かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: 司法・裁判

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 記憶たどり。 ★ 2018/03/27(火) 12:31:08.95 ID:CAP_USER9
    1B5FA75A-FCA1-4BEA-B70C-BD6D022B82F7

    去年11月、北海道松前町沖の無人島の小屋から家電製品などを盗んだ罪に問われた北朝鮮の木造船の船長に対し、 函館地方裁判所は「悪質な犯行だが犯行を認め、反省の態度を示している」などとして、執行猶予のついた有罪判決を 言い渡しました。船長は今後、強制退去に向けた手続きが進められます。

    北朝鮮の木造船の船長、カン・ミョンハク被告(45)は去年11月、北海道松前町沖の無人島「松前小島」に上陸した際、 ほかの乗組員とともに小屋や灯台などにあった発電機や家電製品など39点、金額にしておよそ565万円分を 盗んだとして窃盗の罪に問われました。

    裁判で船長は起訴された内容を認め、検察が懲役2年6か月を求刑していました。

    判決で函館地方裁判所の橋本健裁判長は「被告の主導で物品を盗んだ悪質な犯行で、被害総額も高額だ。
    被告は盗んだ物品を自分や乗組員らで分配したり、漁船を安全に航行させるため重りにしたりするために犯行に 及んだというが、許されるものではない」などと指摘しました。
    一方で「犯行を認め、反省の態度を示している」などとして、懲役2年6か月、執行猶予4年を言い渡しました。

    船長は札幌入国管理局に送られ、今後、強制退去に向けた手続きが進められます。
    木造船の乗組員10人のうち、船長と結核で入院中の1人を除く8人はすでに北朝鮮に強制送還されています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180327/k10011380581000.html 

    【【帰った方が地獄】無人島で家電窃盗の北朝鮮船長に執行猶予つき有罪判決。函館地裁 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2018/03/23(金) 21:39:27.92 ID:CAP_USER9
     元朝日新聞記者の植村隆氏(59)が、従軍慰安婦について書いた記事を「捏造」と断定され名誉を傷つけられたとして、ジャーナリストの桜井よしこ氏(72)や出版社3社に謝罪広告の掲載と損害賠償を求めた訴訟で、植村氏と桜井氏の本人尋問が23日、札幌地裁(岡山忠広裁判長)であった。

     訴状によると、植村氏が朝日新聞記者時代の1991年に韓国の元慰安婦の証言を取り上げた記事を「捏造」「意図的な虚偽報道」などとした桜井氏の記事が、2014年、週刊新潮など3誌や桜井氏のオフィシャルサイトに掲載された。

    2018/3/23 19:50
    共同通信
    https://this.kiji.is/349866627641001057
    【【札幌地裁】慰安婦記事訴訟で本人尋問 元朝日新聞記者の植村隆氏、桜井よしこ氏 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: (^ェ^) ★ 2018/03/23(金) 07:18:34.29 ID:CAP_USER9
    CB97BD0D-E1C7-4CBD-8703-691389EB8E08

     スクープ【scoop】には、何かをすくう「シャベル」の意もある。財務省の森友文書書き換えを朝日新聞が報じるに至り、いったい誰がシャベったのか、情報源を詮索する声はいまもなお尽きない。それがここにきて、「大阪地検の検事」で反安倍分子だと囁かれているのだ。

     ***

     朝日新聞の関係者によると、

    「朝日はこの書き換えられた文書を『入手』とは書かず、中身を『確認』したと書きましたよね。その点、いわゆる安倍応援団の面々から“捏造か”“朝日の方こそ証拠を出せ”といった声が次々と上がったのです」

     ジャーナリズムにおいて、情報源の秘匿は守るべき最低限の倫理であるのは論を俟たない。ともあれ、これといった続報がないままに迎えた12日、ご存じの通り、決着がついた。

     改ざん前の文書を持っている可能性が多少なりともあったのは、財務省本省、近畿財務局、そして近財に任意で文書を提出させた大阪地検である。実際、朝日はどこから情報を得たのか。さる幹部社員が打ち明ける。

    「ウチは東京と大阪の社会部を横断する形で、十数人の記者が集い、森友問題を継続して取材してきました。これはとても稀なこと。今回の記事は、その中の大阪の記者が地検の検事から抜いてきたと言われています。2010年、大阪地検特捜部の主任検事がフロッピーディスクを改ざんしたことを記事にして出し抜いたのも大阪社会部。伝統的に地検に強いんです」
    いずれ公判で明らかに

     記事化の流れも盤石だったようで、朝日のベテラン記者に聞くと、

    「猪瀬都知事の件で、新聞協会賞を受賞した経験があるデスクを参加させ、東京と大阪で入念に裏取りをしていった。記事を載せるタイミングも含め、万全を期して出したのが、あの記事だったというわけです」

     もっとも、文書を見せた側の大阪地検にもそれなりの思惑があったことは否定できない。

    「公文書の書き換えは、籠池夫妻の公判が進めばいずれ明らかになることです。しかし、今ここで見逃してしまえば“検察まで安倍を守った”と非難されかねず、結果、国民の信頼を根底から裏切ることになってしまう。その一方で、内閣人事局を牛耳る官邸は検察人事にまで口を挟んでいる。検察の中に“アベ、なめんなよ”と不満をため込んでいた分子がいて、いわば冷静に暴発したということでしょう」(前出の幹部社員)

     スクープが生まれるのはいつもそう。出す方と受ける方、その利害が一致したときである。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180323-00539690-shincho-pol
    【森友改ざん「朝日新聞」スクープの情報源は「大阪地検」の反安倍分子 検察の中に“アベ、なめんなよ”と不満をため込んでいた分子が… 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2018/03/22(木) 11:26:57.27 ID:CAP_USER9
     財務省の決裁文書改ざん問題で、大阪地裁は22日までに、立憲民主党など野党6党が申請していた森友学園前理事長の籠池泰典被告=詐欺などの罪で起訴勾留中=への接見を認めた。野党6党は23日にも面会する方向で調整している。

     籠池前理事長は昨年7月31日の逮捕以降、弁護人以外との面会ができない接見禁止が続くなか、政府側は「詐欺を働く人物」(安倍晋三首相)などと籠池前理事長の証言を否定してきた。

     野党側は、改ざん前の決裁文書に記載されていた、首相の妻昭恵氏から「いい土地ですから、前に進めてください」と言われたという前理事長の発言に注目。首相がこの内容を否定していることから、前理事長に確認する必要があるとして接見申請していた。(南彰)

    2018年3月22日10時56分
    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASL3Q3GBKL3QUTFK002.html

    【【森友】野党6党、拘留中の籠池泰典被告と接見へ 23日にも 大阪地裁が認める 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2018/03/22(木) 15:50:12.68 ID:CAP_USER9
    CB97BD0D-E1C7-4CBD-8703-691389EB8E08
     
    森友学園の国有地売却をめぐる文書改ざんをめぐり、財務省理財局の職員が大阪地検特捜部の任意の聴取を受けていることがわかった。職員は聴取に対して「組織のために仕事としてやった」という趣旨の供述をしているもよう。

    関係者によると、大阪地検特捜部による任意の聴取を受けているのは財務省理財局の複数の職員で、文書改ざん問題の経緯について説明を求められているもよう。

    職員は聴取に対して文書改ざんを認めた上で、「国会対策のためにやった」「組織のために仕事としてやった」という趣旨の供述をしているという。

    さらに、理財局の一部で組織的に改ざんを行ったことも認めているもよう。

    大阪地検特捜部では、改ざんの経緯について慎重に調べる方針。

    2018年3月22日 15:09
    日テレニュース
    http://www.news24.jp/articles/2018/03/22/07388637.html

    【【森友】大阪地検特捜部、理財局職員を任意聴取 文書改ざん、「国会対策のためにやった」「組織のために仕事としてやった」と供述 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひろし ★ 2018/03/20(火) 21:29:14.83 ID:CAP_USER9
     大阪府と大阪市が朝鮮学校に補助金を交付しないのは違法として、大阪朝鮮学園が府と市に不交付決定の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が20日、大阪高裁であった。

     松田亨裁判長は訴えを退けた一審大阪地裁判決を支持し、学園側の控訴を棄却した。学園側は最高裁に上告する方針。

     判決によると、府は2012年3月、補助金の要綱に在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)との関係を絶つことなど4要件を追加。学園が要件を満たさないとして、大阪朝鮮学園の初・中級学校に11年度分の補助金約8000万円を交付せず、市も約2600万円の補助金を打ち切った。

     松田裁判長は一審に続き、4要件追加は裁量の範囲内と判断。学園側は学校の自主性の侵害だと主張したが、「教育活動に制限を加えるものではない」と退けた。

     学園の玄英昭理事長は記者会見で「教育の場に政治、外交問題を持ち込んだことに対する憤慨は消えない。あってはならないことだ」と訴えた。

    ヤフーニュース(時事通信)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-00000152-jij-soci

    【【当たり前】朝鮮学校が敗訴、二審も補助金認めず=大阪高裁 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: わくわく共和国 ★ 2018/03/20(火) 17:45:22.56 ID:CAP_USER9
     
    3月20日 17時41分

    激しい内戦が続くシリアから日本に逃れてきた男性4人が難民と認めるよう求めた裁判で、東京地方裁判所は「迫害のおそれがあるような事情は認められない」として、全員の訴えを退けました。原告の1人は「日本の裁判所は全く理解してくれない」として控訴する考えを示しました。

    シリア人の男性4人は、民主化運動に参加したため迫害されるおそれがあるとして6年前に来日し、人道上の配慮から一時的な在留を許可されましたが、難民と認められなかったため、裁判を起こしました。

    判決で、東京地方裁判所の林俊之裁判長は、原告の1人がシリアで反体制のデモに参加していたことは認めましたが、「政府から取り締まりを受けた証拠など迫害のおそれがあるような客観的な事情は認められない」などとして、別の原告1人とともに訴えを退けました。
    残りの2人についても、裁判の途中で出国したことから訴えを退けました。

    原告の弁護士によりますと、出国した2人は別の国で家族と暮らすため日本を離れたということです。

    判決のあと、原告のユーセフ・ジュディさん(34)は「このような判決では、世界中のシリア人が難民ではなくなってしまいます。町の多くが破壊され化学兵器さえ使われる国から逃げてきた状況を、日本の裁判所は全く理解してくれない」と述べ、控訴する考えを示しました。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180320/k10011372601000.html 

    【【そうだろうね】東京地裁、シリア人4人 難民と認めない判決 原告の1人は「日本の裁判所は全く理解してくれない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2018/03/13(火) 15:23:58.59 ID:CAP_USER9
     7F5BEC7E-3876-4EFD-B9D0-EB7A6BFC3D0B
     米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事を差し止めるよう、県が国を訴えた訴訟で、那覇地裁は13日、県の請求を退ける判決を言い渡した。辺野古への移設計画をめぐる訴訟で、県は16年12月の最高裁判決に続き、司法の場で再び国に敗れた。

     辺野古沿岸部の海では、地元の漁協が漁業権を放棄することを決議。これを受けて国は、埋め立て予定海域の漁業権は消滅したので、漁業権のある海域で海底の岩礁を壊す際に必要な知事の許可はいらなくなったとして、許可を取らないまま昨年4月から辺野古沿岸部で護岸の造成に着手している。

     これに対し県は、漁協の決議だけで漁業権は消滅せず知事の許可は必要だと主張。昨年7月、工事の差し止めを求めて那覇地裁に提訴した。

     国は、裁判の対象となるのは「国民の権利の保護を目的とする訴訟に限られる」とする最高裁判例を根拠に、裁判所の審理の対象外だ、と反論。訴えを却下することを求めていた。

     辺野古をめぐる県と国の訴訟は5件目。最初の3件はいったん和解したが、4件目の訴訟は辺野古の埋め立て承認を翁長氏が取り消したことの適法性について争われ、16年12月に最高裁で県の敗訴が確定した。(山下龍一)

    2018年3月13日15時15分
    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASL3B6V36L3BTPOB003.html?iref=com_flash

    【【那覇地裁】沖縄県が求めた普天間飛行場の辺野古への移設工事 差し止め認めず 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2018/03/10(土) 12:03:40.30 ID:CAP_USER9
    船長逮捕


     2017年、北海道松前小島から発電機などを盗んだとして窃盗の罪に問われている北朝鮮の木造船の船長に、検察は懲役2年6か月を求刑しました。船長は法廷で何を語ったのでしょうか。

     三宅真人記者:「船長は足を引きずりながら法廷に現れ、警戒するように傍聴席を見渡しました。そして、『カン・ミョンハク』と小さな声で名乗りました」

     2017年11月、松前小島から発電機など39点560万円相当を盗んだとして、窃盗の罪に問われた自称北朝鮮の木造船の船長カン・ミョンハク被告(45)。

     3月9日の初公判で、起訴内容を認めたうえで…。

     (吹き替え):「家に帰るため、船が風で沈まないように重くするため島のものを持ち出した。悪いことをした。謝りたい」

     検察側は「犯行動機は使えそうな物品を持ち帰り自分で使ったり分け与えようという自己中心的なもの」と指摘し懲役2年6か月を求刑しました。

     被害を受けた漁協の組合長は、傍聴後…。

     松前さくら漁協 佐藤正美組合長:「密漁については、残念ながら直接の容疑ではないので(明らかにならなかった)」

     判決は3月27日に言い渡されます。

    2018年3月9日19:30
    北海道ニュースUHB
    https://uhb.jp/news/?id=4015

    【【北海道・松前町】北朝鮮木造船、無人島窃盗事件 北朝鮮船長、初公判で「謝りたい」 懲役2年6か月求刑 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 水星虫 ★ 2018/02/26(月) 19:52:15.68 ID:CAP_USER9
    金塊密輸 中国企業が所有権主張
    cn250


    去年5月、唐津市の漁港に金塊200キロ余りを密輸しようとしたとして、中国人を含む9人が消費税法違反などの罪で起訴された事件の裁判で、押収されている金塊の所有権を主張する中国の会社の代理人が参加し、返還するよう求めました。

    この事件は、去年5月、唐津市の名護屋漁港に金塊206キロ、およそ9億3000万円分を密輸して、
    消費税7400万円余りの支払いを免れようとしたとされるもので、中国人3人を含む9人が消費税法違反や関税法違反などの罪で起訴されました。

    事件で使われ押収されている金塊をめぐっては、持ち主だと主張する中国の会社の裁判への参加が認められ、代理人の弁護士が26日、佐賀地方裁判所で開かれた、中国人の被告3人の裁判に初めて参加しました。

    この中で、会社側は、金塊を貸し出した契約書などを証拠として提出して所有権を主張し、返還するよう求めました。

    一方、検察側は、この会社が金塊の所有者だったとしても、密輸行為に加担することで利益を得ようとしたとみられ、共犯関係にあると認められると主張し、没収するよう改めて求めました。

    裁判所は、金塊の取り扱いについての判断を来月26日に示す予定です。

    02/26 18:01
    NHK
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5085277221.html


    【【盗人猛々しい】おっと、押収されたその金塊200㎏はうちの会社のものアルヨ、返すヨロシ 金塊密輸事件で中国企業が所有権主張 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 孤高の旅人 ★ 2018/02/25(日) 08:05:45.03 ID:CAP_USER9
    「外国籍取得したら日本国籍喪失」は違憲 8人提訴へ
    2018年2月25日05時16分

     日本人として生まれても、外国籍を取ると日本国籍を失うとする国籍法の規定は憲法違反だとして、欧州在住の元日本国籍保持者ら8人が国籍回復などを求める訴訟を来月、東京地裁に起こす。弁護団によると、この規定の無効を求める訴訟は初めてという。

     弁護団によると、原告はスイスやフランスなどに住む8人。すでに外国籍を得た6人は日本国籍を失っていないことの確認などを、残り2人は将来の外国籍取得後の国籍維持の確認を求めている。

     原告側が争点とするのは「日本国民は、自己の志望によつて外国の国籍を取得したときは、日本の国籍を失う」とした国籍法11条1項の有効性だ。

     原告側は、この条項が、「兵役義務」の観点などから重国籍を認めなかった旧憲法下の国籍法から、そのまま今の国籍法に受け継がれていると主張。年月とともに明治以来の「国籍単一」の理想と、グローバル化の現実の隔たりが進んだ、としている。

     現憲法13条の「国民の幸福追求権」や22条2項が保障する「国籍離脱の自由」に基づき、「国民は日本国籍を離脱するか自由に決めることができ、外国籍を取っても、日本国籍を持つ権利が保障されている」として、条項が無効だと訴えている。

     国籍法では、重国籍となった場…

    残り:2421文字/全文:2926文字

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASL2S52VLL2SUHBI01N.html?iref=comtop_latestnews_01 


    【【東京地裁】「外国籍取得したら日本国籍喪失」は違憲 8人提訴へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 青いガチョウ ★ 2017/12/25(月) 19:01:07.07 ID:CAP_USER9
    森友・加計問題の著書巡り文芸評論家らを提訴 朝日新聞

    2017年12月25日16時18分

    朝日新聞社は25日、文芸評論家・小川栄太郎氏の著書「徹底検証『森友・加計事件』 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」が、事実に基づかない内容で本社の名誉や信用を著しく傷つけたとして、小川氏と出版元の飛鳥新社に5千万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求める訴えを東京地裁に起こした。

     小川氏は同書で、森友学園への国有地売却問題や加計学園の獣医学部新設問題の本社の報道について「朝日新聞自身が、どちらも安倍(晋三首相)の関与などないことを知りながらひたすら『安倍叩(たた)き』のみを目的として、疑惑を『創作』した」と記した。

     また、加計学園の問題をめぐり、「全編仕掛けと捏造(ねつぞう)で意図的に作り出された虚報である」と言及。本社が「総理のご意向」などと書かれた文部科学省の文書の存在を報じたことについて、「『総理の意向』でないことが分かってしまう部分を全て隠蔽(いんぺい)して報道し続けた」などと記述した。「ある人物が朝日新聞とNHKの人間と一堂に会し、相談の結果、(中略)報道することを共謀したとみる他ない」とも書いた。

     本社は訴状で、「一連の報道に捏造や虚報はない」と主張。「安倍叩き」を目的として報道したことはないとしたうえで、「本社が入手した文書に『総理の意向でないことが分かってしまう部分』はなく、これを隠蔽した事実はない」「『ある人物』や『NHKの人間』と一堂に会したことも報道について共謀したこともない」などとした。小川氏が同書発刊にあたり、本社に対して一切取材をしなかったことも指摘した。

    (略)

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASKDT558VKDTUTIL01P.html
    【【小川栄太郎】森友・加計問題の著書巡り文芸評論家らを提訴 朝日新聞 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無し1号 ★ 2017/12/22(金) 23:42:11.90 ID:CAP_USER9
    『首相の靖国参拝「違憲」訴訟、市民側の敗訴確定』

    読売新聞(YOMIURI ONLINE)
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20171222-OYT1T50098.html
    配信2017年12月22日20時15分

     安倍首相の靖国神社参拝は政教分離を定めた憲法に反するなどとして、市民277人が安倍首相と靖国神社、国に1人1万円の損害賠償などを求めた訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(山本庸幸裁判長)は20日付の決定で、原告側の上告を棄却した。

    請求を棄却した1審・大阪地裁と2審・大阪高裁の判決が確定した。

     1、2審判決によると、安倍首相は2013年12月26日、靖国神社を参拝。
    公用車で訪れ、「内閣総理大臣 安倍晋三」と記帳し、私費で献花料を納めた。

     最高裁は06年、小泉元首相の参拝に対する訴訟で、憲法判断を示さずに原告側の訴えを退けており
    、今回の1、2審判決もこの判断を踏襲。合憲か違憲かの判断は示さず、「首相の参拝が原告らの信仰を
    妨げたり干渉したりするものではなく、損害賠償の対象とはならない」などと指摘した。

    【【最高裁】安倍首相の靖国参拝「違憲」訴訟、市民側の敗訴が確定 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2017/12/21(木) 18:52:47.34 ID:CAP_USER9
     「園庭で遊んでいる園児の声がうるさい」として、神戸市の男性が近隣の保育園を相手取り、慰謝料100万円と防音設備の設置を求めた訴訟の上告審で、男性の敗訴が確定した。最高裁第三小法廷(木内道祥裁判長)が19日付の決定で、男性の上告を退けた。

     一、二審判決によると、保育園(定員約120人)は2006年4月、神戸市東灘区の住宅街に開園。高さ約3メートルの防音壁が設けられたが、約10メートル離れた場所で暮らす男性は「園児の声や太鼓、スピーカーの音などの騒音で、平穏な生活が送れなくなった」と提訴した。

     今年2月の一審・神戸地裁判決は、園周辺の騒音を測定した結果、園児が園庭で遊んでいる時間帯は国の環境基準を上回ったが、昼間の平均では下回ったとして、「耐えられる限度を超えた騒音とは認められない」と結論づけた。

     7月の二審・大阪高裁判決は、園児が遊ぶ声は「一般に不規則かつ大幅に変動し、衝撃性が高いうえに高音だが、不愉快と感じる人もいれば、健全な発育を感じてほほえましいと言う人もいる」と指摘。公共性の高い施設の騒音は、反社会性が低いと判断し、一審判決を支持した。(岡本玄)

    配信2017年12月21日18時03分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASKDP5RC9KDPUTIL03M.html 
    【【最高裁】園児が遊ぶ声「うるさい」 訴えた男性、敗訴確定 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: かばほ~るφ ★ 2017/12/14(木) 16:15:50.38 ID:CAP_USER9
    重慶爆撃、二審も遺族敗訴 東京高裁「当時の国際法に基づく損害賠償請求権なし」
    2017.12.14 13:52
    BC87640F-99DA-4399-90DF-C26FD1EB914D

    日中戦争中、旧日本軍による中国・重慶市や周辺への爆撃で家族が犠牲になったなどとして、
    中国人の遺族ら約240人が日本政府に謝罪と総額18億円余りの損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、
    東京高裁は14日、請求を棄却した2015年2月の一審東京地裁判決を支持し、
    遺族らの請求を退けた。

    永野厚郎裁判長は、爆撃による被害を認めた上で
    「原告には当時の国際法に基づく損害賠償請求権がなく、
    民法の規定でも国は損害賠償責任を負わない」と述べた。

    判決によると、旧日本軍は1938年以降、蒋介石政権が首都を置いていた重慶の市街地や、
    四川省の各地を狙って爆撃を繰り返し、多数の市民が犠牲になったとの記録がある。

    祖母とおばを亡くしたという原告の男性は判決後に記者会見し
    「日本政府が歴史問題にもっと誠実に向き合えば両国の関係が改善するとの思いで取り組んできたが、
    被害者を傷つける判決で納得できない」と話した。弁護団は上告する方針。

    産経ニュース
    http://www.sankei.com/affairs/news/171214/afr1712140042-n1.html 
    【【裁判】旧日本軍による重慶爆撃、二審も中国人の遺族ら敗訴 東京高裁「当時の国際法に基づく損害賠償請求権なし」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2017/12/13(水) 11:23:36.88 ID:CAP_USER9
    金塊の密輸入未遂と、無申告で現金計7億3522万円を国外に持ち出そうとした二つの事件で、関税法違反などに問われた無職ハ・ソンジン被告(31)ら韓国人の男4人に対し、福岡地裁(森喜史裁判長)は13日、いずれも懲役2年6月、執行猶予4年(求刑・いずれも懲役4年)の有罪判決を言い渡した。

    検察側が求刑していた金塊と現金全額の没収についても認めた。

    起訴状によると、4人は4月13日、別の韓国人の男と共謀し、仁川国際空港から金塊6個(計6キロ、2750万円相当)を福岡空港に密輸入しようとした。

    また、この1週間後の同月20日、同空港国際線旅客ターミナルで、それぞれのキャリーバッグに1億8000万~1億9000万円を隠し、税関長の許可を得ずに香港に持ち出そうとした、としている。

    読売新聞
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20171213-OYT1T50032.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1513131816/

    【【裁判】金塊密輸未遂、7億円持ち出し…韓国人4人有罪 金塊と現金全額も没収 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2ちゃんねる(現5ちゃんねる)のまとめサイト「保守速報」の記事で名誉を傷つけられたとして、在日朝鮮人のフリーライター李信恵さんが、サイトを運営する男性に2200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は11月16日、男性に200万円の支払いを命じた。 

    判決によると、男性は2013年7月から1年間にわたって、2ちゃんねるの「東アジアニュースプラス+@ニュースプラス」というスレッドに投稿されていた李さんに関連する投稿を引用し、編集した上で記事を作成していた。

    判決では男性の行った記事掲載について、「2ちゃんねるのスレッドまたはツイッター上の投稿の掲載行為とは独立して、新たに憲法13条に由来する原告の人格権を侵害したものと認められる」と認めた。

    判決を受けて男性は11月16日、サイト上で「多分、控訴すると思います」と発言している。今回の判決のポイントはどういった点だろうか。また、今後、他のまとめサイトにどのような影響を与えるのか。深澤諭史弁護士に聞いた。

    ●判決のポイントは5つ

    今回の判決のポイントは、どのような点にあるのか。

    「以下は、あくまで判決文本文を読んだだけで、証拠に触れていない、ある意味、現状での感想ということになりますが、今回の判決のポイントとして、私が注目しているのは5つあります。

    1つ目は、自分は転載をしていただけであるという反論が排斥されたという点です。多くのまとめサイト等で『流行』している反論ですが、それが否定されたことはポイントでしょう。

    2つ目は、まとめサイトの『まとめる』行為は、むしろ、単純な転載行為より被害が大きい、つまり違法性が高いと判断されたという点です。

    3つ目は、いわゆるヘイトスピーチ、人種差別、民族差別の言動が、高い違法性を持つということについて、具体的に根拠を示して判断をしているという点です。

    4つ目は、一方当事者が強い表現を用いて反論しているからといって、それに対する誹謗中傷は簡単には正当化されないと判断している点です。

    そして、5つ目は、これが『まとめサイト』への賠償が判決で認められた初めての例であること、それで画期的な判決といわれる一方で、前提となる法律論は、あまり争いがないか、従前から解釈されてきたものがベースである、という点です。 
      



    【まとめサイト「保守速報」賠償命令 判決で「まとめただけだから悪くない」がデマだと明らかに 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル