かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



    カテゴリ: サッカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/07/16(月) 13:18:07.74 ID:CAP_USER
     6B2BA105-3354-4651-83F2-8633F4CB3415
    【7月16日 AFP】フランスが2回目の優勝を果たした15日のサッカーW杯ロシア大会(2018 World Cup)決勝で、後半途中に警察官の格好をした複数の人物がピッチに侵入した件で、政治的な抗議メッセージの色の強い活動を特徴とするロシアの女性パンクバンド「プッシー・ライオット(Pussy Riot)」が、侵入は自分たちの計画したことだと主張している。

     モスクワのルジニキ・スタジアム(Luzhniki Stadium)で行われたフランス対クロアチアの試合では、
    後半の途中に警察官に扮(ふん)した女性3人、男性1人がピッチに侵入し、試合が一時中断する場面があった。4人は警備員に取り押さえられた後、激しく抵抗する様子もなくピッチから出され、保安関係者の話によれば全員近くの警察署へ連行されたという。

     プッシー・ライオットはこの直後、SNSにメッセージを投稿。侵入は自分たちがやらせたことだと主張すると、「すべての政治犯の釈放」や、平和的な抗議デモ参加者の逮捕の停止、「政治的競争のあるロシアの実現」など、六つの政治的要求を出した。試合はロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領も現地で観戦していた。

     プッシー・ライオットは、2012年2月にモスクワのロシア正教会の大聖堂で抗議歌を演奏し、メンバー3人が「宗教嫌悪を動機とするフーリガン行為」で有罪となり、禁錮刑を科された件が良く知られている。
    3人はその後に釈放されたが、裁判は世界各国のメディアから注目を集め、人権団体による抗議活動も行われた。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3182584?pid=20358638

    【【クロアチアの速攻を妨害】W杯決勝のピッチ侵入、ロシアの女性バンドが「犯行声明」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 豆次郎 ★ 2018/07/16(月) 01:53:48.45 ID:CAP_USER9
    413CC2EA-2FFB-4D32-9B3C-A5294679DFD9

    7/16(月) 1:53配信 
    フランスが20年ぶり2度目のW杯制覇! ポグバ&ムバッペが鮮やかゴール、計6発の打ち合い制す 

     2018 FIFAワールドカップ ロシア決勝が15日に行われ、フランス代表とクロアチア代表が対戦した。 

     ついにファイナルを迎えたロシアW杯。20年ぶりの大会制覇を狙うフランスはMFポール・ポグバやFWアントワーヌ・グリーズマン、FWキリアン・ムバッペらが、初優勝を狙うクロアチアはMFルカ・モドリッチ、MFイヴァン・ラキティッチ、FWマリオ・マンジュキッチらが先発に名を連ねた。 

     立ち上がり10分はクロアチアがやや優勢に試合を進めたが、15分を過ぎると徐々にフランスがペースを握る。すると18分、ペナルティエリア手前右でFKを得たフランスは、キッカーのグリーズマンがゴール前へクロスを供給。クロアチアのマンジュキッチがヘディングしたボールがゴールへ吸い込まれ、オウンゴールでフランスが先制した。 

     不運な形で先制を許したクロアチアだが、すぐに試合を振り出しに戻す。28分、敵陣でのFKをうまく繋ぐと、エリア内中央で受けたイヴァン・ペリシッチが絶妙なコントロールでDFをかわして左足一閃。強烈なシュートがゴール右下に突き刺さった。 

     しかし、フランスが前半のうちに再びリードを得る。36分、右CKからのクロスボールがエリア内でクロアチア選手の手に当たると、ビデオの映像を確認した主審がPKの判定を下す。38分、グリーズマンがこのPKを冷静にゴール左下に決め、スコアは2-1となった。 

     後半に入り59分、フランスは長いスルーパスで右サイドの裏に抜け出したムバッペが中央へ折り返すと、グリーズマンが落としたボールをポグバが右足ダイレクトで狙う。ここはDFにブロックされたが、こぼれ球をポグバが左足でゴール左に流し込み、フランスのリードが2点に広がった。 

     勢いに乗るフランスは65分、エリア手前中央でパスを受けたムバッペがワントラップから右足を振り抜く。低い弾道の強烈なシュートがゴール左下に突き刺さり、4点目が決まった。 

     苦しくなったクロアチアは69分、マンジュキッチが相手GKウーゴ・ロリスのパスをカットすると、このボールがそのままゴールへ転がり込み、2点差に詰め寄った。 

     終盤はクロアチアが同点を目指して押し込んだが、フランスが集中した守備で対応し、試合はこのまま4-2でタイムアップ。フランスが1998年以来20年ぶりとなるワールドカップ制覇を果たした。 

    【スコア】 
    フランス代表 4-2 クロアチア代表 

    『得点者』 
    1-0 18分 オウンゴール(マリオ・マンジュキッチ)(フランス) 
    1-1 28分 イヴァン・ペリシッチ(クロアチア) 
    2-1 38分 マリオ・マンジュキッチ(PK)(フランス) 
    3-1 59分 ポール・ポグバ(フランス) 
    4-1 65分 キリアン・ムバッペ(フランス) 
    4-2 69分 マリオ・マンジュキッチ(クロアチア) 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00794424-soccerk-socc
    【【サッカー】フランスが優勝!!クロアチアが準優勝! 2018FIFAワールドカップ ロシア大会 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: たんぽぽ ★ 2018/07/15(日) 21:07:28.94 ID:CAP_USER 
    kr250

    2018年7月10日、韓国のインターネット掲示板に「韓国の単独W杯開催は可能?」と題したスレッドが立ち、ネット上で白熱の議論が繰り広げられている。

    スレッド主はまず「2002年には日本と共同開催したけど」と前置きしてから、「北朝鮮とではなくSouth Korea World Cupも可能ではないか」と質問を投げかけている。理由として挙げているのは「すでに競技場が10カ所あること」「韓国より小さいカタールも(2022年に)開催すること」の2つだ。

    これを受け、ネット上では「日中も単独では無理」「米国も単独開催は負担に感じるから(2026年に)共同開催することにしたんじゃないの?」など他国を例に挙げ、「無理でしょ」「単独では開催しない方がいい」と否定的な見方が多く並んだ。

    また「無理ではないけど、共同開催の方が選定されやすいし日程も決めやすい」「できないことはないけど、出場国が48カ国だと観客数が心配」「次にアジアで開催するとしたら、当然中国でしょ。中国が終わってまたアジアで開催するとしたら、40~50年先になるだろう」との意見も寄せられた。

    一方で、少数派ではあるが「十分開催可能。五輪より希望国が多いから共同開催するだけ」「インフラも整っているから、お金もあまりかからないだろう。競技場を少し補修したらできる」との声も上がった。

    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b568584-s0-c60-d0127.html 
    【【韓国】「韓国単独でのW杯開催は可能なのか?」の疑問に、韓国ネットの反応は…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ラッコ ★ 2018/07/15(日) 01:09:37.76 ID:CAP_USER9
    2D9067AE-B02C-4FD7-ABEC-104AA84EC7A4
     
    7/15(日) 0:51配信
    ベルギーがW杯最高成績の初3位! アザールら2発でイングランドとの再戦制す

     2018 FIFAワールドカップ ロシア・3位決定戦が14日に行われ、ベルギー代表とイングランド代表が対戦した。

     ともにグループGから勝ち上がってきたベルギーとイングランドが3位の座をかけて再び激突。グループステージではお互いに突破を決めて迎えた第3戦で対戦し、ベルギーが1-0で勝利していた。

     W杯最高成績となる初の3位を目指すベルギーは今大会4得点のロメル・ルカク、エデン・アザール、ケヴィン・デ・ブライネらに加え、ユーリ・ティーレマンスが先発出場した。一方、1966年の母国優勝に次ぐ成績を狙うイングランドは、6得点のハリー・ケインをスタメンに残しつつ、メンバーを5名変更。フィル・ジョーンズ、ルベン・ロフタス・チーク、エリック・ダイアーらが名を連ねた。

     試合が動いたのは立ち上がりの4分。ルカクのスルーパスで左サイドを抜け出したナセル・シャドリのクロスを、中央に走り込んだトーマス・ムニエがひざで押し込み、ベルギーが先制に成功した。幸先良いスタートを切ったベルギーだが、36分にシャドリが左太ももを痛めて負傷交代。39分、代わりに投入されたトーマス・ヴェルマーレンが3バック左に入り、ヤン・ヴェルトンゲンが左ウイングバックに移った。

     1点ビハインドのイングランドは、ダニー・ローズとラヒーム・スターリングを下げ、ジェシー・リンガードとマーカス・ラッシュフォードを投入し、後半を迎えた。70分にはダイアーがラッシュフォードとのワンツーでエリア内に抜け出し、ループシュートでGKをかわしたが、ゴール目前でDFにクリアされ、得点にはつながらず。

     すると82分、ベルギーはアザールがデ・ブライネのスルーパスでエリア内左に突破し、冷静にシュートをゴール左隅に突き刺し、追加点を決めた。試合はこのままベルギーが2-0で勝利。初の3位でW杯最高成績を更新した。

    【スコア】
    ベルギー代表 2-0 イングランド代表

    【得点者】
    1-0 4分 トーマス・ムニエ(ベルギー)
    2-0 82分 エデン・アザール(ベルギー)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00793981-soccerk-socc


    【【サッカーW杯/3決】ベルギーがイングランドを2-0で下しW杯最高成績の初3位に輝く!(※日本はW杯3位のベルギーに1点差負け)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/07/13(金) 21:50:28.79 ID:CAP_USER
     6F240F0B-25CF-493A-9657-A9B8D08CFE87
    羨ましいが、複雑な心境」韓国紙がイニエスタ&F・トーレスの日本移籍に連日反応

    元スペイン代表のアンドレス・イニエスタとフェルナンド・トーレスが、Jリーグクラブに移籍したことについて、韓国紙『スポーツソウル』は、「日本が韓国からますます遠ざかった」と独特の表現で連日反応している。 

    同紙はまず、ロシア・ワールドカップでベスト16に進出した日本代表について「日本国内では西野ジャパンの快挙の余韻がまだ濃く残っている。テレビでは特別番組が組まれ、書店では『日本代表激闘録』のような雑誌が多数陳列されている。西野ジャパンの躍進により、日本でのワールドカップ特需はしばらく続きそうだ。そして、これはJリーグにも広がる見込みだ」と独自の見解を述べた。 

    「ロシアで戦った主力の中でJリーグでプレーしていたのは鹿島アントラーズの昌子源だけ」と前置きしつつ、W杯フィーバーがJリーグにつながる理由として「イニエスタとトーレスという二人のビッグスターが日本にやってくるからだ」と続けた。 

    日本がここまでのスター選手を獲得できた要因については「イニエスタの年俸は、昨季ヴィッセル神戸に加入した(ルーカス)ポドルスキの年俸(約10億円)を大きく上回るJリーグ史上最高額の約32億円だ。このような高額年俸を実現できるのは、JリーグとDAZNが結んだ10年間で推定2100億円に及ぶ巨額の放映権が間接的に関係している。神戸のメインスポンサーである楽天の世界進出に向けた投資の意味合いもある。それに見合った効果は確実に出てくるはずだ」と分析する。 

    ■イニエスタとF・トーレス加入でもたらす2つの効果 

    ヨーロッパで輝かしいキャリアを歩み、スペイン代表としても2008年のユーロや2010年の南アフリカW杯制覇を経験したイニエスタとF・トーレス。同紙は、この2選手の加入でJリーグに2つの効果をもたらすと見ているようだ。 

    まず1つ目として、神戸とサガン鳥栖の集客率が上がることを指摘。 

    「すでに二人の試合を見るために、チケット争奪戦の真っ最中だ。神戸の8月のホームゲームチケット販売数は、例年より7倍も速くで売れており、鳥栖は普段サッカーを見ない層のチケット購入率が増えている。特に神戸と鳥栖が対戦する11月10日の試合に関しては、さらに熾烈なチケット争奪戦が予想される。両クラブにとって費用対効果はあると言えるだろう」 

    そして2つ目に「神戸、鳥栖と対戦するチームも大きな影響を受ける」と予想。「ワールドカップの余韻が残った中で、7月18日から再開されるJ1で世界的なスターを直接見ることができる。相手チームのファンにとってもスペインの2選手は直接見てみたい存在だ」と続けた。 

    最後に「日本サッカーは世界から注目されている。名実共に『アジアの盟主』になった日本が、韓国からますます遠ざかっていて複雑な心境だ」と締めくくっている。 

    明治安田生命J1リーグは7月18日に再開。20日の登録がスムーズに行われれば、22日の第17節で神戸のイニエスタ、そして鳥栖のトーレスがそれぞれピッチに立つ可能性がある。世界中から注目を浴びることとなったJリーグ。世界的ビッグスターの活躍に注目だ。

    7/13(金) 18:46配信 GOAL 
    http://www.goal.com/jp/%E3%8B%E3%A5%E3%BC%E3%B9/%E7%BE%A8%E3%BE%E3%97%E3%
    84%E3%8C%E8%A4%E9%9B%E3%AA%E5%BF%E5%A2%E9%9F%E5%9B%BD%E7%B4%E3%8C%
    E3%A4%E3%8B%E3%A8%E3%B9%E3%BFf%E3%88%E3%BC%E3%AC%E3%B9%E3%AE%E6%A5%
    E6%9C%AC%E7%A7%BB%E7%B1%8D%E3%AB%E9%A3%E6%A5%E5%8F%8D%E5%BF%9C/1m875h
    48z03hn1gb4rcowz3pap
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000022-goal-socc 


    【【サッカー】「羨ましいが、複雑な心境」韓国紙『スポーツソウル』がイニエスタ&F・トーレスの日本移籍に連日反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 豆次郎 ★ 2018/07/12(木) 07:04:46.44 ID:CAP_USER9
    7/12(木) 5:37配信
    C501AADC-A103-416D-92B7-3501599CF1EA

    クロアチアが初の決勝進出! イングランドに逆転勝利…120分間の死闘を制す

    2018 FIFAワールドカップ ロシア準決勝が11日に行われ、イングランド代表とクロアチア代表が対戦した。

     イングランドは準々決勝スウェーデン戦と同じ11名。10番を背負うラヒーム・スターリング、ここまで6得点のハリー・ケインが2トップを形成する。対するクロアチアは準々決勝ロシア戦からスタメンを1名変更。マルセロ・ブロゾヴィッチが中盤に入り、10番のルカ・モドリッチがトップ下を務める。

     試合は開始早々の5分にスコアが動く。ゴール前でデレ・アリが倒されてFKのチャンスを獲得すると、キーラン・トリッピアーが直接決めてイングランドが幸先良く先制した。前半はイングランドの1点リードで折り返す。

     後半に入り68分、右サイドを駆け上がったシメ・ヴルサリコのクロスをイヴァン・ペリシッチが合わせて、クロアチアが同点に追いつく。試合は1-1で90分が終了。延長戦に突入する。

     すると109分、ペリシッチのパスに反応したマリオ・マンジュキッチが左足でシュートを突き刺し、クロアチアが勝ち越しに成功する。

     試合は1-2で終了。クロアチアは史上初の決勝進出を果たした。一方のイングランドは1996年母国開催のW杯以来52年ぶりのファイナルとはならなかった。フランス対クロアチアの決勝は15日(日)24時から、ベルギー対イングランドの3位決定戦は14日(土)23時から行われる。

    【スコア】
    イングランド代表 1-2 クロアチア代表

    【得点者】
    1-0 5分 キーラン・トリッピアー(イングランド)
    1-1 68分 イヴァン・ペリシッチ(クロアチア)
    1-2 109分 マリオ・マンジュキッチ(クロアチア)

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00791722-soccerk-socc


    【【サッカー】クロアチアが初の決勝進出! イングランドに逆転勝利…120分間の死闘を制す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2018/07/11(水) 13:36:36.52 ID:CAP_USER
    no title
     
    2018年7月11日、韓国メディア・国民日報は、ワールドカップ(W杯)ロシア大会の準決勝で、観客席に「旭日旗を連想させる旗が登場した」と報じた。

    記事によると、問題の旗は10日にサンクトペテルブルクで行われたフランス対ベルギー戦の前半終了間際にテレビに映った。デザインは旭日旗とよく似ているものの、色は緑だったそうだ。

    しかし、すぐさま韓国のポータルサイトでは「旭日旗」「戦犯旗」の検索ワードが急上昇したという。

    記事は旭日旗について「日本の侵略戦争を象徴する旗」と説明し、これを掲げれば「ナチス・ドイツのハーケンクロイツと同じように、戦犯国との烙印を押された自国民はもちろん、
    韓国、中国、タイ産、フィリピンなど侵略被害を受けた周辺国や、米国、英国、豪州など連合国への嘲笑と思われかねない」と伝えている。

    国際サッカー連盟(FIFA)は会場内での政治的宣伝を禁止しており、欧州の場合はナチス式敬礼も懲戒対象になっている。問題の旗が掲げられた理由などは分かっていないというが、記事は「戦犯旗の意味を知らない欧州サポーターの無知によるもの」としている。

    W杯ロシア大会では、グループリーグH組の日本対セネガル戦でも観客席に旭日旗が登場。
    またFIFAの公式スポンサーであるアディダスのPR動画にも旭日旗が使われ、韓国で物議を醸していた。

    この報道に、韓国のネットユーザーからは「日本が過去を反省しないからこうなる。
    ドイツを見て学んでほしい」と主張する声や、「戦犯旗を厳しく処罰するべき」 「韓国のサッカー協会が抗議するべき」と求める声が上がっている。

    また「日本の経済力は世界トップレベル。FIFAと裏で取引きしているのでは?」と疑う声も。

    一方で「旭日旗に文句を言うのは世界中で韓国だけでしょ?過去に縛られてあれこれわめくのは恥ずかしい」 「色が違うなら旭日旗ではない」と指摘する声も見られた。

    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b624353-s0-c50-d0058.html


    【【病気だね】韓国 「W杯準決勝でまた旭日旗を連想させる旗が登場した」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 豆次郎 ★ 2018/07/11(水) 05:23:22.77 ID:CAP_USER9
     93F6CD6A-EA88-455C-8436-120B405E9466
    7/11(水) 4:53配信
    フランスが3大会ぶりの決勝へ! ユムティティの決勝弾でベルギーを下す

     2018 FIFAワールドカップ ロシア準決勝が10日に行われ、フランス代表とベルギー代表が対戦した。 


     フランスは準々決勝のウルグアイ戦からスタメンを1名変更。出場停止のブレーズ・マテュイディが復帰した。対するベルギーはここまで4試合に先発フル出場中だったトーマス・ムニエが出場停止。ナセル・シャドリが守備時は右サイドバックに入り、攻撃時には高い位置を取る変則的なフォーメーションで臨む。 

     フランスはキリアン・ムバッペ、ベルギーはエデン・アザールと左サイドを主戦場とする両チームの10番を起点にチャンスを作るも得点は生まれず。スコアレスで前半を折り返す。 

     後半立ち上がりの51分、アントワーヌ・グリーズマンのCKからニアサイドに走り込んだサミュエル・ユムティティが頭で決めて、フランスが先制に成功する。ベルギーはドリース・メルテンス、ヤニック・フェレイラ・カラスコ、ミシー・バチュアイと攻撃的な選手を続々投入し攻勢を強めるが、最後までGKウーゴ・ロリスが守るゴールをこじ開けることができなかった。 

     試合は1-0で終了。フランスが2006年ドイツW杯以来3大会ぶりの決勝に駒を進め、ベルギーは3位決定戦に回ることとなった。対戦相手は11日(水)27時から行われるイングランド代表対クロアチア代表の一戦で決定。決勝戦は15日(日)24時、3位決定戦は14日(土)23時から行われる。 

    【スコア】 
    フランス代表 1-0 ベルギー代表 

    【得点者】 
    1-0 51分 サミュエル・ユムティティ(フランス) 

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00791713-soccerk-socc


    【【サッカー】フランスが3大会ぶりの決勝へ! ユムティティの決勝弾でベルギーを下す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: シャチ ★ 2018/07/10(火) 13:34:44.28 ID:CAP_USER9
    FA738B32-BA90-4EB9-BF75-51226A0E33AB
     
    ヴァイッド・ハリルホジッチ前日本代表監督が、ロシア・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦の日本代表対ベルギー代表戦に関する見解を『Goal』の取材に対して明かした。

    本大会2カ月前に日本代表指揮官を解任されたハリルホジッチ氏。失望感とショックを隠せない中、日本代表のロシアW杯初戦、金星のコロンビア戦後には「試合を見ていない」と語っていた。

    その後、日本代表は1勝1敗1分けの2位でグループリーグを突破。決勝トーナメント1回戦では、FIFAランキング3位のベルギーを相手に後半途中まで2点をリードしながらも、69分、74分、そしてアディショナルタイム4分と立て続けにゴールを奪われ、無念の逆転負けを喫した。

    ハリルホジッチ氏は日本への同情心を示しつつ、逆転負けへの失望感を露わにしている。

    「もし私が監督だったら、ベルギーが2点ビハインドからひっくり返してくることはなかっただろうね!
    不可能なことだよ。私は代表監督として、あのような経験をしたことはない」

    「私は、自分が日本と共にロシアで大きな成功を残せることができると思っていた。今は同情しているし、つらさも感じるよ。だが、これがフットボールだ」

    ハリルホジッチ氏は、仮に自身が同じ状況で2点リードしていれば、逆転負けを許さなかったという自信を強調する。

    「もし私がベンチに座っていたら、日本は2-0のリードを失うことはなかった。それは保証できるね。なぜなら私は、ベルギーに3点を奪われないために、どう動けば良いか分かっているからだ」

    サッカーにはタラレバがつきもので、ハリル氏の主張が現実になったかどうかは分からない。もっとも、
    ハリル氏が今なお日本代表の監督としてワールドカップに臨めなかったことを残念に思っているのは確かなようだ。

    ソース Goal
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00010001-goal-socc

    【【その前にGL突破してないかも】ハリル氏「もし私が日本の監督だったら、ベルギーが2点ビハインドからひっくり返してくることはなかっただろうね!」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: genius ★ 2018/07/08(日) 06:22:22.32 ID:CAP_USER9
    ◇W杯決勝トーナメント準々決勝 クロアチア2―2ロシア(2018年7月7日 ソチ)
    6CE251B7-AABA-4A8E-84D1-E9A80B335F26

     サッカーのワールドカップ(W杯)は6日、決勝トーナメント準々決勝が行われ、FIFAランク20位のクロアチアが同70位で開催国のロシアにPK戦の末に勝利。3位となった98年フランス大会以来となる20年ぶりのベスト4進出を果たした。

     前半31分にジュバからのパスを受けたチェリシェフが、エリア手前からミドルシュート。これがゴール左上に突き刺さり、ロシアが鮮やかに先制点を挙げた。

     しかし同39分にクロアチアが同点に追い付く。エリア内左に侵入したマンジュキッチが中央へマイナスのボールを送ると、ニアサイドにいたクラマリッチが頭で合わせた。

     1―1で試合を折り返すと、後半はクロアチアが押し込む展開が続が、ロシアの守備陣が踏ん張って得点を与えず。同点のまま後半が終了し、両チームにとって2試合連続となる延長戦に突入した。

     試合が動いたのは延長前半11分。モドリッチの右CKを中央でビダがヘッド。予想外の軌道にGKアキンフェーフも反応できず、ボールはゴール右下に吸い込まれた。

     1点を追いかける展開となったロシアは、地元の大声援を背に必死の反撃。すると延長後半10分にジャゴエフのFKを、マリオ・フェルナンデスが会心の同点ヘッド。土壇場で試合を振り出しに戻し、試合の行方はPK戦にゆだねられた。

     両チームにとって2試合連続のPK戦。これを制したのはGKスバシッチが好セーブを見せたクロアチア。試合中に右足を負傷しながらも守護神が魂のセーブを見せ、チームを20年ぶりのベスト4へ導いた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180708-00000057-spnannex-socc


    【【サッカー】クロアチア死闘制して20年ぶり4強!2試合連続でPK劇勝 ロシアの快進撃ストップ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 豆次郎 ★ 2018/07/08(日) 00:52:34.92 ID:CAP_USER9
    7/8(日) 0:51配信
    D3CD4877-AE98-4503-B76C-46A8EF35A8F1

    イングランド、7大会ぶりのベスト4! 堅守誇るスウェーデンに完封勝利

     2018 FIFAワールドカップ ロシア・準々決勝が7日に行われ、スウェーデン代表とイングランド代表が対戦した。


     スウェーデンはミカエル・ルスティグが累積警告のため出場停止。代わってエミル・クラフスが右サイドバックに入る。イングランドは決勝トーナメント1回戦コロンビア戦と同じ11名。通算6ゴールで得点ランキングトップのハリー・ケインと10番のラヒーム・スターリングが2トップを形成する。

     30分、アシュリー・ヤングのCKをハリー・マグワイアが打点の高いヘディングで合わせ、イングランドが先制する。マグワイアはこれが代表初ゴールとなった。前半はイングランドの1点リードで折り返す。

     後半に入り59分、右サイドのキーラン・トリッピアーのリターンパスを受けたジェシー・リンガードがクロス。デレ・アリが頭で決めて追加点を奪う。追いかけるスウェーデンは攻撃的な選手を投入し圧力をかけるも、GKジョーダン・ピックフォードが再三にわたって好セーブを見せた。

     試合は0-2で終了。イングランドは1990年のイタリアW杯以来、7大会ぶりのベスト4となった。イングランドは準決勝で今夜27時から行われるロシア代表対クロアチア代表の勝者と対戦する。

    【スコア】
    スウェーデン代表 0-2 イングランド代表

    【得点者】
    0-1 30分 ハリー・マグワイア(イングランド)
    0-2 59分 デレ・アリ(イングランド)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180708-00790585-soccerk-socc

    【【スーパーセーブ連発】イングランド、7大会ぶりのベスト4! 堅守誇るスウェーデンに完封勝利 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 豆次郎 ★ 2018/07/07(土) 05:51:14.11 ID:CAP_USER9
    CA586509-9A8E-4D7D-B507-7223D7DA26F5

     
    7/7(土) 4:53配信
    ベルギー、ブラジルの夢破り32年ぶり準決勝進出!…南米全滅で欧州のみに

     2018 FIFAワールドカップ ロシアの準々決勝が6日に行われ、ブラジル代表とベルギー代表が対戦した。

     ブラジルの先発メンバーはエースのネイマールやフィリペ・コウチーニョらに加え、脊椎の痛みで前試合を欠場したマルセロが復帰。累積警告で出場停止のカゼミーロに代わってフェルナンジーニョが先発出場し、持ち回り制のキャプテンはミランダが務める。

     対するベルギーは、エデン・アザール、ケヴィン・デ・ブライネ、ロメル・ルカクの3トップで、日本戦で途中出場からゴールを奪ったマルアン・フェライニとナセル・シャドリもスタメンに入った。

     試合は開始13分、シャドリの左CKからニアでヴァンサン・コンパニが頭ですらすと、ボールは後方のフェルナンジーニョの腕に当たってゴールネットを揺らし、ベルギーがオウンゴールで先制した。さらに31分には、日本戦と同じCKからのカウンターで追加点。ルカクがドリブルで持ち上がり、エリア手前右でパスを受けたデ・ブライネが強烈なミドルシュートをゴール左隅に突き刺し、リードを2点に広げた。

     後半に入ってブラジルが主導権を握り猛攻を仕掛ける。56分にはガブリエル・ジェズスがエリア内で倒れたが、ビデオ判定でもPKは与えられず。ティボー・クルトワの好セーブ連発などベルギーの堅守に苦しんでいたが、76分に反撃が実る。コウチーニョがピンポイントの浮球パスを送ると、途中出場のレナト・アウグストがヘディングシュートをゴール右隅に叩き込み、1点を返した。

     試合はベルギーが1点を守り切り、2-1で勝利。32年ぶりの準決勝進出を決めた。敗れたブラジルは最多6度目優勝の夢が散り、同時に南米の全チームが大会から姿を消す結果となった。

     勝ち上がったベルギーは10日にフランス代表と対戦する。

    【スコア】
    ブラジル代表 1-2 ベルギー代表

    【得点者】
    0-1 13分 オウンゴール(フェルナンジーニョ)(ベルギー)
    0-2 31分 ケヴィン・デ・ブライネ(ベルギー)
    1-2 76分 レナト・アウグスト(ブラジル)

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-00790059-soccerk-socc


    【【サッカー】ベルギー、ブラジルの猛攻耐え32年ぶりのベスト4】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 豆次郎 ★ 2018/07/07(土) 00:53:35.51 ID:CAP_USER9
    35CA4F68-EE93-4B6F-892B-F95B95F0467A
     
    7/7(土) 0:52配信
    フランス、グリーズマンのブレ球弾などで4強入り!ウルグアイを寄せ付けず/W杯ベスト8

    ロシア・ワールドカップもついに準々決勝に突入。6日、ベスト4進出を懸けてウルグアイとフランスが対戦した。


    ウルグアイはルイス・スアレスが先発した一方で、決勝トーナメント1回戦のポルトガル戦で殊勲の2ゴールを挙げたエディンソン・カバーニがケガの影響でスタメンから外れた。代役としてジローナで21ゴールを挙げたクリスティアン・ストゥアーニが入っている。

    一方のフランスもブレーズ・マテュイディが累積警告で欠場。代わりにコランタン・トリッソが入った。それ以外はポール・ポグバ、ヌゴロ・カンテ、アントワーヌ・グリーズマン、キリアン・ムバッペなどいつもどおりの面々がスタメン表に名を連ねた。

    フランスはグリーズマンがフリーマンのように自由に動きながら、左サイドにはトリッソが入る形。対するウルグアイは4-4-2で素早いプレッシングからカウンターという戦術となった。

    試合が動いたのは40分。トリッソが高い位置でボールを奪ってファウルを誘うと、FKでグリーズマンのボールに合わせたのはラファエル・ヴァラン。ニアで巧みにそらしてネットを揺らした。

    直後、ウルグアイもFKからマルティン・カセレスが決定的なヘディングを放つが、ウーゴ・ロリスが横っ飛びでスーパーセーブ。片手で弾き出し、フランスは事なきを得た。

    フランスが1点リードで前半を終えると、後半ウルグアイは立て続けに攻撃的なカードを切る。しかし、この膠着状態をまたも崩したのはレ・ブルーだった。

    60分、グリーズマンがミドルレンジからシュートを放つ。左足のシュートはフェルナンド・ムスレラの正面を突いたが、弾ききれずゴールへと転がった。

    その後もウルグアイはスローインなどセットプレーから活路を見出そうとするが、シュートまでは持ち込めず。カバーニの不在が響くこととなり、フランスが2-0で勝利してベスト4へと駒を進めた。準決勝ではブラジルとベルギーの勝者と対戦する。

    ■試合結果
    ウルグアイ 0-2 フランス
    ■得点者
    フランス:ヴァラン(40分)、グリーズマン(61分)

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-00010000-goal-socc

    【【サッカー】フランス、グリーズマンのブレ球弾などで4強入り!ウルグアイを寄せ付けず/W杯ベスト8 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/07/04(水) 18:11:55.88 ID:CAP_USER9

    俵才記さんのツイート

    正直に言う。
    俺はベルギーを応援した。
    日本が嫌いなわけじゃない。
    安倍日本が大嫌いなだけだ。
    安倍がサッカーを政治利用し、メディアが愛国を鼓舞し、日本はすごいと騒ぐのを観たく無いだけだ。
    早く、以前のように、素直に日本チームを応援できる日が来て欲しい。

    ↓↓↓
    百田尚樹さんのツイート

    みんな、彼を罵ってはいけない。
    皮肉ではなく、彼は哀れむべき存在だと思う。なぜなら、マスコミや野党の犠牲者だからだ。

    (略)

    ▼ネット上のコメント

    ・ダメしょう もう救えないレベルw

    ・応援するのに『右も左も関係ないよ』と書いて置きます。

    ・引用した方1人だけかと思ったら、ぶら下がってるリプライを見ると賛同者も結構多いんですねぇ。スポーツで日本を素直に応援出来ないって、正直可哀想ですね。

    ・海外では日本の控え室が話題になったりしてますがこれは「安倍のせい」とは言わないんですよねぇ。。。😅

    ・なんかすごい勢いでアベガー教の連中がわいてますねぇ。ここまで変質的に政治を結びつけてるバ◯は始めてみた。

    ・ここまで来るともう洗脳されているようにも見えますね😅

    ・最近サッカー安倍批判を絡める謎理論が多いなぁw

    ・国際戦のスポーツぐらい楽しんで見ろよ

    ・首相が自国のチームの応援をするのは、当たり前だろ。
     
    https://snjpn.net/archives/57703 
    【男性「俺はベルギーを応援した。日本が嫌いなわけじゃない。安倍日本が大嫌いなだけ」 →百田尚樹氏「彼はマスコミや野党の犠牲者」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 豆次郎 ★ 2018/07/04(水) 05:54:14.46 ID:CAP_USER9
    81DD92AD-421E-417E-914F-7EA3C7F06E78
     
    7/4(水) 5:53配信
     ◇W杯決勝トーナメント1回戦 イングランド1―1(PK4―3)コロンビア(2018年7月3日 モスクワ)

     W杯決勝トーナメント1回戦の最後の試合は1次リーグH組1位のコロンビアとG組2位のイングランドが対戦。1―1で延長に入ったが決着がつかずPK戦をイングランドが制した。

     前半を0―0で折り返すと、後半12分、イングランドはケーンが倒されて得たPKをケーン自身が決め先制、今大会トップとなる6点目を挙げた。イングランドの堅実な守備でこのまま逃げ切るかと思われたアディショナルタイムにコロンビアがCKからミナのヘディングで追い付き延長戦に入った。

     延長でも得点は入らずPK戦に持ち込まれた。PK戦はイングランドが4―3で制した。

     ◆は7日の準々決勝でスウェーデンと対戦する。

     この日のもう1試合は1次リーグF組1位のスウェーデンが、E組2位のスイスを1―0で下し、3位だった94年米国大会以来の準々決勝進出を決めた。後半21分にフォスベリのゴールで先制、スイスの反撃を封じた。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000060-spnannex-socc

    【【サッカー】イングランド8強、PK戦制した コロンビア土壇場追いつくも無念 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 豆次郎 ★ 2018/07/04(水) 00:54:15.10 ID:CAP_USER9
    no title
     
    7/4(水) 0:53配信
    スウェーデン、スイスを下し24年ぶりに8強入り! 10番フォルスベリが決勝点

     2018 FIFAワールドカップ ロシア・決勝トーナメント1回戦が3日に行われ、スウェーデン代表とスイス代表が対戦した。

     F組1位のスウェーデンは第3戦のメキシコ戦からスタメンを1名変更。セバスティアン・ラーションに代わり、アルビン・エクダルが入った。対するスイスはキャプテンのステファン・リヒトシュタイナーが累積警告により出場停止。右サイドバックにはミヒャエル・ラングが起用された。

     前半をスコアレスで折り返すと、66分に試合が動く。スウェーデンは左右にボールを振ると中央でボールを受けたエミル・フォルスベリがミドルシュート。このシュートがDFマヌエル・アカンジに当たってコースが変わりゴールネットに吸い込まれた。

     試合は1-0で終了。スウェーデンは次戦、今夜27時から行われるコロンビア代表対イングランド代表の勝者と対戦する。

    【スコア】
    スウェーデン代表 1-0 スイス代表

    【得点者】
    1-0 66分 エミル・フォルスベリ(スウェーデン)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00788710-soccerk-socc


    【【サッカー】スウェーデン、スイスを下し24年ぶりに8強入り! 10番フォルスベリが決勝点 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 豆次郎 ★ 2018/07/03(火) 07:13:04.49 ID:CAP_USER9
    7/3(火) 4:54配信
    75E0F422-A257-4883-94A8-8D3B00789253

    日本、ベスト16の壁超えられず…2点先行から悪夢の逆転負け、ベルギーが8強進出 

     2018 FIFAワールドカップ ロシア決勝トーナメント1回戦が2日に行われ、日本代表 
    とベルギー代表が対戦した。 


     史上初のベスト8進出を狙う日本はGK川島永嗣、DF酒井宏樹、吉田麻也、昌子源、長友佑都、MF柴崎岳、長谷部誠、香川真司、原口元気、乾貴士、FW大迫勇也の11名が先発。グループステージ第1戦、第2戦と同じメンバーを揃えた。 

     一方、2大会連続の8強入りを狙うベルギーはMFケヴィン・デ・ブライネやエデン・アザール、FWロメル・ルカクら豪華メンバーがスターティングメンバーに名を連ねた。 

     日本は開始1分に香川がペナルティエリア手前右から左足でミドルシュートを放ったが、枠を捉えることはできない。するとその後は徐々にベルギーが試合の主導権を握り、日本は押し込まれる展開となる。それでも集中したディフェンスで猛攻をしのぎ、前半はスコアレスで折り返した。 

     試合は後半立ち上がりに動く。48分、日本は自陣で奪ったボールをすばやく攻撃につなげ、柴崎のスルーパスに原口が抜け出す。その原口がエリア内右から右足のシュートをゴール左隅に決め、日本が先制に先行した。 

     直後の49分、ベルギーは右サイドの裏に抜け出したドリース・メルテンスの折り返しをアザールがダイレクトで狙ったが、このシュートは右ポストを直撃した。すると52分、日本はエリア手前中央でパスを受けた乾が右足一閃。無回転のシュートがゴール右に突き刺さり、リードが2点に広がった。 

     2点ビハインドのベルギーは69分、CKの流れからエリア内左のヤン・フェルトンゲンがヘディングシュートを放つ。山なりのボールがGK川島の頭上を超えてゴールへ吸い込まれ、2-1となった。さらに74分、左サイドからのクロスをマルアン・フェライニが頭で叩き込み、あっという間に同点に追いついた。 

     このまま延長戦突入かに思われた後半アディショナルタイム4分、カウンターを仕掛けたベルギーがナセル・シャドリのゴールで逆転に成功する。このままタイムアップを迎え、ベルギーが3-2で勝利を収めた。 

    【スコア】 
    日本代表 
     2-3 ベルギー代表 

    【得点者】 
    1-0 48分 原口元気(日本) 
    2-0 52分 乾貴士(日本) 
    2-1 69分 ヤン・フェルトンゲン(ベルギー) 
    2-2 74分 マルアン・フェライニ(ベルギー) 
    2-3 90+4分 ナセル・シャドリ(ベルギー) 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00787896-soccerk-socc


    【【逆転負け】≪日本 2-3 ベルギー≫日本は赤い悪魔ベルギーに敗れベスト8ならず!! ワールドカップ 決勝トーナメント】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: すらいむ ★ 2018/07/02(月) 11:42:47.66 ID:CAP_USER

    63906E08-BAFF-43F2-9B3A-A63B86A2BAD5
     
    ロシアW杯で"中国台頭、日本消滅"の現実

     盛りあがりをみせるサッカーW杯ロシア大会。その熱狂は試合だけではない。
     国際サッカー連盟(FIFA)の主要スポンサー12社のうち、中国企業は過去最多の4社を占めている。
     投入する広告費は約900億円で、米国企業の2倍、ロシア企業の13倍に達するという。
     一方、日本企業の名前はひとつもない。なぜここまで差がついてしまったのか――。

    ■W杯の主要スポンサーに日本企業は1社もない
     サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で、決勝トーナメント進出を決めた日本代表の快進撃に列島が沸き立っている。
     ただし日本で注目されるのは、圧倒的に日本代表の試合だ。

     海外では自国の代表チームがたとえ出場していなくても、試合を熱心に観て、熱狂する人が大勢いる。
     国際サッカー連盟(FIFA)の発表によれば、前回2014年ブラジル大会では世界で約32億人が試合を観たという。
     今大会ではさらに視聴者は増え、34億人に達するとみられている。
     世界人口は約75億人だから、その半数近い人がW杯を楽しんでいることになる。

     これだけの人が観るイベントは他にはない。
     その影響力や価値を背景にFIFAは200億ドル(2兆円)を超える収入を得ているとみられている。

     その推定収入の7割近くを占めるのがテレビ放映権料だ。
     たとえば日本。NHKと民間放送局が共同制作する機構ジャパン・コンソーシアム(JC)が大手広告代理店の電通を通して放送権を購入している。
     今大会の料金は、推定で約600億円だ。

     また、アメリカの独占放送権を取得した大手テレビ局FOXが支払った額は、今大会と次回のカタール大会の2大会分で11億ドル(約1200億円)と報じられている。
     各国の人口によっても設定される放映権料は変わるようだが、200を超える国と地域の放送局が、これに準ずる放映権料を払うのだから、莫大な額になる。

    (略)

    プレジデントオンライン 2018年7月2日 9時15分
    http://news.livedoor.com/article/detail/14949174/

    【【FIFAの金銭スキャンダルが原因かと】ロシアW杯の主要スポンサーは中国が最多、日本はゼロ なぜここまで差がついてしまったのか  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 豆次郎 ★ 2018/07/02(月) 06:31:02.41 ID:CAP_USER9
    7/2(月) 5:47配信
    8325D6D7-1255-432B-A91E-977F1D61D912

    クロアチア、PK戦制して8強!デンマークは守護神が“神セーブ”連発も…

     ◇W杯決勝トーナメント1回戦 クロアチア1―1(PK3―2)デンマーク(2018年7月1日 ニジニーノブゴロド)

     1次リーグD組を3戦全勝で突破したクロアチアとC組2位通過のデンマークの一戦は延長戦でも決着が付かず。PK戦の末にクロアチアがベスト8進出を決めた。

     1次リーグ3試合でともに1失点と、堅守を誇った両チーム。慎重な試合運びが予想されたが、前半1分にいきなり試合が動く。DFクヌセンが右サイドからロングスローをゴール前に投げ入れると、混戦の中から最後はDFヨルゲンセンが左足で押し込みデンマークが先制に成功した。

     まさかの失点を喫したクロアチアだが、それからわずか3分後の同4分に同点に追い付く。DFブルサリコのクロスはデンマーク守備陣にクリアされたが、これが味方に直撃。こぼれてきたボールをFWマンジュキッチがボレーで叩き込んだ。

     1―1で試合を折り返すと、その後はしばらくこう着状態。両チームが攻め手を欠き、決定機をつくれないまま延長戦へ突入した。

     延長前半は両チーム無得点で終えると、延長後半9分にクロアチアがPKを獲得。ベスト8進出を決める絶好機だったが、MFモドリッチがまさかの失敗。デンマークは守護神シュマイケルが絶体絶命のピンチを救った。

     試合はPK戦に突入。両チームのGKが共に1人目と4人目を止めるなど“神セーブ”を連発。しかし、デンマークは5人目も失敗し、クロアチアが死闘を制した。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180702-00000059-spnannex-socc


    【【GK大活躍】クロアチアがPK戦を制しデンマークを破る!クロアチアがベスト8へ!次戦は開催国ロシア】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 豆次郎 ★ 2018/07/02(月) 01:41:05.89 ID:CAP_USER9
    開催国ロシアが番狂わせ! PK戦でスペイン撃破、守護神アキンフェエフが2本ストップ
    BA33E4CD-C0DE-4608-9007-9186D6EA67B6
     
    前半12分にスペインが先制するも、ロシアがPKを獲得して同点に追いついて後半へ

     ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦、スペイン対ロシアが現地時間1日に行われ、スペインとロシアともにセットプレーから1点ずつを取り合った試合は、今大会初の延長戦に突入し、1-1のままPK戦へ。スペインの3人目MFコケが失敗し、開催国ロシアが4-3で勝利した。

     B組を1勝2分で1位突破したスペインだが、フェルナンド・イエロ監督は一つの決断を下した。それはMFアンドレス・イニエスタのスタメン落ちだ。モロッコ戦ではMFイスコのゴールをアシストした一方で、DFセルヒオ・ラモスとの連係ミスで失点に絡んだゲームメーカーに代わって、MFマルコ・アセンシオを起用した。一方のロシアはDFセルゲイ・イグナシェビッチやMFアレクサンドル・ゴロビンらを送り出した。

     キックオフ直後からスペインがボール保持を目論む。しかし、約8万人収容のルジニキ・スタジアムの大声援を受けるロシアが5バックの守備陣形で応戦する展開となった。その要塞を、スペインは前半12分のセットプレーで打ち破る。

     ペナルティーエリア右サイドで得た直接FKで、アセンシオのクロスをファーサイドのセルヒオ・ラモスがマーカーのイグナシェビッチともつれ込む。これがゴールネット右に収まり、オウンゴールで1-0と先手を取った。

     1点を追う形となったロシアはフィジカルを生かした武骨なサイドアタックとセットプレーに活路を見出す。それに対してスペインはFWジエゴ・コスタがプレスバックするなど、守備を連係しつつリスクを回避したポゼッションで時計の針を進めた。

     しかし前半39分、ロシアに千載一遇のチャンスが来る。右CKからFWアルテム・ジュバのヘディングシュートをDFジェラール・ピケがハンド。これでPKを獲得すると、キッカーはそのジュバが務める。これを右隅に叩き込み、1-1の同点に追いついた。

    ロシアGKアキンフェエフの好セーブでPK戦へ

     前半のボール支配率が72%だったスペインは、後半に入ってゴールに近い位置でのパス交換を敢行する。しかし、ロシアの守備陣は集中力を切らさず、膠着状態が続いた。ロシアは後半20分までにジュバを含む3人の交代を敢行する一方で、スペインは同22分にシルバからMFアンドレス・イニエスタ、3分後にはナチョからDFダニエル・カルバハル、同35分にはFWジエゴ・コスタに代えてWFイアゴ・アスパスを投入して勝負をかけた。

     後半40分には左サイドからの崩しからイニエスタのボレー、イアゴ・アスパスのこぼれ球への反応でチャンスを作るが、GKイゴール・アキンフェエフの好セーブで凌ぎ、延長戦に突入した。

     ロシアは延長前半7分に今大会導入された延長戦での4人目の交代枠でMFアレクサンドル・エロヒンを送り出す。一方でスペインは押し込み続けるもフィニッシュまで持ち込めないフラストレーションがたまる状況のなか、同14分にアセンシオに代えてロドリゴにチャンスメイクを託した。

    スペインは二人が失敗して敗戦

     試合は延長後半4分にロドリゴのドリブル突破からフィニッシュまで行ったが、またしてもアキンフェエフが好セーブ。両チーム運動量が落ち、1-1のまま120分間を終え、PK戦に突入した。

     迎えたPK戦、先行はスペイン。3人目のMFコケがアキンフェエフに止められる。ロシアは4人連続成功でスペイン5人目のイアゴ・アスパスが再びストップされ、ロシアが番狂わせに成功した。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180702-00118024-soccermzw-socc

    【【開催国に4連敗】ロシアがPK戦を制し無敵艦隊スペインを破る!開催国ロシアがベスト8! 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル