かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



    カテゴリ: 司法・裁判

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/07/13(金) 20:42:25.61 ID:CAP_USER9
    no title

     朝鮮学校への補助金交付を求める声明などを出した弁護士会に大量の懲戒請求が寄せられた問題に絡み、東京弁護士会所属の佐々木亮弁護士が大阪市のサーバー管理会社に対し、懲戒請求を呼びかけたブログ運営者の発信者情報を開示するよう求めた訴訟を大阪地裁に起こした。13日に第1回口頭弁論があり、会社側は請求棄却を求めた。

     訴状によると、佐々木弁護士は朝鮮学校への補助金停止に反対する日本弁護士連合会声明に賛同しているとして、ブログで懲戒請求を呼びかけられた。5月時点で約3千件の懲戒請求を受け、業務に支障が出るなどしたという。

     佐々木弁護士側は「賛同を表明したことはない。違法な懲戒請求を触発したブログ運営者は(懲戒請求をした人の)共同不法行為者に当たる」と主張。運営者に損害賠償を請求するために必要として、情報を開示するよう求めた。

     ネット上の権利侵害に詳しい神田知宏弁護士によると、投稿そのものではなく、投稿が呼びかけた行為で権利を侵害されたとして発信者情報の開示を求める訴訟は珍しいという。(大貫聡子)

    2018年7月13日18時04分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASL7F43V5L7FPTIL017.html

    ■ささきりょう @ssk_ryo
    https://twitter.com/ssk_ryo
    事情を知らない人のための、大量懲戒請求事件のおさらい
    https://twitter.com/ssk_ryo/status/990085988922748928

    【【余命vs弁護士】懲戒請求を呼びかけた、ブログ運営者の発信者情報開示を求め提訴 3千件の懲戒請求、業務に支障-大阪地裁 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/06/30(土) 10:24:54.08 ID:CAP_USER9
    no title
     
    全国の弁護士会に大量の懲戒請求が寄せられた問題で、神奈川県弁護士会に所属する2人の弁護士が、請求者の一人だった都内の女性に計105万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が29日、東京地裁であった。女性は、請求棄却を求めた。

    この問題で、裁判が始まったのは初めてとみられる。

    訴状によると、女… 残り:245文字/全文:395文字

    2018年6月30日05時00分
    朝日新聞 ※全文は会員登録をしてお読みいただけま
    https://www.asahi.com/articles/DA3S13563588.html


    【【余命vs弁護士】大量懲戒請求、裁判が始まる 神奈川の弁護士が提訴 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/06/28(木) 17:06:13.62 ID:CAP_USER9
    インターネット上の投稿をまとめたサイト「保守速報」の差別的な表現で精神的苦痛を受けたとして、在日朝鮮人のフリーライター李信恵さん(46)が運営者の男性に2200万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁(江口とし子裁判長)は28日、男性に200万円の支払いを命じた一審大阪地裁判決を支持し、双方の控訴を棄却した。
     
    江口裁判長は保守速報について「人種差別、女性差別に当たる内容を含む記事が多数存在している。不法行為は複合差別に根差すもので非常に悪質」と指摘。「記事掲載が執拗(しつよう)に繰り返され、多大な精神的苦痛を被ったと認められる」と判断した。
     
    判決によると、保守速報は2013年7月から約1年間、ネット掲示板「2ちゃんねる」の李さんに関する投稿を引用するなどした記事を掲載した。

    (2018/06/28-16:18)
    時事ドットコム
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018062800898&g=soc

    【【大阪高裁】二審もまとめサイト(保守速報)運営者敗訴 在日女性への差別的表現 「2ちゃんねる」の投稿を引用 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波 ★ 2018/06/27(水) 09:39:53.19 ID:CAP_USER
    tramp
     
    【6月27日 AFP】

    米連邦最高裁は26日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領がイスラム圏5か国などを対象に出して物議を醸していた入国禁止令を支持する判決を下した。同禁止令をめぐり紆余(うよ)曲折の法廷闘争を繰り広げてきた大統領にとって、大きな勝利となった。

    最高裁判事9人のうち5人が入国禁止令を支持。ジョン・ロバーツ(John Roberts)連邦最高裁長官がまとめた多数意見では、国家安全保障面での正当性を訴えたトランプ政権の主張を認め、入国禁止令は大統領権限の範囲内にあるとの結論が下された。

    最高裁の支持した入国禁止令は2度の改訂を経たもので、対象となるのはイラン、リビア、ソマリア、シリア、イエメンのイスラム圏5か国に北朝鮮を加えた計6か国の出身者、約1億5000万人。さらにベネズエラの一部高官も対象となっている。

    トランプ大統領は声明で、最高裁の判決を米国民にとって「素晴らしい勝利だ」と称賛。メディアと民主党政治家が長きにわたり「ヒステリックな論評」を続けてきたと主張し、この判決により「正当性が立証」されたと述べた。


    2018年6月27日 3:40 発信地:ワシントンD.C./米国
    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3180116?cx_position=

    【【米最高裁】イスラム圏5か国など対象の入国禁止令を支持  トランプ政権に大きな勝利】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ムヒタ ★ 2018/06/23(土) 12:28:20.01 ID:CAP_USER
     全国の弁護士会に約13万件の懲戒請求が寄せられていた問題の背景には、朝鮮学校への補助金支出などを批判するブログの存在が指摘されている。記述に「あおられた」という当事者たちは取材に、「懲戒請求することが日本のためになると思い込んでいた」「洗脳されていた」と話す。

     首都圏に住む50代の無職女性は、懲戒請求を繰り返していた一人。元々、政治や歴史について明確な考えはなかったが、2015年ごろに「ネットサーフィンで偶然、見つけた」あるブログで、日本に住むアジア出身の外国人を非難する記述を読んで変わった。「日本人がすぐれていると強調する内容。今思えば、どう読んでも差別をあおっていたが、私は歴史について無知で、『こんな考え方もあるのか』と信じてしまった」と語る。

     このブログが取り上げるテーマの一つは、朝鮮学校への補助金支出だった。自治体が補助金を出すことの再考を促した国に対し、全国21の弁護士会が批判の声明などを出したところ、弁護士会の幹部らを外患誘致罪や内乱罪で告発するよう、呼びかけ始めた。だが受理されなかったとみられ、17年4月には「この件は懲戒請求をもって対応する」と書かれていた。

     「ブログの言うとおりに懲戒請求をすることが、日本のためになると思い込んでしまった」という女性が、コメントで参加を表明すると、告発状や懲戒請求のひな型が届いた。書類には請求対象の弁護士名が記されており、女性は名前と住所を書き込んで、約200枚を郵送した。

     だが、今年に入り、ブログ上で運営者側と読者の間でいざこざが起きたことをきっかけに、内容にも違和感を抱くようになった。

     「のせられてしまったのではないか」と感じ始めていたのと同じころ、懲戒請求を受けた弁護士のうち少なくとも7人が、訴訟を準備していると知った。弁護士側は和解も呼びかけるが、女性の場合は計40万円の和解金が必要になる。「痛い思いを繰り返さぬよう、反省したい」と話す。

     千葉県に住む公務員の30代男性もこのブログを読んだことをきっかけに、懲戒請求した。閲覧を始めたのは12年ごろ。当時の民主党政権を支持していたが、同年の衆院選で自民党が過半数を得て、政権に返り咲いた。自らの考えに自信を失いかけたところ、「日本人の優越性」を唱えるブログに賛同するようになった。

     懲戒請求自体は国民の権利だと…

    残り:1342文字/全文:2306文字
    2018年6月23日09時18分
    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASL5X6609L5XUTIL04P.html

    【【民主党支持?ヤラセ?】ブログ信じ大量懲戒請求「日本のためと思い込んでいた」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: たんぽぽ ★ 2018/06/15(金) 16:25:53.55 ID:CAP_USER
    kr250
     
    【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦問題を巡る日本との合意は不当だとして、韓国の慰安婦被害者10人が韓国政府を相手取り損害賠償を求めた訴訟で、ソウル中央地裁は15日、請求を棄却した。

     地裁は慰安婦合意について、韓国の慰安婦被害者支援財団に日本が拠出した10億円の性格や法的責任の認定が不明確な点など不十分な部分は多いとしながらも、合意は国家間の外交行為であり、違法性を認定しがたいとの判断を示した。また、合意によって原告個人の日本に対する損害賠償請求権が消滅するとは見なしがたいと説明した。原告の弁護士は控訴の意向を示している。

    (略)

    聯合ニュース
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2018/06/15/0400000000AJP20180615004000882.HTML

    【【韓国】慰安婦合意は外交行為 被害者の韓国政府への賠償請求棄却=地裁】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1ガーディス ★2018/06/05(火)10:32:19.35 ID: CAP_USER9.net
    ネトウヨ

    2018.06.05
    「やっぱり懲戒請求は正しい」「弁護士を見たらチョウセンジンだと思え」「糞チョンが逆ギレ」 それでもネット上ではこんな過激発言が相次いでいる。

     東京弁護士会による朝鮮人学校への補助金支給要求声明を巡り、誤解されて懲戒請求を受けた佐々木亮弁護士と北周士弁護士が業務妨害の被害を訴えた一件。約960人に対し訴訟を起こすとした両弁護士は、会見で和解による譲歩案も提示したが、ネット右翼(ネトウヨ)はやっぱり懲りないようだ。

     この会見でもうひとつ驚いたのは、懲戒請求した人たちの年齢構成だ。あくまで和解に応じた人での範囲だが、最も若い人で43歳、中心層は40代後半から50代で、60代、70代も含まれていたという。これまで通説では、ネトウヨの多くは「若いヒマ人で、無知な低学歴、低収入の貧困層」とされてきた。若いからといって人種的偏見を許容していいわけではないが、多くの苦労を重ねてきたはずの高齢者がネトウヨに加わっていたことに愕然とする。

    先月16日に会見が行われてから2週間以上が過ぎたが、その後、変化は起きているのか。佐々木弁護士に聞いてみた。

    「会見後に和解をしたい旨の連絡があったのは数人のみです。この間、橋下徹氏による『一般市民相手に訴えを起こした弁護士たちの方がおかしい』といった発言もあり、意を強くしているのかもしれません。いずれにせよ、6月20日ぐらいまで和解を呼びかけ、それがなければ当初の予定通りに提訴になります」

     橋下氏はツイッターで「弁護士失格」とまで言い切っているが、佐々木弁護士は今回の朝鮮学校の声明に一切無関係。この事実が抜け落ちているのかもしれない。

    ■経済的不遇で社会に取り残された感

     若年層より中高年の方が差別意識が高いことは分かったが、彼らネトウヨはどんな属性を持っているのか。

     大阪大学の辻大介准教授の調査(2014年)によれば、ネトウヨ層は男性が79%と圧倒的に多く、ネットのヘビーユーザーで、ツイッターを活発に利用する。右派系のオンラインニュースサイトへの接触も多かった。具体的には「ニコニコニュース」「MSN産経ニュース」(現・産経ニュース)、「時事ドットコム」で、いわゆる大手メディアとされる「読売」「朝日」「毎日」系のサイトへのアクセスは少なかった。

     学歴別では、「大卒・院卒」の割合が65%と高かったものの、世帯年収のコア層は36%の「200万〜400万円」(別表)。調査対象は50代までだが、辻准教授は「経済状況の不遇が保守的排外性の発露につながっていることを思わせる」と分析している。

     前出の佐々木弁護士もこう言う。

    「和解を求めてきた人と話していても、無知ではあるが、受け答えは常識的です。それ以外の人の筆跡を見ても、とても達筆で高齢の方を連想させます。彼らは在日朝鮮の方々をおとしめることで、日本が良くなると本気で信じているようなところがある。純粋過ぎて、宗教的な怖さすらあります」

     最近、右翼発言が目立つ人物として思い起こすのは、吉田嘉明氏(DHC会長=77)、元谷外志雄氏(アパグループ代表=75)、高須克弥氏(医師=73)と、やはり高齢者が多い。若い人たちは冷静に対処しているのに、なぜ高齢者は他国や他者の意見を受け入れにくいのか。

    ゲンダイ
    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/230486/1



     
    【【ネトウヨの正体】ネット右翼の中心層を40代後半〜50代が占める空恐ろしさ・・・世帯年収のコア層は200〜400万円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/06/01(金) 07:32:45.92 ID:CAP_USER9
     no title

    検察は忖度した 

    佐川前理財局長ら不起訴処分 

    大阪地検特捜部・山本真千子部長 
    「十分な捜査を尽くしてこのような結果になった。政治的な影響はございません」 

    立憲民主党・枝野幸男 
    「検察の一部には他の行政機関同様にどこかを忖度する傾向が強いとわかっていた」 

    (略) 

    ▼ネット上のコメント 

    ・何が忖度なのか、当初から中身が書き換えられた訳でもなく、嘘が書かれていた訳でもない事から、不起訴は予想されていた事。それを忖度だなどと、枝野氏の言いがかりも甚だしい。 

    ・左系野党の大物センセイ方って体は大人でも心は子供のように見えますね。これではまともな議論にはならないでしょうね。 

    ・あんたんところのパコリーヌは元検なんだろ?聞いて見たらどうなんだ?検察官は政治家に忖度するのかどうかってな!想像や推測でもの言っても誰も聞く耳持たんだろ! 

    ・山本真千子特捜部長って反安倍で検察のモリカケ内部資料をマスコミにリークした張本人じゃなかったでしたっけ?そのような人間が政府に忖度などする筈がないでしょうに‥。 

    ・元々は怪しい左翼の市民グループが提訴したもの。それに野党がただ乗りして沈没。当初から法曹界の一部から付帯説明部分が変えられても決裁書の鏡の部分の根幹に影響が無ければ改竄とは言えないと意見も出ていた。それに元々左翼の特捜部が忖度などする意味はない。 

    ・思いどおりに行かないと「忖度」。便利な言葉だな。自民党に投票したら日本国民の「忖度」とか言いそうな勢いだ。それにしても山本真千子さんテレビデビューか。仲間割れかな? 

    ・江田憲司どうした?😁 

    ・自分たちの理想の結論にならないと難癖をつけるのは、訴訟に敗訴した側の弁護士の言い訳にそっくり。検察や裁判官を納得させるだけの証拠を積み上げて理論武装することが出来なかっただけの話。  

    【大阪地検・山本真千子「政治的な影響はございません」 立憲民主党・枝野幸男「検察の一部にはどこかを忖度する傾向が強いと…」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ニライカナイφ ★ 2018/05/27(日) 17:48:01.15 ID:CAP_USER9
    ◆大量懲戒請求で賠償提訴 弁護士「差別扇動許さず」

    全国各地の弁護士会が朝鮮学校への補助金停止に反対する声明を出したことを巡り、複数の弁護士への懲戒請求が大量に出された問題で、神奈川県弁護士会に所属する神原元弁護士らが、不当な請求で業務を妨害され、精神的苦痛を受けたとして、請求者の一部に損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたことが26日、分かった。提訴は5月9日付。
    神原氏は「大量請求は在日朝鮮人への差別扇動が目的のヘイトクライムで、厳しい対処が必要。提訴は『差別に加担するな』というメッセージだ」としている。

    47ニュース 2018/5/26 06:11
    https://this.kiji.is/372854848281347169?c=39546741839462401

    【【差別でなく適法行為です】弁護士「大量請求は在日朝鮮人への差別扇動が目的。提訴は『差別に加担するな』というメッセージだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/05/24(木) 07:47:00.99 ID:CAP_USER9
     no title
     インターネット上のブログで扇動され、延べ計約4千件の懲戒請求を受けた東京弁護士会(東弁)所属の弁護士2人が、対抗措置として請求者を相手取り民事訴訟を起こす方針などを表明したのは「懲戒請求者を萎縮させるもので、弁護士としての品位を失うべき非行に当たる」などとして、市民団体の男性(63)が、東弁に2人の懲戒請求を申し立てたことが23日、分かった。申し立ては21日付。

     男性は弁護士の不正を監視する「弁護士自治を考える会」所属。男性が懲戒を求めたのは佐々木亮弁護士と北周士(かねひと)弁護士で、東弁が平成28年4月、朝鮮学校への補助金支給を求める声明を出したところ、昨年6月以降、声明に賛同したことを理由に佐々木氏を含む東弁の10人に190人から懲戒請求が出された。

     その後、ブログが懲戒請求を呼びかけていたことが判明。ツイッターで佐々木氏を擁護する投稿をした北氏にも請求が相次ぎ、これまでに2人に対し延べ計4千件の請求が寄せられた。

     2人は今月16日に記者会見を開き、「不当な懲戒請求を受けた」として請求者約960人を対象に、1人あたり60万円の損害賠償を求める訴訟を起こすと表明した。同時に、慰謝料10万円の支払いを条件に和解に応じる姿勢も示した。

     男性は2人への懲戒請求申立書で、会見を開いて訴訟提起を予告し、和解金を支払えば訴訟を取り下げると表明することは「脅迫行為に相当することも否定できず、完全に弁護士倫理に反する」としている。

     日本弁護士連合会によると、朝鮮学校の補助金に関する声明をめぐっては、昨年1年間だけで全国の21弁護士会に約13万件の懲戒請求が寄せられている。

    引用元:http://www.sankei.com/affairs/news/180524/afr1805240004-n1.html 

    【【余命余波】大量懲戒請求された弁護士の提訴予告は「品位失う非行」 市民団体代表の男性が懲戒請求 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: シャチ ★ 2018/05/21(月) 22:32:35.27 ID:CAP_USER
    no title


    「懲戒請求した人の年齢で、今分かってるのは、1番若くて43歳。40代後半から50代が層が厚く、60代、70代もおられる。 
    今までネトウヨ諸君と呼びかけていたけど、年齢的に上の人が多そうなので、失礼だったかな?」 

     5月18日にこうツイートしたのは東京弁護士会の佐々木亮弁護士だ。根拠のない懲戒請求を計約4千件出され、業務を妨害されたとしている。 
    同じ被害を受けたという北周士弁護士とともに16日に会見し、一部の請求者約960人に対して、 
    損害賠償(請求者1人当たり60万円想定)を求める訴えを起こす方針を明らかにした。 

     提訴する前にネットなどを通じて和解を呼びかけたところ、数十人から連絡があった。その人たちの年齢を聞いたところ、冒頭のような状況だったという。佐々木氏は予想以上に年齢層が高かったと驚く。 

    「当初は20代の若者が、訳もわからずやっているのかと思っていました。連絡してきた人と話すと、40代や50代のまじめそうな人が多くて意外でした」 

     佐々木氏はなぜ自分が懲戒請求されたのか、理由がわからないという。大量の懲戒請求は、 
    2016年に東京弁護士会が朝鮮学校への補助金支給をめぐる国の対応を批判する会長声明を出したことがきっかけだとみられている。 
    ネット上などで請求を出すよう呼びかけがあり、東京弁護士会の役職者ら10人に対し段階的に大量の懲戒請求が出された。 
    佐々木氏にも「声明に賛同しその活動を推進する行為は犯罪行為」などとして、懲戒請求書が届いた。 

    「私は労働問題が専門で、朝鮮学校の声明には関わっていません。懲戒請求されることも初めてで、 
    大量の請求書が届いたときには一体何のことだろうと思いました」(佐々木氏) 

     特定のブログなどで請求が呼びかけられており、多くの人がそれに応じて一斉に出したとみられる。 
    佐々木氏は請求したという男性とのやりとりをこうツイートしている。 

    「ところで、なんで私を懲戒請求したの?」(佐々木氏) 

    「名前があったので、申し訳ありません」(男性) 

    「でも、私は朝鮮学校のことなんて何もやってないよ?」(佐々木氏) 

    「えっ?」(男性) 

    「えっ?」(佐々木氏) 

     懲戒請求する弁護士がどのような人物なのかよく確かめないまま、呼びかけに応じた人もいるようだ。 

     北氏は佐々木氏への懲戒請求を批判するツイートをしたところ、自分にも大量の懲戒請求書が届いたという。 

    「懲戒請求書の束を見て、自分は何をしたんだろうと怖くなりました。懲戒請求は誰でもできますが、 
    弁護士にとっては資格を奪われるかもしれない重要なことです。やるのであれば根拠があるのかどうか、きちんと調べて欲しい」 

     北氏は請求者と話すと、良くも悪くも「純粋」な人が多いと感じたという。 

    「年齢は高めで、男性ばかりではなく女性もいます。なぜこんなことをしたのか聞くと、『朝鮮学校の無償化に賛成する人に懲戒を請求すれば日本がよくなると思った』と複数の人が答えました。ネットの掲示板に匿名で書き込む感覚でやっている。懲戒請求するとどうなるかという具体的な認識がなかった。『こんなことになるとは』、という連絡をもらうこともありました」 

     佐々木氏と北氏の会見を受けて、ネット上では「大量の懲戒請求をされても負担は大きくない」 
    「多数の市民を訴えてお金をもうけようとしている」といった批判も出ている。 

     佐々木氏はこう反論している。 

    「大量の請求書が届き怖い思いをしたし、所属する事務所にも迷惑がかかっています。裁判で勝ったとしても賠償金を回収するのは簡単ではなく、お金のためにやっているわけではありません。今回の懲戒請求のように、『大量の悪意』にさらされたのに被害回復できないケースはほかにもあります。同じことが起こらないようにするためにも、裁判で決着をつけたい」 

     佐々木氏と北氏は懲戒請求者に6月下旬まで、謝罪と慰謝料計10万円を支払う条件で和解を呼びかけるという。その後は段階的に訴える方針だ。 
    懲戒請求を呼びかけたブログの責任者らについては、刑事責任の追及も検討しているという。 

    週刊朝日
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180520-00000007-sasahi-soci&p=1

    【【余命三年時事日記の名はひた隠し】弁護士に懲戒請求した”ネトウヨ”たちの意外な素顔とは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/05/20(日) 08:34:44.15 ID:CAP_USER9
    https://mobile.twitter.com/rkayama/status/997680374929997824
    香山リカ
    @rkayama
    違います。この発端は、在日コリアンの排除や殲滅を主張するヘイトブログです。その中で、在日子弟から教育の機会を奪うなと言った(or言ったと見なされた)弁護士への懲戒請求が呼びかけられたのです。単なる「自分と異なる考え」ではありません。橋下さんは桜井誠氏とも対峙したではないですか。 twitter.com/hashimoto_lo/s…

    橋下徹 Verified Account
    @hashimoto_lo
    懲戒請求した連中は、弁護士法上定められている手続きに従って懲戒請求したまで。そこに脅迫や名誉棄損的な文言はないと聞いている(全部の確認は不可能)。他方、貴殿は「橋下は病気だ」と雑誌で言い放った。どちらの方がヘイトなのか。そんな比較評価も貴殿のオツムではできないのか。 twitter.com/rkayama/status…

    【【橋下徹】懲戒請求した連中は、弁護士法上定められている手続きに従って請求したまで。他方、香山リカは「橋下は病気だ」と言い放った 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/05/19(土) 13:19:45.82 ID:CAP_USER9
    no title
     
    https://mobile.twitter.com/hashimoto_lo/status/997654788245413888?p=p
    橋下徹 Verified Account
    @hashimoto_lo
    courts.go.jp/app/files/hanr… この最高裁判決を知りながら(弁護士である以上、当然事前リサーチしておかなければならない)一般市民相手約1000人相手に、1人5万円や60万円(30万円?)を請求しようとしている弁護士の方が、完全に弁護士倫理に反し、弁護士法56条の懲戒事由にあたるだろう。 twitter.com/hashimoto_lo/s…

    橋下徹
    @hashimoto_lo
    弁護士会綱紀委員会は全懲戒請求を一括却下するはず。弁護士にはほとんど負担がないにもかかわらず、数百万円から数千万円を一般市民から巻き上げる行為はヤクザ顔負けの許しがたい行為。両弁護士は直ちに訴えを取り下げて、和解金は返還した方がいい。そして弁護士会の倫理研修を復習すること。

    上下逆さまつげ
    @kitayokitakita
    判例で「一括で否決されとるし、弁護士に迷惑そんなかかってないよ」ってあるで。今回の件も、正にコレ。それを知っとるにも関わらず「迷惑掛かった!訴訟起こす!嫌なら和解金払え!」はヤバイで。

    【【余命三年時事日記 懲戒請求】橋下徹「数百万円から数千万円を一般市民から巻き上げる行為はヤクザ顔負けの許しがたい行為。和解金は返還した方がいい」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: スタス ★ 2018/05/18(金) 14:53:52.23 ID:CAP_USER9
    ささきりょう
    @ssk_ryo
    懲戒請求した人の年齢で、今分かってるのは、1番若くて43歳。40代後半から50代が層が厚く、60代、70代もおられる。今までネトウヨ諸君と呼びかけていたけど、年齢的に上の人が多そうなので、失礼だったかな?
    9:53 AM · May 18, 2018

    https://twitter.com/ssk_ryo/status/997278908834697216?s=21

    【【余命vs弁護士】佐々木弁護士「懲戒請求した人の年齢、一番若くて43歳。40後半~50代が厚く、60代、70代もおられる」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: スタス ★ 2018/05/17(木) 15:15:00.22 ID:CAP_USER9
    ソーステレ朝の報道
    取材に応じた女性の発言

    テレ朝キャプ
    no title

    no title

    no title

    no title


    no title

    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1526537700/ 【【余命vs弁護士】懲戒請求した女性「本当にマインドコントロールというか集団ヒステリー状態だった」「賠償にドキドキが止まらない」 =本物?ヤラセの可能性もあり】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: いちごパンツ ★ 2018/05/17(木) 11:24:19.40 ID:CAP_USER9

    橋下徹@hashimoto_lo

    ①懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
    しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
    非行事実にあたるとみなすことも可能。

    ②そもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
    一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか。
    明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか。

    ③この2人の弁護士は一般市民に矛先を向けるのではなく、懲戒制度そのものの問題点を追及すべき。
    弁護士法56条の品位を失うべき非行事実という懲戒事由が曖昧過ぎて、
    どんな懲戒請求も一定の根拠があるようになり、弁護士会側の気持ち次第で懲戒処分ができるようになっている。
    戦前の治安維持法と同じ

    http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/507/081507_hanrei.pdf
    最高裁判所は一般市民の懲戒請求の権利をできる限り保障すべきだと論じている。
    弁護士は国家権力の監督に服さないことの引き換えに、一般市民の懲戒請求権を保障した。
    そしてこのことによって弁護士に生じる負担は受忍すべき範囲内だと。

    ⑤実際、今回の大量の懲戒請求についても、綱紀委員会がさばいていくので弁護士にはほとんど負担がかからない。
    この程度の負担は僕は10年以上も負ってきた。むしろ大阪市長という機関としての行為について、
    大阪弁護士会は懲戒処分を出そうとしていて、こっちの方が負担が大きいよ。

    ⑥もちろん今回、大量の懲戒請求をした人たちの考えや表現に僕は賛成しない。しかし彼らの考えや表現は、
    特定個人の名誉を傷つけるなどの違法行為でない限りは最大限保障されなければならない。
    ちなみに大阪では、朝鮮学校への補助金支給ルールをしっかりと作り、ルールに基づいて判断するように変えた
     
    https://mobile.twitter.com/hashimoto_lo/status/996913734219055104 
    【【余命三年時事日記】懲戒請求した一般市民に対して法的措置を執る弁護士たちの態度振る舞いに橋下徹弁護士が参戦 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/05/16(水) 16:02:57.45 ID:CAP_USER9
    記者会見を開いた佐々木亮弁護士。封筒に「懲戒請求者は90億人いる」と書かれた手紙が届いたという
    no title

    佐々木亮弁護士と北弁護士
    no title


    根拠のない不当な懲戒請求を大量に受けたことについて、東京都内の弁護士2人が5月16日、東京・霞が関の司法記者クラブで会見を開いて、6月下旬から順次、960人の懲戒請求者を相手取り、慰謝料を求める訴訟を起こすと公表した。すでに和解が成立したケースが複数件あり、6月20日ごろまで和解を呼びかけるとしている。メールによる謝罪も受け入れているとしている。 

    弁護士の懲戒請求をめぐっては、あるブログが発端になって、全国レベルで大量におこなわれていることが問題になっている。このブログは、朝鮮学校への補助金交付などを求める各弁護士会の声明に反発したもの。2人の弁護士は、このブログ主の刑事責任(業務妨害罪など)を追及する方針だ。 

    ●封筒の中には「外患誘致」と書かれた紙が入ってた 

    会見を開いたのは、東京弁護士会に所属する佐々木亮弁護士と北周士弁護士。佐々木弁護士によると、2017年6月、東京弁護士会所属の10人の弁護士に対して、190人から懲戒請求があった。10人のうち佐々木弁護士だけ、弁護士会の役職についておらず、「身に覚えがなかった」という。 

    懲戒理由は「違法である朝鮮学校補助金支給要求声明に賛同し、その活動を推進する行為は、日弁連のみならず当会でも積極的に行われている二重、三重の確信的犯罪行為である」(原文ママ)というものだ。 

    その後もまったく同じ内容の懲戒請求はつづき、1000件を上回った。さらに、懲戒請求者の1人と思われる人物から、佐々木弁護士に手紙が届いた。封筒の裏には「懲戒請求者は90億人いる」という記載があった。中には「外患誘致」と書かれた紙が入ってたという。 

    北弁護士は昨年9月、ツイッター上で、佐々木弁護士を支援するツイートをしたところ、今年3月に2人に対して960件の懲戒請求があった。「左右の言説の対立ではない。無差別におこなわれることは、非常に不当なことだ」(北弁護士)。「こういうかたちの懲戒請求はおかしい」(佐々木弁護士)。 

    ●懲戒請求者の年齢層は「高め」という印象 

    電話で謝罪してきた請求者と話したという北弁護士によると、その属性は、比較的、年齢層が高いという。「若い世代がノリでやっているのではなく、年齢的にはかなり上だという実感がある。新聞報道で状況を知ったという人もいた。ツイッター(の報告)では届かず、どういう状況なのか、把握していない人もいる」(北弁護士)。和解者の中には女性も一定数含まれているという。 

    2人は提訴前に、請求者に対して、「自分がどういう状況なのか」ということについて、一度は告知する機会をつくるという。早ければ、5月中にも一斉通知したいとしている。 

    また、請求者たちは懲戒請求の理由について、「これで日本が良くなると思った」などと話しているという。「朝鮮学校の無償化に賛成する『反日』を懲戒請求すれば、日本が良くなると思っていたようだ」(北弁護士)「『時代を変えられると思った』という高揚感を感じたり、ブログに真実があると信じてしまったりした人たちだ」(佐々木弁護士) 

    懲戒請求の制度については、佐々木弁護士は「弁護士は高い倫理性を求められる。制度自体は否定しない。(今回の懲戒請求は)依頼者でもなく、会ったこともなく、私がどんな活動しているかも知らない。懲戒制度がどういうものか知ったうえで、利用してほしい」と述べた。北弁護士は「自分の頭で考えて、根拠があるか調べてやってほしい。ほかの弁護士に相談してからでもいい」と述べた。 

    2018年05月16日 15時36分 
    弁護士ドットコムニュース 
    https://www.bengo4.com/internet/n_7889/ 

    【【余命vs弁護士】「懲戒請求者は90億人」の手紙も…大量請求受けた弁護士2人が提訴へ「非常に不当」 ブログ主の刑事責任を追及 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し 2018/05/14(月) 17:13:07.04 ID:LvxBROZF0


    https://mobile.twitter.com/BarlKarth/status/995819818862264320


    【反しばき隊弁護士、不当懲戒請求したネトウヨの依頼を引き受ける 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: はっぱふみふみ@ガーディス ★ 2018/05/10(木) 19:31:29.34 ID:CAP_USER9
    no title
     
     ◇「非行」あれば処分だが、「実名や住所」は弁護士に通知

     朝鮮学校への補助金交付は利敵行為--などとするネット上での扇動を背景に大量の懲戒請求を送られた弁護士たちの間で、懲戒請求者に対し、損害賠償請求や刑事告訴など法的措置をとる動きが広がっている。これを恐れ、弁護士に和解金10万円を支払って謝罪する請求者も出ている。ネット空間の無責任な言説にあおられた軽率な行動が、実社会で法的制裁を受けようとしている。【中川聡子、最上和喜】 

     弁護士の懲戒請求は、弁護士法に基づいて誰でもできる。請求を受けて弁護士会が調査し、当該弁護士の「非行」が分かれば処分する。懲戒事由は依頼人からの預かり金の着服や過大報酬の受け取りが多い。 

     朝鮮学校を巡り全国各地の弁護士会は近年、国が2016年に出した都道府県への通知が補助金縮小を招いたとして相次ぎ批判声明を出している。これを一部のブログが「犯罪行為だ」と非難。ネット上に非難の趣旨をまとめた懲戒請求のひな型も載る。請求は17年6月以降に届き始め、昨年末の日弁連会長談話によると、全国21弁護士会に800人以上から所属弁護士全員の懲戒請求があった。 

     佐々木亮、北周士の両弁護士(東京弁護士会)も法的措置を予定する。佐々木弁護士によると昨年、大量の懲戒請求をツイッターで批判し「(請求者に)落とし前をつけてもらう」と投稿。この文面を懲戒事由とする請求が約1000件来た。北弁護士も「(佐々木弁護士への懲戒請求は)根拠がなく、損害賠償が認められるべきだ」と投稿し、多数の請求を受けた。 

     佐々木弁護士は毎日新聞の取材に「請求に基づく弁護士会の調査を受けており、本業に物理的な支障が出ている。気味が悪く、精神的な苦痛も味わった」と話す。2人は全請求者に損賠賠償請求訴訟を起こし、虚偽告訴罪や業務妨害罪での刑事告訴も検討。16日に記者会見して提訴の内容を公表する。カンパも募り、すでに500万円近い提訴資金を集めたという。 

     弁護士たちのこうした動きが、ネット上に波紋を広げている。ある掲示板には懲戒請求者とみられる人物が「(ネット情報で)俺の連絡先が通知されないと信じて請求した。裏切られた」「裁判とめるにはどうしたらよいのか」などと不安を書き込んでいる。 

     佐々木弁護士らは、訴訟前に和解する条件として、明確な謝罪や慰謝料10万円(2人分)の支払いなどを求め、すでに応じた請求者もいる。懲戒請求では請求者の実名や住所が当該弁護士に伝えられる。佐々木弁護士は「匿名で請求できると勘違いしている人もいるようだ。素直に謝ってきた人もいた。軽い気持ちでやったという印象を受けた」と話す。 

    ヤフーニュース(毎日新聞)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000078-mai-soci


    【【社会】弁護士、大量「懲戒請求」返り討ち 賠償請求や刑事告訴も 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/05/10(木) 15:23:58.06 ID:CAP_USER9
    不当な懲戒請求によって名誉を傷つけられたうえ、その反証のために労力を費やさざるをえず、精神的苦痛を受けたとして、神奈川県弁護士会に所属する神原元弁護士が5月9日、懲戒請求をおこなった相手に対して、損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

    弁護士の懲戒請求をめぐっては、あるブログが発端になって、神原弁護士以外にも、大量におこなわれていることが問題になっている。このブログは、朝鮮学校への補助金交付などを求める各弁護士会の声明に反発したもので、懲戒請求のテンプレートを配布していた。

    ●原告側「違法行為をした事実はまったくない」

    訴状によると、被告は2017年6月、神奈川県弁護士会に対して、神原弁護士ら複数の弁護士を対象として、弁護士法に基づく懲戒請求をおこなった。同弁護士会綱紀委員会は2018年4月、神原弁護士らを懲戒しないと判断した。

    懲戒理由として、「違法である朝鮮学校補助金支給要求声明に賛同し、その活動を推進する行為は、日弁連のみならず当会でも積極的に行われている二重、三重の確信的犯罪行為である」などと書かれていたという。

    原告は「少なくとも朝鮮学校補助金要求に関連して違法行為をした事実はまったくない」「存在しない事実について、あえて懲戒請求を申し立てていたことが明らかだ」としている。現時点で、被告数や請求額などは明らかにされていない。

    最高裁の判例では、事実上または法律上の根拠を欠く場合において、請求者がそのことを知りながら、または普通の注意を払えば知りえたのに、あえて懲戒請求していれば不法行為にあたる、とされている。日弁連によると、2017年だけで組織的な懲戒請求は約13万件あり、その多くが問題のブログに起因するものとみられる。

    2018年05月09日 21時45分
    弁護士ドットコムニュース
    https://www.bengo4.com/internet/n_7856/

    ■参考ソース
    弁護士神原元 @kambara7
    https://twitter.com/kambara7
    https://twitter.com/kambara7/status/994117037440946176

    朝鮮学校への補助金などを巡って弁護士に対して大量の懲戒請求がなされた件、不当な懲戒請求による損害賠償金の支払いを求め、本日、東京地方裁判所等に訴訟を提起した。
    現時点で被告は未だごく一部であるが、訴訟前に和解が成立した方を除き、最終的には請求者全員に裁判所までお越し頂きたいと思う。
    0:29 - 2018年5月9日

    ■余命三年時事日記さんの著作物
    no title


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1525933438/

    【【余命vs弁護士】「存在しない事実で懲戒請求された」 神原弁護士が請求者を提訴 組織的懲戒請求13万件の多くが問題のブログに起因 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル