かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



    カテゴリ: 立憲民主党

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/01/10(水) 18:54:49.37 ID:CAP_USER9

    no title

    民進党は10日の常任幹事会で、昨年末に蓮舫元代表が提出した離党届の受理を決めた。蓮舫氏はすでに立憲民主党に入党届を提出して承認されており、「二重党籍」状態になっていた。

    2018.1.10 18:36 産経新聞
    http://www.sankei.com/politics/news/180110/plt1801100020-n1.html

    【【立憲民主党】蓮舫氏が脱「二重党籍」 民進党が離党届受理】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/01/07(日) 13:45:13.44 ID:CAP_USER9
    立憲民主党の枝野幸男代表は7日のNHK番組で、民進党が求めている希望の党を含む3党での統一会派結成について改めて拒否した。「とても考えられない。理念、政策の違う希望と丸ごと組むのは自己否定につながる」と述べた。

     同番組で希望の玉木雄一郎代表は、与党が3分の2を占める国会の現状に触れ「(対峙するには)できるだけ力を合わせていくことが不可欠だ」と前向きな考えを表明した。終了後、記者団に「通常国会が22日に始まる。そこをめどとして一定の結論を得る。今週がヤマ場になる」と語った。

     民進の大塚耕平代表は「私たちは3党での結成をぎりぎりまで追求する」と強調した。

    2018/1/7 12:39
    共同通信
    https://this.kiji.is/322580701914858593

    【【野合】枝野氏「考えられない。統一会派は自己否定」 玉木氏「力合わせること不可欠」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 復讐の鬼 ★ 2018/01/06(土) 14:15:00.56 ID:CAP_USER9
    これから迎える新しい時代を、もっといい時代にしなければならない。心からそう思います。
    私にとっての一つの希望は、立憲民主党です。「日本の政治から選択肢が無くなってしまう」、澎湃と湧き上がる皆さんの声によって、
    立ち上げていただいた新党です。

    立憲主義と民主主義を大切にする、この党を足場に日本や世界の課題に取り組んでまいります。

    一方で、世界は、これから米中の二強体制がますます強まります。その中で日本の果たす大きな役割は、
    米中が協調して世界の秩序維持に取り組むように米中の接着剤となることです。日本が重要な鍵を握ります。
    米中がぎくしゃくして、衝突するようなことがあれば世界は大混乱に陥ります。

    さらに、重要なことは日本の近隣外交です。特に日中韓が鉄の結束で北東アジアの安定に協力しなければなりません。
    しかし、未だ戦後処理について双方に大きな隔たりがあります。その隔たりが近年さらに大きくなっているように思います。
    これらの課題に取り組むことが立憲民主党の使命であると考えます。
    私自身、立憲民主党では代表代行、政調会長を拝命しました。枝野幸男代表、福山哲郎幹事長らと結束して、

    私のポスターのスローガンでもある「日本はもっと良くなる!」を実現すべく全力を尽くしてまいります。

    ハフポスト
    http://www.huffingtonpost.jp/akira-nagatsuma/new-year-constitutional-democratic-party_a_23324469/

    【【政治】元厚労大臣 長妻昭  「日中韓が鉄の結束で協力しなければ」 「平成の次の時代、立憲民主党が日本を良くする!」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ボラボラ ★ 2017/12/29(金) 09:46:35.15 ID:CAP_USER9
     立憲民主党の福山哲郎幹事長は28日、民進党が提唱する立民、希望の党の3党による統一会派結成構想に関し、民進党に「これ以上検討しない」と拒否する意向を伝えたことを明らかにした。

     立民は26日に民進党から統一会派結成の申し入れを受けた際、希望の党を含む枠組みでの会派結成は拒む方針を伝えていた。福山氏によると、27日に民進党から確認事項に対する回答があり、3党による統一会派結成を目指す方針は変わらないとの考えが示されたため、検討を拒否する意向を伝えたという。

     これに対し、民進党の大塚耕平代表は28日の記者会見で「統一会派を実現する方向でぎりぎりまで努力したい。引き続き立民にも働きかけていきたい」と語り、交渉継続を目指す意向を示した。

     希望の党は28日の臨時役員会で、年明けから民進党と統一会派結成に向けて協議に入ることを決めた。岸本周平役員室長は「民進党は希望の党と合流することが前提だった。協議のテーブルにつくのは自然の流れだ」と記者団に語った。

    ヤフーニュース(産経新聞)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171229-00000506-san-pol

    【立憲民主党、統一会派「検討しない」 民進党はなお交渉継続に期待 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2017/12/27(水) 07:03:33.94 ID:CAP_USER9
     
     御用納めを目前にした永田町で、生き残りに躍起となる民進党の右往左往が他党の冷笑にさらされている。巨大与党打倒のための民進系再結集を狙った「新党結成」構想も、相変わらずの「党内バラバラ」で不発に終わり、12月26日の合同会議では元仲間の立憲民主党と希望の党に「3党統一会派」を呼びかけるというその場しのぎの方針でお茶を濁した。

     しかし、大塚耕平代表が再結集のため打ち出した捨て身の新党作戦に異論が噴出して離党ドミノが続く中、蓮舫前代表までが合同会議後に離党、立憲民主党入りに踏み切る事態に。年末の党内大混乱で、党再建や再結集は「元の木阿弥」(民進若手)になった。

     民進党は合同会議後、古川元久幹事長が立憲民主、希望の両党幹事長に次期通常国会での民進系3党による「統一会派結成」を打診したが、立憲民主は拒否した。希望は対応を留保したが、民進・希望両党の統一会派については民進党内の反対論が根強く「統一会派結成は極めて困難」(民進長老)な状況だ。民進系3党の間では野党第1党の座をめぐる軋轢(あつれき)も顕在化しており、年明け以降も民主党時代と同様の「決められない政党」の迷走が続きそうだ。 

    ■ベテランの反対で「結論先送り」

     民進党は25日の常任幹事会と26日の両院議員総会・全国幹事会合同会議で党再建策を協議した。その結果、当面は新党結成と党名変更を見送り、党を存続したまま基本政策や党組織の見直しを進め、立憲民主、希望両党には統一会派結成を打診する方針を確認した。民進党内には「次の参院選を戦えない」との危機感から早期の新党移行を主張する向きも少なくなかったが、岡田克也元代表らベテラン議員が党存続を強く主張したため、大塚代表も「結論先送り」を余儀なくされたのが実態だ。 

     党執行部は、(1)安全保障関連法の違憲部分の削除、(2)森友・加計学園問題の徹底追及、(3)長時間労働規制、などでの「共闘」を前提に統一会派を打診する方針を確認した。しかし、枝野・立民代表は「永田町の数合わせの論理に乗ったら自己否定になる」と統一会派結成も拒否する姿勢を変えなかった。

     これに対し、希望の党・玉木代表は「申し入れがあれば真剣に検討する」と述べる一方で、「(国会での共闘には)一定のルールと政策合意が必要だ」と条件を付けていた。さらに、民進党に含まれる衆院会派「無所属の会」のメンバーは、合同会議に先立ち、統一会派打診は認めるが希望の党全体とは組むべきではないとの方針を確認した。

     枝野氏は21日の日本記者クラブでの記者会見で、10月の衆院選直前に民進党が3分裂したことについて「1996年の民主党結党から続いてきた『大きな塊論』の行き着く先が分裂だった」と総括。「政権交代を自己目的化した結集論で国民の支持を失った」と指摘した上で、「我々が主張した『真っ当な政治』に集まった支持に応えるためにも、小さな政党での草の根からのチャレンジが最優先」と、民進再結集論を否定した。

     一方、枝野氏に続いて22日に記者会見した玉木氏は「我々が目指すのは『中道のど真ん中』の政党」と強調。古巣の民進党について「ここ数年間、左に寄りすぎたきらいがある。コオロギは食えても、イデオロギーで飯は食えない」と冗談交じりで批判し、リベラル勢力とは一線を画す「寛容な改革保守」政党として政権交代を目指す立場を明確にした。

    ■枝野氏「希望とだけは一緒にやれない」

     ただ、政策マンらしい両氏の政治理念や政策アピールの裏側には、民進3分裂の際の感情のもつれも際立つ。玉木氏は「特別国会での与野党攻防をみても、やっぱりバラバラではダメ」と将来の再結集への期待を隠さないが、枝野氏は「希望とだけは一緒にやれない」とにべもない。希望の党を結党した小池百合子東京都知事に排除されたことが立憲民主結党の原点だからだ。

     メディア各社の世論調査でも立憲民主の政党支持率は10%前後を維持しており、1~2%に低迷する民進、希望の両党に大差をつけている。このため枝野氏は「わが党の政治理念や政策に共感する議員の入党は歓迎する」と野党第1党としての勢力拡大に意欲を示す。すでに、有田芳生、江崎孝、風間直樹各参院議員が民進を離党し、立憲民主入党の手続きを取ったが、「枝野氏の引き抜き」(民進執行部)とみられている。

    (略)


    ヤフーニュース(東洋経済)
    【民進党「新党結成」構想はやはり不発に終わる 立憲民主党・枝野「希望とだけは一緒にやれない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2017/12/26(火) 21:16:01.46 ID:CAP_USER9

    不倫疑惑で民進党を離党した後、無所属で当選した山尾志桜里衆議院議員が26日に立憲民主党に入った。ただ、党内からは不安の声も。そしてもう1人の女性議員の動向も注目されている。

        ◇

    ■山尾氏が入党…不安の声も

    26日朝、立憲民主党の枝野代表と会談した山尾志桜里議員。その場で立憲民主党への入党届を提出した。「政策、理念、哲学が共有できるし、憲法観が一致している」―記者団にこう意気込みを語った山尾氏。

    「男女の関係はありません」「深く反省しおわび申し上げます」―山尾氏はことし9月、既婚の男性弁護士との不倫疑惑が報じられ、民進党を離党。10月の衆議院選挙には無所属で出馬した。

    強気の姿勢で選挙戦を展開し、自民党候補との一騎打ちを制して当選。しかし、その後も不倫疑惑を報じられた倉持麟太郎弁護士を政策顧問に迎え、周囲を驚かせた。

    山尾氏を迎える立憲民主党の中からは「自分の行動がどういう風に見られているか見えていないね。数が増えるのはありがたいけど、慎重に行動し発言してもらいたい」との声もあった。

    ■動向が注目される蓮舫氏

    選挙後、山尾氏を含め5人が入党し勢いづく立憲民主党。さらにこの人も――

    民進党・蓮舫元代表「(民進党が)このままどこに歩んでいくのか、正直見えない状態です」

    民進党を飛び出し立憲民主党に入党することを検討している。

    ■離党者相次ぎ…混迷深める民進党

    一方、離党者が相次ぎ、混迷を深めるのが民進党。26日に民進党は年内に解党し、新党を結成することを断念。一方で、立憲民主党や希望の党との統一会派結成を目指すことに決めたが…。

    民進党・柳田稔両院議員総会長「よろしいですね。“異議なし”という声もありましたんで、進めさせていただきます」

    「異議あり!」

    反対の声も根強く残っている。混乱が続く野党側。まとまって安倍政権に対抗する道筋は見えるのだろうか。

    ヤフーニュース(日テレNEWS24)
     https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20171226-00000062-nnn-pol 
    【山尾志桜里、立憲民主党に入党 党内からは不安の声も「自分の行動がどういう風に見られているか見えていない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 酔いどれ爺 ★ 2017/12/26(火) 14:31:08.43 ID:CAP_USER

     無所属の山尾志桜里衆院議員(愛知7区)は26日午前、立憲民主党の枝野幸男代表と国会内で会い、入党届を提出した。会談後、山尾氏は「憲法に関する考え方が全く一致している。理念や哲学も共有でき、政策の実現につなげたい」と記者団に語った。立民は同日午後の常任幹事会で、入党を承認する方針だ。

     会談に同席した福山哲郎幹事長は記者団に「山尾氏は会派で一緒に活動してきた。非常に能力が高く、大きな力になっていただける。歓迎したい」と述べた。

     枝野、山尾両氏は来年1月召集の通常国会での論戦を見据え、憲法改正や待機児童問題などを巡っても意見交換した。

    共同通信
    https://this.kiji.is/318221179210450017

    【山尾氏、立憲民主党に午後入党「理念、哲学を共有」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2017/12/26(火) 18:24:28.38 ID:CAP_USER9
    民進党の蓮舫元代表が26日、離党届を出し、立憲民主党に入党届を出した。これまで立憲や希望の党との統一会派の結成を進める民進執行部に対して、「大義である掲げる旗、政策がない」と反発していた。

     蓮舫氏によると、離党届を出したのは、統一会派の結成呼びかけを柱とする党改革案を正式決定した同日午後の民進会合への出席後。夕には、立憲の枝野幸男代表と会って入党届を出した。

     蓮舫氏はこれまで、民進執行部の党改革の方針を「看板のかけ替えとの批判を受ける。政策の軸を掲げるべきだ」と批判。25日にも枝野代表と国会内で会談し、立憲の理念や政策などについて意見を交わし、立憲入りについて検討していた。

     蓮舫氏が立憲入りすれば、民進を離党して立憲入りする国会議員は4人目(いずれも参院議員)になる。

    配信2017年12月26日17時44分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASKDV440CKDVUTFK00H.html

    【【民進】蓮舫元代表が離党届提出 立憲民主に入党へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2017/12/26(火) 07:33:43.93 ID:CAP_USER9

    原口 一博 @kharaguchi
    今日の民進党常任幹事会で比例選出議員の離党について国民の政党への投票を裏切るものであり議員辞職を求めるという主張を変えるべきでないと申し上げた。主権者の意思の尊重は民主主義、立憲主義の基本であるはず。

    あいんず1173
    @eins1173
    つい最近離党届を出した、A議員のことを念頭に置いてますよね?

    かえるどん
    @frogsensei
    おっしゃる通りです。これがまかり通れば、比例代表ほしさに人気の党を渡り歩いて良いことになります。

    炎上交際™
    @nonflaming
    まさにその通りです。こんなラクガキみたいな紙切れ一枚で、議席を持ったまま離党するなど許されるはずもなく。あまりにも社会常識を逸脱してるし、政党支持者をバカにするのもいい加減にしろと言いたい。 該当議員に対しては、議員辞職した上での離党を求めるよう望みます。 pic.twitter.com/QpIhWSuQwh

    炎上交際™
    @nonflaming
    追記します。この問題のA氏、離党届けを受理される前からこのラクガキを公開したり、メディアと共謀して移籍希望先への入党届けを提出する絵を撮らせるなどして、移籍の既成事実化を謀っています。 こんな非常識な行動を許していては、国民の支持など得られるはずもなく。厳しい対応を求めます。 pic.twitter.com/piRedSaCkl

    googod
    @googods
    正論ではあるけど、今民進党が存在していること自体が、裏切りそのものでもあるんですよね。 解党し、信念に従い行動するのが自然かと

    http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1514241223/

    【【原口一博】比例選出議員の離党について国民の政党への投票を裏切るものであり議員辞職を求めるという主張を変えるべきでない 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2017/12/26(火) 07:43:16.52 ID:CAP_USER9
     立憲民主党twitter2
     民進党の蓮舫元代表(50)と無所属の山尾志桜里衆院議員(43)の立憲民主党への入党が有力との見方がある中、立憲民主党内に難色を示す声がくすぶっている。

     蓮舫氏については、現在希望の党所属の前原誠司前民進党代表(55)と立憲民主党の枝野幸男代表(53)による9月の民進党代表選で「前原氏に投票した」との情報が駆けめぐった。山尾氏に関しては前原氏が代表選に選出された際に幹事長に指名した人物で、2人には前原氏の影がちらついているのだ。

     「民進党がどこに歩んでいくのか見えない。枝野氏に会い、どういう政党なのか、直接話を聞きたい」

     蓮舫氏が記者団にそう語ったのは14日の民進党の両院議員懇談会後だった。「民進党を維持するにせよ、(党名変更で)看板を掛け替えるにせよ、新党にするにせよ、肝となる政策を掲げるべきだが、大塚耕平代表や執行部から何の説明もない」とも語り、公然と執行部批判を展開した。

     蓮舫氏は現在、立憲民主党の菅直人最高顧問(71)が首相だったときに行政刷新相を務めており、立憲民主党に近い関係にあると感じている可能性は高い。翌15日、枝野氏は「立憲民主党として今回立てた旗をお聞きになりたいのではないか。ご賛同いただければありがたい」と秋波を送った。

     ただ、ある立憲民主党幹部は「9月の民進党代表選で蓮舫氏は前原氏に投票したらしい。本当にそうなら立憲民主党に入党するのは考えざるを得ない」と顔をしかめる。枝野氏が首を縦に振っても、一筋縄にはいきそうにない。

     一方の山尾氏。彼女は前原氏による幹事長就任をいったんは受け入れている。そのタイミングで不倫疑惑が報じられたため就任を辞退したが、不倫疑惑が報じられなければ、就任していた可能性は極めて高い。

     13日には文化放送「The News Masters TOKYO」に生出演し、パーソナリティーから「どの党に入るのか」と問われると、「立憲民主党が憲法についての当面の考え方を社会に提示した。護憲と改憲みたいな今までの2項対立みたいなものとは別のレベルで立憲的な議論をしていく、ということが書き込まれた。これは私の考え方と全く同じ方向だ」と語った。

     実際、山尾氏は衆院の立憲民主党会派に所属しており、入党は時間の問題といえる。

     ただ、立憲民主党内には「保守かリベラルか政策的な立ち位置が分からない」との声もあり、そのことも党内が山尾氏の入党に慎重になる根拠となっている。

     事実、月刊誌「中央公論」8月号に掲載されている座談会で、山尾氏は当時所属していた民進党について「『保守』コンプレックスから脱却したほうがいい」と言いながら、天皇陛下の皇位継承問題について「口先ばかりで『保守』を名乗る自民党よりも、よほど『保守』たる役割を果たしたし、これからも果たしていく」と語っている。

     立憲民主党は政策パンフレットの中で「右でも左でもなく、前へ」と明記し、先の衆院選でも似たようなことを訴えていた枝野氏だが、意味不明の印象は拭えない。

    (略)


    配信2017年12月26日 1時6分
    ライブドアニュース(産経)
    http://news.livedoor.com/article/detail/14079290/

    【【立憲】蓮舫・山尾志桜里両氏の入党に難色のワケ 「排除」の動きか? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2017/12/25(月) 21:52:06.42 ID:CAP_USER9

    ガソリーヌ

     既婚男性との交際疑惑報道で民進党を離党し、衆院愛知7区から無所属で当選した山尾志桜里衆院議員が立憲民主党へ入党する意向を固めたことが25日、分かった。関係者が明らかにした。山尾氏は、同党の衆院会派に所属している。

     関係者によると、山尾氏は23日に地元の愛知県日進市で開いた支援者らの会合で、立憲民主党に加わる考えを示したという。

     山尾氏は衆院選後の会合では、憲法議論を重視して、入党の是非を判断するとしていた。(共同)

    日刊スポーツ 
    https://www.nikkansports.com/general/news/201712250000584.html 


    【既婚男性との不倫疑惑で民進党を離党した山尾志桜里、立憲民主党へ入党する意向を固める 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 名無し1号 ★ 2017/12/21(木) 23:58:36.38 ID:CAP_USER9
    民進・風間直樹参院議員が離党届提出→立憲民主党へ入党届 有田芳生参院議員も

    民進党の風間直樹参院議員(新潟選挙区)は21日、離党届を党本部に提出した。
    その後、国会内で立憲民主党の枝野幸男代表に入党届を出した。すでに民進に離党届を提出している有田芳生参院議員(比例)も同日、
    枝野氏と国会内で会い、立民への入党届を出した。立民は近く2人の入党を認める構えだ。

    有田氏は枝野氏との会談後、自らの政治信条や価値観に最も近い政党が立民だと記者団に説明した。
    「残された任期の中で、憲法や安全保障、原発、拉致の問題に全力を尽くす」と語った。

    立民は、参院民進会派で活動していた無所属の川田龍平参院議員(比例)の入党をすでに承認している。

    産経ニュース 
    http://www.sankei.com/politics/news/171221/plt1712210016-n1.html 
    配信2017年12月21日16時44分 

    【有田芳生参院議員が民進党を離党、立憲民主党に入党届を提出 風間直樹参院議員も 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 名無し1号 ★ 2017/12/19(火) 00:05:37.61 ID:CAP_USER9
     
    「希望と統一会派結成は「野合」 立憲民主・枝野代表」

    no title
      
    立憲民主党の枝野幸男代表は18日、日本外国特派員協会で記者会見し、民進党が目指す立憲民主、希望の党との統一会派結成に否定的な見解を示した。
    「希望の中には安全保障関連法で、われわれと違う意見の人が少なからずいる。統一会派や一つの党になるのは野合だ」と述べた。

    希望では、玉木雄一郎代表ら執行部が中心となり安保法を前提にした防衛政策について議論を進めている一方、大串博志衆院議員らは容認しないと主張している。

    枝野氏は会見で、野党間の協力がすぐに新党結成や政党同士の合併論に結び付けられ、安易だとの認識も表明した。


    配信2017年12月18日20時34分
    東京新聞 
    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017121801002083.html

    【【立憲民主】枝野代表「意見の違う人が少なからずいる希望の党との統一会派結成は野合だ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2017/12/15(金) 07:17:28.27 ID:CAP_USER9
    http://netgeek.biz/archives/108382

    今後の動きについて方針が定まらない民進党。党内だけでなく党外をも巻き込んで混乱が拡大している。
    民進党の選択肢は2つ。

    新党を立ち上げるか、既存の党に吸収合併されるか。現状では立憲民主党と希望の党があり、党ごと移るか、それとも議員単位で移籍するかというのもまた議論の別れどころ。

    すでに指摘されているように看板だけ変えてもまた同じことの繰り返しなので新党を立ち上げるのは得策ではないように思える。支持率を考えれば立憲民主党が最も有力なのではないだろうか。

    しかし、立憲民主党の枝野幸男代表は民進党と合併するつもりは「ゼロ」とのこと。

    一方で希望の党の玉木雄一郎代表は「与党と戦うために民進党と連携を整えたい」とコメントしている。現状では立憲民主党よりはこちらのほうが可能性がありそう。

    さて民進党の元代表・蓮舫は取材陣の質問に対し立憲民主党に移籍するつもりだと意思を表明した。

    自分が代表だったのに民進党を他人事のようにディスる。

    立憲民主党の枝野幸男代表と話をして今後の動きを探っていくのこと。

    民進党の動きについては所属する議員ですら最新の情報を把握していない。Twitterを覗くだけでも蓮舫自身も大変困惑しているのが分かる。

    党所属の国会議員が何も知らないところで、メディアが先行して解党を伝える。

    報道が間違っているのか。私たちに何も知らされていないのか。
    おかしいでしょ。

    確認する。

    — 蓮舫・れんほう@民進党 (@renho_sha) December 12, 2017

    希望の党、立憲民主党に続いて第三の党ができるか、それとも合流するか。民進党は正念場を迎えている。
    おまけ。

    東京新聞を購読していると明かした蓮舫。案の定、リプライで「東京新聞って(笑)」と一斉にツッコまれている。

    毎日欠かさずチェックする東京新聞の運勢。
    今日のひつじ年は「達人は時の使い方を知り愚人は時を過ごすのみ。時の義の大いなるを知る」とあった。
    ずしっと響いた言葉でした。

    — 蓮舫・れんほう@民進党 (@renho_sha) December 13, 2017


    引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1513289848/

    【蓮舫「立憲民主党に移籍するつもり」 自分が代表だったのに民進党を他人事のようにディスる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 紅あずま ★ 2017/12/10(日) 19:49:14.39 ID:CAP_USER9
    【独自】民進・有田芳生議員あす離党へ
    日本テレビ:2017/12/10 18:35 NEWS24
    http://www.news24.jp/nnn/news890162877.html
    (動画は掲載元でご覧下さい)

     民進党の有田芳生参議院議員が11日、離党届を提出する意向を固めたことが日本テレビの取材でわかった。立憲民主党に入党する考え。

     有田議員は周辺に「月曜日に、民進党本部に離党届を提出する」と話していて、今後は、立憲民主党に入党するという。
    有田議員は8日、その理由を次のように述べていた。

     有田議員「立憲民主党の価値観には、非常に親近感があるのは事実。憲法、安保、原発について自分の思いを矛盾なく主張できる」

     民進党内では、このほかにも離党して立憲民主党に加わることを検討している参議院議員が複数いて、離党者が続く可能性がある。


    【【民進】有田芳生議員あす離党、立憲民主党へ 「(立民の)価値観に親近感がある。自分の思いを矛盾なく主張できる」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 夕凪らっこちゃん ★ 2017/12/02(土) 20:59:49.49 ID:CAP_USER9
    国会議事堂
     北朝鮮がアメリカに届く新型ICBMの弾道ミサイルを発射したことについて12月1日、 国会の衆議院安全保障委員会で立憲民主党の本多平直議員は、安倍首相がトランプ大統領との首脳会談で「日米は100%共にある」とした外交姿勢や河野大臣の「全ての選択肢がテーブルの上にある」という答弁について、先制攻撃した場合は国際法上の違法になるのではと指摘。

    河野大臣は「一概に言えない」と答弁したが、本田氏は「質問に答えてない」と繰り返して追及しました。

    ソース動画、12月1日 政府衆議院テレビ 安全保障委員会 質疑者「本多平直」
    http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=47629&media_type=
    答弁の一部やりとり抜粋動画(ツイッターより)
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/936417544998494208/pu/vid/640x360/Vfg-YjFDg89uQlWd.mp4 



    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1512215989

    【【北朝鮮問題】敵基地先制攻撃の解釈を巡り政府と野党が応酬 河野外相「全ての選択肢ある」 立憲民主党・本多氏「質問に答えてない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
     立憲民主党の枝野代表は26日、民進党の地方議員が入党を希望する場合は「年内が期限」とした自身の発言について、「年内に決めろと迫った気持ちは全くない」と釈明し、事実上撤回した。

     さいたま市内で記者団に語った。

     枝野氏は「(立民に)来ると決めている人がいれば、年内の方がありがたいと言ったつもりだった。年内にどっちか決めてくれという意味で受け止められたら、言い方が悪かったと反省している」とも述べた。

     枝野氏は20日、国会内で記者団に「そろそろ待てなくなっている。年内が期限ではないか」と発言。民進党の大塚代表が「強要することはあってはならない」と不快感を示していた。

    ヤフーニュース 
    【立憲民主党・枝野「入党希望は年内が期限」→「年内に決めろと迫った気持ちは全くない」と釈明、事実上撤回 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    11月15日の衆議院文科委員会で「犯罪者」と発言していた足立康史議員に対し、立憲民主党が11月20日、公の場での謝罪などを改めて求めたと報じられたことで立憲民主党への不快感が出ているようです。 

    これは朝日新聞が「『公の場で謝罪』立憲が要求 維新・足立議員めぐり」というタイトルで伝えていますが、それによると衆議院に懲罰動議を提出した立憲民主党が11月20日、議院運営委員会で足立議員に「『公の場での謝罪』などを改めて求めた」とされています。

    しかし足立議員が既に11月17日に「深く反省し、撤回し、謝罪を申し上げたい」としていること、立憲民主党が懲罰動議を提出していること、また自民党と希望の党が議事録からの発言削除を条件に足立議員の謝罪を受け入れていることから、今回立憲民主党が改めて「公の場での謝罪」を求めた点については「狭量だ」とする反発が目立ち始めているようです。

    足立議員と辻元清美議員の確執も影響しているのではないかなどとも囁かれている一方で「立憲民主党は器が小さいんだな」と謝罪・撤回している相手を更に追い詰めようとする姿勢への批判が見られている他、枝野代表が「日本の保守本流は多様性と寛容を大切にするリベラルで、私は保守本流だ」などと語っていた点に照らして「他人に不寛容じゃないか」と皮肉を呈する声も見られているなど、立憲民主党への厳しい見方が相次いでいます。

    「公の場での謝罪」を求められたことに対しては足立議員もこのように挑発を交えTwitterで呆れとも言えるコメントを出していますが、中には「会見でも開いて形だけ謝罪し、その後辻元追及を更に手厳しくやってやれ」と求める意見もあるなど、更なる展開を期待する人もいないわけではないようです。

    足立「まだ言ってるのか?生コンや野田中央公園の疑惑を追及されたくないのは分かるけど…」


    【立憲民主党「公の場での謝罪を求める」 足立康史「まだ言ってるのか?生コンや野田中央公園の疑惑を追及されたくないのは分かるけど…」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    no title

    自民党は保守政党と名乗っていたと思うが、いつのまにか「革命政党」になったみたいだ。やたら「革命」「革命」と言って、革命政党なんだなとよく分かった。我々は寛容で多様な、リベラルな日本社会を守る。我々こそが正統な保守政党であることをしっかりアピールしたい。

     何か政権を担うというエネルギーを失っているんじゃないかと心配になった。党や意見が違っても、総理大臣として仕事をして頂く以上は、エネルギッシュにやっていただかないと困るので、覇気のない状況はちょっと心配している。

     問いただすべきことが多岐にわたっているので、どうメリハリをつけるかは戦術的に詰めていきたい。野党間では党が違う以上は立場の違う所が多々あるが、同時に共通する所もある。各党ごとに共通する所は連携していこうと思う。(安倍晋三首相の所信表明演説後、国会内で記者団に) 
      
    朝日新聞
    【枝野氏「自民は『革命政党』、正統保守は我々」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
     国会での野党の質問時間削減をめぐり、立憲民主党の枝野幸男代表は12日、名古屋市の街頭演説で「我々が与党の時に野党の持ち時間を長くした。それを求めた野党を知っていますか? 自民党っていうんですよ」と述べた。そのうえで、「与党になったら、野党の時間を短くしろと言う。こういうのをご都合主義と言うんじゃないでしょうか」と批判した。

     枝野氏は自民党の対応について、「よほど野党に国会で聞かれたらまずいことがたくさんあるから、野党の時間を短くしたいとしか言いようがない」と指摘。さらに「(野党が)2分ぐらい聞いたら、10分ぐらい延々と関係ないことをベラベラしゃべり続けているのは、どこの誰なんですか? 安倍晋三首相じゃないですか」とも語った。

     演説後、枝野氏は記者団に対し、「議院内閣制なので、与党としての主張は、大臣、副大臣、政務官が、答弁と称して長々と訴えている」と指摘した。自民党が提案している「与党5対野党5」の質問時間の割合について「5対5にしたら、我々が十分に質問しきるまで、強行採決を一切しないでやるのか」と述べた。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171113-00000009-asahi-pol

    【立憲民主党・枝野幸男、質問時間の割合について「5対5にしたら、我々が十分に質問しきるまで、強行採決を一切しないでやるのか」 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル