かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



    カテゴリ: ネパール

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/05/12(土) 22:29:49.17 ID:CAP_USER
    in250
     
    【5月12日 時事通信社】
    インドのモディ首相は11日、カトマンズでネパールのオリ首相と会談し、鉄道や河川の整備を通じた両国の連結性強化や農業分野での協力深化などで一致した。
    会談後の記者会見でモディ氏は「インドはネパールの繁栄を支える」と訴えた。

     オリ政権が中国主導のシルクロード経済圏構想「一帯一路」の枠組みを生かしてインフラ整備を進める方針を示す中、インドとしてはネパールとの関係強化を通じ、隣国への中国の浸透を防ぎたい考えだ。

     両首相は会談に先立ち、ネパール南部のヒンズー教聖地ジャナクプルを訪問。ともにヒンズー教徒が人口の約8割を占めるという両国の文化的なつながりを強調し、友好関係を演出した。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3174340

    【【インド】ネパールと協力強化で一致=中国の浸透阻止へインド首相 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 記憶たどり。 ★ 2018/03/12(月) 18:51:30.38 ID:CAP_USER9
     8BF4AEB8-AA19-460D-9AF3-90505151ACDC

    ネパールのメディアによりますと、現地時間の12日午後2時半ごろ、日本時間の午後6時ごろ、首都カトマンズにある国際空港で旅客機が着陸に失敗して火災が起きたということです。

    地元のメディアは事故を起こしたのは、バングラデシュの航空会社の旅客機だと伝えています。現在、消防などが乗客や乗員の救出にあたっていますが、けが人がいるかなど詳しいことはわかっていません。

    現地の日本大使館は乗客に日本人が含まれていないか確認を急いでいます。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180312/k10011362041000.html 


    【【飛行機事故】ネパールの空港で旅客機が着陸に失敗し炎上 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: プティフランスパン ★ 2017/12/14(木) 12:28:10.52 ID:CAP_USER9
    親中派、小選挙区7割確保=首相候補選出へ協議-ネパール下院選
    2017年12月14日 1:15 発信地:インド
    http://www.afpbb.com/articles/-/3155335?act=all

    np250

    【12月14日 時事通信社】ネパールの選管は13日、11月26日と12月7日に投票が実施された下院選(定数275)小選挙区(同165)の確定開票結果を発表し、親中派とされる「左派同盟」が議席の7割を確保した。
    左派同盟を主導する統一共産党(UML)と共産党毛沢東主義派(毛派)は、共産系諸派の統合と首相候補選出に向け、協議に入った。

     左派同盟は116議席を獲得。23議席だった親インドの現行議会第1党・ネパール会議派(NCP)に大差を付けた。
    110議席は比例代表制で選ばれるが、左派同盟が優位とみられる。

     地元紙カトマンズ・ポストによると、UMLトップで首相候補の一人と目されるオリ議長は13日の演説で「われわれは国を繁栄させる」と述べ、政権運営に自信を示した。
    ただ、UMLと毛派は過去にも、1996~2006年の内戦の処理などをめぐって連立を解消した経緯があり、統合がうまくいくかは不透明。(c)時事通信社


    引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1513222090

    【【ネパール下院選】親中派、小選挙区7割確保=首相候補選出へ協議 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ミャンマーで憎悪にさらされ安全な場所を探し続けるイスラム系少数民族ロヒンギャの人たちを、インドでも歓迎されないという現実が待ち受ける。

     軍の弾圧を逃れて、ミャンマーから隣国バングラデシュの難民キャンプに到着したロヒンギャがこの3週間で40万人を超えるなか、インド政府は最高裁に、過去10年間にインドに入ってきたロヒンギャ最大4万人を国外追放するよう求める申し立てを18日にも行うと発表した。

     現地メディアによると、ロヒンギャはテロリストを支援する可能性があり安全保障上の脅威だと、インド政府は主張している。

     インドや隣国ネパールのロヒンギャたちの窮状は、ロヒンギャが永住できる地を探すにあたって国際社会が直面する困難を浮き彫りにするものだ。

     

    【ミャンマーで迫害のロヒンギャ、インドなどでも厳しい状況に直面】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    in250
    インドのモディ首相は、インドと中国の両方に接するネパールのデウバ首相と会談して、安全保障面での協力を取り付け、国境付近で軍どうしがにらみ合う中国をけん制する狙いがあると見られます。

    インドのモディ首相は24日、首都ニューデリーで、ネパールのデウバ首相と会談しました。両首脳は共同記者会見を開き、インドのモディ首相は、安全保障について十分に話し合ったとしたうえで「両国の安全は両国の協力によってのみ実現できる」と述べ、ネパールのデウバ首相も「わが国は、いかなる国にもインドに影響を与えるようなことはさせない」と応じました。

    【インドがネパールと安全保障で協力 中国をけん制か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ネパールとインドでモンスーンによる洪水と土砂崩れが相次ぎ、13日までに少なくとも計94人が死亡した。土砂崩れの現場や冠水した村で多数の行方不明者の捜索活動が続いており、当局は死者数は急増する可能性があるとしている。

     ネパール当局は13日、鉄砲水による国内の死者が同日までに49人に増えたと発表。水位は上昇し続けており、大勢が高台への避難を余儀なくされている。

     ネパール国家緊急事態対策センターの所長は「さらに17人が行方不明となっている。捜索・救助活動が続けられているが、水位はまだ下がっていない」と述べている。

     赤十字はネパールの死者数を53人と推定しており、このほかに数十人が行方不明になったり、負傷したりしているとしている。家屋も数千棟以上破壊されている。

     

    【ネパールとインドで洪水や地滑り、94人死亡 モンスーン被害拡大】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル