かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: トルクメニスタン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: SQNY ★ 2019/07/12(金) 18:38:51.51 ID:CAP_USER
    ・国民の過半数が国外流出? トルクメニスタン、中国の「債務のわな」で経済低迷

    【モスクワ=小野田雄一】閉鎖的で強権的な政治体制から“中央アジアの北朝鮮”とも呼ばれる旧ソ連構成国、トルクメニスタンで、経済危機により同国の推計人口550万人のうち300万人以上が国外流出し、国内には200万人しか残っていない-とする専門家の見解を、ロシアの有力紙、独立新聞(http://www.ng.ru/)が伝えた。主要な外貨獲得源である天然ガスのパイプライン建設で中国に債務を抱え、ガスを安価で買いたたかれる、いわゆる「債務のわな」に陥っていることが経済危機の主な要因だという。

     5日付の独立新聞は、トルクメニスタンを離れた移民がベルドイムハメドフ大統領に政治・経済の改革や開かれた選挙を求める組織「自由への道」を設立し、同国移民の多いトルコ・イスタンブールで第1回総会を開いたと報じた。

    E62F690E-FBC0-41EB-A5A5-29062AB50BAD

    ・Жители Туркменистана массово уезжают в Азербайджан
    求職者達は、トルクメニスタンの国際港からバクー行きのフェリーに乗り、アゼルバイジャンに渡航しようとしている
    https://minval.az/news/123808747

    2019.7.11 産経新聞
    https://special.sankei.com/a/international/article/20190711/0001.html
    【【トルクメニスタン】国民の過半数が国外流出か:中国の「債務のわな」で経済低迷 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: (^ェ^) ★ 2018/05/31(木) 08:33:15.77 ID:CAP_USER9
    no title

    Mi2さんのツイート 

    【党首討論の歴史的意味終えた】今日の党首討論を終えて、 

    立憲民主党・枝野幸男代表 
    「聞かれたことには答えず、余計なことを、ベラベラベラベラしゃべって質問の機会を妨害する卑怯な姿勢。総理を相手に、今の党首討論の制度は、歴史的意味を終えたことがはっきりした」 

    そんなに悔しいのか? 

    (略) 

    ▼ネット上のコメント 

    ・負け惜しみが酷い。 

    ・枝野さん、お誕生日おめでとうございます。以上。 

    ・枝野さんボロボロでしたね!安倍総理にあそこまでコテンパンにされて終わった後にグダグダ言おうが、それは負け犬の遠吠えというものですよwwwwww 

    ・枝野さん、モリカケに終始したのは致命的だったな。やっと党首になれたのにね。長いこと順番が回ってこなかったのは、こういうところなのだろう。 

    ・卑怯=枝野 だと思ってる。そういう人多いんじゃないかな? 

    ・枝野さん?能無しが国民にバレちゃった、非常に恥ずかしく情けない討論会でしたね?🤣 

    ・誰が見ても安倍さんが枝野さんを論破してる。枝野さんは声のトーンも沈んで、明らかに格下な感じ。また、立民は党首討論の内容じゃない。 

    ・歴史的意味を終えたのなら立憲こそ蚊帳の外で、党首討論は続けましょうか! 

    ・日に日に人相が悪くなっているように感じます。大丈夫ですか???いろんな意味で・・ 

     
    【枝野幸男「聞かれたことには答えず、質問の機会を妨害する卑怯な姿勢」「党首討論は、歴史的意味を終えた」 ネット「負け惜しみ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    中央アジア
    中央アジア・トルクメニスタンのグルバングルイ・ベルドイムハメドフ大統領(60)は10日、これまで一定量まで無料だったガス・電気・水道をはじめとする公共料金の支払いを、国民に義務付ける法律に署名した。同国は主要輸出品の天然ガスの価格下落に伴い、経済面で苦境に陥っている。

     トルクメニスタンの国民は政府からの補助金により、これまで毎月35キロワット時の電気と50立方メートルのガス、さらに毎日250リットルの水を無料で使用することができた。

     しかし強権支配を続けるベルドイムハメドフ大統領は、同氏に絶対的な忠誠を誓っていることで知られる諮問機関の国家長老会議に対し、「ガス、水道、電気、住宅・公共サービス、運輸・通信費の支払いを命じる法律に署名する」と宣言。さらに「政府と新たな料金請求案の導入を協議し、段階的に実施していく」と述べた。

     

    【トルクメニスタン、無料だったガス・電気・水道代がついに有料化へ】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル