かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: マスコミ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/01/19(日) 14:33:41.10 ID:HnxH0qxd9
    https://snjpn.net/archives/176231
    御厨一彦さんのツイート

    【茂木外相 共同通信を撃沈】

    共同:米軍によるイランのソレイマニ長官の殺害は国際法違反と指摘されるが?

    茂木外相:今日の国会で3回お答えした通り

    共同:あ。あの。分かった上で改めていかがでしょうか?

    外相:必要ありますか?聴いてらっしゃったんでしょ?なら良いでしょ?

    共同:分かりました

    (略)

    ▼ネット上のコメント

    ・面白い🤣

    ・わかってるのに、改めて聞くパフォーマンス。ちょっとでも違うところがあったら 攻めようという魂胆が見え見え・・・

    ・本当に何度も何度も同じ質問するって記者としての質の低さを自分で暴露してるようなものです。

    ・当然の応対、これが嫌われてる原因でしょうか?茂木さんの態度、悪いかなぁw普通だと思います😃

    ・「国は絶対悪。罪人なのだから国民の代表たる我々に答えるのは当たり前」「我こそは納税者の代表。金を払う我々はお客様で神様。だから答えて当然」こういう態度は日本人の文化じゃない、ということがわからなくなった日本のマスコミ。

    ・この人ほんと好き、まじでイケオジ

    ・次の日に「記者の質問にまともに答えない」とか難癖付ける方に1票

    【【パヨク】共同通信記者の質問に、茂木外相「今日の国会で3回お答えした通り」 ネット「共同通信が朝日新聞並に左傾化」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/01/17(金) 18:03:39.51 ID:tuEnt3Qg9
    https://snjpn.net/archives/175934
    坂東忠信さんのツイート

    日本のNHKではなく、中国の犬っち系だから仕方ないですが

    「武漢に渡航した男性から」とのタイトルは間違い。

    正しくは
    「武漢に帰国し再入国した中国人男性から」ですよ。

    タイトルに騙される人が多いと思いますが、日本人が持ち帰ったのではなく、持ち込まれているのです。

    (略)

    ▼ネット上のコメント

    ・酷い完全な捏造報道です、高市さ~~~~~ん。 ・中国人が日本に帰国って、NHKの中では日本は中国の一つのわ省になっとんたんかい。

    ・報道はより正確に事実のみを報道しないと信用できなさ50%越えるよ

    ・てっきりChinaに行った日本人が感染したのだと思ってました。

    ・犬っち系は一回解体して 国営放送にしないと日本の国益が失われる。

    ・このご時世、バイオテロを疑っちゃいますし、NHKは今度は何を隠してんの?、って思いました。疑われる公共放送(笑) 普段が普段なので… ・最初は騙されちゃいましたよ

    【【中国肺炎問題】坂東忠信、NHKの報道に苦言「日本のNHKではなく、中国の犬っち系だから仕方ないですが…」 ネット「完全な捏造報道】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/01/15(水) 18:40:55.71 ID:jlTHWjqj9
    46DF6406-594C-4264-9706-E4AEFB4FAD40
     
    https://snjpn.net/archives/175647
    望月衣塑子さんのツイート

    安倍政権が長期化し、硬派なジャーナリズムを体現する報道番組が激減する中、サンモニの奮闘はメディアの鑑だ。

    (略)

    ▼ネット上のコメント

    ・見る目なし

    ・ただの偏向番組ですよ

    ・素晴らしい番組です。毎週見ています。変わらずに、番組続いて欲しい。

    ・鏡割り、それも終わったよ、イソコ。

    ・テレビ・新聞・ラジオと言った旧来のメディアは、もう役割を終えつつあります。

    ・こういうのがジャーナリズムw

    ・ふーん金富プロデューサーね。そういう事か。

    【【パヨク】東京新聞・望月衣塑子「サンモニの奮闘はメディアの鑑だ」 ネット「ただの偏向番組」「見る目なし」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/01/15(水) 08:45:43.85 ID:CAP_USER
     39E0D70E-9F93-4FD9-A08C-EBCB285CBC7C
    元徴用工問題 改善の意欲を見逃すな

    韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が年頭記者会見で、懸案である元徴用工問題の解決に向け、日本政府に協力を求めた。
    時間的余裕はない。関係悪化を食い止めるために、日本政府も前向きに関与してほしい。

    この問題については、昨年末に実現した日韓首脳会談で、「対話による解決」で一致したが、残念ながら具体的な進展はなかった。
    その後、徴用工を巡る訴訟の弁護団などが、日韓合同の協議会を創設することを提言した。

    すでに、日韓の企業、市民の自主的な募金で救済する法案が韓国国会に提出されているものの、被害者の声が反映されていないとの批判があるためだ。

    思い出すのは昨年の同じ年頭会見のことだ。文大統領は日本の歴史認識を批判し、関係悪化の引き金になった。
    今回は、発言に関係改善への意欲が読み取れた。

    文大統領はまず、「最も重要なことは被害者の同意を得ることだ」と述べ、協議会に参加する意向も示唆した。
    ただ、韓国政府としてどういう解決策を持っているのかには触れず、救済法案にも言及しなかった。物足りなかった部分だ。

    これまでの徴用工に関する韓国政府、国会、弁護団の対応はバラバラという印象が否めない。
    隣国日本について「協力関係を未来志向的に進化させる」(文大統領)というなら、「司法の判断」と逃げず、方向性を取りまとめ、日本側に提示してほしい。

    会見の中で文大統領は、日本側が輸出規制の撤回をすれば、協議が進むとの認識を示した。
    これは順番が違うのではないか。適切な措置だったとはとても言えないが、日本の輸出規制は徴用工問題に対する警告の意味だった。
    徴用工問題での進展があれば、自然に解決するはずだ。

    一方、日本側は、韓国人の個人請求権問題は一九六五年の日韓請求権協定で解決済み、との姿勢を全く変えていない。協議会についても否定的だ。
    徴用工訴訟の被告である日本企業の資産売却は二月にも行われるとの見方がある。そうなれば、日韓関係への決定的な打撃になりかねない。

    今年は東京五輪の年でもある。韓国からも多くの観光客や政府高官の訪日が見込まれるのに、トラブルを抱えたままでいいのか。加えて北朝鮮情勢も不安定だ。

    日本政府は、「韓国内の問題」だとして傍観せず、文大統領の意欲に応えるべきだろう。

    東京新聞
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2020011502000151.html


    【【東京新聞】 韓国とトラブルを抱えたままでいいのか 日本は、「韓国内の問題」だとして傍観せず、文大統領の意欲に応えるべきだ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/01/15(水) 07:11:14.96 ID:aKgEHzhu9
    E844CFC0-7479-4647-B827-014D9B7001FB
     
    https://anonymous-post.mobi/archives/18009
    切り取りなしの全容!麻生副総理「日本は2000年に渡って一つの民族」発言の文脈

    「日本は2000年に渡って一つの民族」発言の全容

    麻生太郎副総理兼財務大臣は、1月11日から13日にかけて地元・福岡県内での新春国政報告会に相次いで出席し、講演を行った。芦屋町を皮切りに直方市、飯塚市と3つの会場で行われた国政報告会には水もコーヒーもでないが、招待された多くの有権者が集まった。

    そんな中で今、物議を醸している発言がある。それは2カ所目の直方市で行われた国政報告会での「2000年の長きにわたって一つの国で、一つの場所で、一つの言葉で、一つの民族、一つの天皇という王朝、126代の長きにわたって一つの王朝が続いているなんていう国はここしかありません」という発言だ。政府は、アイヌ民族を先住民族としていることなどから、日本は単一民族国家ではないという見解だがそれに反するのではという批判が出ている。

    そこで、このおよそ44分に渡って行われた国政報告について、一部の切り取りではなく、その発言の前後もお伝えすることで、その全容を見ていきたい。

    講演の始まりは?「令和」と「平成」を分析

    「令和の御代になりまして初めての元旦。全国的にいい天気に恵まれ明るい感じが全国的にあった」

    こう述べて講演を始めた麻生副総理はその後、平成の時代を振り返り、またデフレ脱却のための安倍政権の政策の成果をアピールした。

    その後は地元福岡での国政報告会ということもあり、G20財務大臣・中央銀行総裁会議の成果をアピールし、米中貿易摩擦と呼ばれるものを「米中新冷戦」と言い換えるなど、自らの言葉で聴衆に語りかけた。さらに憲法改正についても、議論を行わないのは「国会議員の怠慢」だと指摘し、改正に向けた議論を促した。そして終盤に差し掛かり話題はラグビーに移った。

    ラグビーの話題からインターナショナルな世界と日本について言及

    実は麻生氏はNHKのサンデースポーツを見るのが習慣。前夜もトップニュースで扱われたラグビーのトップリーグの試合結果をチェックしていたのだろう。

    「今見てください。あのラグビー見たって15人のうち7人がニュージーランド、韓国とか、どこかいろいろな国がある。結果的にワンチームで日本がまとまってるでしょ。ぐおーんとやって勝ったわけ。『勝てっこない』と言われて勝って、そして昨日からまたラグビーが始まったよ。観客動員数、今までの倍。いいことじゃないですか」

    このように去年のW杯での日本代表の活躍を契機としたラグビー人気向上に触れた上で、「インターナショナル化する中での日本」について、聴衆に語った。

    「インターナショナルになっていることは間違いない。そして、それが力を生んでいるんだから。我々はそこが大事なんだから。純血守って何も進展もしないんじゃなくて、インターナショナルになりながら、きちんと日本は日本を大事にし、日本の文化を大事にし、日本語をしゃべる。そしてお互いにがんばろう、ワンチーム。日本はすげーというのでやって、それで世界のベスト8に残った。いいことですよ。私はそういった意味では、ぜひ日本という国がこれからもインターナショナルな世界の中で、堂々と存在感を発揮して、やっぱり日本という国は偉え…」

    このようにインターナショナル化する中での、日本のアイデンティティーや存在感について話し、「日本という国は偉え…」という言葉に続いて飛び出たのが、当の発言だった。

    (略)
     
    【【パヨクの切り取り報道】西日本新聞・豊福幸子が報じた麻生太郎副総理の発言の”切り取りなしの全容” ネット「やはりマスゴミの悪意ある切り取り】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/01/13(月) 17:50:23.38 ID:Do12IOP39
    4468108E-70C6-4417-8FF5-DA220BD812A4
     
    https://snjpn.net/archives/175312
    村本大輔さんのツイート

    おれは全ての新聞読んで腑に落ちるものに疑いをかける。

    誰かが流す情報は誰かが流してる時点で疑う。

    あんたらとはちがうよ強いから

    (略)

    ▼ネット上のコメント

    ・なるほど それでトンチンカンな事ばっかり言うんだね

    ・読めても意味が解釈できないだろう

    ・ほう、池上の後釜でも狙っているのかな?少なくとも新聞を読んでいるからって頭が良くなるわけではないといういい見本にはなるな。

    ・全ての新聞を読んでいるのに、この程度かw

    ・時間はあるんですね

    ・ふーん。で、その結果がこれ?

    ・誰?

    【【パヨク】村本大輔「おれは全ての新聞を読んでいる」 ネット「新聞を読んでいるからって頭が良くなるわけではないといういい見本にはなるな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/01/12(日) 21:25:42.14 ID:7S9Xq8Hu9

    【【パヨク発狂】「日本の組織・団体で信用できるのは?」→1位:自衛隊 60% 「信用できないのは?」→マスコミと国会議員が46%で同率1位】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/01/11(土) 08:30:11.29 ID:xrx4aUnf9
     jp250

     あなたはこれまで旗を振ったことがあるだろうか。

     運動会の応援やスポーツ観戦、あるいはイベントやデモに参加したとき……。

     いったい旗とは何か。米国では、星条旗をこう表現するそうだ。「あなたの信じるすべてのものになりうるだろう」

     今年は東京五輪が開かれる年である。多くの人が多くの旗を掲げる機会がありそうだ。メダルを胸に旗を誇らしげに見上げる人もいるに違いない。

     そんな年の始まりに、少しだけ考えてみたい。そもそも人はなぜ、旗を手にするのか。

         *

     人類に代わって「猿」が支配する世界を描いたSF映画「続・猿の惑星」(1970年)には、2種類の旗が登場する。

     ゴリラの兵たちが行軍で掲げるピンクと黒の旗と、平和デモをするチンパンジーたちが手にしていた白い旗だ。

     ゴリラの将軍は叫ぶ。

     「我々軍人の聖なる義務は武力でかの地を占領し、我々の旗を掲げることだ」

     もちろん現実には「猿」や動物が旗を掲げるようなことはない。それは人間だけの特別な行為なのだから。

     人はいつから旗を使い始めたのか。諸説あるようだが、紀元前11世紀ごろの中国、周の時代が始まりとも言われる。最古とされる旗は白色で、やはり軍を動かす際に使われたらしい。

     起源がどうあれ、旗は集団のシンボルとされてきた。

     近年では、宗主国の権威の象徴として植民地支配に利用され、それに対抗する動きにも使われた。モザンビークの国旗には自動小銃カラシニコフが描かれている。独立闘争をたたえ、「あらゆる手段で国を守る」との決意の表れだという。

     集団の歴史が込められた旗は団結のパワーとなり、その掲揚が巨大な興奮を与えてきた。

         *

     一方で、見る人が代われば、それは激しい憎悪の対象にもなりうる。例えば2001年の米同時多発テロの直後、自由の象徴として米国各地にあふれた星条旗。その同じ旗が、米軍の攻撃で多くの市民が死傷したアフガニスタンなどでは暴力と理不尽さのシンボルとされた。

     特定の集団への憎しみが高まれば、旗は集団の代わりに辱められ、燃やされる。

     米国では1980年代、星条旗を焼いた男性が逮捕されたが、最高裁で無罪になった。判決は、この男性の行動も、憲法が定める「言論の自由」にあたるとした。

     「私は自由を大切に思う。旗を燃やす自由でさえ、その権利を誇りに思う」。いまは亡き米歌手のジョニー・キャッシュは、ヒット曲「みすぼらしい星条旗」を歌う際、そう観客に語りかけたそうだ。

     「日の丸」に対しても、複雑な感情を抱く人々がいる。

     戦後75年が過ぎても、そうした人々から見れば、日の丸を掲げる行為そのものが、侵略戦争の暗い記憶を呼び起こすものにほかならない。

     東京五輪で旭日(きょくじつ)旗を振るのを禁止すべきだ――。最近、韓国の人々からは、そんな声も伝えられる。旭日旗は旧日本陸海軍の旗であり、いまも海上自衛隊の自衛艦旗である。

     日本政府は「(旭日旗が)政治的主張だとか軍国主義の象徴だという指摘は全く当たらない」と反発している。

     そう簡単に言い切れるものだろうか。

     昨年のラグビーW杯の観客席でも一部で旭日旗が振られた。わざわざ国際競技の場に持ち込む人の目的は何だろう。快く思わない人たちがいることがわかっている旗を意図的に振る行為に、「政治的主張」はないといえるのだろうか。

     旗がまとう背景や、使う人の意図によって旗は色々な意味を映す。受け止める人次第で見え方が正反対になることもある。

         *

    (略)

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/DA3S14322936.html
    【【アホの朝日新聞】日の丸を掲げる行為そのものが、侵略戦争の暗い記憶を呼び起こすものにほかならない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ベンガル(熊本県) [US] 2020/01/06(月) 20:38:49.77 ID:PaOC8W/U0● BE:201615239-2BP(2000)
    kp250

    北朝鮮の朝鮮中央通信は6日、NHKが先月末にミサイル発射に関する誤報を流したことについて、北朝鮮に対する恐怖を抱かせるための「悪巧み」だったと非難した。

     また、「高度な技術を誇る日本でたびたび起こる誤報騒動を、単なるミスや勘違いとみるには、その中に含まれている本音が非常に危険」と指摘した。

     NHKの同誤報に対し、北朝鮮が反応を示すのは初めて。

     NHKは先月27日未明、公式ニュースサイトなどで「北朝鮮のミサイル 海に落下と推定 北海道襟裳岬の東約2000キロ」と誤って速報を流した。
    約20分後に誤りを認め、ニュース番組でアナウンサーが「訓練用の文章で事実と異なる」と説明した。

    朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020010680243

    【北朝鮮、NHKのミサイル誤報を北朝鮮に対する恐怖を抱かせるための「悪巧み」と非難】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/01/05(日) 14:55:08.30 ID:xlw7IxyM9
     F17173F4-B5B6-48A6-A5E7-AF59A41A85D3
     長期政権のひずみが広がるのか、それとも、新たな一歩を踏み出せるのか。

     分岐点の1年である。

     第1次政権と合わせた通算在任日数が歴代最長となった安倍首相は、8月末まで政権を維持すれば、連続在任日数も佐藤栄作を抜き歴代最長となる。

     東京五輪の後は、自民党総裁任期が残り1年となる首相の後継に、政界の関心は一気に向かうことだろう。

     しかし、大切なことは、単に「ポスト安倍」に誰が就くかではない。「安倍政治」がもたらした惨状をどう修復するのか。その視点こそが基軸とならなければいけない。

     ■「仲間」と「敵」を分断

     昨春の「桜を見る会」の動画が、いまも首相官邸のホームページで公開されている。

     「皆さんとともに政権を奪還してから、7回目の桜を見る会となりました」

     首相はあいさつを、そう切り出した。野党に投票した人を含め、国民全体に責任を負う立場を忘れ、「仲間」しか眼中にないような発言は、はしなくも首相の政治観を露呈している。

     半年後、この会の招待客をめぐり、首相の私物化への批判が噴き出すことになるのも、当然の成り行きだ。

     表裏をなす光景が、昨夏の参院選の首相の遊説で見られた。首相を激励するプラカードを掲げた支持者らが周囲を固め、批判的な聴衆との間に「壁」をつくる。ヤジを飛ばした市民が警察に排除された会場もあった。

     森友・加計学園から桜を見る会まで、この政権で繰り返される諸問題に共通するのは、首相に近しい者が特別な便宜を受けたのではないかという構図である。一方で、首相は野党やその支持者など、考え方が異なる者への敵視を隠さない。

     分断をあおり仲間内の結束を固める政治を続けるのか、多様な国民を幅広く包摂する政治に転換するのかが問われている。

     ■憲法の理想から遠く

     「この憲法が制定せらるる以上は、立法府が国家政治の主体であって、行政府はその補助機関とならなければならぬ」

     「議会政治の父」と呼ばれた尾崎行雄は1946年8月、日本国憲法の衆院本会議での可決に際し、そう演説した。議会の力が弱かった戦前の反省を踏まえ、「国民総意の発現所たる議会」こそが政治の中心であるべきだと訴えたのだ。

     しかし、日本の政治の現状は、尾崎の理想とは全く逆である。「安倍1強」の下、与党は首相の意向につき従い、「多弱」の野党も力不足だった。先人が営々と積み上げてきた議会制民主主義は、安倍政権の7年で劣化を極めた。

     政治不信の深刻さを示すひとつのデータがある。「言論NPO」が昨年9月に実施した日本の民主主義に関する世論調査だ。政党や政治家に日本の課題解決は「期待できない」との回答が7割に達し、国会が「言論の府」に値するとの答えは9%と1割にも満たなかった。

     どうしたら国会が本来の役割を発揮できるのか。それは喫緊の最重要課題のひとつである。

     自民党は今年11月に結党65年を迎える。55年の発足時に定めた「党の性格」は、第1に「国民政党」を掲げ、「特定の階級、階層のみの利益を代表し、国内分裂を招く階級政党ではない」と宣言した。

     当時最大のライバルだった社会党を意識した自画像かもしれないが、自民党はその後長く、党内にさまざまな潮流を抱える政党であり続けた。歴史や社会、憲法に対する考え方も決して一色ではなかった。

     ■一色に染まった自民

    (略)

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/DA3S14316344.html  


    【【自己紹介朝日新聞】首相は野党やその支持者など、考え方が異なる者への敵視を隠さない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/01/01(水) 14:45:16.56 ID:2mYFfMnt9
    no title
     
     「普遍」とは、時空を超えてあまねく当てはまることをいう。抽象的な言葉ではあるが、これを手がかりに新たな時代の世界を考えてみたい。

     国連の「持続可能な開発目標」(SDGs〈エスディージーズ〉)は、17の「普遍的な」目標を掲げている。

     たとえば、貧困や飢餓をなくす、質の高い教育を提供する、女性差別を撤廃する、不平等を正す、気候変動とその影響を軽減する、などだ。

     2030年までに「我々の世界を変革する」試みである。「誰も置き去りにしない」という精神が、目標の普遍性を端的にあらわす。

     15年に採択され、4年が経つが、進み具合は思わしくない。昨年9月、ニューヨークで開かれた初の「SDGサミット」で、国連のグテーレス事務総長は訴えた。「我々は、いるべき場所にほど遠い」。サミットは、この先を「野心的な行動の10年」と位置づける宣言を出した。

     目標にどこまで迫ることができるか。それが20年代の世界を見る一つの視点になる。

     ■リベラルめぐり応酬

     人権、人間の尊厳、法の支配、民主主義――。

     めざすべき世界像としてSDGsも掲げるこれらの言葉は、西洋近代が打ち立てた普遍的な理念として、今日に生きる。

     基本的人権の由来を記した日本国憲法の97条にならえば、「人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果」である。

     帝国主義や植民地支配といった近代の負の側面を差し引いても、これらが国境を越えた物差しとして果たしてきた役割は、とてつもなく大きい。

     たとえば人権保障は、1948年に世界人権宣言が採択され、その後、女性、子ども、性的少数者へと広がっていった。

     だが、21世紀も進み、流れがせき止められつつあるかに見える。「普遍離れ」とでもいうべき危うい傾向が、あちこちで観察される。

     ロシアのプーチン大統領は昨年6月、移民に厳しく対処するべきだとの立場から、こう述べた。「リベラルの理念は時代遅れになった。それは圧倒的な多数派の利益と対立している」

     リベラルという語は多義的だが、ここでは自由や人権、寛容、多様性を尊ぶ姿勢を指す。

     発言は波紋を呼んだ。当時のトゥスクEU首脳会議常任議長は「我々はリベラル・デモクラシーを守る。時代遅れなのは権威主義、個人崇拝、寡頭支配だ」と反論した。

     自由と民主主義が押し込まれている。

     プーチン氏は強権的なナショナリズムを推し進め、米国のトランプ大統領も移民を敵視し、自国第一にこだわる。

     欧州では、排外的な右派ポピュリズムが衰えを見せない。

     香港で続くデモは、自由という価値をめぐる中国共産党政権との攻防である。

     自由民主主義陣営の勝利と称揚された冷戦終結は、決して「歴史の終わり」への一本道ではなかった。

     ■固有の文化、伝統?

     日本はどうか。

     「民主主義を奉じ、法の支配を重んじて、人権と、自由を守る」。安倍政権は外交の場面で、言葉だけは普遍的な理念への敬意を示す。

     しかし、外向けと内向けでは大違いだ。

     国会での論戦を徹底して避け、権力分立の原理をないがしろにする。メディア批判を重ね、報道の自由や表現の自由を威圧する。批判者や少数者に対する差別的、攻撃的な扱いをためらわない。

     戦前回帰的な歴史観や、排外主義的な外交論も、政権の内外で広く語られる。


    (略)
     
    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/DA3S14313780.html  【【パヨク朝日新聞】リベラルという語は、自由や人権、寛容、多様性を尊ぶ姿勢を指す 日本はどうか 戦前回帰的な歴史観…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 鴉 ★ 2019/12/29(日) 16:22:39.66 ID:CAP_USER
    F17173F4-B5B6-48A6-A5E7-AF59A41A85D3
     
    (社説余滴)日韓慰安婦合意の悲哀 箱田哲也

     日本と韓国が交わした何とも不憫(ふびん)な約束である。

     ちょうど4年前の昨日、両政府が発表した慰安婦問題の合意のことだ。

     「合意は違憲」と反発する元慰安婦らの訴えは一昨日、韓国の憲法裁判所で却下された。だがそんな判断を待つまでもなく、すでに日韓両政府によって骨抜きにされてしまっている。

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/DA3S14311947.html

    【【アホの朝日新聞】日韓慰安婦合意は日本と韓国が交わした何とも不憫な約束である】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2019/12/29(日) 17:42:13.50 ID:45S6xMm09

    毎日新聞

    桜を見る会 首相は「私自身が招待はしていない」と言い続けているが、本当なのだろうか?

    実は、首相の地元事務所は「安倍事務所ツアー」と題して参加者を募っていた。

    案内文書からツアーの実態を読み解くと、首相答弁の不自然さはさらに際立つ。

    https://twitter.com/mainichi/status/1211093847524048896 

    オヤジBOY
    @Pikard9381
    どーでも良いわ。秘書がやってたとしても、安倍ちゃん関係なかっても。そもそも何の罪にもならない事。野党がイメージ下げようと騒いでるけど、子供みたい。

    【毎日新聞「桜を見る会、首相答弁の不自然さは際立つ」 ネット「そもそも何の罪にもならない事。野党が騒いでるけど、子供みたい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 鴉 ★ 2019/12/28(土) 18:20:15.11 ID:CAP_USER
     no title

    韓国に対する「確証バイアス」が広がる日本
    対立の影で失った韓国への客観的な視角

    輸出規制後の特徴的事例

     確かに、日韓両政府の対立はこれまでも数多く存在してきた。しかし、今回の日韓の対立で最も深刻なのは、それが市民やメディアの議論にまで大きく影響を与え、社会の中で相手国に対しての捉え方が変わったことにある。

     ここで、輸出規制が実施された後に起きた3つの事例を挙げて、その傾向を見ていく。

     第一に挙げられるのは、「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・その後」が約2カ月間、閉鎖された件である。8月に始まった同展においては、従軍慰安婦の女性を模した「平和の少女像」に対してテロを想起させる批判が多く寄せられたこともあり、安全を考慮して展示全体の中止が発表された。その背景には有力政治家による発言が後押しした部分もあったものの、歴史問題に対するメディアや市民の反発が理性的な反論を抑え込んだ面が強い。結果的に、かつての少女たちが戦中戦後に何を思ったのかを伝えたいという作り手の思いはかき消されてしまった。

     この事件が報じられた際、私は1995年の出来事を思い出した。アメリカの国立スミソニアン博物館で米国内初の原爆展が企画されたものの、議会や在郷軍人会等からの圧力で同企画が中止に追い込まれ、未だ国内において「原爆投下は多くのアメリカ人の命を救った行為」とする見方が一般性を有している件である。

     自分の目に入るものは常に心地よく、多様さは必要ないとする姿勢をとれば、世界は極めて単純なものに映る。しかし、様々な人や価値観が存在し、それぞれに背景や歴史、時として痛みすら抱えているのが実社会である。自らと異なる意見を目の前にした際に、それを拒否してしまえば実態を掴むことはできない。

     第二の事例としては、雑誌を含めたマスメディアにおけるヘイトスピーチまがいの言説の広がりが挙げられる。『週刊ポスト』の特集「韓国なんて要らない」において「怒りを抑えられない『韓国人という病理』」とされる記事が世間の注目を集めたが、それ以外にも「日韓断絶」(『文藝春秋』2019年10月号)など誰もが知る大手メディアで煽情的な見出しが躍った。後者については、「日韓相克 終わりなき歴史戦の正体」(11月号)、「『反日種族主義』を追放せよ」(12月号)といったタイトルも連続して表紙になっている。もちろん、発行部数を上げるための手段と見ることもできるが、それらは以前ならば嫌韓本でしか見られなかったタイトルである。

     その背景には首相をはじめとする政治家がたびたび韓国への怒りを露わにしたことで、そうしたタイトルに「お墨付き」が与えられたと見ることができよう。しかし、歴史問題に起因する問題に対して自らを省みる視点が従来に比べて欠けている現政権の姿勢が基準となる以上、それがメディア、そして社会に広がることは問題を一層深刻にさせてしまう。

     第三の事例として挙げられるのが、9月に法相に就任(10月に辞任)したチョ・グクの扱いである。彼は韓国で著名な法学者であり、文在寅政権発足時より、その就任が注目された人物であった。注目された要因としては、彼が文在寅政権や盧武鉉政権を支えた386世代(1990年代に30代で、1980年代に学生として民主化運動に参加し、1960年代生まれの世代。最近では、現在彼らが50代であることから586世代とも呼ばれる)の代表的な人物で、各種の政治的な事件に際してリベラル陣営の旗振り役を担ってきたためである。そして、大統領府民情首席(大統領の親戚や公務員規律の管理、人事の検証などを行う部署の長)として、韓国国内で強大な権力を有する検察改革を進めてきた。具体的には、文大統領が選挙戦の中で掲げた高位公職者犯罪捜査処の新設案と、検察と警察の捜査権の調整の設計を主導し、その実績が文大統領と支持者の信頼を得ていたのである。

    https://webronza.asahi.com/politics/articles/2019122600010.html

    【【朝日新聞】「確証バイアス」が広がる日本…日本人は韓国への客観的な視角が失われつつある。日本が偏狭な国へ変質することに警鐘を】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2019/12/28(土) 14:36:40.34 ID:6Qw26Hth9
    C474476A-5FC0-416A-B3BC-064257B2049A
     
    https://snjpn.net/archives/173384
    @Xq0SOZSaehXV0X5さんのツイート

    今日のTBS 「ゴゴスマ」

    次の総理大臣は?

    1位 石破茂
    2位 小泉進次郎
    3位 安倍晋三

    コメンテーター
    「国民は石破茂を望んでいる」

    これには疑問しか感じません。
    一体どこの誰が石破茂を支持しているのかオカルトにしか思えませんし石破を応援している人を見たことがありません。

    (略)

    ▼ネット上のコメント

    ・統計は嘘をつかない、しかし統計をつくる人は嘘をつくですね😁だいたい石破君なんか中朝韓のハニ虎かマネ虎でしょう。この方が総理になったら中国属国化の早道となる😭進次郎は3股疑惑でクリステルが怒って、それどころではないでしょう😱

    ・新聞やテレビなど、未だにオールドメディアしかみない、情報弱者に対して、偏向報道をしていますね。

    ・露骨な世論誘導が激しくなって来ましたね。

    ・第一位の方をどこの国の国民が望んでいるんでしょう?日本じゃないことだけは確かな気がするけど。第二位の方もメッキが剥がれて来て無理だと思うな。

    ・石破が総理…😒ゾワッとしますね😱

    ・TBSって視聴する番組無くなってきたなあ

    ・『国民は石破を望んでいない』が正解ですね

    【【パヨク】TBS「次の総理大臣、1位石破茂。国民は石破茂を望んでいる」 ネット「露骨な世論誘導」「石破君なんか中朝韓のハニ虎かマネ虎でしょう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2019/12/27(金) 08:33:45.54 ID:ADRZTJiT9
    4958101D-F511-4198-BB92-8F5C573D9345
     
    https://snjpn.net/archives/173235
    NHK、「北朝鮮ミサイル発射」と誤報 ネットのニュース速報で

    ▼記事によると…

    ・NHKは27日午前0時22分、インターネットサイトなどのニュース速報で、「北朝鮮がミサイルを発射した」などとする誤報を出し、その後、テレビ放送で訂正・謝罪した。

    NHKは「北朝鮮のミサイル 海に落下と推定 北海道襟裳岬の東約2000キロ」と配信。約20分後、サイト上で「速報は誤りでした」と訂正するとともに、テレビ放送でも謝罪した。

    12/27(金) 1:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00000001-mai-soci

    ↓↓↓
    和田政宗議員のツイート

    NHKがネットのニュース速報で大誤報。

    0時22分に「北朝鮮のミサイル 海に落下と推定 北海道襟裳岬の東約2000キロ」と。

    私は国交省のミサイル対応担当で、確認に追われた。

    NHKは0時49分よりテレビで「NHKからのおことわりです」と、誤報だったと伝えたが、「大変失礼しました」と述べ、全く謝罪せず

    (略)

    ▼ネット上のコメント

    ・これは『誤報でした。』で済む案件ではないでしょう。徹底した原因究明をお願いします。

    ・和田議員、お疲れ様でした。NHKには、失敗しても潰れないという甘さがあると思います。一回、厳しいお灸をすえてください!

    ・誤報で済む話でしょうか。日本と北朝鮮か開戦しかねない話です。徹底した原因究明を政治の力でして頂きたいと思います。

    ・もうNHKに防衛出動していいのでは?

    ・その誤報は全くシャレになっていません。総務省あたりから何かしらの処分が必要なのではないでしょうか。

    ・もう、潰そ?

    ・ミサイルですよ!いったいどうしたらそんな誤報が出せるのか知りたい。

    【【北朝鮮ミサイル発射】和田政宗「NHKが大誤報。『大変失礼しました』と述べ、全く謝罪せず」 ネット「やはりNHKは解体しないと」「潰そ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニライカナイφ ★ 2019/12/25(水) 22:58:39.37 ID:Lz+opb0F9

    ◆ 【動画】中国外交部報道官、日本の記者の質問にコップ持ったまま固まる―中国メディア

    23日に行われた中国外交部の定例記者会見で、日本の記者の文大統領に関する質問に、耿爽(グン・シュアン)報道官が思わず苦笑いする場面があった。中国メディアの央視新聞が24日付で伝えた。

    同日の定例会見で、「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、韓国は香港問題にせよ、新疆ウイグル自治区の問題にせよ、いずれも中国の内政だと考えていると発言しました。中国はこれについてどのように見ますか」との質問が出た。央視新聞によると、質問したのはNHKの記者だという。

    質問中、真剣な様子で耳を傾けていた耿報道官は、「香港とウイグルの問題」と聞いて長くなると予想したのか水が入ったコップを手に取ったが、単に文大統領の発言に対する中国の立場を聞くだけの質問に拍子抜け。コップを持ったまま一瞬固まり、その後、苦笑。「あなたはこれについて私にコメントしてほしいのですか」と確認し、「ははっ」と笑った。

    そして、「これは文大統領の立場ですが、私は事実と合致していると思います。新疆の問題も香港の問題も中国の内政。彼は事実を言いました。そうでしょう?」と記者に逆質問して再び「ははっ」と笑った。

    https://www.recordchina.co.jp/b769352-s0-c10-d0052.html

    動画:https://youtu.be/FzCkqslvM4o


    【【韓国に聞けばいいのに】中国報道官、NHK記者から「文大統領は香港やウイグル問題は中国の内政だと…」と質問され一瞬固まってから「なーんだ、ははっ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2019/12/25(水) 17:51:32.19 ID:LsxW3RnE9
    0893402E-F871-4E46-9B59-DF610DE92C10
     
    https://snjpn.net/archives/172980
    テレ朝「報ステ」で大量派遣切り…年の瀬に非情な通告が

    ▼記事によると…

    ・テレビ朝日系の看板番組「報道ステーション」で働く派遣スタッフが、大量に“解雇”通告されたことが日刊ゲンダイの調べで分かった。対象は10年以上の長きにわたって番組を支えてきた中核メンバーがほとんどで、10人以上が一斉に契約終了という異常事態。

    ・テレ朝側は「他の番組を紹介する」とは言っているものの、先のことは分からない。30代後半~40代、家族持ちもいて、年の瀬の非情なクビ通告に、ショックと不安で休んでしまった人もいるという。

    ・突然の中核メンバーのクビ切りに、残るスタッフからは「テレ朝は番組を潰そうとしているのか」「報道色をなくそうとしているのか」との疑念も上がる。

    背景には、「プロデューサーのセクハラなどで悪化したイメージを人心一新で刷新」というスポンサー対策も見え隠れする。派遣スタッフはそのとばっちりを受けた形だ。

    2019/12/24 14:50
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/266708

    (略)

    ▼ネット上のコメント

    ・世耕に怒られたから?

    ・これ以上右傾化したら、見る価値ない。

    ・どう考えても安倍の指示だろう。優秀なスタッフをクビにする事によって、政府批判ができないようにするつもりだろう

    ・ベテランならすぐ行くとこあるだろ

    ・普段、弱者を持ち上げて偉そうなことを言ってるくせに、自分らはこうやって派遣を切り捨てるのか。

    ・派遣ならしゃーない

    ・上を切らないと改善しないのに末端だけ切る

    【テレビ朝日「報ステ」で大量派遣切り… ネット「政治や社会問題を伝える側である報道番組がこんな卑劣なやり方で契約を打ち切る。許せない 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 鴉 ★ 2019/12/25(水) 07:41:44.77 ID:CAP_USER
    no title
     
    (社説)日本と韓国の対立 「最悪」を抜け出すために

     「この重要な関係をぜひ改善したい」(安倍首相)
     「決して遠ざかることができない仲」(文在寅〈ムンジェイン〉大統領)

     1年3カ月ぶりの公式会談は、そんなあいさつで始まった。日本と韓国が中国の成都で開いた首脳会談である。

     ふだんならただの外交辞令だっただろう。こんなやりとりでさえ両国メディアの耳目を集めたのは、それだけ日韓関係がすさんだことの裏返しだ。

     ■不毛な応酬の果てに

     国交正常化以降で最悪――。ことし何度指摘されたことか。今回の会談で2人が本当に危機意識を共有したのならば、未来への責任を果たすべきだ。

     互いに大幅な譲歩を伴う政治決断なしに、事態は動かない。

     歴史問題で両政府が反目することは過去にもあったが、今回は規模が違う。政府の対抗措置に連動して、経済、自治体交流の停滞へと連鎖が広がった。

     発端は、徴用工問題をめぐり日本企業に賠償を命じた昨年の韓国の判決である。問題は解決済みとする日本政府は今夏、貿易分野で報復措置をとった。

     これを受け、韓国側は軍事情報に関する日本との協定の破棄を表明した。この安全保障問題は撤回されたものの、韓国社会の反発は収まっていない。
     これまでのところ深刻な経済ダメージが取りざたされるのは日本側だ。これまで中国に次ぐ2番目の規模だった韓国人観光客の足が遠のいた。

     日韓の間に位置する長崎・対馬の観光業者は「経営的に限界という声が少なくない」(長崎県対馬振興局)という。

     地方自治体の多くが長年、交流事業を続けてきたが、夏以降は韓国から中止や延期を申し出るケースが相次いだ。

     韓国の輸入ビールで最も人気のあった日本産は統計上、日本からの輸出がゼロに。日本車の販売も大きく落ち込んだ。

     さほど損害が伝えられない韓国側でも、多くの業者や関係者が困難な状況にあるはずだ。

     政府間にはそれぞれ譲れぬ原則があるにせよ、国民の経済的な実利や、市民同士のふれあいの機会を互いに損ねる現状を放置してよいわけがない。

     ■柔軟性欠く両指導者

     両政府とも、相手の政権が代わらない限り、解決は難しいという突き放し感が漂う。

     だが、それは両首脳が偏った隣国観に固執するあまり、柔軟性を欠く外交をしかけ、ナショナリズムをあおる結果になっているからだろう。

     文政権は自国の保守派を批判する材料として、植民統治下の日本協力者である「親日派」をしつこくあげつらってきた。

     朴槿恵(パククネ)・前政権が結んだ慰安婦問題での合意を事実上破棄したのは、自らが掲げる「被害者中心主義」に反するからだ、としている。だが、その代替策を示しているわけではない。

     徴用工問題でも、有効な方策を示していない。韓国の国会議長は一つの提案を示したが、被害者や支援団体に反発があり、文政権は静観している。

     事態の打開には、文政権の能動的な行動が必要だ。懸案を棚上げし、救済を怠ることは「被害者中心」にも反し、解決は遠のくばかりである。

     一方、安倍首相は、朝鮮半島に残る歴史的な感情のしこりに無神経な態度が相変わらずだ。

     先の臨時国会の所信表明で、100年前のパリ講和会議で日本が人種差別撤廃を提案したことを誇らしげに語った。だが、当時の日本が朝鮮の植民地支配で差別を批判されていたことへの言及はなかった。

     戦後70年を機に出した「安倍談話」でも、朝鮮支配には触れなかった。韓国市民が「ノー安倍」と呼びかけるのは、そんな歴史観が影響している。

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/sp/articles/DA3S14306962.html

    【【朝日新聞】日本と韓国の対立…来年は持続可能な関係づくりの努力が広がるよう望みたい。「最悪」の汚名は今年で終わりにすべきである 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2019/12/24(火) 23:48:56.48 ID:EBNMF7v19
    no title
     
    【北京=西見由章】24日に中国四川省成都で開かれた日中韓サミットで、議長国の中国当局は産経新聞の北京駐在記者2人に記者証を発行しなかった。記者証は日本政府が国内メディア計175人分の申請をとりまとめて中国側に提出、うち発行されなかったのは2人だけだった。

    日本政府は申請者への記者証発行は認められるべきだとして中国側に適切な対応を求めた。

    産経新聞は同日、合法的な取材活動への不当な妨害だとして中国外務省に文書で抗議した。安倍晋三首相に同行して訪中した産経新聞の政治部記者と、韓国・ソウル駐在記者の計2人には記者証が発行された。

    産経新聞は今月、日中韓サミットの記者登録にあたって計4人分を日本外務省に申請。同外務省は23日、うち2人について中国当局が記者証を発行していないことを把握した。

    安倍首相に同行している岡田直樹官房副長官によると、中国当局は記者証を発行しなかったことについて「会場の収容能力」などが理由だと日本側に説明した。ただ24日行われた日中韓首脳の共同記者発表では、会場に多数の空席があった。

    2019.12.24 18:50 産経新聞
    https://www.sankei.com/world/news/191224/wor1912240022-n1.html


    【【日中韓サミット】議長国の中国、産経新聞2人にだけ記者証発行せず 日本政府通じ175人分申請 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル