かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: 南米

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: THE FURYφ ★ 2019/10/13(日) 19:08:00.71 ID:gIyf8RMh9
    POOL D
    10月13日 熊本県民総合運動公園陸上競技場(熊本県熊本市)

    ウェールズ 35-13 ウルグアイ

    https://sports.yahoo.co.jp/contents/5070?module_match=1985635

    92021CDC-64FE-42B9-8930-E6CF6523C0AC
     
    ラグビーW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)は13日、プールDの試合が行われ、ウェールズは格下のウルグアイに苦戦を強いられながらも35-13で勝利し、欧州6か国対抗戦シックスネーションズ(Six Nations Rugby)のライバル、フランスが待つ準々決勝に駒を進めた。

     これまで出番の少なかった選手を多く起用したウェールズは、ハンドリングエラーが多発するも、徐々に地力を発揮して押し込み、終盤には2トライを挙げてリードを広げた。

     4日前にフィジー戦を戦ったばかりのシックスネーションズ王者ウェールズにとってこの試合は簡単にいくはずのものだったが、なかなか優勢には立てなかった。

     試合全体では69パーセントのボール保持率と73パーセントのテリトリーの数字を残したウェールズだが、最後の15分で3トライを挙げてようやく突き放した。

     フィジーを相手に大金星を挙げたウルグアイは、さらに強豪とされているウェールズを相手に1点差でハーフタイムを迎えて、番狂わせも期待させた。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191013-00000030-jij_afp-spo 【【ラグビー/W杯】POOL D ウルグアイ前半大善戦も力尽きる ウェールズが35-13で勝利し全勝でD組1位通過 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: THE FURYφ ★ 2019/10/09(水) 15:35:47.61 ID:lqMkDnqt9
    POOL C
    10月9日 熊谷ラグビー場(埼玉県熊谷市)

    アルゼンチン 47-17 アメリカ

    https://sports.yahoo.co.jp/contents/5070?module_match=1985625
    0ACD4B1A-5AAB-4B62-824F-D7806DA2A011


    どちらも大きな期待を背負って日本にやってきた。

     代表チームとほぼ同じ顔ぶれのジャガーズが今季のスーパーラグビーで史上初の決勝進出を果たし、優勝候補の一角にも挙げられたアルゼンチン代表ロス・プーマス。一方のアメリカ代表イーグルスも、2018年に発足した北米プロリーグ「メジャーリーグラグビー」の盛り上がりを背景に急速に力を伸ばし、今大会のダークホースになりうる存在と評価されていた。

     しかし、この2チームにとってのラグビーワールドカップ2019は、当初思い描いていたような結果にはならなかった。両国が入ったのは、イングランド、フランス、トンガと強豪がそろい、“死の組”と評されたプールC。3節を終えた時点で3勝を挙げたイングランドとフランスの決勝トーナメント進出が確定し、アルゼンチンとアメリカは、この試合を迎える段階ですでにプールマッチ敗退が決まっていた。

     でも、いずれのチームにもこの一戦を“消化試合”ととらえるような気配は皆無だった。

     開始直後からお互いがアグレッシブに攻め合い、激しい肉弾戦と鋭い攻防が展開される。ピッチに立つ全員に『やってやろう』という意欲があふれている。そんな感じだ。

     アルゼンチンはこれが今大会の最終戦。過去3大会ですべて決勝トーナメントに進み、うち2回は4強入りしている強豪にとって、プールマッチ敗退は納得できる結果ではないだろう。それでも、自分たちの爪痕を残すという強い意思は、ゲームの随所に表れていた。

     もうひとつ、アルゼンチンにとってこの試合は特別な意味があった。FWの軸として長くプーマスを支え、同国初のベスト4進出を遂げた2007年のフランス大会から4大会連続でワールドカップ出場を果たしたレジェンド、FL/NO8ファン・マヌエル・レギサモンの、代表チームでのラストゲームだったのだ。

     47-17の快勝の後の記者会見。勝てば次回大会への出場権を得られる3位が確定することが、どれくらいチームに影響を与えたかという質問に対し、マリオ・レデスマ監督はこう答えた。

    「それはあくまで外的なモチベーションにすぎない。一番大切なのは、自分たちの心の中から生まれるものだ。我々は、これまでやってきたことを出し切ろうという思いで今日の試合に臨んだ。これが代表チームでプレーする最後の試合だった選手もいる。次回大会の出場権のことは、あまり考えなかった」

     敗れたアメリカも、最後まで戦う姿勢を示して多くの見せ場を作った。持ち前の強靭なフィジカルを生かして接点で勇敢に体を張り、WTBブレイン・スカリー主将のキレのいいランとCTBポール・ラシケの問答無用の縦突進で印象的な3トライを奪った。「スコアボードは、実際の力量よりも差が大きく見えると感じる」というスカリー主将のコメントは、まさに観戦者の実感だろう。この奮闘は、4日後の10月13日、トンガとのラストゲームにもきっとつながる。

     失望と落胆がチームを覆う中、秋晴れの熊谷で両国の選手たちが見せた意地。たとえ決勝トーナメント進出の道が途絶えても、体内に息づくプライドはゲームのあらゆる場面に立ちのぼる。ワールドカップに、消化試合なんてない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-00010006-rugbyrp-spo

    【【ラグビー/W杯】POOL C アルゼンチンが47-17でアメリカに快勝、C組3位確定でW杯次大会の出場権獲得 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/10/05(土) 16:24:17.42 ID:b6fCUEDl9
    POOL D 10月5日 14:15
    大分スポーツ公園総合競技場(大分県大分市)

    オーストラリア 45-10 ウルグアイ

    https://sports.yahoo.co.jp/contents/5070?module_match=1985618

    A2573A67-9140-4932-BF35-0AD01C352DB3

    ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会は5日、昭和電工ドーム大分で1次リーグD組の1試合が行われ、7トライを奪ったオーストラリア(世界ランキング6位)がウルグアイ(同18位)を45―10で破った。前半を19―3で折り返し、後半も4トライの猛攻で突き放した。オーストラリアは2勝1敗で勝ち点を11に伸ばし、ウルグアイは1勝2敗で勝ち点4のまま。D組はウルグアイとジョージア(1勝2敗、勝ち点5)の1次リーグ敗退が決まった。(世界ランキングは4日現在)

     オーストラリアの秘密兵器がベールを脱いだ。代表初出場のWTBペタイアが1トライを含む大暴れ。19歳の逸材は「特別な日に勝ててハッピーだ」とあどけない笑みを浮かべた。

     4点リードの前半23分。相手陣ゴール前のラックから、パスを受けると、一気に加速して2人をかわし、最後は空中で回転しながらタックルを避けてインゴールにダイブした。7分後には相手陣10メートル付近でステップを切って3人の防御を引きつけ、フリーのCTBクリンドラニにラストパス。後半序盤で退いたが、鮮烈なデビューを飾った。

     この2トライは流れを左右する局面でもあった。オーストラリアはFW陣が「ハイタックル」の反則を繰り返し、前半だけで計2人が一時退場の処分を受けた。7人で組むスクラムは押し返され、何度もゴール前に進まれた。だが、ペタイアの活躍で主導権を握ると、得意のランニングラグビーが息を吹き返し、後半4トライの猛攻を見せた。

     ペタイアは昨年、右太もも裏などを故障した。今季はほとんどプレーできず、W杯メンバー入りの連絡を受けた時はテレビゲームに熱中していたという。

     「緊張していたが、仲間が励ましてくれた」と大舞台で輝きを放った191センチの大型トライゲッター。W杯で2回の優勝と準優勝を誇る「ワラビーズ」(代表チームの愛称)に新たなスターが誕生した 

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191005-00000097-mai-spo
    【【ラグビー/W杯】POOL D オーストラリア 45-10 ウルグアイ オーストラリアが7トライ快勝、勝ち点5獲得 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/10/05(土) 19:07:24.37 ID:0fyQ7d059
    POOL C 10月5日 17:00
    東京スタジアム(東京都調布市)

    イングランド 39-10 アルゼンチン

    https://sports.yahoo.co.jp/contents/5070?module_match=1985619

    74A7BDE5-36EB-4B46-A408-0C5ED26D9B66

    イングランドがアルゼンチンを圧倒、2大会ぶりに1次リーグ突破を決めた。ほぼ隙はなかった。FWで押し込んでバックスに展開する教科書通りの形で次々にトライ。特に前半40分過ぎには約20回に及ぶ連続攻撃でトライを決め、アルゼンチンの気力をそいだ。

    前回大会は地元開催で1次リーグ敗退。この日の先発15人中9人は前回のW杯に出場した選手だ。その1人であるSOフォードは「4年前の経験を生かしたかった」。まずは準々決勝進出のノルマを達成した。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191005-00000056-asahi-spo

    【【ラグビー/W杯】POOL C イングランド 39-10 アルゼンチン イングランド6トライ快勝 決勝T進出決定!! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: THE FURYφ ★ 2019/09/25(水) 16:05:54.64 ID:+AS1aRcf9
    POOL D
    9月25日 釜石鵜住居復興スタジアム(岩手県釜石市)

    フィジー 27-30 ウルグアイ

    https://sports.yahoo.co.jp/contents/5070?module_match=1985595  
    84A0F179-77B6-4935-9A1D-4AED62DD6406


    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は25日、大会6日目を迎え、岩手・釜石鵜住居復興スタジアムではフィジー対ウルグアイが行われた。前半を12点リードで折り返したウルグアイが、後半はトライこそなかったが3つのペナルティーゴールを決め、30-27で勝利。2003年以来となるワールドカップ白星を飾った。

    ラグビーの街・釜石に1万4025人の大歓声が鳴り響いた。新日鉄釜石の全盛期を思わせる大漁旗がスタンドにたなびき、国歌斉唱の前には東日本大震災の犠牲者に向けて全員で黙祷。ゴール裏のスタンドを埋める地元の小中学生の大声援が響く中、先制トライを奪ったのはフィジーだった。だが、世界ランク10位のフィジーは、同19位のウルグアイを相手にパスミスを重ねて流れを掴みきれず。14分に逆転を許すと、前半だけで3トライを献上。逆に勢いづいたウルグアイはコンバージョンも全て成功させ、2003年以来の白星に向けて24-12とリードを奪い、前半を終えた。

     後半、最初のトライを奪ったのはフィジーだった。敵陣からパスをつないでゴールライン直前でラックを作ると、ボールを受けたLOヤトゥニヤラワが飛び込みトライを決めた。だが、この日のフィジーはコンバージョンがことごとく決まらず、5点を返しただけ。60分にはウルグアイがペナルティゴールを決め、再び10点差に広げた。

     3大会ぶりのベスト8入りを目指すフィジーは、21日の初戦でオーストラリアに敗れたため、この日は必勝モード。66分に怒濤の連続攻撃から途中出場のSHマタワルがトライを決めたが、ここでもコンバージョンを外して5点を返しただけ。試合終了直前にトライを決めたが、時すでに遅し。結局、ウルグアイが30-27で逃げ切って、2003年以来となる白星を飾った。2連敗となったフィジーは決勝トーナメント進出が難しくなった。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190925-00084879-theanswer-spo

    【【ラグビー/W杯】POOL D 青空広がる釜石での試合はウルグアイがキックの精度の差で2トライ多いフィジーに30-27でW杯16年ぶり勝利 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: THE FURYφ ★ 2019/09/21(土) 18:02:19.43 ID:3J5O0r9L9
    0CF357B1-5336-4DE3-A099-F8390EB5C313
     
    POOL C
    9月21日 東京スタジアム(東京都調布市)

    フランス 23-21 アルゼンチン

    https://sports.yahoo.co.jp/contents/5070?module_match=1985583

    5万人近くが熱狂した20日の日本代表の開幕戦から約24時間後。同じ味スタで“死の組”の戦いが幕を開けた。

    序盤はFWによる激しい肉弾戦となった。アルゼンチンがフッカーのクレビらによる攻撃で突進すれば、フランスも真っ向からタックル。100キロを超える肉体が激突しのけぞる姿に、スタンドからは驚嘆の声が響いた。

    前半14分にアルゼンチンがペナルティーゴール(PG)で3点を先制した。しかしそこからフランスの反撃が始まる。17分にCTBガエル・フィクーのトライで逆転すると、さらにトライ1つとPG2本などで突き放し、20-3として前半を終えた。

    後半開始3分、アルゼンチンがモールでトライ。ゴール成功ですぐに7点を返した。流れはそのままアルゼンチンへ。左サイドから攻め立てた9分にふたたびモールでトライを奪うと、20分にはPGを決めて2点差に。そして28分、左からのPGをSOベンハミンマリア・ウルダピジェタが決め、ついに逆転に成功した。

    暗雲が漂ったフランスを救ったのはSOカミーユ・ロペス。直後の29分に攻め込んだFW陣から後方に立ってパスを受けると、やや距離のある約25メートルからドロップゴール。難しいキックを成功させて、再度逆転した。

    2点差で迎えた試合終了間際の39分には、劣勢のアルゼンチンが中央付近でPGを獲得。約50メートルのロングキックが決まれば劇的逆転だったが、これは失敗。試合は動かず、ノーサイドを迎えた。

    南北半球の強豪同士が初戦から激突する好カードに、この日もスタンドはほぼ満席となった。2枠しかないベスト8の切符。C組は日本代表の前ヘッドコーチ(HC)であるジョーンズHCが率いる優勝候補イングランドのほか、ダークホースと目される米国、そして荒々しく押しまくるトンガ。激戦必至の組で、フランスが重要な初戦を制した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190921-09210696-nksports-spo

    【【ラグビー/W杯】POOL C アルゼンチンが17点差逆転もカミーユ・ロペスのドロップゴールでフランスが再逆転勝利! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/09/03(火) 07:52:04.55 ID:CAP_USER
    no title置換


    安全保障上の理由による日本の対韓輸出管理厳格化をめぐり、韓国政府が8月末にチリで開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)関連会合で日本批判を展開したのに対し、議長を務めたチリの外交官が、2国間の問題をAPECに持ち込むべきではないと韓国側をたしなめていたことが2日、分かった。複数の交渉筋が明らかにした。

     韓国外務省の発表などによると、チリ南部のプエルトバラスで8月30日に開かれたAPEC高級実務者会合で、韓国外務省のユン・ガンヒョン経済外交調整官が、日本政府が、輸出管理で優遇措置を与える「ホワイト国」から韓国を除外した措置に言及した。

     ユン氏は「日本が歴史的な問題に起因して発生した政治的葛藤を解決するために、貿易規制措置を一方的に断行した」と主張し、「深い遺憾」を表明。日本の措置は「グローバルサプライチェーン(供給網)を毀損(きそん)する」と訴えた。

     これに対し、経済産業省の柏原恭子特別通商交渉官は「貿易管理の運用変更であり、手続きを踏めば輸出でき、グローバルサプライチェーンに悪影響は及ぼさない」「地域統合や貿易投資の自由化を議論するAPECとは無関係の問題で、韓国側の発言は遺憾だ」と反論した。

     交渉筋によると、この後、議長を務めたチリ外務省の多国間経済関係局長が「韓国の発言は残念だ」と述べ、「APECの場に2国間の問題を持ち込むべきでない」と注意した。

     韓国外務省は8月31日付の報道発表で、高級実務者会合での韓国側の主張や日本側の反論を明らかにしたが、議長の発言には触れず、「不都合な真実」は隠した形だ。このため、韓国聯合ニュースの8月31日の報道も、会合での日韓の主張を紹介するにとどまっていた。

    産経ニュース 2019.9.3 05:00
    https://www.sankei.com/world/news/190903/wor1909030004-n1.html


    【【議長国チリ】韓国の日本批判を注意 「韓国の発言は残念だ」「APECの場に2国間の問題を持ち込むべきでない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/06/14(金) 16:55:54.94 ID:CAP_USER
    C14413A9-E932-47EE-A487-524FA2532CCD
     
    午後に朝のあいさつ、文大統領に続き儀典上のミス

     李洛淵(イ・ナギョン)首相が先月の中南米訪問時、エクアドルで現地語の言葉でのあいさつを間違える儀典上のミスがあったことが13日、確認された。午後3時ごろ行われた行事で、スペイン語の朝のあいさつをしたという。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は今年3月、マレーシアを国賓訪問した時にインドネシア語であいさつしたほか、昼間に夜のあいさつをするなどして物議を醸した。それからたった2カ月で再び政府の「儀典上のミス」が飛び出したものだ。

     李洛淵首相は先月7日にエクアドルを訪問した際、レニン・モレノ大統領との昼食会を終えて午後3時ごろに首都キト市内のラ・コンパニーア・デ・ヘスス教会で行われた「幸運の鍵贈呈式」に出席した。オットー・ソネンオルスネル副大統領やキト市民ら約300人が見守る中、マウリシオ・ロダス市長から外国の首脳クラスの人物に授与される「幸運の鍵」と名誉市民証(貴賓証書)を贈られた。

     李洛淵首相はその後のスピーチで、スペイン語で「ブエノス・ディアス(Buenosdías)」とあいさつした。ブエノス・ディアスは朝のあいさつで、午後のあいさつは「ブエナス・タルデス(Buenas tardes)」だ。ソウルA大学スペイン語・スペイン文学科の教授は「午後3時に『ブエノス・ディアス』と言ったら、現地の人々は違和感があるだろう。しかも、国賓待遇を受けている訪問国の行事でこのようなミスが出るなんて、国として恥ずかしいことだ」と話す。1962年に韓国とエクアドルが修好して以降、韓国の大統領・首相が同国を訪問したのは初めてだった。

     この日の行事会場では、首相室の参謀たちはもちろん、外交部(省に相当)本庁や駐エクアドル大使館関係者もいた。このうち一部は首相のスピーチ原稿作成に直接関与していた。しかし、間違った表現を訂正できないまま、首相に読み上げさせてしまったのだ。外交部は、文在寅大統領のマレーシア訪問時のミス以降、現地の言葉でのあいさつに特に気を使ってきた。それにもかかわらず、再びミスが繰り返されたものだ。

     政府関係者は「当初、午前に予定された『幸運の鍵贈呈式』が午後に延期されたが、実務者がスピーチ原稿をチェックできなかった再確認していなかっただろう」とした。

    安俊勇(アン・ジュンヨン)記者

    朝鮮日報 2019/06/14 11:00
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/06/14/2019061480066.html


    【【午後に朝の挨拶】韓国・李洛淵首相もエクアドル訪問で間違ったあいさつ 文大統領に続き儀典上のミス】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2019/05/14(火) 14:57:58.38 ID:CAP_USER
    kr250
     
    [アンカー]地球の反対側、ブラジルで韓国の教育や技術を習おうという声が高まっていますが、本来、学生たちが習う教科書にはかなり昔の韓国情報が載っています。30年余り前の通りの写真が掲載されているかと思えば、東海を日本海と表記した教科書が少なくなく、これを正す研究会が発足しました。サンパウロのイ・ジェファン特派員が取材しました。

    [レポート]ブラジル、サンパウロ都心の書店の中に置かれた学校教科書です。韓国に関する情報はアジア国家編に掲載されています。しかし、地理と歴史などブラジルの教科書の大部分が韓国に対する古い情報を含んでいることが調査されました。

    地理の教科書を広げると、東海が日本海と表記されています。韓国の急速な成長をシンガポールやマレーシア、台湾、香港などと共に「アジアの五匹の虎」に例えました。「アジアの4匹の竜」と呼ばれた30年余り前の表現から始まったと見られます。

    ブラジル教科書は出版社別に10種余り、80年代と見られるソウル市内の写真と10年余り前の経済指標が載っていたりもします。これに伴いサンパウロ、韓国総領事館はこのような誤りを探して修正し、韓国の発展した姿を正しく知らせるために研究会を発足しました。

    [キム・ハッキュ/駐サンパウロ、韓国総領事:「紹介が少ないだけでなく内容も遅れています。改善する必要性を感じました。」]

    特に、教科書の修正はブラジルの教授と学生たちの主導でなされます。

    [マルセル/イベメク大学国際関係学教授:「ブラジルを現実的に助けてくれる韓国の発展の姿を習わなければなりません。毎月集まって修正する理由です。」]

    研究会は年末まで正した内容をブラジルの報道機関や出版社、学校などに知らせる計画です。

    サンパウロからKBSニュース、イ・ジェファンでした。

    イ・ジェファン

    KBSニュース(韓国語) 
    http://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=4200050

    【【韓国】 ブラジルの教科書に「30年前の韓国情報」「東海を日本海」…これらを正す研究会発足「年末までに修正」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/04/29(月) 15:19:25.38 ID:CAP_USER
    8B6762A3-4BFE-4147-990A-64235F2DA8AD

    文在寅(ムン・ジェイン)大統領は29日、韓国を訪れたチリのピネラ大統領と首脳会談を行い、中南米4か国による太平洋同盟(PA)に韓国が準加盟国としてメンバー入りする問題などについて議論しました。
    太平洋同盟は、メキシコ、コロンビア、ペルー、チリの中南米4か国が参加して2012年からスタートした貿易自由化の枠組みで、中南米の国内総生産=GDPの38%、貿易の50%を占めています。
    文大統領は会談で、太平洋同盟に準加盟国としてメンバー入りしたい意向を表明し、これに対してピネラ大統領は、太平洋同盟の次の議長国として積極的に協力すると応じました。
    また両首脳は、アジアと中南米をつなぐ中心国として、韓国とチリが両地域のFTA=自由貿易協定のネットワークをともに構築するなど、共存共栄のため協力することで一致しました。
    さらに、2003年の韓国・チリ間のFTA締結以降、年間の貿易額が63億ドルと4倍に増加したことを評価し、新たな国際経済の環境に合わせて両国間のFTAを見直すことにしました。
    ピネラ大統領は、韓半島の完全な非核化と平和定着に向けた韓国政府の努力を引き続き支持すると表明し、文大統領はこれに感謝の意を表しました。

    KBS 2019-04-29 14:09:00
    http://world.kbs.co.kr/service/news_view.htm?lang=j&Seq_Code=71899


    【【中南米4か国による太平洋同盟】韓国チリ首脳会談 韓国の太平洋同盟への参加など議論】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2019/04/05(金) 03:08:25.01 ID:zonqKnt/9
    no title

    安倍首相 パナマ大統領と会談 モノレール建設を支援
    2019年4月4日 20時18分

    安倍総理大臣は、日本を訪れている中米 パナマのバレーラ大統領と会談し、パナマ国内で進められているモノレールの建設事業について、資金面や技術面で支援を継続していくことを確認しました。

    パナマは、太平洋と大西洋を結ぶ交通の要衝「パナマ運河」で知られる中米の国で、安倍総理大臣は4日夜、総理大臣官邸でバレーラ大統領と会談しました。

    会談で両首脳は、首都パナマシティーと郊外を結ぶモノレールの建設事業を着実に進めていくため、日本が円借款や技術協力で支援を継続していくことを確認しました。

    また北朝鮮問題をめぐって、バレーラ大統領が、いわゆる「瀬取り」にパナマ船籍の船の関与も指摘されていることから取り締まりを強化する考えを示し、安倍総理大臣は拉致問題の解決に協力を求めました。

    安倍総理大臣は、会談後の共同記者発表で、「パナマ運河はわが国にとってエネルギー安全保障の観点から重要性が増している。日本とパナマの友好と協力の絆を一層発展させていきたい」と述べました。

    NHK 
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190404/k10011873271000.html
    【【北朝鮮瀬取り対策】安倍首相、パナマ大統領と会談 モノレール建設を支援 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: SQNY ★ 2018/12/03(月) 21:36:15.25 ID:CAP_USER
    ・動画:安倍首相、ウルグアイ・パラグアイ訪問 日本の首相初
    no title

    【12月3日 AFP】安倍晋三(Shinzo Abe)首相は2日、南米ウルグアイを訪問し、首都モンテビデオの大統領公邸でタバレ・バスケス(Tabare Vazquez)大統領と会談した。

     安倍首相はこれに先立ちアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで20か国・地域(G20)首脳会議に出席。2日にはウルグアイから次の訪問国パラグアイに移動し、首都アスンシオンで歓迎式典に臨んだ。

     日本の首相によるウルグアイ、パラグアイ訪問は初めて。

     映像は、ウルグアイで記者会見に出席した安倍首相。


    ・安倍総理大臣と在パラグアイの日系人・在留邦人との懇談
    https://www.mofa.go.jp/mofaj/la_c/sa/py/page1_000715.html

    2018年12月3日 9:56 AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3200204?act=all
    【【外交】安倍首相がウルグアイとパラグアイ訪問 ・日本の首相初 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: SQNY ★ 2018/10/08(月) 23:13:24.74 ID:CAP_USER
    ・パラグアイ大統領、台湾を訪問 建国記念日の式典に出席へ

    (台北 8日 中央社)中華民国(台湾)と国交を結ぶ南米パラグアイのマリオ・アブド・ベニテス大統領が7日、台湾を訪問した。蔡英文総統は8日、中正紀念堂前の広場で歓迎式典を行い、儀仗隊による栄誉礼でベニテス氏を盛大に出迎えた。ベニテス氏の台湾訪問は8月の大統領就任以来初めて。10日には中華民国の建国記念日「国慶節」の式典に出席する。

    蔡総統はあいさつで、パラグアイが国交締結国の中で最も台湾から遠い国であることに言及した上で、距離は2国間の友情に影響を与えないと述べた。国交を樹立してから60年余りにわたって共に民主主義を堅持し、互いに支えあってきたと振り返り、今後連携をさらに強化させていく方針を示した。

    ベニテス氏は、台湾に対して特別な感情を抱いていると語り、台湾を訪れたことについては「家に帰ったかのような親しみと感動」を覚えると述べた。台湾とパラグアイの政治的な連携は双方の関係において重要な柱の一つだとし、台湾の国連機関への参加や各国際組織における権利の獲得を引き続き支持するとの考えを示した。パラグアイは台湾にとって「最も絆が深い国交締結国」だとし、「われわれの心臓はいつまでも共に動いている」と関係の深さを強調した。

    蔡総統とベニテス氏は共同声明に署名。今後も民主主義の価値と原則を共有し、2国間の関係を引き続き深化させることを確認した。

    (左からベニテス氏、蔡英文氏)
    no title


    2018/10/08 17:50 フォーカス台湾
    http://mjapan.cna.com.tw/news/apol/201810080005.aspx
    http://m.focustaiwan.tw/news/aipl/201810080021.aspx

    【【パラグアイ・台湾】パラグアイ大統領、台湾を訪問 建国記念日の式典に出席へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ラテ ★ 2018/09/15(土) 08:50:03.85 ID:CAP_USER
    62BCA3FB-E0F4-40C7-8000-A164096C7060

    【マルデルプラタ(アルゼンチン東部)=外山尚之】ベネズエラのマドゥロ大統領は14日、訪問先の北京で中国の李克強(リー・クォーチャン)首相と会談し、石油分野を中心とした経済協力を進めていくことで合意した。中国政府は崩壊状態のベネズエラ経済に対する支援を約束する一方、ベネズエラが求めていた新規融資については明言していないという。


    14日、中国の李克強首相(右)と握手を交わすベネズエラのマドゥロ大統領(北京)=ロイター
    ベネズエラ政府の発表によると、石油や鉱業、通信など28分野で協力することで合意したという。両国の国有石油企業による合弁企業への追加出資や、ベネズエラの石油権益の中国側への売却などが含まれる。マドゥロ氏は「中国の協力に感謝する」と感謝の念を述べ、中国政府の外交戦略「一帯一路」を支援すると約束した。

    李氏は「中国はベネズエラの経済発展と市民の生活改善のための努力を支援する」と述べる一方、マドゥロ氏が求めていた新規融資への言及はなかったとロイター通信は報じている。過去10年間でベネズエラは中国から総額500億ドル(約5兆6000億円)以上の融資を受けているが、近年の経済混乱や石油採掘の停滞で返済が滞っている。

    マドゥロ氏は16日まで中国に滞在する予定。14日には習近平(シー・ジンピン)国家主席の歓迎を受けた。
    2018年9月15日 5:28 日本経済新聞 
    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO35426430V10C18A9000000?s=2 

    【【国際】ベネズエラ、中国と石油分野を中心とした経済協力で合意 首脳会談で 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: あずにゃん◆vq4yK0L4gQ 2018/09/12(水)09:05:14 ID:???
    no title
     
    ※『AP』は11日、「チリ代表MFのディエゴ・バルデスは、韓国での差別的ジェスチャーを謝罪した」と報じた。
    日本代表との親善試合が北海道胆振東部地震の影響で中止となり、混乱の中で11日に行われる韓国との試合に向けた移動を行ったチリ代表。
    10日に水原駅に到着した選手たちは、韓国のサッカーファンとそれぞれに写真を撮っており、その中でディエゴ・バルデスのジェスチャーが大きな波紋を呼んだ。

    指で目を細めるような行動をしており、これはアジア人の容姿を表したもの。南米や北中米地域ではよく見られるものである。
    しかしこれが今回も「差別的ジェスチャーである」と広く話題になり、バルデスには大きな批判が寄せられることになった。

    それに対してディエゴ・バルデスは今回「SNSにある写真に関係したものは決して僕の意図したことではなく、誰かが憤慨したのであれば謝罪したい」と公式に誤りを認めたとのこと。


    2018年9月11日 19時0分 Qoly
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15290885/

    【韓国で「差別的ジェスチャー」炎上のチリ代表MF、謝罪に追い込まれる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2018/09/13(木) 08:54:26.20 ID:CAP_USER
    水原ワールドカップ競技場の電光掲示板(写真=大韓サッカー協会)
    no title


    「SAY NO TO RACISM」(われわれは人種差別に反対する)

    11日、韓国とチリのAマッチが開かれる前に水原(スウォン)ワールドカップ(W杯)競技場の電光掲示板に流された文章だ。国際サッカー連盟(FIFA)の人種差別反対のフレーズが韓国Aマッチに露出したのは初めてではない。だが、フレーズが目についた理由はチリ選手団の相次いだ人種差別行為のためだった。

    特に、問題となったチリのMFディエゴ・バルデス(モレリア)が紹介される時はブーイングが浴びせられていた。その時、競技場の電光掲示板には人種差別に反対するFIFAのスローガンが流れた。「SAY NO TO RACISM」は数回露出した。

    大韓サッカー協会も12日、該当写真を公式SNSを通じて公開して「それぞれ違う肌色を持っているとしても、それは重要なことではない」として「風が見せる光を見ることができる、そのような目が必要だ」と指摘した。

    8日、入国したチリは4日目にして2度も人種差別議論を起こした。先に、バルデスが韓国ファンと写真を撮って両目の横に人差し指をあて、吊目(目尻を外側へ伸ばすような)ポーズを取った事実が10日、知らされた。

    また、チリメディアの「アライレリブレ」は10日、MFチャルレス・アランギス(レバークーゼン)がソーシャルメディア(SNS)に掲載した動画を紹介した。

    この動画には水原の街中を歩いていたDFマウリシオ・イスラ(フェネルバフチェSK)がスペイン語で「目を開けろ。野郎ども(Abrelosojos.weon)」と話している姿が映されている。

    動画には目を細めている顔文字まで添付した。バルデスとイスラは相対的に目の小さい東洋人を侮辱したという疑惑がもたれている。

    非難が強まるとバルデスは10日、謝罪文を掲載してSNSを非公開に切り替えた。チリ監督のレイナルド・ルエダ氏は10日、記者会見で「人種差別論争」に対して「サッカーのことだけ話そう」と言及を避けた。

    韓国のSPOTVNEWSによると、人種差別に反対するスローガンの露出は競技当日に決定された。サッカー協会関係者はメディアを通じて「スローガンの露出が初めてではない」としつつも「(競技前)人口差別論争もあったため」と説明した。


    2018年09月12日17時09分  中央日報
    https://japanese.joins.com/article/088/245088.html?servcode=600&sectcode=610

    【【サッカー】人種差別論争のチリに「警告」を発した水原W杯競技場の電光掲示板  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2018/09/11(火) 20:02:05.80 ID:CAP_USER
    スポテレビニュース
    2018-09-11 19:11

    no title


    韓国との親善試合のために来韓したチリの代表選手たちが連日、アジア人の小さな目を侮辱する人種差別行為で議論を起こしている。

    チリのメディア「アライリブレ」は、チリのDFマウリシオ・イスラが水原街を闊歩しながら「目を開けろ(Abre los ojos!)」と叫んだ映像を掲載して批判した。

    この映像は、チリのMFのアランギスが自身のインスタグラムアカウントに上げたもので、現在は削除されている。

    (中略)映像には、目が小さいアジア人を表現した絵文字も掲載された。

    チリは8日に韓国に入国し、9日に完全休息を取って水原で市内観光をした。このとき、あるIT店で韓国のファンと記念写真をしたバルデスが目を引き裂く人種差別行為をして論議になった。

    レイナルド・ルエダ監督に10日の公式会見で当該行為について尋ねると、「サッカーの話だけしよう」として立場を表明しなかった。

    この日の夜、バルデスは、自身のソーシャルネットワークのアカウントで謝罪した。しかし、アランギスとイスラが似た行動をしたことが伝わり衝撃を与えている。

    バルデスとアランギス、イスラはすべて韓国戦の先発メンバーに含まれた。

    http://news.nate.com/view/20180911n36453?mid=n1007

    【【サッカー】チリ代表がまた人種差別 韓国の街中を歩きながら「目を開けろ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: Egg ★ 2018/06/20(水) 20:22:39.36 ID:CAP_USER9
    no title
     
    19日、ロシア・ワールドカップのグループH第1節、コロンビア対日本(1-2)の試合終了後、コロンビア人男性グループが日本人と思われる女性に対して侮辱的な言葉を誘導したことが問題となっている。

    これを受けて1990年代にコロンビア代表の名ストライカーとして名を馳せたファウスティーノ・アスプリージャ氏が、同国人による日本人女性への侮辱行為について謝罪した。

    SNS上で公開された動画には、コロンビア人男性が日本人とみられる女性にスペイン語で、「ハポン・ドス(日本2点)、コロンビア・ウノ(コロンビア1点)」と試合結果を言わせた後、「ジョ・ソイ・ビエン・ペラ(私は良い売春婦です)」と発言させた。もちろん、女性は言葉の意味が分からない状況だったと推測される。

    批判が殺到したこの件に関して、アスプリージャ氏は自身のツイッターを通じて、以下のように謝罪した。

    「世界の友人たち、特に日本の友人たちに、このような類の人間がコロンビア人を代表するとは思わないでほしい。私たちは、すべての文化を尊重している。コロンビア人を代表して謝罪したい。どうか受け入れてほしい。敬意と愛を持って」

    また、コロンビアの外務省は試合後、サポーターに対して非常識な行動をしないようにと公式ツイッターで喚起している。

    「トリコロール(三色)のユニフォームを身につけ、ロシアでのワールドカップでコロンビアを代表する多くの人々が尊敬される行動を取ってもらいたいと思います。我々は悪しき振る舞いを拒絶します。そのような人々は、私たちの文化、言語、人種を代表する存在ではありません」

    そして、問題の動画を撮影した40歳の男性は母国メディア『Publimetro』で、今回の件を以下のように謝罪している。

    「私の行動を正当化しようとは思いません。公に、日本人女性に謝罪したいと思います。そして、今回の行為について日本の人々にも謝罪したいです」

    「敗戦による苛立ちとその場の感情によりこのような行為をしてしまいました。女性を侮辱しようと意図したのではありません」

    「動画を広めたのは私ではありませんが、一部の友人にそれを送ったことは私の過ちでした。今回の件で不快感を与えた方々に、謝罪が受け入れられることを望みます。私はコロンビアを愛しています」

    2018年6月20日 17時10分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14893685/

    【【サッカー】<日本人女性への侮辱問題>コロンビア政府が声明!元伝説的選手アスプリージャも謝罪「日本の友人たちよ…」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 首しめ坂 ★ 2018/06/20(水) 16:30:18.94 ID:CAP_USER9
    no title
     
    日本代表ツイに「原爆画像」送りつけ コロンビア・サポの暴走に「これはダメ」
    6/20(水) 15:50配信
    J-CASTニュース
    ロシアW杯初戦で日本に敗れたコロンビア代表のサポーターが、日本代表の公式ツイッターアカウントに、広島・長崎の原爆被害を揶揄するようなリプライ(返信)を送りつける出来事があった。 

    こうした不適切投稿には、日本人から「これはダメでしょ」「こんな心ないツイートをする人がいるなんて信じられない」といった怒りの声が殺到。 
    投稿者に代わって日本人へ謝罪するコロンビアサポーターまで現れるなど、騒動は大きな波紋を広げている。 

    ■キノコ雲の写真をアップし... 

    日本代表は2018年6月19日夜(日本時間)に行われたコロンビア戦で、試合前の下馬評を覆す大金星を挙げた。 
    開始早々に相手選手が退場になる幸運もあり、数的優位な状況を活かして2-1のスコアで勝ち切った。 

    W杯前のFIFAランキングは日本が61位、コロンビアが16位。こうした番狂わせが、インターネット上でまさかのトラブルを招くことになった。 

    勝利を伝えた日本代表公式ツイッターの投稿に、あるコロンビアサポーターが、原爆を揶揄するようなリプライを送ったのだ。 
    このサポーターは、投稿の1枚目にキノコ雲の画像を、2枚目に原爆投下直後の長崎市街地の画像を掲載。そして、 

    「But you didn't win here(でも、ここでは勝てなかった)」 

    との一言を書き込んでいた。要するに、日本はサッカーでは勝ったが、第二次世界大戦では原爆で負けている――そういった意味合いの投稿らしい。 

     原爆を引き合いに日本を揶揄した投稿は、日本のネットユーザーの間でたちまち物議を醸すことに。ツイッターやネット掲示板には、 

      「これはダメでしよ。悪いことは言わない。ツイート削除した方がいい」 
      「こんな心ないツイートをする人がいるなんて信じられない」 
      「このような負け惜しみは、ベストを尽くした自国の選手たちに返って失礼」 
      「昔の戦争話を持ち出すの?いつの時代に生きてるんだ。残念だ」 

    などと怒りや悲しみの声が相次いで寄せられた。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000006-jct-soci 

    コロンビア側から謝罪の動きも 

    問題の投稿をしたサポーターは、今回の試合が始まる直前にも、日本への原爆投下を揶揄するようなスペイン語のツイートをしていた。 
    コロンビアが一時同点となるゴールを決めた際には喜びを爆発させており、かなり熱心にチームを応援していたようだ。 

    ただ、今回の不謹慎リプライには、別のコロンビアサポーターからも苦言が相次いでいることも事実だ。 
    ツイッター上には、普段はスペイン語で投稿をしているユーザーが、あえて日本語を用いて、 

      「すべての日本人に私の最も誠実な謝罪」 
      「私の心からの謝罪を受け入れてください。日本のサッカー選手権が勝利したことを祝福します。その馬鹿はコロンビア人の大多数を代表するものではありません」(原文ママ) 

    と日本人へ向けて謝罪する動きも出ている。 

    なお今回の騒動には、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(73)も20日のツイッターで反応。問題視されているコロンビアサポーターのリプライを引用しつつ、 

    「酷い負け惜しみだな。潔く祝福しれよ」(原文ママ) 

    と呆れたような一言を寄せていた。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000006-jct-soci&p=2 

    【【サッカー】日本代表公式ツイッターに「原爆画像」送りつけ コロンビア・サポの暴走に「これはダメ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ガラケー記者 ★ 2018/06/18(月) 13:37:29.13 ID:CAP_USER
    2018年6月18日、「人種差別」疑惑が浮上している元アルゼンチン代表のレジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏が疑惑を否定したが、韓国のネット上には非難の声が殺到している。

    マラドーナ氏は16日、W杯ロシア大会1次リーグD組のアルゼンチン対アイスランド戦の前、自身に向けて歓声を送る韓国人ファンに対し、両目を釣り上げるジェスチャーをした。

    これが波紋を呼んだため、マラドーナ氏は自身のSNSで「多くのファンの中で、アルゼンチンのユニホームを着て私を撮影するアジアの少年を発見した。アジアの人たちが私たちを応援してくれることが、どれだけすごいことか伝えたかっただけ」と釈明した。

    しかし、韓国のネット上では非難の声が収まらず、多くの韓国メディアが「人種差別疑惑にひきょうな言い訳(ニュースエン)」「レジェンドの称号が惜しい(グリーンポストコリア)」「奇行のアイコン、黒歴史に新たな1ぺージ(竹山新聞)」などと批判的に報じている。
    ネットユーザーからも「傲慢(ごうまん)と自慢の極地」「人種差別者たちは決まって、自身が人種差別者であることを否定する」「サッカーのレジェンドがこんな風に年をとるなんて悲しい」など厳しい声が数多く寄せられている。

    Record china
    2018年6月18日(月) 11時40分
    https://www.recordchina.co.jp/b615237-s0-c50-d0058.html

    【【マラドーナ】「韓国人ファンへの人種差別疑惑」を釈明、韓国のメディアやネットは怒り収まらず】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル