かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: ウズベキスタン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2020/11/25(水) 12:39:30.05 ID:CAP_USER
    no title
    韓国のカン・ギョンファ(康京和)外相は今日(25日)「朝鮮半島の平和と繁栄は、ユーラシア大陸全体の平和と共同繁栄へと進むための旅程でもある」とし「中央アジアの国々の引き続きの支持と協力を求める」と語った。

    カン外相はこの日 ソウルで開かれた“韓国・中央アジア協力フォーラム”の基調演説で「わが政府は、朝鮮半島での戦争と核の脅威を除去し、平和と繁栄に向けての努力を変わることなく続けていく」として、先のように語った。

    カン外相は「この3年間 わが政府は国際社会の支持の中、朝鮮半島の非核化と恒久的な平和達成に向かう旅程を歩んでいる」とし「しかし 昨年から南北、米朝間の対話が膠着したことで、現在 平和と繁栄の朝鮮半島に向かう我々の歩みは“呼吸を整えている”状態だ」と語った。

    つづけて「朝鮮半島平和プロセスは、この旅程が平坦ではないが、南北、米朝の首脳会談で達成した成果を戻すことはできない」とし「朝鮮半島をとりまく様々な不確実性があるが、一歩ずつ進んでいくための対話の努力をやめてはならない」と強調した。

    韓国外交部(外務省に相当)によると、今回のフォーラムは大臣級に引き上げての開催となり、ウズベキスタン・カザフスタンの外相とキルギスタンの外交次官が参席した。

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/bd5876f3759be37c09d9d2c908a6999b2fde75cd


    【韓国外相「朝鮮半島の平和は、ユーラシア全体の平和」…中央アジアの支持を求める】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚯蚓φ ★ 2020/08/26(水) 20:01:08.42 ID:CAP_USER
    854673_865307_4051
    ▲韓国に留学来た外国人大学生を対象に鬱陵郡独島愛韓国語スピーチ大会

    854673_865308_4225
    ▲最優秀賞を借字したウズベキスタン「独島青年」チームの独島義勇守備隊活躍像熱演/独島財団提供

    韓国に留学に来た外国人大学生を対象に鬱陵郡(ウルルングン)独島(ドクト)愛韓国語スピーチ大会が盛況裡に開催され、嶺南(ヨンナム)大学ウズベキスタン「独島青年」チームが最優秀賞を受賞した。

    慶尚北道(キョンサンブクト)支援機関である独島財団と大邱(テグ)大学が共同主催した今回の大会は去る24日、大邱大学総合福祉館小劇場で開かれた大会でウズベキスタンの学生たちで構成された嶺南大学「独島青年」チームに帰した。全州(チョンジュ)大「カボチャマッコリ」チームが優秀賞を、大邱韓方医大「島提灯」チームが奨励賞を受けた。

    今回の大会は合計17チーム57人の外国人留学生申請者のうち慶星(キョンソン)大、大邱大、大邱韓方医大、ソウル大、嶺南大、全州大など6大学23人が本戦に進出して熱を帯びた競演を広げた。

    栄誉の優勝をした「独島青年」チームは鬱陵郡独島を訪問した学生たちが偶然に鬱陵島で独島義勇守備隊に会って彼らの活躍像と独島の大切さを知ることになる、という内容を演劇で表現して審査員から良い評価を受けた。

    ソウル大チームはコロナ19による社会的距離をおくことによって出席が難しくなり、動画で発表してテレビ会議アプリ ズーム(ZOOM)を通じて大会に参加して注目された。

    シン・スンシク独島財団事務総長は「コロナ19にもかかわらず、大会に参加した留学生に拍手を送り、持続的な関心を持って独島を広報する役割をするよう願う。」と話した。

    今回の大会は発熱チェック、マスクなどコロナ19防疫指針を遵守して50人未満で大会出席人員を最小化した中進行された。

    /キム・トゥハン記者

    https://www.kbmaeil.com/news/articleView.html?idxno=854673

    【【竹島問題】 外国人独島愛スピーチ大会…ウズベキスタン「独島青年」チームが優勝】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 1号 ★ 2019/12/19(木) 23:31:05.57 ID:frdpyTvH9
    2266CC4C-7AD4-4A74-9F8A-D31AC8C9B10F
     
    安倍総理大臣は、日本を訪れている中央アジアのウズベキスタンのミルジヨエフ大統領と19日夜、総理大臣官邸で会談し、発電所の建設などに1800億円余りの円借款を行うことを盛り込んだ共同声明を発表しました。

    会談の冒頭、安倍総理大臣が「両国の長い友好の歴史と戦略的パートナーシップに新たな地平を開きたい」と述べたのに対し、ウズベキスタンのミルジヨエフ大統領は「多方面での協力を強化したい」と応じました。

    そして、両首脳は、中央アジアで積極的なインフラ整備を進める中国を念頭に、天然ガスを燃料にした新たな火力発電所の建設におよそ1300億円、既存の火力発電所の改修に300億円余り、農家が農業機械などを購入する際の資金として200億円余りを円借款で供与することを盛り込んだ共同声明を発表しました。

    会談のあと、安倍総理大臣は「共同声明を道しるべに、両国の友好協力関係をあらゆる分野で力強く発展させたい」と述べました。

    2019年12月19日 22時46分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191219/k10012221701000.html

    【【バラマキの安倍】安倍首相 ウズベキスタンに1800億円余の円借款 共同声明発表 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル