ストントレン州
カンボジアのフン・セン首相は11日、国境紛争をめぐってラオス軍部隊がカンボジア領内に侵入したとして、無条件で17日までに部隊を撤収させるよう要求する「最後通告」を出した。国営メディアなどが伝えた。
 フン・セン首相が11日にプノンペンで開かれた式典で語ったところでは、北部ストントレン州の国境沿いでの道路建設を阻止するため、約30人のラオス軍部隊が4月、カンボジア領内に侵入した。フン・セン首相は今月2日にラオスのトンルン首相に部隊撤収を求める書簡を送ったが、返答はないという。
 フン・セン首相は「必要ならラオスに飛び、部隊撤収について協議する」と語った。一方で「撤収しなければ、われわれは何らかの行動を取らなければならない」と警告した。

時事通信
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017081100551&g=int 【ラオス軍部隊の撤収要求=カンボジア首相が「最後通告」】の続きを読む