かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



    カテゴリ: 選挙

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/05/07(月) 06:06:36.02 ID:CAP_USER9
    30A327FC-B628-4E82-9745-9FA1C38A1569

    5月7日 5時15分
    中東のレバノンで、政治の混乱から延期されてきた総選挙が9年ぶりに行われました。イランの支援を受けるイスラム教シーア派組織ヒズボラ陣営が、どれだけ勢力を伸ばすかが焦点となっています。

    レバノンでは、隣国シリアで続く内戦の影響を受けた政治の混乱などにより総選挙が繰り返し延期されて、2009年以来行われていませんでした。

    9年ぶりに実現した今回の総選挙は国民議会の128の議席をめぐって争われ、6日、投票が行われました。

    レバノンでは、地域の覇権をめぐって対立を深める中東の大国イランとサウジアラビアが、それぞれシーア派とスンニ派を主体とする勢力を支援し、影響力を競い合ってきました。
    この数年は、イランを後ろ盾にするシーア派組織ヒズボラがシリアに戦闘員を送ってアサド政権を支援するなど、活動を活発化させています。

    今回の選挙では、ヒズボラ陣営がどれだけ勢力を伸ばしイランの影響力が拡大するかが焦点となっていて、サウジアラビアをはじめヒズボラと対立する隣国のイスラエルやアメリカは警戒しています。

    現在開票作業が進められていて、早ければ日本時間の7日にも大勢が判明する見通しです。

    ヒズボラ “正規軍上回る戦力” の民兵組織

    イスラム教シーア派組織、ヒズボラは1982年、レバノンに侵攻したイスラエルに抵抗する民兵組織として発足しました。
    軍事部門はイランの精鋭部隊、革命防衛隊の訓練を受け、戦力はレバノンの正規軍を上回るとも言われています。

    中東で初めて組織的に取り入れたとされる自爆攻撃によってイスラエル軍に大きな打撃を与えたほか、レバノンに駐留していたアメリカ軍も撤退に追い込み、イスラエルとアメリカはヒズボラを「テロ組織」に指定しています。

    一方、レバノン南部や東部などシーア派の住民が多く住む地域では、学校や病院を運営したり弱者の救済を行ったりして社会福祉活動にも力を入れ、草の根の支持を広げていきました。

    さらに1992年からは、国民議会に議員を輩出するなど合法政党としての政治活動にも乗り出し、現在の内閣にも閣僚を送り込んでいるほか、おととしには協力関係にあるアウン氏が大統領に就任したことから国政への影響力を一段と増しています。

    2011年に隣国のシリアで内戦が始まると大規模な部隊を送り込み、ともにイランを後ろ盾とするアサド政権を支援してきました。

    ヒズボラによる内戦への関与をめぐっては、国境地帯から過激派組織IS=イスラミックステートなどを排除しレバノンの治安を向上させたとして支持者たちが評価する一方、レバノンでISによる報復のテロが起きるようになるなどかえって治安を悪化させたと非難する声もあり、国内でも評価が分かれています。

    イスラエルは敵対するヒズボラが内戦に乗じてシリア国内で足場を固めることを警戒していて、たびたび越境してヒズボラの拠点に空爆を行っていると見られています。

    NHK 
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180507/k10011429101000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003 

    【【レバノン】9年ぶり総選挙 ヒズボラの勢力伸長が焦点 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/04/26(木) 07:22:26.74 ID:CAP_USER9
    BEA012A4-8C48-4B2F-8776-3BC2C3CB223D

    立民 枝野代表「いま選挙あれば議席は確実に上積み」

    ▼記事によると…

    自民党幹部が衆議院の解散の可能性に言及したことについて、立憲民主党の枝野代表は、仮にいま衆議院選挙が行われれば党の議席は確実に上積みできるという認識を示しました。

    立憲民主党の枝野代表は25日午後、都内で講演したあと会場からの質問に答えました。

    この中で枝野氏は、自民党の森山国会対策委員長が衆議院の解散の可能性に言及したことについて「与党が相当困っていることの現れだが、総理大臣の恣意的(しいてき)な解散は時代遅れだ」と指摘しました。

    そのうえで「野党だから単純に解散を求めるのは一種無責任だが、立憲民主党のことだけを考えると、いま解散してもらえれば間違いなく議席が増える」と述べました。

    また、国会で与野党の対立が続いていることについて「いま問われているのは財務省などのガバナンス=統治の問題なのに、その問題を審議せずに与党側のやりたいことだけをやるのは論外で、全貌解明が優先だ」と述べ、政府・与党の対応を批判しました。

    4月25日 15時42分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180425/k10011417011000.html

    (略)

    ▼ネット上のコメント

    ・ないよ全滅に追い込まれるわ

    ・議席が増える?バ◯過ぎませんかね?

    ・あほか。今選挙したら野党は消滅じゃww

    ・そういうことは心の奥にしまっておいて口には出さないの。

    ・寝言言ってねえで仕事しろ

    ・仕事はサボるは、議席のことしか考えないわ。 立憲民主党って、ゴミだな。

    ・いいからまっとうな政治やれ。

    ・なんでこんなに強気なんだよw

    ・過半数取れるって言わないところが成長したな

    https://snjpn.net/archives/49434 

    【立憲民主党・枝野幸男「いま解散してもらえれば間違いなく議席が増える」 ネット「仕事サボる、議席のことしか考えない。立民ゴミだな」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ひろし ★ 2018/04/22(日) 22:20:43.30 ID:CAP_USER9
    4/22(日) 22:15配信

     沖縄市長選は22日、投開票され、現職の桑江朝千夫氏(62)=自民、公明、維新推薦=が2期目の当選を確実にした。

    ヤフーニュース(沖縄タイムス)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00241229-okinawat-oki

    【【速報】現職の桑江氏が当選確実 沖縄市長選2018 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/04/16(月) 11:52:41.86 ID:CAP_USER9
    AEAE7E39-AE50-4F31-881E-095613407725

    都民フ候補、全員が落選 練馬区議補選

    15日に投開票された東京都練馬区議補選(改選数5)で、小池百合子知事が特別顧問を務める都民ファーストの会の公認候補2人がともに落選した。
    同区は小池知事が衆院議員時代に地盤とした「本拠地」。
    都民ファーストは昨年11月の葛飾区議選(定数40)でも公認候補5人のうち4人が落選しており、今回も不振に終わった。

    小池知事は今回落選した元職と新人の選挙ポスターにツーショット写真で納まるなど連携を強調していた。
    次点だった元職の高松智之氏(43)は「有権者の評価は厳しかった。昨秋の衆院選後、党勢は回復していないと感じた。今後のことは白紙です」と話した。

    都民ファーストの増子博樹・都議団幹事長は「残念な結果になったものの、得票数を見ると、衆院選直後のひどい時期は脱したのではないか。
    小池知事は注目を集めなくなっているかもしれないが、議会としては支えていきたい」と語った。

    毎日新聞2018年4月16日 11時25分(最終更新 4月16日 11時40分
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00000039-mai-pol 
      
    【【東京都議会】都民ファーストの会の候補、全員が落選 練馬区議補選 小池知事の衆院議員時代の地盤 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: じゅげむ ★ 2018/02/05(月) 14:35:38.78 ID:CAP_USER9
    名護市長選の陰の勝者は、安倍政権だった。そして陰の敗者は、この国の民主主義だった。

    直前の世論調査でも、市民の3分の2が辺野古新基地建設に反対している。それでも稲嶺進氏が落選したのは、工事がじりじりと進んだことが大きい。市民は実際に止められるという希望が持てなかった。

    稲嶺氏自身は公約を守り、民意を体現して阻止に動いてきた。日本が民主主義国家であるなら、工事は当然止まるはずだった。

    安倍政権は、既成事実を積み重ねて市民の正当な要求を葬った。民主主義の理想から最も遠い「あきらめ」というキーワードを市民の間に拡散させた。

    稲嶺氏の2期目が始まった2014年に辺野古の工事に着手。抗議行動を鎮圧するため本土から機動隊を導入し、16年の東村高江では自衛隊まで使った。

    力を誇示する一方、辺野古周辺の久辺3区に極めて異例の直接補助金を投入した。
    今回の選挙直前には、渡具知武豊氏が当選すれば新基地容認を明言しなくても再編交付金を出すと言いだした。何でもありなら、財源を巡る政策論争は成り立たない。

    安倍政権は名護の選挙の構図自体を4年かけて変え、市民から選択の余地を奪った。大多数の国民がそれを黙認してきた。

    渡具知氏も「辺野古の『へ』の字も言わない」という戦略で、暮らしの向上と経済振興を語った。
    市民は反対しても工事が進むならせめて、と渡具知氏に希望を託した。基地問題からは、いったん降りることにした。それを責める資格が誰にあるだろう。

    民意を背負えば、小さな自治体でも強大な権力に対して異議申し立てができる。沖縄に辛うじて息づいていたこの国の民主主義と地方自治は、ついにへし折られた。
    (北部報道部・阿部岳)

    沖縄タイムス
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/204884

    【【民主主義全否定】名護市長選、陰の勝者は安倍政権 陰の敗者は、この国の民主主義 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 復讐の鬼 ★ 2018/02/04(日) 23:10:39.95 ID:CAP_USER9
    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の同県名護市辺野古移設問題が最大の争点となった名護市長選は4日、投開票され、無所属新人で元市議の渡具知武豊(とぐち・たけとよ)氏(56)=自民、公明、維新推薦=が、3期目を目指した無所属現職の稲嶺進氏(72)=民進、共産、自由、社民、沖縄社大推薦、立民支持=を破り、初当選が確実となった。

    安倍晋三政権が全面支援した渡具知氏の勝利で、辺野古移設を加速させる環境が整い、移設の早期実現へ大きく前進しそうだ。

     投票率は76・92%で、前回(76・71%)を0・21ポイント上回った。

     名護市長選は、辺野古移設を着実に進めたい安倍政権と、反基地を貫く「オール沖縄」勢力の象徴、翁長雄志(おなが・たけし)知事による「代理戦争」の構図だった。今秋に控える知事選の前哨戦にも位置づけられ、両陣営は国政選挙並みの総力戦を展開した。

     移設阻止を訴えてきた稲嶺氏が敗北したことで、翁長氏がこれまで移設反対の大義としてきた「民意」が崩れた格好。安倍政権にとっては、秋の県政奪還に向けて大きな弾みとなった。

    渡具知氏は自民党の推薦に加え、前回の市長選で自主投票とした公明党の推薦を受けた。
    市議時代には辺野古移設推進の立場をとってきたが、同党内の移設への慎重論に配慮し、市民生活の向上や経済振興などを争点として強調。
    政府との協調路線を打ち出し、稲嶺市政時代に停止されていた米軍再編交付金も活用した新たな名護市づくりに取り込むと訴えた。

     稲嶺氏は共産党はじめ革新勢力の組織的な支援を背に、告示前には渡具知氏に先行していた。
    選挙戦でも「辺野古に基地は造らせない」と移設反対を前面に掲げていたが、展望なき移設阻止に偏り過ぎた「空白の2期8年間」に対する不満が市民に徐々に浸透。
    国と対立し、市民の暮らしや地元振興などが置き去りにされた現状の打開を望む「民意」に退場を突きつけられた。
    市民の間に「辺野古移設は止められない」というムードが広がっていることも敗因となったとみられる。

     稲嶺氏の敗北により「オール沖縄」勢力の瓦解の流れも強まりそうだ。稲嶺氏と二人三脚で辺野古阻止を主導してきた翁長氏は、
    次期知事選への態度を明言していないが、再選出馬への戦略の見直しが迫られる。

     政府は昨年4月、辺野古沿岸部の護岸埋め立て工事に着手した。県は工事差し止めを求めて提訴したが、政府は工事を進めている。

    産経新聞
    http://www.sankei.com/politics/news/180204/plt1802040020-n1.html

    【【名護市長選】民進、共産、自由、社民、推薦のオール沖縄の現職・稲嶺氏が敗北 展望なき移設阻止に偏り オール沖縄勢力の瓦解の流れ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 香味焙煎 ★ 2018/02/04(日) 23:02:42.72 ID:CAP_USER9
    沖縄県名護市長選で敗北した現職稲嶺進氏は「辺野古移設問題を強く訴えたが、なかなか争点となり得ず、はぐらかされた」と述べた。

    共同通信
    https://this.kiji.is/332882833708565601

    【【名護市長選】敗北の弁 「辺野古問題はぐらかされた」と稲嶺氏 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 餡子屋のサブちゃん ★ 2018/02/04(日) 22:30:45.33 ID:CAP_USER9
    沖縄 名護市長選 新人の渡具知氏 当選確実
    4C2F60DC-06AE-48C1-A19E-73829321AC25

    2月4日 22時48分選挙

    沖縄県名護市の市長選挙は4日に投票が行われ、自民・公明両党などが推薦し、地域経済の活性化を前面に掲げた新人の渡具知武豊氏が、アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設阻止を訴えた現職を破って初めての当選を確実にしました。

    渡具知氏は名護市出身の56歳。20年近く市議会議員を務め、今回初めて市長選挙に立候補しました。

    アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設に向け、護岸工事が進む中で行われた今回の選挙戦で、渡具知氏は、移設問題の賛否には直接言及せず、前回自主投票だった公明党の推薦も受けて、地域経済の活性化を前面に掲げました。

    その結果、自民党や公明党の支持層を固めたほか、いわゆる無党派層からも一定の支持を集め、初めての当選を確実にしました。

    一方、辺野古への移設阻止を訴えた現職の稲嶺氏は、沖縄県の翁長知事の支援を受けて3期目を目指しましたが、及びませんでした。

    渡具知氏は「2期8年の今の市政に対する閉塞感と、これからの名護市の経済振興や子育て世代に対する支援などを訴えたことで全般的に支持されたと思う」と選挙戦を振り返りました。

    また、アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設計画については「これまで何度も申し上げているように、国と県とが争っている裁判の行方を注視していく」と述べました。そのうえで、「誠実に名護市の現状を国に話して、必要な予算をお願いする」と述べました。

    また、今回の選挙結果が秋の沖縄県知事選挙に与える影響については「何らかの影響を与えると思う」と述べました。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180204/k10011315181000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

    【【速報】沖縄 名護市長選 自民・公明など推薦 新人の渡具知武豊氏 当選確実(22:28) 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2017/12/25(月) 11:58:10.32 ID:CAP_USER9
    「アパホテル」などを運営するアパグループ(東京都)が組織する「アパ・コーポレートクラブ」が10月に投開票があった衆院選挙で、「正しい国家観、歴史観を持」っているとした改憲派の候補者への応援を呼びかける文書を取引先企業に送っていたことが24日、本紙の調べで分かりました。

     本紙が入手した文書によると、同クラブが推薦したのは、自民党や希望の党の候補者48人。候補者名、党名、選挙区を記した一覧表にしており、安倍晋三首相側近の自民党の稲田朋美前防衛相や下村博文元文科相らの名前が並びます。アパグループの元谷外志雄代表が塾長を務める私塾「勝兵塾」の講師・特待生を中心に「『誇れる国、日本』の再興のために活躍して頂ける政治家」だとしています。

    加盟企業は857社

     元谷代表は安倍首相の後援会「安晋会」の副会長も務めていました。

     推薦したうち47人が当選。選挙後には「改憲勢力で三分の二を大きく超える議席を確保することができ、憲法改正に向けて大きく前進した」「ご支援いただき誠にありがとうございました」という文書を送っています。

     本紙の問い合わせに対し同社は「勝兵塾の活動内容について会員向けにメール配信しております」と文書で回答しました。
    (略)

    配信2017年12月25日 9時27分
    ライブドアニュース (しんぶん赤旗)
    http://news.livedoor.com/article/detail/14075809/

    【【だから何か?】アパグループ 改憲派支援要請/総選挙時 取引先に文書 認める/一覧表に安倍首相側近ら 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    希望の党
    希望の党代表の小池百合子・東京都知事は23日、出張先のパリで、キャロライン・ケネディ前駐日米大使と対談し、衆院選の敗北について、「『鉄の天井』があった」と振り返った。

     小池氏は、女性の社会進出を阻む障壁のことをしばしば「ガラスの天井」と表現する。この日の対談では「都知事に当選してガラスの天井を破り、都議選でパーフェクトな戦いをしてもう一つガラスの天井を破ったと思ったが、今回の総選挙で鉄の天井があると改めて知った」と述べた。

    読売新聞
    http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news/20171023-OYT1T50185.html‬

    【衆院選の敗北、「鉄の天井」があった…小池氏】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    足立康史@adachiyasushi
    私は、公示日に前後して「連続落選なら比例枠を返上する」「相手陣営と正々堂々と戦った上でなら二言なし」
    「背水の陣で戦い抜く」とツイートしましたが、大阪9区以外の皆様からも比例票を通じて「足立支持」の票を多数
    いただいたことを知り、そうした有権者のお気持ちに応えていく決意を固めました。
    https://twitter.com/adachiyasushi/status/922262251729334273

    足立康史@adachiyasushi
    なお、「正々堂々」と書きましたが、誹謗中傷、デマ拡散等公正さに欠ける活動が相手陣営幹部にあったことは
    備忘のためにも明記をしておきます。小坪とかいう共産党以下の輩と結託し、私の母の宗教・信仰に手を突っ込ん
    できたことは絶対に許せまん。正義は私にあるとここに宣言しておきたいと存じます。
    https://twitter.com/adachiyasushi/status/922262331228172288

    足立康史@adachiyasushi
    今日から闘いが始まります。今回の野党再編劇が、単なる民進党の看板が掛け変えだけに終わるのか、希望の党
    に駆け込んだ議員が本当に身を切るのか、憲法改正の国民投票に協力するのか、地方分権に真剣に取り組むのか。
    私たちは政府与党にも是々非々ですが希望の党にも是々非々で戦い続けてまいります。
    https://twitter.com/adachiyasushi/status/922262401390481409

    【【維新の会】足立康史さん、小選挙区で落選したら比例枠返上する!→やっぱりやめます。比例復活へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    衆院新勢力、自民284、立憲55、希望50、公明29、共産12、維新11、社民2、こころ0、諸派0、無所属22 

    【【衆院選】全465議席が確定 自民284 立憲55 希望50 公明29 共産12 維新11 社民2 こころ0 諸派0 無所属22 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
     比例選で過去最多となる850万票獲得を目標に掲げたが、新たに結党した立憲民主党などと政権批判票を分け合う形となり、 厳しい戦いとなった。

     小選挙区選では、沖縄1区の赤嶺政賢氏が勝利し、唯一の議席を守った。
    選挙戦では、志位委員長ら党幹部が「森友・加計学園」問題を取り上げて、安倍首相批判を展開した。

    政策面では、安全保障関連法を「違憲」と主張し、憲法9条改正反対や、消費税率10%への引き上げの中止、原発再稼働反対などを訴えた。

     今回の衆院選は、野党統一候補を1人区に擁立し、健闘した昨年7月の参院選と同様、民進、自由、社民との野党4党による選挙協力を模索した。
    しかし、民進が希望の党への合流方針を決めたことで実現せず、多くの小選挙区で希望の候補とぶつかったことで、自民党を利する結果となった。 
      
     
      

    【【衆院選】共産惨敗、議席大幅減…立憲民主に支持流れ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    石嶺宮古島市議
    任期満了に伴って衆院選と同時に22日投開票が行われた沖縄県宮古島市議会議員選挙で、政府が同市で進めている陸上自衛隊配備計画に反対し、自衛隊を侮蔑する「問題発言」を繰り返した現職の石嶺香織氏(36)=無所属=が落選した。

     福岡県出身の石嶺氏は今年1月の同市議補欠選挙で初当選したが、9カ月で“退場”となった。

     自衛隊に対する舌禍も影響したとみられる。宮古島市民の民意は、石嶺氏の望むものではなかったようだ。

     石嶺氏は今年3月9日、自身のフェイスブック上に「陸自が宮古島に来たら絶対に婦女暴行事件が起こる」と投稿。同12日に謝罪したうえで撤回を表明した。3月21日には宮古島市議会で、辞職勧告決議案が可決されたたが、石嶺氏は辞職を拒否した。


    【「自衛隊が来たら婦女暴行事件起きる」発言の現職・石嶺香織氏が落選 沖縄・宮古島市議選】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    22日の衆院選での自民党の勝利を海外メディアも相次ぎ伝えた。韓国や中国などで日本の憲法改正への動きを警戒する報道が目立つ一方、貿易面などで良好な関係を保つ欧州の首脳からは歓迎する声があがった。

    韓国の聯合ニュースは緊急速報で「安倍首相圧勝」と報じた。安倍晋三首相が「政治課題である『戦争可能な国』に改憲するために北朝鮮の脅威を活用する」可能性があると指摘。日本が憲法改正に向かうことに警戒感をにじませた。KBSテレビも「(改憲賛成派の政党の議席が)改憲決議に必要な310議席を超えて日本の改憲議論に弾みがつく」と予測した。

    中国では人民日報系の環球時報(電子版)が日本の「右傾化の歩みが止まりそうにない」と報じた。通信社の中国新聞社(電子版)は「野党が分散し、自民党が漁夫の利を得た」と分析した。

    ロシアの主要メディアも選挙結果を速報。タス通信は「憲法改正に必要な議席数を確保の可能性」と安倍政権が防衛力の強化に向けて憲法改正の動きを強めると言及。希望の党などの獲得見通し議席数に触れ、野党が改憲発議に必要な議席を提供するのは「ほぼ確実」と報じた。

    一方、欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長は22日、ツイッター上で安倍首相の勝利を祝い、「自由で公平な貿易を支持する日本とEUの強力なパートナーシップのための協力を継続できることを楽しみにしている」と書き込んだ。 
      

    【【衆院選】自民勝利、海外メディアも速報  中韓、改憲論議を警戒 欧州の首脳からは歓迎 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
     大勝した昨夏の東京都知事選、今夏の都議選の再現を国政で狙った希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は22日、出張先のパリで、「非常に厳しい結果だ。敗因は分析しなければならないが、私の言動に不快な思いを抱かせたことには申し訳ない。結果を真摯(しんし)に受け止めたい」と表情をこわばらせた。

     21日深夜に東京・羽田を出発し、22日未明、フランスに到着した小池氏は、環境関連の国際会議などに出席。世界各都市のトップと笑顔で言葉を交わして公務をこなしたが、党代表として報道陣の取材に応じた際には表情が一変した。

     選挙期間中、公務の合間に全国の公認候補の応援に駆け巡った。「(大阪府知事の)松井(一郎)さんも同じ立場だ」と話し、二足のわらじ批判に反論し続けたが、批判が強まるにつれキャンセルした公務の出席を急遽(きゅうきょ)決めるなど対応のブレが際立った。 
     




    【【衆院選】小池百合子氏「自分に慢心があった」「どこで失敗を」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    朝日新聞社は17、18日、衆院選に向けた世論調査(電話)を実施した。比例区投票先を政党名を挙げて聞くと、自民党が34%(3、4日実施の前回調査は35%)と堅調。立憲民主党が13%(同7%)に伸び、希望の党11%(同12%)を上回った。公明党7%、共産党5%、日本維新の会4%などが続いた。

     内閣不支持層に限ってみると、立憲25%、希望20%、共産11%の順。政権批判票は依然、分散している。

     年齢別にみると、18~29歳では41%が自民と答え、希望13%、立憲6%を上回った。一方、60代では自民27%、立憲20%、希望10%と、立憲の支持が比較的高い。

     立憲に「期待する」は31%、特に内閣不支持層では48%が「期待する」と答えた。支持政党別では、自民支持層の20%、共産支持層の45%が「期待する」と答えた。一方、希望に「期待する」は29%で、9月26、27日実施の前々回45%、前回の35%から連続の減少。「期待しない」が60%にのぼった。

     今後、どのような政権がよいか尋ねると、「自民党を中心とした政権」37%(前回43%)、「自民党以外の政党による政権」36%(同33%)と割れた。ただ、国会で自民だけが強い勢力を持つ状況は「よくないことだ」73%が、「よいことだ」15%を大きく上回った。内閣支持層でも58%と半数以上が「よくないことだ」と答えた。

     衆院選の直前に、民進党が分裂し、同党の前議員は希望、立憲、無所属に分かれて立候補した。こうしたことは「よくなかった」が50%で、「よかった」25%を上回った。内閣支持層も57%が「よくなかった」と答えた。 
      

    【【朝日新聞世論調査】比例投票先、自民34% 立憲13% 希望11% 公明7% 共産5%、維新4%】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    産経新聞社が16日にまとめた衆院選終盤情勢では、「政権交代」を掲げた希望の党の失速が顕著にあらわれた。小池百合子代表(東京都知事)が地盤とする東京では結党メンバーを含めて全選挙区で苦戦。衆院解散後に出処を決めた民進党出身者でも希望の党に身を委ねた候補は伸び悩み、立憲民主党や無所属を選んだ候補は勢いがある。

     希望候補は、東京で小池氏側近の若狭勝前衆院議員(東京10区)をはじめ、松原仁元拉致問題担当相(同3区)、長島昭久前衆院議員(同21区)ら結党メンバーが厳しい戦い。奈良1区でも5回連続で選挙区当選している馬淵澄夫元国土交通相が苦戦している。

     失速の原因は、民進党左派を突き放した「排除の論理」が国民に好感されなかったことが大きい。小池氏が党代表ながら出馬を見送ったことも影響した。

     これに対し、立民は「安全保障法制の廃止」など民進党時代の主張を貫いたことが「筋を通した」と評価された面が大きい。立民を選んだ辻元清美氏(大阪10区)や近藤昭一氏(愛知3区)はそれぞれ頭一つリード。立民に近い政策を持つ民進出身の無所属候補も選挙区で確実に浸透する。 
      

    【【産経・FNN衆院選終盤情勢】 希望の党が失速…小池百合子代表のお膝元の東京で全滅か 立憲と無所属は躍進 民進出身者の選択で明暗 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1016支持率
    各党の支持率は、自民党が32.8%、希望の党が5.4%、公明党が4.3%、共産党が3.4%、立憲民主党が6.6%、日本維新の会が1.7%、社民党が0.6%、日本のこころは0.1%、「特に支持している政党はない」が34%でした。
    また、今回の衆議院選挙には候補者を擁立していない民進党は1%、自由党は0.2%でした。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171016/k10011179611000.html 
      

    【【NHK世論調査】各党の支持率…自民32.8%、立憲6.6%、希望5.4%、公明4.3%、共産3.4%、維新1.7%★2 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    毎日新聞は13~15日、第48回衆院選(定数465)が22日に投開票されるのを前に特別世論調査を実施し、取材情報を加味して中盤情勢を探った。自民党は小選挙区、比例代表とも堅調で、単独で300議席を超える可能性がある。希望の党は最大で54議席にとどまる見通しで、結成当初の勢いは感じられない。立憲民主党は公示前勢力(15議席)を大きく上回る40議席台を確保しそうだ。

     ◇希望さらに失速

     調査では小選挙区で4割が投票態度を明らかにしておらず、情勢は変わる可能性がある。

     自民党は青森、秋田、群馬、富山、石川、福井、滋賀、島根、鳥取、山口、徳島、愛媛、高知、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島の各県で、全選挙区で優位に戦いを進めている。

     自民系無所属が優勢な選挙区を含めると、山梨、岡山も「独占県」になる勢いだ。

     比例代表でも全ブロックで着実に議席を固めており、70議席前後の獲得が見込める。小選挙区と比例代表を合わせると公示前勢力(284議席)を超える可能性が高い。

     
    【【毎日新聞】自民、最大300超も 立憲は堅調続く 衆院選中盤情勢 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル