かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: マスコミ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍【LV32,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 20/03/30(月)16:00:31 ID:???

     乾物シリーズでは切り干し大根や干し椎茸(しいたけ)などの「里の乾物」を紹介してきました。最終回は「海の乾物」、ワカメを使ってサラダを作ります。

     海に囲まれた日本では、古くから海藻を生活に採り入れてきました。万葉集にもワカメが登場するほど。1970年代に乾燥カットワカメが発売され、さらに身近な存在になりました。

     開発した理研ビタミン(東京)によると、茶葉をヒントにカール状に乾燥させていて、水に浸すとワカメがゆるゆるとほどけます。
    浸しすぎるとドロッとしてしまうので、5分ほどしたら水を切りましょう。

     ドレッシングは韓国風に。
    ワカメに塩気があるので塩は入れず、しょうゆだけ。すりゴマとゴマ油が加わることでコクと風味が出て、毎日でも食べたくなるおいしさです。
    変色を防ぐため酢は少なめ。韓国料理の研究家から3年間学んだという監修の渡辺あきこさんが編み出した、絶妙のバランスです。(山本奈朱香)

    (以下略)


    朝日新聞 3月30日
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASN3V5TCWN39UTFL001.html?iref=sp_new_news_list_n

    【【朝日新聞】たった5分で海の香り カットワカメで韓国風サラダ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/03/30(月) 21:38:56.25 ID:GRtHacMn9
    https://snjpn.net/archives/188172
    徳本さんのツイート

    そうだよな、TBSがオウム幹部に坂本弁護士の取材ビデオを見せた事件は永久に語り継がないとな。

    no title

    (略)

    ネット上のコメント

    ・平成元年年末の横浜の街中に「この家族を知りませんか?」と書いたポスターを見たのが事件を最初に知った時でした。数年後、地下鉄サリンから事件が暴かれて行った時「あぁあの時既に殺されていたんだ…」と感じたのと何くわぬ顔で報道していたこの局が今でも同時に浮かびます

    ・プラス今議員になってる杉尾は許さん

    ・野党 籠池夫妻見捨てたのに、今更都合良く利用するつもりなんかな

    ・北朝鮮に拘束された日経新聞記者の動向がなぜかTBSに筒抜けで、当時の岡元隆治報道局長から記者の奥様に手紙が来たとかいうのは内緒ね。

    ・信用できない人間のベスト10にランクインしてる人だ。

    ・当の本人は、まったく忘れているようですけどね〜。杉尾君〜。

    ・朝日新聞のサンゴ事件も、毎日新聞記者が地雷持ち込もうとしたことも、毎日の英字版が破廉恥な偽ニュースを海外に垂れ流していたことも、令和の日本に語りついでいかないとね。

    【【パヨク】金平茂紀「“昔のことを蒸し返すな”はお間違い」 ネット「TBSがオウム幹部に坂本弁護士のビデオを見せた事件は永久に語り継がないとな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/03/30(月) 21:31:16.62 ID:GRtHacMn9
    8108A9F5-F570-45A6-AAFC-A7D0EC0EEA35
     
    https://anonymous-post.mobi/archives/22181


    検査体制を確立せず社会不安を増大させた安倍内閣や専門家会議を批判せず個人の言動ばかり批判する風潮はとても不健全だ。強い者には媚びへつらい弱い者は責め立てる風潮は安倍政権下の日本で急速に広まった。そしてこの風潮が安倍内閣を延命させている。まことに美しくない日本の現風景だ。 https://t.co/EcIbkrDmIT

    — 鮫島浩 (@SamejimaH) March 29, 2020

    (略)

    【朝日新聞・鮫島浩「安倍内閣を批判せず個人の言動ばかり批判する風潮は不健全」 ネット「発生源の中国を批判せず、安倍政権の言動…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 鴉 ★ 2020/03/30(月) 13:26:14.96 ID:CAP_USER
     47EE0DB9-AE1E-4647-B6E7-B8A0C79AE4F9
    (書く)新時代の決意 「勉強」
    2020/3/30 5:00

    高木千夏さんの作品「勉強」

    ■『勉強』 韓国語、流ちょうに話したい 

    愛知県犬山市立池野小学校5年・高木千夏(11)


     わたしは、努力することが大切だと思います。

     わたしは、小3ぐらいの時から韓国語の勉強をしています。

    なぜ勉強を始めたかというと、K―POPが好きで、韓国語でしゃべっているときに何と言っているのかが気になって…

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/DA3S14421570.html

    【【朝日新聞】小学生「韓国語を流ちょうに話したい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロ ★ 2020/03/30(月) 09:43:32.67 ID:PvMHGeUS9
     4CA85372-59F2-4FCF-B976-DF58BAF03379
     ニュースキャスターの辛坊治郎氏(63)が30日放送のTBS系「グッと!ラック」(月~金曜・前8時)に、発熱などの症状で自宅待機している橋下徹氏に代わって生出演した。

     番組では、安倍晋三首相の昭恵夫人が花見自粛要請の中、芸能人らと一緒に桜をバック撮影した写真が週刊誌に掲載されたことを取り上げた。

     MCの落語家・立川志らく(56)とこの問題について討論した辛坊氏は「日時を特定してからテレビで取り上げるべきです」と指摘。「そこに写っている芸能人に聞けばいい」とまくしたてた。

     3月下旬に撮影されたとされる集合写真には一般人のほかアイドルやモデルが一緒に写っていて、アイドルのファンから「髪型や髪の色が今とは違う。去年の今ごろでは?」などの声があがったほか、桜の開花具合から撮影時期に疑問を投げかける人もいた。

     辛坊氏の勢いは止まらず「こんなことやってたらこの番組、数字伸びないですよ」とピシャリ。「テレビ局として確認しろ!3月下旬っていつだよ。そこに写ってる芸能人に聞けば確定する」と口調は厳しかった。

    スポーツ報知
    3/30(月) 9:21配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200330-03300023-sph-soci

    【【パヨク悲報】辛坊治郎、安倍昭恵夫人の“花見疑惑写真”に「日時特定して取り上げるべき。テレビ局として確認しろ!写ってる芸能人に聞けばいい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/03/29(日) 17:44:21.38 ID:ZP9Gr1Jj9
    6F7B76A0-F34B-4577-B053-9B438EACEB0C
     
    https://anonymous-post.mobi/archives/22122
    ファクトチェック
    新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

     新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査の実施件数や感染者数が、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催延期決定後に増えたのではないかという見方がインターネット上で飛び交っている。
    「五輪延期が決まった途端に感染者数が急増している」「今まで検査せずに隠蔽(いんぺい)してきたのではないか」……。
    いったいどういうことなのか。誰でもアクセスできる厚生労働省や東京都のホームページに掲載されているデータを基にその真偽を調べた。

    https://mainichi.jp/articles/20200328/k00/00m/040/090000c

    選挙プランナー松田馨@km55ep
    こうしたデマの検証記事はありがたい。延期の動きが本格化する前から、一定程度の検査は実施されており「延期が決定した後に検査が増えた」とは言えない状況とのこと。
    記事とは別に私が聞いた範囲ですが、現場の医師...

    選挙プランナー松田馨@km55ep
    現場の医師からは「実際に検査の対象選別、検査を行っているのは膨大な数の医師。政府の思惑に忖度して検査を歪める医師などいないし、そのような指示があればこのご時世では大騒ぎになっている」という話も。そりゃそうですよね。

    関連記事

    青木理、小池都知事の新型コロナへの対応に「ひょっとして五輪のために検査を抑えていたんじゃないだろうか」〜ネットの反応「東京都のホームページくらい見ろよ、お前のバカさ加減がわかるから」「感染者は多い方が延期の交渉しやすいだろw」「ラサール石井と同レベルの頭」 https://t.co/xnVY25y5Dr

    — アノニマス ポスト ニュースとネットの反応 (@vG2AZlCr4F3hx6Y) March 29, 2020

    (略)

    【【パヨク悲報】毎日新聞「『東京五輪延期決定後に検査急増』はデマ」 ネット「またパヨクがハシゴを外されたのかw」「陰謀論を未だ真に受けてる馬鹿w】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 鴉 ★ 2020/03/28(土) 13:12:20.92 ID:CAP_USER
     47EE0DB9-AE1E-4647-B6E7-B8A0C79AE4F9
    素粒子

     桜は満開。天気もいい。だけど東京でも外出自粛要請。いままでが、のんきすぎた。
    https://www.asahi.com/articles/DA3S14417930.html



    参考
    ウイルスに効果があるのは手洗い、マスク着用など日常の風邪対策。中国人を排除するより、ともに手を洗おう。
    https://www.asahi.com/articles/DA3S14339808.html
    2020/1/24


    【社会】「新コロナウイルスは痛快な存在」と発言し、謝罪なくTwitterアカウントを削除した小滝ちひろ氏の件で朝日新聞広報がお詫び
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1584165621/

    【【コロナ痛快】朝日新聞「中国人を排除するより、ともに手を洗おう」→「天気がいいのに東京でも外出自粛要請。今までが、のんきすぎ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/03/27(金) 18:10:16.59 ID:ESZTvk8v9
    no title
     
    https://snjpn.net/archives/187589
    安倍昭恵氏、花見自粛要請の中で私的「桜を見る会」していた

    ▼記事によると…

    ・満開を迎えようという桜、そして笑顔の男女──その中心にいるのは、安倍首相の妻・昭恵夫人だ。森友学園問題をめぐり自殺した近畿財務局職員の手記が報じられ、疑惑が改めて注目される中、渦中の昭恵夫人は私的な“桜を見る会”を楽しんでいた。

    参加者の知人
    「この日の参加者は、昭恵さんと以前から交流があった人が中心だそうです。写真で昭恵夫人の隣にいるのは人気モデルの藤井リナさん。藤井さんは2014年にYouTubeで昭恵さんと対談するなど、もともと交友があったようです。他にもアイドルグループ・NEWSの手越祐也さんや音楽プロデューサーなど芸能関係者の姿もありました」

    3/26(木) 16:30
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200326-00000019-pseven-soci

    ↓↓↓
    佐久間真理子さんのツイート

    なーんだ、昭恵ちゃんのお花見写真は、都が自粛を求めている公園じゃなくて、桜のあるレストランで撮った写真なのか。

    なんだかなー。

    撮ったカメラマンもポストセブンもそれ知ってたんじゃないの???

    (略)

    ネット上のコメント

    ・あほくさ

    ・また メディアの捏造ですか!直ぐに バレる嘘を つきたがる

    ・まんまとハマった杉尾もマヌケ

    ・↑わかっててやってると思う。

    ・とった奴は、判っている。また立憲の週刊誌ネタのデマである。週刊誌ネタで質問するの恥だと思わないかなー。あなた、まだワイドショーの司会気取り?

    ・手越くんの髪の色が違うから1年以上前の写真疑惑が出ていますね。もしそうならポストセブンは、かなり悪質。

    ・どうにかネタが欲しいマスゴミ

    【【マヌケパヨク】昭恵夫人のお花見写真はレストランで撮った写真… ネット「またメディアの捏造」「まんまとハマった杉尾もマヌケ」「ポストセブンは悪質】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Toy Soldiers ★ 2020/03/25(水) 13:10:49.35 ID:n+Z8L96m9
     D0806081-7E45-49F4-8FAD-B11331A31ACB
     PCR検査は公的医療保険でできるようになったが、インフルエンザの検査のようにどの医療機関でもできるわけではない。定められた「帰国者・接触者外来」を受診し、医師が必要と認めた場合に限られる。

     「検査を限定しているので隠れた患者がいるのではないか」との声がある。政府の専門家会議メンバーの岡部信彦・川崎市健康安全研究所長は「感染が広がり、隠れた患者がいれば、各地の病院で原因不明の肺炎が増えているはずだが、そのような話はない。
    すべての患者を把握できていないかもしれないが、その数は多くはなく、重症者や死亡者としては出てきていないと思う」と説明する。(松浦祐子)


    ■重症者を優先、治療につなげる

     聖路加国際病院QIセンター感染管理室マネジャーで看護師の坂本史衣(ふみえ)さんに新型コロナウイルスのPCR検査について聞いた。

     ――検査を望む人が増えています。

     感染のあるなしを正確に判定できると誤解があるようです。PCR検査は感染しているのに陰性となる「偽陰性」や感染していないのに陽性と判定される「偽陽性」が出ることが避けられません。
    100人の感染者のうち最大でも約70人しか検査では陽性にならないとみられています。
    本当は感染しているのに、検査結果が陰性だったら感染を広げる可能性があります。
    本当は感染していないのに陽性になれば、隔離のため入院することになり、病床不足につながりかねません。

     ――幅広い人に検査が受けられるようにした方がいいという意見もあります。

     どれくらいの人が感染しているかを調べることに意義がないとは思いません。現在も集団感染がおきた場所では症状によらず接触者を検査しています。ただ、全国的な調査をやる時期ではないと思います。
    今検査を行う最大の目的は、重症者を治療につなげ、死なせないことです。そこに医療資源を費やすべきです。軽症者を洗い出す検査を増やすことで、重症者への対応が遅れてはなりません。

     ――早期発見、早期治療とよく言われています。

     新型コロナウイルスの場合、風邪のような症状が1週間ぐらい続き、そのまま治ってしまう人が約8割、約2割が重症化すると言われています。
    ただ、早く見つけても重症化を防げるわけではなく、早く病院へ行くメリットはないのです。

     病院へ行って院内感染を起こすリスクの方が大きいです。病院には重症化しやすい高齢者や、循環器系や呼吸器系の慢性疾患の人が集まっています。
    こうした点から、不確実性が高いPCR検査を受けるために病院へ行く意味は非常に薄いと言わざるを得ません。

     ――海外ではより多くの検査をしているようです。

     通常、接触歴が追えて封じこめが望める状況では無症状者を含めて多くの検査をしますが、国内に接触歴がわからない患者が増えてくると、重症者を中心に検査する方向に徐々にシフトしていきます。
    PCR検査はインフルエンザの迅速検査とは違い、検体を検査機関に運び特殊な技術を使って遺伝子を抽出して、特別な機器で増幅させます。
    専門的な訓練が必要で、病院の検査技師なら誰でもできるわけではありません。

     つらくなければ自宅で療養して下さい。高熱が続く場合や息苦しさが出れば、帰国者・接触者相談センターに電話をした上で医療機関を受診してください。
    「非感染の証明書」をもらいに病院へ行くのはデメリットしかありません。

    (抜粋)

    ヤフーニュース(朝日新聞)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200325-00000010-asahi-sctch

    【【朝日新聞白旗】PCR検査、3割が偽陰性 感染の証明求め病院へ行くのはデメリット】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2020/03/23(月) 10:25:29.40 ID:5z7cfMTR9
    no title
     
     中国湖北省武漢市に端を発した新型コロナウイルス感染症がパンデミック(世界的な大流行)を引き起こすなか、朝日新聞アジア総局(バンコク)駐在の女性編集委員が「取材のため」として、入境制限が強化されている台湾に3月18日、駆け込み、検疫のための隔離生活をSNS上に日記形式で公開したところ、「面白半分のウキウキ隔離日記」と在台邦人らの批判が噴出し、「炎上」する騒ぎに発展している。

    要隔離者への地元自治体からの支援物資を「プレゼント」と表現し、隔離先ホテル選びでは「せっかくなので台湾海峡の金門島は?」などと休暇旅行のようにつづった文章に、「ピクニック感覚」「防疫に必死の台湾に多大な迷惑をかけていることがわかっていない」「日本人として恥ずかしい」と集中砲火状態だ。朝日新聞社では13日にも別の編集委員がツイッター上で新型ウイルスを「痛快な存在」と表現し、同社広報が謝罪するなど、心ない執筆陣の筆禍が相次いでいる。

    「隔離」前提で台湾入りし、SNSに「隔離日記」アップ
    「隔離日記」はフェイスブック上の「The Asahi Shimbun Asia & Pacific 朝日新聞アジア太平洋」で公開。執筆したのは朝日新聞の吉岡桂子編集委員で、1989(平成元)年入社、上海、北京特派員などを歴任し、2017年からタイ・バンコクに駐在しているというベテランだ。

     台湾の衛生福利部(日本の厚生労働省に相当)は3月17日、日本やタイなどの感染症危険情報を19日付でレベル3の渡航中止勧告に引き上げると発表。入境者の14日間の隔離措置は発表直後の同日午後4時(日本時間午後5時)から発効した。海外から台湾に戻った人の新型ウイルス感染、発症が相次いだことを受けた措置だ。


    「隔離日記」によると、4月に台湾で防疫関連の取材を予定していたという吉岡編集委員は、3月19日以降、日本人に対する90日間の訪台ビザ免除も当面停止となることを受け、「(3月)18日はビザ免除の恩恵があるはずの最後の1日。この日を逃すとドアはいつ開くか、わからない。到着後に14日間『隔離』されるとしても。」と、あわてて荷造りしてバンコクを出発。隔離生活を前提で台北郊外に位置する台湾桃園国際空港から駆け込み入境したことを公表。

    果たして入境後は自宅やホテルなどの滞在先から14日間、外出が禁止される「居家(在宅)検疫」の対象になったことから、空港で担当官から紹介された3食付きで日本円1万円弱の桃園市内ホテルに滞在したいきさつなどを紹介。ホテルで桃園市が隔離者に用意したマスク14枚や栄養食品などの支援物資を受け取った体験については「大きな桃色の袋がプレゼントとして届き、びっくり」と表現し、隔離生活の手引書と一緒にマスク、食料品などの写真も公開している。

    「自己満足の迷惑旅日記」などの批判続出
     また当初、検疫期間中の滞在先について自弁で手配する制度を知らず、要隔離者を受け入れている各地の「防疫旅館」のリストからホテルを探す際は、「懐かしい台湾『非情城市』(※ママ=正しくは『悲情城市』)の舞台にもなった基隆の再訪も考えましたがこちらも満室」「せっかくなので台湾海峡の金門島は?」(後に表現を修正)などと、レジャー気分で滞在先を探すような軽い文章となっていた。

     しかし、検疫期間中は、毎日の検温や、健康記録などが義務付けられており、当局などが電話で滞在確認をするなど、人手もかかる。この「日記」をはじめ、日々の食事の写真紹介や「あつあつの麺、美味しそうですね!」「お弁当も台湾らしいメニューです」などとコメントしている編集委員の危機感のないツイッターを見た在台邦人を中心に、「あまりにひどい内容」と批判が噴出。

     フェイスブックのコメント欄では「取材のためだか何だか知りませんが結局自己都合でしょう」「このタイミングで台湾に来るのは台湾に迷惑を掛けることになるとは思わないのですか」「台湾の税金を使っての、台湾へのリスクの持ち込み」などの書き込みが・・・。

    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/59835


    【台湾駆け込み朝日新聞編集委員の「隔離日記」が大炎上 「まるでピクニック気分」台湾への配慮欠く行為に在留邦人ら憤慨】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2020/03/23(月) 09:16:11.13 ID:CAP_USER
    no title

    ▲ 共に民主党のイ・スジン候補(銅雀乙)は22日、「読売新聞の記者に問いたい」とし、「日本当局がクルーズ船の乗客を閉じ込め、感染の有無を公開しなかったのは “東京オリンピックのための隠蔽” だったのか」と尋ねた。
    _______________________________________________________

    <グッドモーニング忠清=チョン・ムンヨン記者>
    文在寅(ムン・ジェイン)政権の『コロナ19』の対応について、ひたすら『総選挙用』と貶めた読売新聞の豊浦潤一ソウル支局長に対する批判が沸き立っている。

    共に民主党のイ・スジン候補(銅雀乙)は22日、「コロナ19を乗り越えるため、最善を尽くす我が国民に対する冒涜だ」と言いながら、「今のような世界的危機状況では、“※いとこが土地を買えば腹が痛む” 時ではなく、お互いの長所を学んで共有する “連帯” が必要だ」と忠告した。
    (※人が上手くいってることを嫉妬するという意味)

    彼女はこの日に自身のFacebookで、「責任あるメディアが、韓日関係を悪化させるような愚かな行動をしないでほしい」とし、「ただでさえ今回の総選挙が “韓日戦” と言う人もいるのに、日本のメディアが韓国の選挙に影響を及ぼす言動を慎んでほしい」と窘(たしな)めた。

    続けて、「読売新聞の記者に問い返したい」とし、「それでは日本当局がクルーズ船の乗客を閉じこめ、感染の有無を公開しなかったのは “東京オリンピックのための隠蔽” だったのか」と尋ねた。

    no title

    ▲ 日本の『読売新聞』のソウル支局長は22日、自身のコラムを通じて韓国政府の『コロナ19』の対応について、ひたすら与党の『総選挙用』だと批判して物議を醸している。

    グッドモーニング忠清(韓国語)
    http://www.goodmorningcc.com/news/articleView.html?idxno=229257

    【【韓国】共に民主党イ・スジン候補、「読売新聞に問い返す、クルーズ船の隠蔽は “東京オリンピックのため” なのか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2020/03/22(日) 22:03:47.70 ID:CAP_USER
    no title

    ▲ 日本の『読売新聞』のソウル支局長は22日、自身のコラムを通じて韓国政府の『コロナ19』の対応について、ひたすらに与党の『総選挙用』と批判して物議を醸している。
    _______________________________________________________

    <グッドモーニング忠清=チョン・ムンヨン記者>
    日本最大の日刊紙である『読売新聞』は22日付の7面に、『国民惑わす選挙宣伝』という見出しの不届きなコラムを掲載した。

    コラムは『読売新聞』の豊浦潤一ソウル支局長が執筆して、文在寅(ムン・ジェイン)政権の『コロナ19』の対応をひたすらに『総選挙用』だと非難した。現政権がコロナ事態を与党の総選挙戦略に合わせて対応しているという、デタラメな主張を繰り広げているのである。

    彼が提示した根拠を見れば、元ベテラン級の記者なのかと疑問が浮かぶほど浅はか極まりない。

    まず、先月13日の経済界懇談会の際に、「国内での防疫管理は(ある程度)安定的な段階に入ったようだ。(コロナ19は)遠からず終息する」と述べた文在寅大統領の発言を取り上げた。これを総選挙の日程と結びつけて疑ったのである。

    引き続き、前日12日の保健福祉部次官の発言を持ち出した。「(まだ)集団的な行事を取り消し、延期する必要はない」と述べた発言である。当時、韓国政府が警戒を緩めていなければ、感染者のエクスプロージョン !!(爆発的増加)を防げたのに、あえて警戒を緩めたかのような論理を展開した。

    それと同時にこれら二つの発言を、「単なる楽観(論)というより、差し迫った総選挙に対する焦りがもたらした」とし、『総選挙用』とこき下ろした。非常に不届きな視覚である。

    そして、「総選挙まで消費の冷え込みなどが続けば(選挙が)与党に不利になると考え、前のめりになった発言ではないだろうのか。危機管理の局面で政権トップ(最高指導者)自らが政府の信頼を失墜させてしまった」と指摘した。不届きな想像を前提にした、『似非(えせ)ジャーナリスト』の断面を露わにした。

    彼の疑念は収まらない。彼は、「防疫上の観点ではなく、選挙対策として見れば納得がいく」とし、日本の入国制限措置に対する韓国の反撃を取り上げた。「韓国に入国制限措置を取った国の中で、唯一韓国だけが日本に対抗措置を取った」とし、「日本に強く出なければ、世論の反発が怖いから」という説得論理を繰り広げた。

    安倍政権が政略次元で持ち出した入国制限措置に対し、じっと伏せながら対抗したのは、文在寅政権が政略的に近付いたのではないかという、古臭い植民地史観的な主張である。

    また、「総選挙で敗れた場合、2年の任期を残して文在寅政権がレームダックになる公算が大きい」とし、「そのため勝つことが優先」と付け加えた。ひたすらに総選挙の勝利という一念の下、文在寅政権が事態を臨機応変に『誤魔化している』とし、幾重にも捻じ曲げたのである。

    読売新聞のソウル支局長はこの日、事実を始終全面的に歪曲して、1人称の観点という狭い観点で、極めて偏狭な『駄文』を書き散らしたと言っても過言ではない。

    日本の『嫌韓感情』を刺激して、危機に陥った安倍政権の背中をなだめる浅はかな舌先三寸を通じ、彼はこの日、自分が日本版の『寄生虫』役を天下に公言することになった。

    歴史学者のチョン・ウヨン教授は、「読売新聞が韓国の未来統合党の支持者と “完壁に一致した” 主張をした」とし、「1世紀前に我々の祖先は、“外見は韓人だが腸(はらわた)は倭人の鬼のような者” を、“トオェ(土着倭寇)” と呼んだ」と皮肉った。

    グッドモーニング忠清(韓国語)
    http://www.goodmorningcc.com/news/articleView.html?idxno=229252

    【【韓国発狂】読売新聞のコラムは『日本の “嫌韓感情” を刺激して “安倍” をなだめる “寄生虫” のような “駄文” だ』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 鴉 ★ 2020/03/22(日) 12:33:29.67 ID:CAP_USER
    B34812A2-121F-47CF-BE55-7203F58DD832
     
    素粒子
    2020/3/21

    人類の敵はウイルスだ。

    なのにトランプ氏は「中国ウイルス」、麻生氏は「武漢ウイルス」と、敵は中国と言わんばかりに。


    いまこそ世界の知見の結集が欠かせないのに。

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/DA3S14411810.html

    【【朝日新聞】人類の敵はウイルスだ。なのに「中国ウイルス」、「武漢ウイルス」と敵は中国と言わんばかりに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/03/21(土) 21:12:22.21 ID:QK//Bo149
     47EE0DB9-AE1E-4647-B6E7-B8A0C79AE4F9
    https://anonymous-post.mobi/archives/21790
    世論を探る魔法の言葉 「朝日は嫌」でも聞きたい意見

     「こちらは朝日新聞世論調査部です」。電話による世論調査を実施するコールセンターをのぞいてみると、オペレーターが1件ずつ有権者にお願いし、質問に答えてもらっていた。
    突然の電話に戸惑う人もいるなか、やりとりに耳を傾けると、初対面の相手の心を解きほぐす「会話術」が見えてきた。

    何げない一言で雰囲気一変
     オペレーターのヘッドセットから聞こえる女性の声は、不機嫌そうだった。

     「世論調査? 答えません。朝日新聞が嫌なんです」

     オペレーター「朝日新聞が嫌いだという方からも、お伺いしたいんです」

     2月中旬、兵庫県内。朝日新聞が全国世論調査を委託した調査会社のコールセンターで、こんなやりとりがあった。しかし、次の一言で雰囲気が変わった。

     オペレーター「幅広く意見をお伺いしたいのです。たとえばですけど、安倍内閣を……」

     「そうねえ。そんなの安倍さんぐらいしかいてませんやん」

     女性は一転して、回答を始めた…

    有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

    https://www.asahi.com/articles/ASN3P466PN35UZPS001.html

    (略)

    【朝日「こちらは朝日新聞です」 女性「答えません。朝日新聞が嫌」 ネット「聞くだけ聞いて、記事は捏造」「日本中から嫌われてる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/03/21(土) 17:49:28.64 ID:3kD19hTE9
    B34812A2-121F-47CF-BE55-7203F58DD832
     
    https://snjpn.net/archives/186548
    「日本、独裁政権のよう」ニューヨーク・タイムズが批判

    ▼記事によると…

    ・米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は5日、菅義偉官房長官が記者会見で東京新聞記者の質問に対する回答を拒むなど、そのメディア対応を指摘したうえで、「日本は憲法で報道の自由が記された現代的民主国家だ。それでも日本政府はときに独裁政権をほうふつとさせる振る舞いをしている」と批判した。

    2019年7月6日 16時50分
    https://www.asahi.com/articles/ASM7644NNM76UHBI00V.html


    (略)

    ネット上のコメント

    ・ニューヨークタイムスがアングラ新聞ならともかく、堂々と政府の批判を書き、それをネットにまで載せて、暗殺も逮捕も記事の不自然な削除もされないのであれば、日本は独裁ではないです。

    ・よう、ではなく、独裁政権です。

    ・朝からこの記事に関するツイートがたくさん流れてくるけど、去年の7月の記事なのになんでやろ。。

    ・政権の振る舞いと表裏一体のものとして、「記者クラブ」の存在が批判されている。報じている朝日新聞を始めとする日本のマディアは、記者クラブを解体してフリーのジャーナリストを含め取材のアクセスを開放すべき

    ・相変わらず朝日新聞は、日本を貶める報道しかしないねえ・・・

    ・おーい、皆さん。プーチン大統領を忘れてませんか?(大統領16年、首相4年)たかだか7年政権が続いたぐらいで独裁とは甘っちょろい😅

    ・身内で談合記事を流すな

    【朝日新聞『「日本、独裁政権のよう」ニューヨーク・タイムズが批判』 ネット「まだ朝日のようなアホ新聞がのうのうと発言できる環境…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/03/21(土) 08:42:54.19 ID:sobkM90F9
    0682C51D-6D00-43C6-BDBC-0CCB2B62DD7D

    https://anonymous-post.mobi/archives/21764
    トイレ紙の山積み映像は「逆効果」 買えないと意味ない
    朝日新聞デジタル

     新型コロナウイルスの流行で買いだめが起き、品切れが続くトイレットペーパー。しかし、関谷直也・東京大准教授(災害社会学)らの調査では、多めに買っている人はごく一部であることがわかりました。なぜ購入に駆り立てられるのでしょうか。報道の影響や、山積みのトイレットペーパーの映像を見るとかえって不安になる心理について、関谷さんに聞きました。

     ――店頭のトイレットペーパーが消えたきっかけは「トイレットペーパーが不足する」というSNS上のうわさだと言われます。

     「私たちがサーベイリサーチセンターと行った調査では、そのうわさをSNSで知ったという人は10%にすぎません。半数近くはテレビでそのうわさの存在を知り、また品切れの状況をテレビや直接見て知っています。トイレットペーパーに限らず買いだめは他国でも起きており、一つのうわさが原因ではないのです」

     ――テレビは有力な情報源なのですね。

     「コロナについて不安を持つ人が多いから、新しい情報を求めていつも以上に、必要以上に情報に敏感になっています。ウイルスは肉眼で見えないので、テレビで『画になる現場』として、ドラッグストアの空の棚が繰り返し報道されたのです」

     ――工場や大型店に大量のトイレ紙がある様子も報道されました。安心を呼んだのでしょうか。

     「不安をあおるという意味では、トイレ紙がたくさんあるシーンもないシーンと同じです。消費者にとっては、自分が実際に買える店に商品がなければ意味がありません。山積みの映像と目の前の現実のギャップが、不満と不安をかき立てます。『あるところにはこんなにありますから落ち着いてください』というメッセージの出し方は、逆効果です」

     ――どんな情報を出せば?

     「消費者が実際に入手できるのは何日後か不確かであるなら、その事実をそのまま伝えるべきでしょう。状況がわからないから、今日買えるかも、明日なら買えるかも、と期待して毎日並ぶのです」

    https://www.asahi.com/articles/ASN3J64BKN3JUPQJ00S.html

    関連記事

    自民党・小野田紀美「買い占めを煽るデマはネットが原因と思われがちだが、テレビで『トイレットペーパーがこんなにありません』という状況を何度も放送されるとみんな不安になる」「国内感染者数が1千人を超えたと、クルーズ船を含めた嘘の報道をマスコミがやっている」 https://t.co/tTJ8aaa1hw

    — アノニマス ポスト ニュースとネットの反応 (@vG2AZlCr4F3hx6Y) March 5, 2020

    (略)
     
    【【パヨクマスゴミ】自民党・小野田紀美の「トイレットペーパー買い占めを煽るデマはネットではなくテレビ」発言は正しかった ネット「つまりテレ朝が悪い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/03/20(金) 21:04:40.33 ID:lsUGKeXh9
    5A0D2298-9354-4688-A414-D609E72C0D11
     
    https://snjpn.net/archives/186417
    御厨一彦さんのツイート

    (景気対策で現金支給と一部報道があるが?)

    麻生副総理
    「ナントカ新聞に載っかってましたね。何新聞あれ?書いたとこどこ?...なんだいないのかよ。責任取りたくないのかって話になっちゃうよ。現時点で財務省で現金を配る検討しているという事はありません。書いた後のフォローはしないのはおたく?」

    (略)

    ネット上のコメント

    ・うわーマスゴミって最低最悪。この話でっち上げなんだ。麻生さんは対策は考えているのでしょうが以前やってあまり効果の無かった策はそりゃやらんだろうね

    ・好きやわ麻生さん

    ・経済対策検討してないのはなんだかなー、だけれどね。マスコミへの返しは好きですよ。

    ・麻生さん笑えました

    ・いつもより眉間にシワ寄せてるように見える。ほんとウンザリしてるんだろうなぁ

    ・1万二千円じゃ、効果分からないのもうなずける。1人十万円だと、ある気がするなぁ。

    ・笑ってしまった🤣❗️

    【【パヨクマスコミ発狂】麻生副総理「現時点で財務省で現金を配る検討しているという事はありません」「ナントカ新聞に載っかってましたね」 ネット「マスゴミ…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 鴉 ★ 2020/03/20(金) 12:44:45.61 ID:CAP_USER
     47EE0DB9-AE1E-4647-B6E7-B8A0C79AE4F9
    ● 新型コロナ対応で露呈。戦後日本の成り立ちが招いた危機管理の弱さ
    高橋 浩祐 / 国際ジャーナリスト
    2020年03月20日

     新型コロナウイルスの感染が世界中に広がっている。収束の兆しは一向に見えていない。日本国内でも感染は拡大の一途で、7月下旬から始まる東京五輪開催も危ぶまれている。歴代最長の安倍晋三政権にこれまでで最も危機的な状況をもたらしている。

     安倍政権の対応が後手に回るなか、国内感染者数と死者数は日に日に増え、感染者は920人を越え、死者も32人を数える(2020年3月19日午前時点)。クルーズ船の乗客乗員とチャーター便の帰国者を含めれば、感染者は1636人、死者は39人に及ぶ。クルーズ船の死者7人のうち、5人は70代と80代の日本人の高齢者だ。

     「政治は結果がすべて」。安倍首相はこの言葉を好み、国会の内外でこれまでも何度も口にしてきた。今、この言葉が真綿で自らの首を絞めるかのごとく、安倍首相を追い込んでいる。

     日本国民の多くは、忙しい毎日をまじめに働い、納税している。その見返りに、国家が本来、真っ先に何よりもやらなければならない役目は、国民の生命と財産を守ることのはずだ。

     にもかかわらず、なぜここまで新型コロナの被害は拡大してしまったのか。

    朝日新聞:論座
    https://webronza.asahi.com/politics/articles/2020031300001.html


    ●参考:素粒子
    2020/1/24 16:30
    ウイルスに効果があるのは手洗い、マスク着用など日常の風邪対策。中国人を排除するより、ともに手を洗おう。
    https://www.asahi.com/articles/DA3S14339808.html

    【【朝日新聞】国が真っ先にやらねばならないのは国民の命と財産を守ることだ。にもかかわらず、なぜここまでコロナは拡大してしまったのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 金魚 ★ 2020/03/20(金) 11:42:44.48 ID:XCdZKqjw9
    テレ朝・玉川徹
    「台湾がなぜ上手くいったかというと感染者が少ないうちに隔離したから、
    今でも、仮に日本で感染者が1%いないとして、全員に検査して、感染者と感染してない人を分けて、
    自宅や病院で1ヶ月隔離したら終わりますよ」

    羽鳥アナ
    「止めるんだったら(全部)止めると…それは難しい」

    テレ朝・玉川徹
    「だからこそ検査は必要だったんだけど」

    岡田晴恵教授
    「まずは全数検査は無理だと思ってる。市中感染率もそんなに高くないという状況、今後は分かりませんが」

    「検査については、(「医者が判断した人は)少なくとも肺炎症状がある人は医療に繋げてくれ、
    そういうことは、医院を守るために発熱外来でやってくれと」

    「収束はかなり難しい、8割は軽症、相当な無症状な人がいる」

    no title

    言動は45分のあたりにあります
    https://www.youtube.com/watch?v=n_M3RFRBPpc



    【【パヨク必死】玉川徹「全員に検査して」岡田晴恵教授「全数検査は無理。市中感染率もそんなに高くない」玉川を全否定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 鴉 ★ 2020/03/20(金) 07:57:07.68 ID:CAP_USER
     47EE0DB9-AE1E-4647-B6E7-B8A0C79AE4F9
    メディア不信と向き合う 朝日新聞あすへの報道審議

    新聞など既存のメディアが出す情報は「自分たちが伝えたいこと」に偏っており、事実を伝えていない――そんなメディア不信が今、広がっています。ネットに様々な情報があふれる中で、新聞が読者と信頼を結び直すにはどうすればいいのでしょうか。


    ■「あすへの報道審議会」とは
     「ともに考え、ともにつくるメディア」という目標に向けて、朝日新聞社が2016年4月に新設しました。読者代表として紙面作りなどに意見を述べるパブリックエディター(PE)が、中心メンバーを務めます。PEは本社の報道内容について、紙面モニターら社外の声をもとに、編集部門の幹部らと議論します。「あすへの報道審議会」は、社外の有識者らから本紙に意見を寄せてもらう「紙面審議会」に代わる組織としてつくられました。


    ■パブリックエディター(PE)とは
     2015年4月に新設されたパブリックエディター(Public Editor、略してPE)は「読者代表」の立場で、本社に寄せられた社外からの声を日常的にモニタリングしながら日々の報道を点検し、改善を求めます。コラム「パブリックエディターから」などを通じて考えを表明しています。
    https://www.asahi.com/topics/word/あすへの報道審議会.html

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/DA3S14404970.htm

    【【コロナ痛快】朝日新聞「新聞の情報は偏っていて事実を伝えないというメディア不信が広がっているため、メディア不信と向き合う」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル