宏節(こうせつ)・青山学院女子短期大学助教(東洋史)らが2010~17年、
    モンゴル科学アカデミーと共同で現地調査を断続的に実施して明らかにした。

     鈴木さんによれば、現場は首都ウランバートルから南南西に約350キロ離れた、
    ゴビ砂漠の北側に広がる標高1471メートルの山岳地帯。銘文は、南側に向いた岩壁に刻まれていた。
    高さ約3メートルの石の平らな表面に縦120センチ、横180センチの範囲に残されていた。
    1文字の大きさは4センチ角。計250文字程度が確認でき、字体や内容から後漢が残した文章とみられる。

    画像:モンゴルでみつかった漢文銘文の拓本。
    「封山刊石(山で祭祀〈さいし〉し、石に文章を刻みの意味)」
    「王師征荒裔(漢帝国の帝王の軍隊は最果ての地を制覇したの意味)」などと読める
    no title


    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/photo/AS20171227000838.html

    【【考古学】モンゴルの岩壁に2千年前の銘文 「後漢書」と同じ内容 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    大相撲の横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)による、平幕貴ノ岩(27=貴乃花)への暴行が、ついに国際問題に発展する可能性が出てきた。

    モンゴルの大統領特使を務める、元横綱朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏(37)が、
    今回の問題をバトトルガ大統領に報告したことが23日、関係者の話で分かった。

    日本とモンゴルの友好関係への影響を懸念し、同大統領は今回の件で、
    安倍晋三首相と話し合いの場を持ちたい意向を持っているという。角界の枠を超えた展開に突入した。

     日本との関係を担当する大統領特使を、8月から務める元朝青龍が動いた。モンゴル政府に近い関係者によると、
    日馬富士による暴行問題について、すでにバトトルガ大統領に報告していることが判明。

    元朝青龍は16日に日本語で「ビールびんありえない話し!」(原文まま)とツイートし、
    日馬富士のビール瓶を使った暴行を否定するなど、今回の問題に強い関心を示していた。
    今回は日馬富士、貴ノ岩ともにモンゴル人による問題。
    相撲界だけでなく、日本でモンゴル人が敬遠されることを懸念し、大統領に忠告したという。

    現地では連日多くのメディアが、今回の問題を報じている。日本でモンゴル人力士への風当たりが強いという報道も少なくない。
    関係者は「バトトルガ大統領は、相撲がモンゴルと日本の友好関係に大きく影響していると思っている」と話し、
    今回の問題を発覚当初から軽視していなかったという。
    大統領自身、格闘技サンボの元モンゴル代表でモンゴル柔道連盟の会長を務めるなどスポーツ、特に格闘技への理解がある。

    そんな状況下で、元朝青龍から報告を受けた。関係者は続けて「大統領は安倍首相と今回の件で話し合いの場を持ちたい意向のようです」と明かした。
    トップ自ら問題の沈静化と友好関係維持に努めたい考えだ。

     

    【モンゴル大統領、相撲の暴行問題で安倍首相と面会希望 友好関係への影響を懸念 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    大相撲の元横綱・朝青龍さんが、モンゴル新大統領の日本担当の外交顧問に指名された。
    モンゴル大統領府は元横綱・朝青龍、ドルゴルスレン・ダグワドルジさんを、日本担当の外交顧問に指名したと発表した。
    朝青龍さんは、7月の大統領選挙で、格闘技のサンボの元世界チャンピオンで、実業家のバトトルガ大統領を全面的に応援していた。
    外交顧問の任期は1年で、モンゴルでは元小結・旭鷲山さんも、大相撲引退後に大統領の補佐官を務めた。

    FNN
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170804-00000289-fnn-int 【元横綱・朝青龍が日本担当に】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル