かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



    カテゴリ: マレーシア

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/05/26(土) 06:26:02.96 ID:CAP_USER
    ウクライナ東部で2014年7月に発生したマレーシア航空機撃墜事件で、オランダやウクライナなど5カ国の合同捜査チームは24日、ロシア部隊所有の地対空ミサイルで同機が撃墜されたとの調査結果を発表した。関与した組織を断定したのは今回が初めて。一貫して関与を否定するロシア側の強い反発が想定される。

     インタファクス通信によるとロシア国防省は同日、「防衛ミサイルシステムをウクライナに持ち込んだことはない」と否定した。

     事件ではアムステルダム発クアラルンプール行きマレーシア航空機が高度1万メートルを飛行中に撃墜され、17カ国の乗客乗員全298人が死亡した。大半はオランダ人だった。

     AFP通信などによると、オランダで記者会見した捜査チームは、衛星写真の分析などからロシア南西部クルスクを拠点とする露軍「第53対空ミサイル旅団」がウクライナ東部の親露派支配地域に持ち込んだミサイルで旅客機は撃墜されたと断定。
    回収した機体などの破片や通信記録から導いた中間報告では、ロシア製の地対空ミサイル「ブク」の使用と発射地域を特定していたが、ミサイルを所有していた組織までは指摘していなかった。
    ただ、捜査チームはこの日、発射に直接露軍が関与したかは明言せず捜査を継続する方針を明らかにした。

    画像:撃墜され、炎上したマレーシア航空機の残骸=ウクライナ東部ドネツク州グラボボ村で2014年7月19日午前
    no title


    毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20180525/k00/00m/030/136000c

    【【マレーシア】マレーシア航空機撃墜は「露軍ミサイル」5カ国チームが断定 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/05/21(月) 19:02:10.52 ID:CAP_USER
     E32A5DAC-83C6-4C97-A9DA-AABE6EC48BD2
     61年ぶりに政権交代を果たしたマレーシアの新政府誕生で、中国の習近平国家主席が進める現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」の実現が阻まれそうだ。

     「中国主導の東海岸鉄道計画(ECRL)は非常にリスクが高く、しかも、理にかなっていない。
    マレーシアにとって全く有益ではない」

     「同計画を進めれば、新たな1MDB(ナジブ前首相設立の巨額負債を抱えた政府系投資会社)を生む結果になるだろう」

     国連などの国際機関で高い評価を受けるマレーシア人の経済学者、ジョモ・スンダラム教授が、一帯一路の最重要プロジェクトの1つとされるECRLについて、このような評価を下していることが、筆者の取材で明らかになった。

     同氏は、新政府に経済政策などで指針を仰ぐため、マハティール新首相が発足させた国際的に著名なマレーシアのベテラン専門家を結集させた「上級専門家評議会」の1人。

     同評議会は、マハティール新首相がかつて自身の政権の経済政策の要と信頼してきたマレーシア政界の重鎮、ダイム元財務相をトップに、政権発足から100日間限定で開かれる。

     上記のジョモ教授をはじめ、アジア華人財界の大御所で、砂糖精製業などで財を成し“シュガー・キング”と異名を持つロバート・クオック(香港在住、マレーシア国籍)、IMF(国際通貨基金)の専務理事の候補にもなったことがあるゼティ・アジズ(元マレーシア中央銀行総裁)ら5人で構成される。

     今後、ECRLに関しては、「中国政府と交渉した上、中止になる公算が高い」(マレーシア与党関係者)という見方が現在、有力だ。

     ECRLは、(米海軍の環太平洋の拠点がある)シンガポールを封鎖された場合、中国からマレー半島東海岸側に抜ける戦略的優位性があり、「(マレー半島南部のシンガポール直下)マラッカ・ジレンマ」を克服する意味で、地政学的に極めて重要拠点となるマレーシアを取り込む中国の「一帯一路」の生命線である。

     習国家主席肝いりの一帯一路の目玉プロジェクトであるECRLは、総工費550億リンギ(1リンギ=約28円)をかけ、南シナ海側のタイ国境近くからマラッカ海峡まで、マレー半島を東西横断する形で、クアラルンプール近郊と東西の重要港を結ぶ総距離約680キロの一大プロジェクト。工事はすでにスタートしており、2024年7月の完成を目指す。

    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53132

    【【マレーシア】一帯一路のマレーシア東海岸鉄道計画中止か 1兆5000億円総工費は中国の”融資トラップ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/05/16(水) 22:36:52.64 ID:CAP_USER9
    my250
     
     【クアラルンプール=中野貴司】マレーシアのマハティール政権は16日、6月1日付で税率6%の消費税を廃止すると発表した。消費税はナジブ前政権時代の2015年4月に導入された。マハティール氏が率いた野党連合は総選挙のマニフェスト(政権公約)で消費税廃止を訴えていた。

     新政権は公約を直ちに実行に移すことで、国民からの高い支持を維持したい考えだ。ただ、安定財源となっていた消費税の廃止で、東南アジア各国の中では比較的高い政府債務水準などがさらに悪化する懸念がある。

     マハティール首相は16日、「歳出には大きな無駄があり、今後切り込んでいく」と語り、財政健全化に取り組む方針を改めて強調した。


    日本経済新聞 2018/5/16 19:02
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30587000W8A510C1FF8000/

    【【国際】マレーシア、6月1日に消費税廃止 総選挙で約束 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: あられお菓子 ★ 2018/05/13(日) 13:40:06.71 ID:CAP_USER9
    my250

     【ジャカルタ武内彩】独立以来初めての政権交代が起きたマレーシアで12日、入国管理局が
    ナジブ前首相の出国を禁止した。国外逃亡を阻止する意図があるとみられる。ナジブ氏には
    政府系ファンドを巡る巨額の汚職疑惑が持ち上がっており、就任したばかりのマハティール首相(92)の
    政権下で捜査対象になる可能性がある。

     ナジブ氏に対しては、自身が設立した政府系ファンド「1MDB」から約7億ドル(約760億円)が
    個人口座に送金されたとする疑惑が指摘されている。国内の捜査当局は「送金はサウジアラビア王室からの
    個人的な献金だった」と結論付けて捜査を終結したが、マハティール氏は12日の記者会見で
    「前首相が行ったことには十分な証拠がある。必要となれば法が裁くだろう」と言及しており、
    疑惑追及が再開される可能性が高い。

     ナジブ氏は同日午前7時(日本時間午前8時)過ぎ、フェイスブックに「家族と過ごすため
    しばらく休暇を取る」と投稿。地元メディアによると、妻とインドネシアに出国する予定だったとみられるが、
    禁止命令が出た直後に予定を変更した模様だ。

     ナジブ氏は同日午後に記者会見し、選挙結果の責任を取って最大与党だった「統一マレー国民組織」の
    党首と連立政権を担った「国民戦線」の代表を辞任すると発表した。

     一方、マハティール氏は財務相など3閣僚の人事を発表した。副首相には、首相の座を譲ると公言している
    アンワル元副首相=同性愛行為の罪で服役中=の妻ワンアジザ氏を充てた。

     ロイター通信は、アンワル氏が15日にも釈放される見込みと報じた。


    毎日新聞 2018年5月13日 東京朝刊 
    https://mainichi.jp/articles/20180513/ddm/007/030/072000c 

    【【国際】マレーシア ナジブ前首相の出国禁止 汚職疑惑再び追及か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/05/12(土) 15:57:22.34 ID:CAP_USER
    my250
     
     1957年の独立後、初の政権交代が起きたマレーシアには、多くの日系企業が進出している。
    首相に返り咲いたマハティール氏は、前政権下で目立った中国企業依存からの脱却を目指すとみられ、
    高速鉄道の車両受注などで中国と競合する日本勢に追い風になるとの見方も出ている。
     外務省によると、マレーシアに拠点を置く日系企業は約1400社。

    安価な労働力を背景に80年代後半から電機メーカーなどが相次ぎ進出し、現地の所得向上に伴いサービス業も後を追った。
     政権交代について、合弁会社を通じデパートやドラッグストアで化粧品を販売する資生堂は「日本の化粧品は評価が高く、
    現地の売り上げに影響するとは思わない」(直川紀夫執行役員常務)と分析する。
     新政権は、日本の消費税に当たる物品サービス税の撤廃を掲げており、実現すれば消費を押し上げる可能性がある。
    一方、財政が悪化し通貨安が進めば、現地の輸入価格が上昇し、日系サービス業に悪影響を及ぼす恐れもある。

     81~2003年に首相を務めたマハティール氏は、
    日本などに学ぶルックイースト(東方)政策を掲げて経済発展に導いた実績がある。
    選挙戦では中国との経済活動を重視した当時の政権を「中国偏重」と批判した。
     入札中のクアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道計画では、住友商事やJR東日本、
    日立製作所など日本の企業連合と中国勢の競り合いが予想される。企業連合内には政権交代が入札に有利に働くとの期待もある。
     一方、新政権が支持基盤を強化するため、国内の産業保護を優先する可能性がある。
    「政権交代の影響を精査する必要がある」(大手エネルギー幹部)との指摘も出ている。

    時事ドットコム
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018051200349&g=eco

    【【マレーシア】「脱中国依存」の行方注視=マレーシア政権交代で-日本企業[05/12] 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/05/11(金) 00:59:05.18 ID:CAP_USER9
    no title

    5月10日 23時27分
    9日投票が行われたマレーシアの議会下院の選挙で勝利した野党連合を率いる92歳のマハティール氏が首相に就任する宣誓式が10日夜行われ、世界でもほとんど例がない90代の国家指導者が誕生しました。

    9日投票が行われたマレーシアの議会下院の選挙では、かつて20年以上にわたって長期政権を率いた92歳のマハティール元首相率いる野党連合が議席の過半数を獲得して、ナジブ氏の与党連合に勝利しました。

    マハティール氏は、国王から新政権の首相に任命され、10日夜、首都クアラルンプールで開かれた宣誓式で首相に就任しました。これにより世界でもほとんど例がない90代の国家指導者が誕生しました。

    一方、与党連合を率いたナジブ氏は会見で、「今回の選挙で示された人々の判断を受け入れ、議会制民主主義を尊重する」と述べて、選挙での敗北を認めました。そのうえで「国王の判断を尊重する」と述べ、スムーズな政権交代に協力する意向を示しました。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180510/k10011434401000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002 

    【【マレーシア】92歳のマハティール氏 マレーシア首相に就任 世界でもほとんど例がない90代の国家指導者が誕生 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 魔戒騎士黄金牙狼 ★ 2018/04/03(火) 22:57:12.82 ID:CAP_USER9
     my250
    ミャンマーの少数派のイスラム教徒、ロヒンギャの人たち56人を乗せた船がマレーシアの沖合で発見され、マレーシア当局がミャンマーを脱出した経緯などを調べることにしています。
    マレーシアの海上警備当局によりますと、保護されたのはミャンマーの少数派、ロヒンギャの男女56人で、マレーシア北部のランカウイ島の沖合で船の甲板や屋根の上までほぼ隙間なく乗って移動しているのを発見され、3日午前、警備船の先導で港に到着しました。
    56人のうち20人は子どもで、食べ物や薬などの提供を受けているということです。

    ロヒンギャをめぐっては、現地の武装勢力とミャンマー政府の治安部隊との戦闘の影響で国外に逃れる人が後を絶たず、隣国バングラデシュとミャンマーは避難民の帰還で合意したものの、再び危険にさらされることをおそれて帰還を望まない人たちもいます。

    イスラム教徒が大半を占めるマレーシアにも以前から多くのロヒンギャの人たちが船や陸路で避難しており、マレーシア当局は今回のグループがどのような経緯でミャンマーを脱出したのか、話を聞くことにしています。
    4月3日 22時01分

    NHK 
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20180403/k10011389931000.html 
    【【ロヒンギャ】56人乗せた船を発見 マレーシア沖で 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 煌 星龍 ★ 2018/03/22(木) 21:51:45.03 ID:CAP_USER9
    my250
     
    マレーシア国旗を「IS」と勘違い 米で訴訟に発展

    米カンザス州の従業員団体がマレーシア国旗を過激派組織「イスラム国」のシンボルと間違えた上、同国旗を掲げた会員から権利をはく奪したとして、
    アメリカ自由人権協会(ACLU)カンザス支部がこの従業員団体を提訴した。ACLUは、「人種差別と露骨な宗教差別」と非難している。

    提訴されたのは航空業界の従業員団体、スピリット・ボーイング従業員協会。
    この会に所属するムスリム(イスラム教徒)でマレーシア国籍のムニール・ザニアル氏は昨年9月、マレーシアの独立記念日とラマダン(断食月)の終わりを記念して、協会が所有する施設を借りてパーティーを主催した。

    パーティーにはインド系、マレーシア系の人々が参加したほか、ヒジャブを着用した女性も参加していたという。

    だが協会の職員の一人が、参加者が「米国旗にイスラム国のシンボルを重ねたもの」を掲げているとして連邦捜査局(FBI)に通報。後に、この旗がマレーシア国旗だったことが判明した。

    FBIは翌10月に捜査を打ち切ったものの、協会はその後も興信所を雇って調査を続け、ザニアル氏に通達せずに同氏の施設貸借権をはく奪した。

    露骨な宗教差別
    ACLUカンザス支部のトップは「誰かを外見や伝統行事からテロリストと断定するのは恥ずべきこと。
    さらにその間違いを露骨な宗教差別の根拠として使い続けるのは、たとえFBIが否定しているとしてもなお非難に値する」と強く批判している。

    一方、スピリット・ボーイング従業員協会はコメントを控えている。

    BBC
    http://www.bbc.com/japanese/43495792 
    【【ちゃんと調べましょう】マレーシア国旗を「IS」と勘違い 米で訴訟に発展 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/01/31(水) 17:32:15.12 ID:CAP_USER9

    2018.01.31 Wed posted at 10:49 JST
    (CNN) 北朝鮮の金正男(キムジョンナム)氏を殺害したとして起訴された女2人の公判が30日、マレーシアの裁判所で開かれた。証言に立った捜査員は女のうちの1人について、事件の数週間前にスカウトされ、日本のお笑い番組だと信じていたと語った。

    捜査員によると、インドネシア人のシティ・アイシャ被告は2017年1月、400マレーシアリンギット(約1万円)の報酬を受け取って、日本のユーチューブの番組のためにいたずらをしかけるよう持ちかけられた。

    アイシャ被告は同年2月13日、クアラルンプール国際空港で金氏の顔面に神経ガスのVXをなすりつけた罪に問われている。同被告本人も、テレビ番組の演出だと思ってやったと主張していた。

    マレーシア当局は、シティ・アイシャ被告とベトナム国籍のドアン・ティ・フォン被告(29)について、北朝鮮に訓練された工作員だったと見ている。 これに対して両被告とも一貫して、男性の顔になすりつけたのはベビーオイルだったと思ったと訴えてきた。

    捜査員の証言によると、シティ・アイシャ被告はタクシー運転手に声をかけられ、日本で放映されるユーチューブのお笑い番組への出演を持ちかけられた。その日のうちに、クアラルンプール市内のショッピングモールで、「あの日本人」と呼ばれる男と会った。

    しかしこの男は、実は北朝鮮人だったとされる。この男を含む3人は同年3月に、北朝鮮へ強制送還された。

    両被告は有罪になれば、死刑を言い渡される公算が大きい。次回公判は2月8日に開かれる。

    CNN
    https://www.cnn.co.jp/m/world/35113972.html 

    【【マレーシア】金正男氏殺害の女、「日本のお笑い番組」のつもりだった 有罪の場合は死刑も 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    abesouri
    安倍晋三首相は12日午後(日本時間同)、政府専用機でベトナム・ダナンを出発し、フィリピン・マニラに到着した。13日からの東アジアサミット(EAS)を含む東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議に出席する。

     関連首脳会議に先立ち、安倍首相は12日午後、マレーシアのナジブ首相とインドネシアのジョコ大統領と相次いで会談した。

     日マレーシア首脳会談では、ナジブ氏が、11日にベトナムで開かれた太平洋戦略的経済連携協定(TPP)閣僚会合で参加11カ国が新協定の大筋合意に至ったことについて「日本のリーダーシップに感謝する」と述べ、安倍首相は「早期発効に向けて努力したい」と応じた。


    【安倍首相マニラ入り マレーシア、インドネシア首脳と相次ぎ会談】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    フィリピン国家警察は6日、東南アジアでイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓う過激派が、マレーシア人の男を新たな指導者にしたとの見方を明らかにした。フィリピン南部で逃走中とみられ、行方を追っている。フィリピン政府は、日米中露など計18カ国の指導者が集う東アジアサミットを14日に控え、約6万人を動員した厳戒態勢でIS勢力のテロを警戒する。

     男はアミン・バコ容疑者。報道では34歳で、マレーシア・サバ州出身。インドネシアの過激派組織「ジェマ・イスラミア」(JI)に所属したとされ、簡易爆弾製造の専門家。「フィリピン滞在が最も長い外国人戦闘員の一人」(警察)で、米国なども手配している。

     比ミンダナオ島マラウイでは、ISに忠誠を誓う過激派と5カ月の衝突の末、政府は先月23日、戦闘作戦の「終結」を宣言した。
    【東南アジアのIS過激派、マレーシア人が新指導者か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    my250  
    マレーシアのナジブ首相は30日、北朝鮮との関係について「外交、政治、経済を含めた両国の関係を見直している」と発言し、キム・ジョンナム(金正男)氏の殺害事件以降、両国関係が悪化する中、マレーシアが今後、国交の断絶など強硬な措置に踏み切るかどうか注目されます。

    マレーシアのナジブ首相は30日の議会で、先月、アメリカを訪問した際、トランプ大統領と核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮への対応を話し合ったとしたうえで「外交、政治、経済を含めた両国のあらゆる関係を見直している」と述べました。

    マレーシアと北朝鮮の関係はことし2月、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の兄、キム・ジョンナム氏がクアラルンプール国際空港で殺害された事件以降、悪化していて、マレーシアは北朝鮮の外交官の人数を削減したほか、北朝鮮にある大使館の閉鎖も検討しています。 
      

    【マレーシア ナジブ首相 「北朝鮮との関係見直し」と発言 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    my250
    マレーシアが今年6月以降、北朝鮮からの輸入を停止していることが13日、明らかになった。ロイター通信が報じた。また、マレーシアのアニファ外相は12日、北朝鮮に置く大使館を閉鎖する意向を表明。北朝鮮の友好国のひとつだったマレーシアが北朝鮮と距離を置く姿勢を明確にしていることで、国際的な「対北包囲網」がいっそう狭まった形だ。

     マレーシア当局の統計によると、同国は1~5月に北朝鮮から石炭など2060万リンギット(約5億4600万円)を輸入したが、6、7月の実績はゼロとなった。マレーシアは近年、北朝鮮からの輸入を増加させていた数少ない国の一つだった。

     一方、現地メディアによると、アニファ氏は平壌にある大使館を閉鎖する背景として、2月にマレーシアの空港で北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏が殺害された事件で、大使館員らが帰国できない事態が起きたことを指摘。安全が保証できないことから、今後は北京の大使館へ業務の移管を検討するとした。

    【マレーシアが北からの輸入停止、大使館も閉鎖へ 狭まる包囲網】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    マレーシア370便
    2014年3月に消息を絶ったクアラルンプール発北京行きのマレーシア航空機について、捜索していたオーストラリア運輸安全局は3日、機体は見つからず行方不明の理由も解明されなかったとする最終報告書を発表した。

     最終報告書は「不明の理由は機体が発見されるまで確定できない」とした上で、旅客機が不明になるのは「あり得ないことで、社会的に受け入れ難い」と指摘した。 

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017100400057&g=int 【マレーシア機不明のまま最終報告=豪】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    my250
    マレーシア政府は朝鮮半島における緊張が高まっているとして、マレーシア人の北朝鮮への渡航を禁止すると発表しました。

    マレーシア政府は28日、北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイルの発射などで朝鮮半島における緊張が高まっているとして、事態が沈静化するまでの間、北朝鮮へのマレーシア人の渡航を禁止すると発表しました。

    マレーシアと北朝鮮の間では、ことし2月、マレーシアでキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の兄、キム・ジョンナム(金正男)氏が殺害される事件が起きて以降、関係が悪化しています。

    北朝鮮による核・ミサイル開発をめぐっては、アメリカのトランプ政権が北朝鮮と国交がある東南アジア諸国など関係国に対して、外交や貿易面での関係を見直し、北朝鮮を孤立化させるよう訴えており、マレーシア政府としても北朝鮮に強硬な姿勢を示す狙いがあるものと見られます。

    【マレーシア政府 自国民の北朝鮮への渡航禁止 発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    3日、東方網は、2014年に消息を絶ったマレーシア航空旅客機の調査をしていたマレーシアの外交官が、マダガスカルの首都アンタナナリボで暗殺されたと伝えた。

    2017年9月3日、東方網は、2014年に消息を絶ったマレーシア航空旅客機の調査をしていたマレーシアの外交官が、マダガスカルの首都アンタナナリボで暗殺されたと伝えた。

    英紙デーリー・メールの1日付報道によると、同航空370便の調査にあたっていたマレーシアの駐マダガスカル名誉領事1人が、8月24日にアンタナナリボで何者かに銃殺されたという。この領事は2009年に起きた誘拐事件に携わったことで前々から狙われていたとの見方もあるようだ。

    その一方で、同便の残骸の収集活動を行っているという米国の弁護士は「領事はマダガスカルで同便の残骸を集め、現地で見つかった残骸をマレーシアに送る任務を負っていた。領事は新たに見つかった残骸をマレーシアの

    【消えたマレーシア航空機の残骸収集していたマレーシア外交官、マダガスカルで暗殺される―英メディア】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    アジア・太平洋戦争中、日本軍によって多くの華人(中国系住民)が犠牲になったマレーシアの首都クアラルンプールで15日、犠牲者の追悼式典が行われた。

     「日本軍の侵略と暴行は永遠に忘れることはできない」。午前11時から始まった式典。華人団体「中華大会堂」の翁清玉さん(68)のあいさつに、地元の中学生約100人が耳を傾けた。

     式典に参加した葉徳明さん(90)は15歳の時、泰緬鉄道の建設から逃げた兄を捜しに来た日本軍に家を焼かれ、父とともに拷問にあい、逃げた山奥で抗日軍に加わった。「日本への恨みは無くしていくべきだと思うが、ひどい暴力だった。戦争はいけない」と語った。

     真珠湾攻撃より約1時間早く日本軍が上陸したマレー半島では多くの場所で華人が殺された。戦後、防衛庁防衛研究所図書館で発見された日本軍の「陣中日誌」などにもこうした虐殺は記録されている。式典はクアラルンプール市だけでなく、被害のあった各地で毎年8月や死者を弔う清明節などに行われている。

    朝日新聞
    http://www.asahi.com/articles/ASK8H441GK8HUHBI01X.html 【「侵略忘れられない」マレーシアで太平洋戦争の追悼式典】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル