かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



    カテゴリ: ニュージーランド

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    no title
     ニュージーランドのアーダーン首相はオーストラリアのターンブル首相と会談し、今週ベトナムで閣僚会合が開かれるTPP=環太平洋パートナーシップ協定について、参加11か国による大筋合意の実現に意欲を示しました。

    先月就任したニュージーランドのアーダーン首相は5日、就任後初めて隣国オーストラリアを訪れてターンブル首相と会談しました。

    会談後の記者会見でアーダーン首相は、今週ベトナムで閣僚会合が開かれるTPPについて「ニュージーランドの輸出企業の利益を追求したい。TPPがとりわけ日本との提携によって明確な機会をもたらすことは明らかだ」と述べ、大筋合意を実現させることに意欲を示しました。

    一方で、海外に進出した企業がその国の急な制度の変更などで損害を受けた場合に、国を相手取って国際的な仲裁機関に訴訟を起こすことができるISDS条項については修正の可能性を探る方針を示しました。

    また、オーストラリアが難民認定を求めて不法に入国しようとした人々をパプアニューギニアにある施設に収容してきたことをめぐって、アーダーン首相は一部の人々の受け入れを提案しましたが、ターンブル首相はアメリカとの間で結ばれた同様の合意を優先させたいと述べました。 
      
    NHK 

    【NZ首相 TPP大筋合意に意欲も一部修正探る 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    no title
    ニュージーランド(NZ)のアーダーン首相は30日、米国の環太平洋経済連携協定(TPP)離脱後、残る参加11カ国が早期発効をめざす「TPP11」にNZが批准する可能性に言及した。日本などが大筋合意のめどとする11月10~11日のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会合の前に「障害の解決策を見いだしたい」との意欲を示した。 
      
     10月30日の地元ラジオ番組で述べた。26日に発足した新政権は、外国人によるNZの中古住宅購入を禁じるため、TPP11について改めて交渉することを公約に掲げていた。アーダーン氏は首相就任後に事務方からTPP交渉の説明を受けたとした上で、「TPPと不動産購入規制のどちらかしか選べないわけではない」と語った。

     APEC参加のためベトナムに出発する前に「TPP11の最大の障害の一つを取り除きたい」と表明。TPP批准と不動産規制の両立について「正しいメカニズムを使えば可能だ」と言明した。 
      

    【NZ新首相「TPP11批准は可能」 APEC前に解決めざす】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ニュージーランド(NZ)で環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の見直しを公約に掲げた新政権の誕生が決まり、11月の大筋合意に黄信号がともっている。早期合意に積極的な立場を取ってきた先頭集団の一角だけに、慎重派に転じれば影響は必至。日本は米国に加えNZも離脱する事態を念頭に、残り10カ国による発効を検討する。

     TPPを担当する茂木敏充経済再生担当相は20日の記者会見で「NZの新政権でTPPへの対応を含む政策を調整する。まずはそれを見守りたい」と述べた。

     9年ぶりに政権を奪還する労働党は「外国人による中古住宅の購入禁止」を打ち出し、高水準の投資自由化を掲げたTPP協定の再交渉を迫る構え。新政権に協力するニュージーランド・ファースト党と緑の党も協定には反対の立場だ。

     

    【TPP「ニュージーランド抜き」検討 日本、新政権と再交渉せず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    任期満了に伴うニュージーランド(NZ)総選挙(一院制、基本定数120、任期3年)の投票が23日行われ、即日開票の結果、政権4期目を目指す与党・国民党が第一党を維持し、勝利した。ただ、単独で過半数を獲得できず、環太平洋連携協定(TPP)に批判的な政党と連立協議を行う方針で、日本などとTPPを主導してきたNZは姿勢を転換する可能性がある。
     選管によると、開票率99%の段階で各党の獲得予想議席数は、国民党が58(改選前58)、労働党が45(同31)。このほか、TPPに批判的なNZファースト党が9(同12)など。
     結果を受け、イングリッシュ首相(55)は「強力で安定的な政権」に向けて、NZファースト党と連立協議を行う考えを表明した。昨年12月に就任した首相は、党が政権の座に就いた2008年からの安定的な経済運営の実績を訴え、有権者に「政治の継続」をアピールした。

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017092300543&g=int 【与党・国民党が勝利=過半数成らずTPPに懸念-NZ総選挙】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ニュージーランドで13日、中国出身の国会議員が中国で軍事および諜報(ちょうほう)活動の訓練を受けていたことが発覚し、中国政府のスパイであるとの疑惑が浮上した。この議員は、自身が人種差別を背景とした組織的中傷の被害者だと訴え、疑惑を否定した。

     英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)とニュースサイト「Newsroom」が共同で行った調査によると、中国のエリートスパイ学校とのつながりをめぐり、中国出身のジャン・ヤン(Jian Yang)議員はニュージーランドの情報機関の捜査対象となっているという。

     また両メディアによると、2011年に議員に当選したヤン氏は、中国軍情報部員のための言語学の一流校で講師を務めていた経歴を隠していたという。 


    【ニュージーランド議員に中国のスパイ疑惑】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル